中長期海外ボランティア:アジア(東南アジア、南アジア、東アジア、中央・西アジア)

アジアのプログラム一覧

日本から比較的近い国々ですが、文化や習慣などが多様で、異文化体験を楽しむことができるのもアジアの魅力です。現地滞在費用も安く、なによりも、アジアの人たちがの人懐っこさに心があたたまり、どこか懐かしさも感じることでしょう。 まずは、おおまかなプログラム情報を把握しましょう。この国へ行きたいな、こんな活動をしてみないな、そんなイメージを膨らませたら、メール・電話にてお問い合わせください。

東南アジアのプログラム一覧

インドネシア

summer.jpg

運営団体:GREAT

GREAT (Gerakan Kerelawanan Internasional)は、インドネシアで2015年設立の国際ボランティアNGOで、1999年設立の国際ボランティアNGO・IIWCの元職員・元会員が中心。プログラム開始前にSemarangでオリエンテーションがあります

プログラム情報

GREAT/LMTV01  Volunteering Behind the Scene  事  1ヶ月↑  1
●背景:キャパシティビルディング活動の一環として国際NGOの運営を学ぶ機会。最近のプログラムでは現地での活動のみ募集していたが、GREATは縁の下でボランティア活動を運営する機会を若者に提供する
●仕事:GREAT本部にて団体の活動サポート。ボランティアのスキルのよって部署振り分け。配置されうる部門は以下の3つ。メディア・コミュニケーション部門(ポスター・PV制作やSNS運営など)、メンバーシップ・研修・営業部門(学校・大学・地域訪問を通じた若者への国際ボランティア参加促進など)、国内ボランティア部門(参加者多数輩出地域でインドネシア人ボランティアの参加促進など)
●宿泊:オフィス。シェアルーム
●場所:ジャワ島中部SemarangのLamper Tengahにあるオフィス
●資格:猫アレルギーでないこと
●備考:追加登録費850,000インドネシアルピア(=約7,200円)/月は現地払い。開始月は6月不可

GREAT/LMTV02  Sayap Sehat Children Care  2ヶ月↑  子・教  2
●背景:Sayap Sehatは2000年に設立されたイスラム教の児童保護施設。子ども達に住居を提供するだけでなく、教育を支援する役割も持つ。18才未満の60人の子どもが登録されており、その内8人は施設に住んでいる。施設に住んでいる子ども達には日常的にノンフォーマル教育や放課後のコースをいくつか提供、また住んでいない子どもに対しても定期的に(毎月、または2週間ごとに)教育活動を提供。この子ども達は周辺地域の別の村に住んでいる。ボランティアは施設内外の子ども達へのノンフォーマル教育をサポートするプログラムを作ることが期待される
●仕事:施設内外の子ども達に対するノンフォーマル教育活動を含む全てのプログラムの運営とサポート。外国語教育、芸術、絵画、音楽、スポーツ(アスレチック、水泳など)のようなアクティビティ提供、衛生教育など
●宿泊:ホームステイ、個室。食事提供
●場所:ジャワ島中部、Pekalongan、Karanganyar
●資格:男性限定
●備考:追加登録費2,900,000インドネシアルピア(=約25,000円)/月は現地払い。開始月は6月不可。4ヶ月の参加が望ましい

GREAT/LMTV03  LRC-KJHAM  2ヶ月↑  福  1
●背景:Legal Resources Centre in Gender Equality and Human Rights (LRC-KJHAM)はジャワ島中部SemarangにあるNGOで、人権や男女平等の促進活動をしている。1999年に設立され、現在はMarginal Women in  Central Java for Law and Human Rights Resource; Feminism Participatory Action Research (FPAR)、 Women’s Right Impact Assessment (WRIA)のへアクセスを強化する活動を行っている。また、家庭内暴力やその被害者グループへ助言を行うなど法的支援も行っている。社会の隅に追いやられている被害女性へのアクセスと管理を増やし、人権政策を改善するために男女同権と人権の情報センターになることを目的としている
●仕事:IT部門サポート。新聞から人権に関する情報収集。文書作成や広報活動のサポート。FPAR、WRIAの活動サポート。トレーニングやセミナーの補助、参加など
●宿泊:オフィスまたはボランティアハウス。シェアルーム
●場所:ジャワ島中部、Semarang
●資格:人権、女性の権利、家庭内暴力に関する法律上の知識必要
●備考:追加登録費3,300,000インドネシアルピア(=約28,000円)/月は現地払い。開始月は6月不可。4ヶ月の参加が望ましい。

GREAT/LMTV04  Pekalongan Social Inclusion  1ヶ月↑  子・教  2
●背景:このプロジェクトには3つの異なる特徴を持ったプロジェクト地域がある。①Pasirsariの子ども達は課外活動に興味がある。アクティビティの場として公共学習センターを使うことができる②Bugisanの子ども達は芸術、絵画、図工により興味を持ち、通常は路上近くでの活動を好む。アクティビティの場として公共学習スポットを使うことができる③Poncolの子ども達はプロジェクトに沿った芸術やノンフォーマル教育に興味を持つ
●仕事:教育的アクティビティの企画、運営。手洗い、歯磨きなどの子ども達の個人衛生に関する啓発活動。勉強を続けたり、学校に戻りたいと子ども達に思わせるような楽しい創造的なアクティビティや様々なスキルを身につける活動実施など
●宿泊:ボランティアハウス
●場所:ジャワ島中部、Pekalongan City。PekalonganはSemarangに近い都市(バスで2時間、電車で1時間半)
●備考:追加登録費3,300,000インドネシアルピア(=約28,000円)/月は現地払い(近くの大学での国際情勢と英会話の授業を担当した場合2,500,000インドネシアルピア(=約21,000円)/月に割引)。開始月は6月不可

GREAT/LMTV05  Bahtera Kasih  1ヶ月↑  子・教  2
●背景:Bahtera Kasih孤児院はプロテスタント系孤児院で、神と神聖かつ高潔な生活を常に信じる子ども達への宗教教育に力を入れている。この孤児院は子ども達に生きる道としてキリストを心に据えるよう教育することに焦点を当てている。47人の子ども達が生活しており、6人が5才未満、12人が幼稚園児、21人が小学生、8人が中-大学生である。Bahtera Kasih孤児院はSemarang中心地から15km離れた郊外の小さな村にあり、チークの森に囲まれた田園地域に位置する。また、この孤児院はGaruda Jayaという幼稚園も併設しており、幼稚園は一般の、特に地元民に開いている
●仕事:子ども達の日常の世話。幼稚園児や幼児への歌、ゲーム、ダンス、スポーツ、音楽などの用いた英語教育。孤児院での清掃・調理。小中学生の英語学習指導。宿題や試験前の勉強のサポート。アクティビティ企画。乳児の世話。英語の物語や歌を通じた宗教教育など
●宿泊:孤児院内、シェアルーム
●資格:女性限定
●場所:ジャワ島中部、Semarang、Mijen、Pesantren村
●備考:追加登録費2,900,000インドネシアルピア(=約25,000円)/月は現地払い

GREAT/LMTV06  Batuloceng  1ヶ月↑  文・環  2
●背景:Batuloceng村はジャワ島西部の山地に位置するスンダ文化の美しい農村。西ジャワ最古のコーヒーJava Preangerの産地。この村には、Kabuyutan Sri Sundaと呼ばれる文化団体がある。また、Batulocengの地域住民は周辺の森林の再生や動物廃棄物(牛糞などの)削減によるCikapundung川の保全活動、エコツーリズムを通じて政府の手助けもしている。ボランティアには地域住民が環境保護や英語を学ぶことの重要性を知り、自分達の文化に誇りを持つよう、意識を高めることが期待されている。学校でのフォーマル教育に加え、ノンフォーマル教育で子ども達の知識やコミュニケーション能力を高めながら、子ども達に国際的な経験もさせたい。それと同時に、このプロジェクトはボランティアがスンダ民族の地域文化を経験しながら、地域農民の農地の手入れを手伝う機会もある
●仕事:環境と地域文化を守る人々のサポート。地域の学校訪問。子ども達との信頼構築。(トマト、唐辛子、レタス、キャベツ、ブロッコリー、牛乳など)有機農場のサポート。Cikapundung川保全のための牛糞を再利用したレンガ造り。廃棄物処理システムの確立されていない田舎での3R(reduce, reuse, recycle)運動など
●宿泊:ホームステイ、個室
●場所:KampungBatuloceng, RW 09 Desa Sunten jaya, KecamatanLembang, Kabupaten Bandung Barat
●備考:追加登録費3,300,000インドネシアルピア(=約28,000円)/月は現地払い。開始月は6月不可

GREAT/MTV07  UPGRIS  2ヶ月↑  子・教・障  1
●背景:UPGRISは毎年1000人以上の学生が入学するSemarangにある私立大学で、生徒の大半が中部ジャワ州の郊外または遠隔地からの学生。2つの使命を掲げており、1つは秀でたリーダーを育成すること、そしてもう1つは科学、科学技術、文化、芸術の世界的洞察と地域の知恵を集結し、発展・普及することである。UPGRISでの中長期ボランティアは以下の取り組みにより2つの使命を支援する。①異文化理解、世界的知識、そして世界的連帯感を得るための手段の1つとして、生活のあらゆる面で国際語である英語をUPGRISのできるだけ多くの学生と共有すること②幼児教育、ストリートチルドレンの世話、都市農業などの分野において、現存するUPGRISのコミュニティサービスプログラムが主催するボランティア活動にできるだけ多く参加し、ボランティア活動や社会活動を行うよう学生のやる気を引き出すこと③やる気を持ち、前向きな考え方で、自立し、寛容で、活動全てに対し臨機応変に対応できるリーダーシップのある態度を教えること
●仕事:大学にて、スピーキングや異文化理解などによる英語の授業をサポート、授業外で英会話教室を企画・運営。UPGRISコミュニティサービスプログラムまたは学生クラブにて、UPGRISを支援する村や地域とアイデア共有・アクティビティ運営など
●宿泊:ドミトリーまたは宿舎、シェアルーム
●場所:ジャワ島中部、Semarang
●資格:大卒以上、英語教員資格保持者歓迎
●備考:2-6月、9-12月受入可

GREAT/MTV08  UDINUS  2ヶ月↑  子・教・障  2
●背景:在Semarangの身体障がい者学校とUDINUS(大学)とともに運営されているプロジェクト。障がい者学校はUDINUSのボランティアのために社会的共生の分野における活動場所を提供。2つの受入団体のビジョンを共有、UDINUSの学生が外国人ボランティアとともに社会的共生活動にアクセスしやすくすることや障がい者学校の学生がUDINUSの健常者の学生と会い、愛情や思いやりを受けられるようにしたい
●仕事:大学にて、主に英会話クラスの1-3年生に対してスピーキングや異文化理解、字幕作りなどによる英語の授業をサポート。授業外で英会話教室を企画・運営など。障がい者学校にて、学科・授業内外での活動・生徒や親に対して学校が支援する障がいの多様性に関する学習、興味のある学科やアクティビティへの取り組み、UDINUSの学生組織と(最低2回)公立学校にて障がい者のための社会的包括に関するイベント企画など
●宿泊:宿舎
●場所:ジャワ島中部、Semarang
●資格:大卒以上、英語教員資格保持者歓迎
●備考:3-6月、9-12月受入可

GREAT/LMTV09  YGC Borobudur Mentoring  2ヶ月↑  考・教  2
●背景:インドネシアの文化遺産の保護、促進、保全への取り組みとして、ボロブドゥール寺院遺跡群で活動している。ボロブドゥールは1991年にユネスコ世界遺産に登録。ボロブドゥール保護に関する主な問題の原因は大規模な観光業である。毎年少なくとも300万人の観光客が国内外から寺院に足を踏み入れており、これは観光客の重さだけで少なくとも15万トンの負担をかけていることになる。そのため、観光客の意識を高める持続可能な活動を行うこと、地域を寺院の保全に参加させることが重要である。活動を継続的にするために、Consultation with Borobudur Conservation Office(BCO)と連携してこの問題に関して地元のYoung Guardian Club (YGC) Borobudurという青年団体と連携、指導を行っている。YGCのメンバーは15-17才の地元の高校生で、ボロブドゥール保全意識と地元文化を若者達に啓発することを目的に、清掃活動をしたり、環境に優しい行動を旅行者に促したり、SNSを通しての啓発活動をしたりして寺院の保護活動を行ってきた。しかしYGCメンバーは10代の学生で、モチベーションやメディア等の運営スキルが可変的であるという問題がある。GREATはこの問題に対して若者のメンターとして関わっている。YGCメンバーの拡大とより多くの地元の若者の参加という点において、2017年の活動は世界遺産教育の社会化、国際ボランティアの促進、学校での英語・文化教育活動に焦点を置く
●仕事:YGCボロブドゥールプログラムの運営。国際ワークキャンプの準備、運営。他の文化遺産(SangrianやOld Town Semarang)でのYGCの新しい取り組みのサポート。YGC委員会の選挙運営など
●宿泊:ホームステイ、食事提供
●場所:ジャワ島中部、ボロブドゥール村(ボロブドゥール遺跡の隣)
●資格:歴史や世界遺産に関する知識があることが望ましい
●備考:追加登録費3,300,000インドネシアルピア(=約28,000円)/月は現地払い。開始月は6、12月不可

GREAT/MTV10  Al Ishlah  2ヶ月↑  子・教  1
●背景:Al Ishlah Schoolsはイスラム全寮制学校 Al Ishlah Darussalam Semarangの中心に位置するイスラム学校である。Al Ishlah SchoolsはSemarang南部の不利な状況に置かれている(特に1992年にAl Ishlah全寮制学校に住んでいた)学生に対するフォーマル教育の必要に応じて設立。それ以来、Al Ishlah Schoolは一般に、特に近隣のコミュニティに開かれている。Al Ishlah Schoolsの学生の大半は経済的に貧しい家庭出身であり、学校は彼らから授業料を取っていない
●仕事:スピーキングや異文化理解などによる英語の授業のサポート。ボランティアの興味やスキルや経歴に基づきスポーツと芸術の授業をサポート。国際ボランティア活動の推進活動。英会話教室や他の外国語教室の運営など
●宿泊:Al Islahの宿舎。食事提供
●場所:ジャワ島中部、Semarang
●備考:追加登録費2,900,000インドネシアルピア(=約25,000円)/月は現地払い。1-6月、8-12月受入可

GREAT/MTV11  Mangrove for Java  2ヶ月↑  環・教  1
GREAT/MTV12  Mangrove for Java  2ヶ月↑  環・教  1

●背景:ジャワ島沿岸部保全の必要性に応えるべく、それぞれの都市、村の地元の漁師や農家といったコミュニティと協力。ジャワ島沿岸部は、世界中の多くの島々の中でも特に地球の気候変動の影響が大きい。自然の多様性を守り、マングローブ不足による海岸の浸食や高波を防ぐことがこのプロジェクトにおける主な焦点である。ジャワ島沿岸部の1000km以上は浸食の危険性がある。4つの都市にまたがるMangrove for Javaプロジェクトの沿岸部の少なくとも20kmは、地元の人々がマングローブを伐採し、川の流れが激しくなったことにより、浸食の危険にさらされている。以前は多くの種類の魚やエビが住んでいた。現在、マングローブの森の状態はどんどん悪化しており、もはや生物を見つけることは難しい。漁師は魚を獲るため沖に出なくてはならず、お金を得るためにもよりたくさん働かなくてはならない
●仕事:沿岸部、緑化地帯の泥の多い場所へマングローブを植樹。地元の学校・大学への環境教育(特にマングローブ問題について)。地域へ創造的な英語学習の機会提供。地域製品生産のお手伝い。SNSなどを通じた環境問題についてのキャンペーン計画、運営、ファンドレイジング。マングローブの植樹や教育のための週末ワークキャンプ運営。国際ワークキャンプへの参加など
●宿泊:ホームステイ。MTV11)食事提供。MTV12)個室
●場所:ジャワ島中部。MTV11)Semarang、MTV12)Pekalongan
●備考:追加登録費3,300,000インドネシアルピア(=約28,000円)/月は現地払い。開始月は6月不可


mangkang.jpg

運営団体:IIWC

1957年設立(同国最初)のNGO、Perkumpulan Keluarga Berencana Indonesia(PKBI)のスマラン事務局にあるIndonesia International WorkCamp(IIWC)。PKBIは全国24地方の事務局に6000人のボランティアと100人の専従職員を持ち、食料の配給・家族計画・青少年教育・女性支援・エイズ教育等を行う。IIWCは1999年結成。中長期ボランティア、週末ワークキャンプ、エイズ予防キャンペーン、マングローブ植林、ブレスレット事業も行う。ラマダン(断食月)のため、5-6月は受入不可。平日に到着が必要となります

プログラム情報

IIWC/LMTV01  Mangkang Mangrove Conservation  1ヶ月↑  環・教  5
●背景:Mangkangの北ジャワ海沿岸部の保全が目的。この地域は現在、海の浸食、工場によるマングローブの伐採、河川の氾濫などの危険にさらされている。また近年はゴミ問題も深刻。地元の人の環境に対する認識は欠如しており、ゴミの管理システムもままならずゴミ収集車も来ない。地元コミュニティは自然への悪影響を減らすため、ゴミのリサイクル事業を開始。一方で、地元の人々が自宅に野菜を植える意識を高めることに重点をおいた組織GAMES (Gerakan Menanam Sayur)と協力して、都市農業運動を始めている
●仕事:マングローブや木の植樹。地元の子どもや村人への環境教育やゴミの教育、ゴミ分別についてのディスカッション、学校で環境教育や啓蒙活動など
●宿泊:ボランティアハウス。寝袋必要。自炊
●場所:ジャワ島、中部ジャワ州Semarang
●備考:追加登録費3,100,000インドネシアルピア(=約26,000円)/月は現地払い

IIWC/LMTV02  Tegalrejo Red District  1ヶ月↑  子・教  5
●背景:Tagalrejo赤十字地区はSemarangの売春地域。100家族以上が、売春や食料品を売って生活している。母体組織PKBIと共に、2006年からこのプロジェクトを開始。公平さと差別をなくすため、疎外された子どもの生活の向上に焦点を当てている。この地域に住む子どものほとんどは、親が身分証明書を持っていないため出生証明書を持っていない。彼らはハイレベルな学校に行くことが出来ず、暴力や性交渉、性的搾取などリスクの高い場面に直面しなければならない。このような状況で地元関係者と協力し、子どもが読書や手工芸、勉強や異文化交流ができるRumah BelajarやStudy Centerなどの避難場所を提供している
●仕事:ゲーム、お話を読む、絵を描くなど、子どもたちの自己衛生管理を学ぶための楽しい雰囲気づくり。子どもの差別やその他の問題を最小限に抑える運動。英語や国際理解の手助けなど
●宿泊:ボランティアハウス。寝袋必要。自炊
●場所:ジャワ島、中部ジャワ州Semarang
●備考:追加登録費3,100,000インドネシアルピア(=約26,000円)/月は現地払い

IIWC/LMTV03  Semarang Street Children  1ヶ月↑  子・教  2
●背景:スマラン最大のJohar市場の近くに位置するBangun Harjo村の住民のほとんどは、経済的に低い水準で暮らしている。居住エリアは日常的に浸水し、非常に汚い環境。子ども達はJohar市場内の屋台に住んでおり、公式な住所がない。親が物を売って働いている間、子ども達は市場が遊び場となる。市場に来る人にお金を乞うこともある。読書や手工芸品を作るなど、他の活動をする場所を子ども達に提供することに焦点を当てる
●仕事:主に手工芸品やネックレスなどの小物作りや地域住民との文化交流、音楽や芸術など、子ども達と遊んだり教えたりする活動。その他、ストリートチルドレンプロジェクトの啓発活動や文化交流を目的とした学校や大学訪問など
●宿泊:ボランティアハウス。寝袋必要。自炊
●場所:ジャワ島、中部ジャワ州Semarang
●資格:女性限定
●備考:追加登録費3,100,000インドネシアルピア(=約26,000円)/月は現地払い

IIWC/LMTV04  Pemalang Edu  1ヶ月↑  環・教  2
●背景:この地域に住む人々は、主に農家、売り手、教師として働いているが、そのほとんどが勤務地として海外や大都市を選んでいる。Literasi Kampungという村の若者のグループは、地方の識字率を高める運動を開始。識字率は人々が効果的にコミュニケーションをとるための、読み書き、話す、聴く能力であり、社会的な生活や人間開発に不可欠である
●仕事:お話をしたり、ゲームやお絵かきなど、図書館で子どもが学ぶための楽しい雰囲気づくり。識字率やその他の現地の問題の重要性に関する学校運動。英語や異文化理解の手助けなど
●宿泊:ボランティアハウス。寝袋必要。自炊
●場所:ジャワ島、中部ジャワ州Pemalang
●備考:追加登録費3,100,000インドネシアルピア(=約26,000円)/月は現地払い

IIWC/LMTV05  Borobudur Village Heritage  1ヶ月↑  環・教  2
●背景:ボロブドゥール寺院の近くにあるボロブドゥール村の遺跡プロジェクト。ボロブドゥール寺院は最も大きな寺院で世界遺産に登録されている。年間約290万人が歴史や哲学を学びに訪れるが、地元の人々の関心は低く、ただの観光地として、そこで物売りとして働いている。2016年から地元のコミュニティと関係者が協力して、地元の人々が自分達の文化遺産の保護にもっと関与するよう、意識を高めたいと考えている。ボロブドゥールは訪問者だけでなく、近くに住む人々によって保存されるべきだと考える
●仕事:お話やゲーム、お絵かきなどで、子ども達がボロブドゥール遺跡を楽しく学ぶ雰囲気作り。地元の文化遺産を広報するための創造的な広報媒体を作成し、キャンペーンや授業で地元の人の認知度を上げることなど
●宿泊:ボランティアハウス。寝袋必要。自炊
●場所:ジャワ島、中部ジャワ州Magelang
●備考:追加登録費3,100,000インドネシアルピア(=約26,000円)/月は現地払い

IIWC/LMTV06  Makassar Women Empowerment  1ヶ月↑  子・教  2
●背景:インドネシア列島の中央に位置するMakassar。スラウェシ島の一部として、Makassarは国際線クルーズを結ぶ開発によって困難を抱えている。この地域には何年も前から漁師の家族が住んでおり、特に主婦は地域の経済的能力を発揮するために重要な役割を担っている。海岸沿いの開発により、彼らは定期的な収入を得られない状況に追い込まれている。地元漁師の主婦コミュニティFatimah Azzahraは家族を支える女性の能力強化など、日々の収入を安定させることを目的に活動。フィッシュクラッカーや骨抜き魚など海産物から製品を作ったり、様々な問題をディスカッションするトレーニングや識字教室などを行う。また、そこで働く母親たちは十分に子どもの面倒が見られないため、子ども達とクリエイティブな活動を行うことも必要とされている
●仕事:日々の主婦たちの手助け。Fatimah Azzahraのプロジェクトの質を向上させるアイディアの提供。子どもたちに読書や絵、語学を教える。学校や大学を訪問し、プロジェクトの運営を手伝う地元ボランティアを集うことなど
●宿泊:ホームスティ。寝袋必要。自炊
●場所:スラウェシ島、南スラウェシ州Makassar 
●資格:ソーシャルワーク、マネジメント、政治、経済開発の知識がある人が望ましい

IIWC/LMTV07  Toraja Village Heritage  1ヶ月↑  環・教  2
●背景:Torajaは南スラウェシの神聖な文化を持つ民族で、埋葬や葬式が有名。世界遺産の候補になっているが、遠隔地のため公共施設へのアクセスがあまりない。この地域を支援しているKRIS財団は、地元の人々に文化の価値や世界遺産の重要性について国際ボランティアを通じて気づかせることを望んでいる
●仕事:お話やゲーム、お絵かきなどで、村の子ども達がTorajaや歴史を楽しく学ぶ雰囲気作り。地元の文化遺産を広報するための創造的な広報媒体を作成し、キャンペーンや授業で地元の人の認知度を上げることなど
●宿泊:地元コミュニティ内。寝袋必要。自炊
●場所:スラウェシ島、南スラウェシ州Toraja 
●資格:歴史や世界遺産についての知識歓迎
●備考:追加登録費4,000,000インドネシアルピア(=約34,000円)/月は現地払い

IIWC/LMTV08  Deli Serdang Edu   1ヶ月↑  考・教  2
●背景:Pondok Sekolah Peradabanは地域に住む子ども達にオルタナティブ教育を提供しており、知識に重点を置いた公教育とは違い、地域で子ども達に個性を伸ばす教育に焦点を当てている。アート、ゲームなどの活動をクリエイティブな教師たちと行い、肯定的な雰囲気の中学んでいる
●仕事:現地ボランティアが行う子どもへの教育活動のサポート。北スマトラの伝統芸術を学んだり、自国の伝統芸術(音楽や織物など)を教えることなど
●企画:パフォーマンスを舞台上でやる機会など
●宿泊:地元コミュニティ内。寝袋必要。自炊
●場所:スマトラ島、北スマトラ州Medan、Denai Lama - Pantai Labu - Deli Serdang、Pondok Peradaban Lingkaran。北スマトラ州東沿岸に位置しており、Deli Serdangはゴム、カカオ、パームといった市場用作物がよく育ち、Denai Lamaは西インドネシア特有の自然をもつビーチが3つある
●資格:伝統的な芸術に興味・知識がある人歓迎
●備考:追加登録費4,000,000インドネシアルピア(=約34,000円)/月は現地払い

IIWC/LMTV09  Semoya Edu  1ヶ月↑  環・教  2
●背景:Muhammadiyah Semoya Brebah小学校はイスラム教の学校で、2006年の震災後IIWCの支援を受けた学校の一つ。特別ワークキャンプの実施や幼稚園再建の寄付、小学校のスポーツ施設への寄付などが行われた。ボランティア精神は、学生が将来の為により多くのことを学ぶ意欲を高めることが期待されるため、近年学校は国際ボランティアの活動をより多くしたいと考えている。公教育とノンフォーマル教育を組み合わせた教育アプローチを行う上で、学生や教員の知識やソフトスキルを高めるために国際的な経験が必要と考える
●仕事:小学1-6年生の英語の授業サポート。お話やゲーム、お絵かきなどを用いて、英語や異文化を楽しく学ぶ雰囲気作り。地域住民と国際交流の企画など
●企画:2006-2008年にIIWCとパートナー団体が国際ボランティア活動を行った、復興地域の見学など
●宿泊:ボランティアハウス。寝袋必要。自炊
●場所:ジャワ島、中部ジャワ州ジョグジャカルタSleman
●資格:英語中級。英語教師の資格がある人歓迎
●備考:追加登録費3,100,000インドネシアルピア(=約26,000円)/月は現地払い

IIWC/LMTV10  Nuansa Mandiri Micro Credit  1ヶ月↑  福・子  2
●背景:Nuansa Mandiriは女性たちが経済的だけでなく、様々な面自立できるように人生の知識とスキルを身に着けることを目的とした女性からなる組織。プロジェクトメンバーは貯蓄や貸付などのマイクロファイナンス活動に焦点を当てた主婦や、市場トレーダー。健康に関する情報とサービスを提供するほか、家族計画の方法も指南。まずは女性たちに血圧検査をきっかけに集まってもらい、小規模融資や節約計画について議論をすると同時に避妊具を手渡す。それは文化的にタブー視されている話題についての議論のしにくさを軽減させる効果がある
●仕事:マイクロクレジット管理の補助。市場のメンバーからの資金集め。Nuansa Mandiriの日常活動への参加。新しいグループの活動への巻き込み。地元の母親たちに異文化交流の機会の提供など
●宿泊:ホームスティ。自炊
●場所:ジャワ島、中部ジャワ州Semarang
●資格:ソーシャルワーク、マネジメント、政治、経済開発分野を学んだ人が望ましい
●備考:追加登録費3,100,000インドネシアルピア(=約26,000円)/月は現地払い

IIWC/MTV06  Makassar Women Empowerment  5/27-7/16  子・教  2
●背景:地元漁師の主婦コミュニティFatimah Azzahraは、インドネシアの全海岸地域が直面する貧困という課題に向け、家族を支える女性の能力強化など、日々の収入を安定させることを目的に活動している。Paotere港近くの漁師一家たちはMakassarの経済成長に追いつかなければならない。第一の目的はこの地域の潜在的な可能性・材料を使って副収入を得るというシンプルなもので、現在の主な収入源はフィッシュクラッカーや骨抜き魚など海産物から製品を作ることである。様々なトレーニングや管理教室、料理教室などを行う。また、家庭内暴力に対する女性の権利と社会化について定期的な提唱活動を行っている
●仕事:施設の建設活動、グラフィックデザインと包装・梱包・装丁に関する小さなワークショップ運営、 管理業務、小さなNGOのマネジメント、特産品の販売支援と地域活動の参加・参加促進。地域住民の参加促進のための事務局・学校訪問など
●宿泊:ボランティアハウス。寝袋必要。自炊
●場所:スラウェシ島。Jln. Barukang 3 Lr. 3 No. 42 A, Kelurahan, Pattingalloang Kecamatan Ujung Tanah Makassar South Sulawesi
●資格:ソーシャルワーク、マネジメント、経営、経済開発の知識がある人が望ましい
 


 

メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

タイ

thai6.jpg

運営団体:DALAA

国際ボランティア活動を広げるために2004年設立されたNGO、DALAA(「あちこちで咲く花」の意)。人々・企画・活動のサポート、交流活動、文化や自然保護を通じ、恵まれない人々の環境をよりよくし、タイの社会発展に寄与することを目指し、活動しています。ワークや運営の質が、多くのボランティアから高く評価され、受入れの返事も通常は迅速です。3月中旬-5月中旬、10月は原則、公立学校で長期休暇期間となります。追加登録費は1ヶ月で9,000バーツ(=約29,000円)、2ヶ月で17,000バーツ(=約54,000円)、それ以降は7,000バーツ(=約22,000円)/月で現地払い

プログラム情報

DALAA/0950MLTV  Kok Payom  1ヶ月↑  環・教  5
●背景:Kok Payom はイスラム教徒の小さな漁村。マングローブに囲まれた海水運河に近く、漁業を主な稼業としており、地域で密接に連携して約600人が生活している。近年の都市から押し寄せる圧力にも負けず、彼らは伝統的な生活様式や豊かな自然を守り、次世代の子ども達に残そうとしている。2009年からDalaaの活動を開始し、村人と子ども達と有効な活動をつづけ、大きな成果を出している。まず環境問題について意識し始め、若い世代が地元の価値を再認識し、貴重な自然の資源や暮らしを残していきたいと考えるようになり、いかにそれを守れるか考えだしている。2011年からは村の向かい岸、マングローブの森の真ん中にKlong Toh Lem Academyというオルタナティブスクールを開校。毎週日曜日に7-12才の約20名の子ども達が環境や地元の価値、知恵、言語などを学んでいる。これまでに学校のメインの建物と他の必要な設備は村人と国際ボランティアによって整備してきた。言語に関しても、学生達の英語力は低く、正確な発音と正しいアクセントが出来ていないことや、簡単な英単語や短い文章、アルファベットしか知らない。子ども達に、英語を学ぶことを楽しいと思わせるような授業を提供したい
●仕事:地元小学校におけるノンフォーマル英語教育。Klong Toh Lem Academyのサポート、環境の大切さを学ぶ場作り。子ども達との自然の中へ遠足を企画。マングローブ植林。村の子どもに向けた楽しいアクティビティ企画など
●企画:村人宅へのホームステイ、リサイクルプロジェクトの運営など
●宿泊:ドミトリー
●場所:タイ南部Satun州La Ngu郡Kok Payom村
●資格:禁酒

DALAA/1301MLTV  Kok Riang  1ヶ月↑  農  5
●背景:自然保護や社会運動を長年行ってきたLung Jeang氏が所有する土地での無農薬農業チャレンジ。野菜、米、地元の季節のフルーツなどを育てている。彼は周辺のコミュニティの人々、特に若い世代に健全な食品を育てることや良いアイディアの出し合えて学べる場所を作りたいと考えている。今や人々は市場で何でも手に入り、便利な方法に我々は慣れてしまったが、多くの食品会社が危険な薬品や殺虫剤を含んだ食品を販売し、結果的に健康問題を引き起こすことを認識してない。Dalaaではこのプロジェクトに関わることは団体にとってもボランティアにとっても意味があることだと考え、この持続可能で独立的な生き方について学ぶ良い機会だととらえている。更に地元やその近隣のコミュニティ内で有機農業実践者を増やす機会にもなる。国際ボランティア活動は技術を伝え地域を活気づけるという点で彼や地域をサポートし、村の中で無農薬農法の考え方を広める手助けになると考えている
●仕事:菜園での活動(野菜や果物の樹の苗床作り、収穫など)、動物の餌やり、プロジェクトコーディネーターの活動のサポート。寺や家やボランティアサービスセンターで地元の子どもや学生グループなどの訪問者に向けてのアクティビティ運営。センターの掃除や調理など
●宿泊:小屋。個室またはシェアルーム。WiFiあり
●場所:Songkhla州、Klong Hoy Khong地区、Baan Kok Riang

DALAA/1401MLTV  Ta Yang  1ヶ月↑  教・農  6
●背景:Baan Ta Yangはタイ南部にあるイスラム教徒の村。カゴや巻タバコなどの手工芸品やヤシの葉を使った製品を作ったり、川に囲まれた地形を生かした漁業を主な収入源としている。このプロジェクトの提唱者は子ども達が人生を学ぶもっともふさわしい場所は村とそれぞれの家であると考えているが、近年村では、両親がより良い教育を与えようと、授業料が高くとも私立などの街の遠い学校に通わせようとし始め、その実現が難しくなっている。このプロジェクトでは子ども達に英語が将来の重要なツールと自覚させ、英語教育の機会を提供したい。高度な教育が行き届いていない田舎に暮らす子ども達は簡単な単語と挨拶くらいしか言えず、発音も正しくない。そこで国際ボランティアの力を借りて、村の子ども達に様々なアクティビティを提供、学習するプロセスを高めて行きたい。また、小さな島内で自分達の食べる野菜を無農薬で持続可能な農法で作り、村民と食糧自治の実現を目指す
●仕事:地元小学校におけるノンフォーマル英語教育。ボランティアハウスでの放課後の課外授業。村の子ども達や住民とのアクティビティや英語でコミュニケーションが取れることを目指すプロジェクトのサポート。持続可能な農業の伝授など
●宿泊:ボランティアハウス
●場所:タイ南部Satun州La Ngu郡, Baan Ta Yang村

DALAA/1402MLTV  Koh Sukorn  1ヶ月↑  子・農  4
●背景:Sukorn島はタイ南部に位置するイスラム教徒の小さな島。Baan LeamとBaan Toongという2つの村でプロジェクトを展開している。島の主な収入源は漁業やゴム農園、また米やスイカ、トウモロコシ、その他の季節の野菜などの農業や畜産。特にスイカは甘くておいしいと有名。島民は気前よく、今でもお互いを助け合う文化が残っている。ここ数年、2つの村のうち1つは伝統的な価値観や自給自足の生活を捨てて街からの便利な生活にシフトしているが、地元の米の品種改良や農協を組織化しながら伝統的な生活スタイルや稲作を含めた農業を守りたいと考えている。
●仕事:農作業(8-9月は田植え・種まき・苗床作り、10月は稲の植え替え・スイカ植えと稲作、11月はスイカ収穫と稲作、12月は米収穫、1-3月はコンポスト作りとスイカ植え)。12月に行われる地元産作物・製品を知ってもらうためのBergfah Andaman Festival運営。7-14才の生徒約40人が在籍する小学校でのノンフォーマル英語教育、村の子どもに向けた放課後の課外授業やアクティビティ企画など
●宿泊:自炊、寝袋必要。学校にWiFiあり
●場所:タイ南部Trang州Palian地区Sukorn島。島には政府が運営する幼稚園1つと1-6年生までの小学校が2校、病院と警察署もある
●備考:8-3月受入可

DALAA/1601MLTV  Withee Tai Community  1ヶ月↑  教  5
●背景:自由主義的な夢を持つ家族が自分達の子どもや興味を持った村のメンバーにオルタナティブ教育を提供。ボランティアを受け入れ、その教育活動の手助けをしてもらいながら、彼らの生活スタイルに調和して家族として過ごして欲しいと考えている。彼らは身も心も既存の社会からも自由でいたいと、進歩的な考え方の下で新しいコミュニティを目指す。このコミュニティは隣接する村々で成り立っており、このエリアでの社会生活に積極的で、生き方に責任を持っている。最近仏教の医療施設Mor Keawを見つけ、彼らの伝統的な健康法や農法などの知恵を授かりたいと活動を共にしている
●仕事:3-9才の家で勉強する地元の子ども達や学校に通う学生へのオルタナティブ教育や創作的な英語授業、農業やエコシステムの復元、センターの手伝い、Mor Keaw代替医療センターと健康&家族キャンプを企画・運営のサポート。月1回コミュニティメンバーとの対話を通し学習過程など様々な理解を深める。ヨガやウォーキング、議論などを通して精神力を養う。アートキャンプや収穫祭、遠足、ヨガやガーデニング参加。新たなイベントの企画など
●宿泊:家屋、寝袋必要。食事は1日2食
●場所:タイ南部Trang州Palian地区Sukorn島

DALAA/1701MTV  Tamek  1ヶ月↑  教・農  6
●背景:背の高い木々が作る天蓋の下には、美しい山並みに囲まれた仏教の村・Tamekがある。村の中を流れる清流の両岸には村を構成する500棟ほどの民家が立ち並び、ゴム栽培や果実・野菜農業が主に人々の生活を支えている。この村は200年以上前にBantad山域に創られ、約30年ほど前からタイ国立公園の1つとして政府に指定されていた。しかし国立公園であるがゆえTamekの住人は土地や財産を世代間で受け継いで生計を立てる権利を失い、彼らと政府の間では土地権利証書を公的に手に入れるための申し立てが続いていた。彼らにも、収入源となるゴムの木を植えるためとはいえ、不法に森林の伐採を行うという面もあった。しかし最近は木々とそれらが生える水域を保護する活動に積極的になってきた。昔こそ彼らは、木々や動物、清流が失われることは決してないと信じていたが、今ではそれらが失われる危険性に気付いたのだ。また、国立公園でいることよりも、自然と調和をして生きることの方が大切だということにも。彼らの手による保護プロジェクトは、地元内外から興味を持った人々が集う場となる自然学習センターの立ち上げから始まった。2014年にDALAAの存在を知った彼らは、翌年から我々と国際ワークキャンプの計画を立て始め、農業プロジェクト、水環境保全プロジェクト(生活用水の確保のための小さいダム建設など)、さらに地元の子ども達への教育プロジェクトなどが作られた。このプロジェクトの目的は地域のサポート、自然資源を賢く使うよう住民へ呼びかけ、子ども達の自然保護意識を高めるアイディアや知識を持ち込むこと、地域の一部としての暮らしを学ぶこと、子ども達に多文化共生社会や外国人ボランティアに親しんでもらうことの5つ。国際ボランティアには独自性、レクリエーションのアイディア、多文化共生の意識を醸成するような活動の提案を期待している
●仕事:夏休み(3月中旬から5月中旬)の間、6-12才の子ども20‐30名ほど対象としたアクティビティの企画。ガーデニング、森林保護、子ども達に外の世界について教えることなど
●企画:(4月13・14日)タイ歴の正月に関する文化的なイベントへの参加など
●宿泊:小屋、寝袋必要。自炊
●場所:南タイTrang県、Nayong地区のLamorという行政区の一部、Tamek村。主要道路から12キロ離れたところに位置
●備考:3/1-5/30で受入可

DALAA/1702MTV  Koh Nangkham  1ヶ月↑  教  3
●背景:Koh Nangkham村は、池に浮かぶ小さなムスリムの島。水に囲まれたこの村に住む人々の多くは漁師だが、ゴムやパーム農業、果樹園経営やエビの養殖で生計を立てている者、地元のデザートを売ったり果樹の保護をして収入を得る者もいる。地域の公立小学校は1956年に開かれ、幼稚園生から小学6年生までの生徒146名を12名の教師が在籍。授業方法を改善する必要性を感じていたこの学校の校長・Somhit Chobngam氏(通称Crue Chem)は、国際ボランティアの可能性に目を留め2015年DaLaaとコンタクトを取った。彼は子どもがボランティアとのアクティビティを通して自然に言語や文化について学んでほしいと望み、DaLaaはそれに応えて2週間の短期ボランティアを2015年から年1回ずつ実施した。さらに教育サポートを強化するため、次年度の1学期にあたる5月から長期休みに入る10月まで、村で初めての中期ボランティアが小学校で実施されることが決定した。校長は1学期の始まる1ヶ月前(4月)から、ボランティアが地域に慣れるために受け入れを始める予定。プロジェクトの主な目的は、生徒や村人が学習する手助けをし、創造的なアクティビティを子ども達と行うことにある。代わりにボランティアはSongkhla池の漁師たちのライフスタイルを学ぶことができる。タイの田舎の村に住む子ども達は、英語を学ぶ重要性とプレッシャーを感じている反面、外国人とかかわりを持つ機会はほとんどない。国際ボランティアとアクティビティをすることで、子ども達に文化多様性や英語を学ぶモチベーションを持たせたい。また、国際ボランティアが漁師と交流することは、ボランティアが彼らの生活を学ぶだけでなく、彼らに地域の自然や知識を再発見させる機会にもなる。ボランティアの存在は漁師と子どもを結びつけるきっかけにもなると期待している
●仕事:小学校での英語教育・多文化学習教育。子どもと村人のための創造的なアクティビティ企画・運営。漁師との交流を通じて彼らの自然保護意識を高める。文化交流。村人が地域に対しより良い理解をする。村人が良好な関係を構築することなど
●宿泊:ホームステイまたは学校泊。自炊。寝袋持参。インターネット環境あり
●場所:南タイPattalung。タイ最大の池沼であるSongKhla池の中部にほど近いBaan Koh Nagkhan Nua村
●備考:4/1-10/15で受入可


thai7.jpg

運営団体:VSA

2008年に活動を開始したVolunteer Spirit Association。すべての人々が、互いに尊重しあいながら暮らしていける、という理念を、ボランティアワークを通じて提供したいと思っている。毎月1日開始。追加登録費は1ヶ月で14,000バーツ(=約45,000円)、2ヶ月で26,000バーツ(=約83,000円)、3ヶ月で38,000バーツ(=約120,000円)、それ以降は10,000バーツ(=約32,000円)/月で現地払い(VSA/MLTV1302を除く)

プログラム情報

VSA/MLTV1101-1  ICL  1ヶ月↑  教・子  4
VSA/MLTV1507  ICL  1ヶ月↑  教・子  2

●背景:5年前から続くプロジェクトで、インフォーマルな英語の授業を通してタイの小学生に外国人と交流する機会を与える。世界の中で生きていくためには、彼らから恥ずかしさを取り除くこと、英語や外国人に慣れることが重要である。農村地域からの学生が英語を話すことに自信を持ち、彼らに大都会の学生と同様の文化的多様性を持たせたい
●仕事:小学校で英語の授業など
●宿泊:1101-1)VSAオフィスまたはホームステイ1507)ホームステイ、寝袋必要
●場所:1101-1)Songkhla州1507) Nakorn Ratchasima州Ban krok Luk Dankhonthod地区
●資格:禁酒、禁煙
●備考:1507)6-9月、11-2月で受入可

VSA/MLTV1401-6  ICL  1ヶ月↑  教・子  2
VSA/MLTV1401-7  ICL  1ヶ月↑  教・子  4

●背景:1401-6)Rajapachanukroh 53学校、1401-7)Rajapachanukroh 50学校は親がいない子ども達、貧しい家庭の子ども達のための学校。遠隔地からの子ども達のために王室指導の下、教育、食事、宿泊施設が提供。彼らは小学校(7才)から高校(18才)まで学校に滞在することができ、先生と共に学校に滞在。そのため教育だけでなく、様々な機会を提供。外国人と交流する機会を与える。世界の中で生きていくためには、彼らから恥ずかしさを取り除くこと、英語や外国人に慣れることが重要である。農村地域からの学生が英語を話すことに自信を持ち、彼らに大都会の学生と同様の文化的多様性を持たせたい
●仕事:小学校・高校での英語教育、英会話レッスン、ゲームなど。1401-7)のRajapachanukroh 50学校は、生徒約800人在籍。一クラス20-38人に対して、一日2-5クラスを担当。どの年代のクラスを受け持つかは応相談となる。夕方は、生徒とスポーツ、農業、ダンス・音楽クラブへの参加など
●宿泊:学校内、個室あり。食事提供
●場所:1401-6)Sakon-Nakhon、A Phanna Nikhom 1401-7)Khon Kaen
●資格:1401-7)禁酒、禁煙
●備考:6-9月、11-2月で受入可

VSA/MLTV1103  Rescue Team Assistant  1ヶ月↑  医  2
●背景:Thong Sia Siang Teung Foundationは緊急事態における救命活動を行っている
●仕事:救命隊のサポート、応急処置や病院へ患者の搬送、事故や緊急事態の患者の救助活動など
●宿泊:ホームステイ
●場所:Songkhla州Hat yai市
●資格:禁酒、禁煙。この分野のトレーニング経験または知識必要

VSA/MLTV1105  Organic Farming  1ヶ月↑  農  4
●背景:世界の食糧問題が深刻化するにつれ、22世紀は自分の食べるものは自分の手で作るということが大切だという認識から、パートナーである有機農家は家族内で小さな有機農場を経営。ボランティアとしてその有機農場を手伝い、実際に育てたものを食べ、「私たちは食べ物で育ち、自分たちで育てたものを食べる」ことを体感できる機会となる。また、このボランティアを通してアジアと西洋の様々な栽培方法も学べる
●仕事:有機農場での作業。有機栽培の学習。土や苗の準備や水やりなどの世話など
●宿泊:ホームステイ、寝袋必要
●場所:SongkhlaのHat Yai地区、Ban rai村
●資格:禁酒、禁煙

VSA/MLTV1302  Songkhla Zoo  1ヶ月↑  環  2
●背景:Songkhla ZooはSongkhlaのKhao Rub Chang丘に位置する、南部最大の動物園。訪れた人は動物を見たり、親水公園やキャンプ、セミナーなどを楽しむことができる
●仕事:園内スタッフのサポート、エサやり、掃除、調教、親水公園での手伝い、調査部の特別作業への参加(スナドリネコの研究や保護活動、新種の植物、動物、微生物に関する調査)など
●宿泊:ホームステイ、食事提供
●場所:SongkhlaのMuangのSongkhla動物園
●資格:活動先では禁煙、禁煙。追加登録費は1ヶ月で16,000バーツ(=約51,000円)、2ヶ月で30,000バーツ(=約96,000円)、3ヶ月で44,000バーツ(=約140,000円)、それ以降は12,000バーツ(=約38,000円)/月で現地払い

VSA/MLTV1303  Folklore Museum  1ヶ月↑  文  2
●背景:The Institute for Southern Thai Studiesでは文化や言語に関する国際ボランティアと積極的な交流を行ってきており、国際ボランティアには文化活動に貢献してくれることを期待している
●仕事:博物館のサポート。タイ南部の文化や観光案内、館内の骨とう品の手入れの仕方などの学習。タクシン大学のアクティビティ(例:小学校訪問、日本語を勉強している生徒との交流)など
●宿泊:博物館内またはホームステイ。食事提供
●場所:Songkhla、Yor島 
●資格:禁酒、禁煙

VSA/MLTV1403  Buddhism Community  1ヶ月↑  文  4
●背景:Wat Pa Khuan Niangは瞑想と仏教学習に訪れた人すべてを歓迎する地元の仏寺。昼のみから一晩中まで、希望するだけ瞑想できる
●仕事:寺院の補助、地域活動、仏教学習、瞑想。寺院や現地の学校の修道士での英語教育、修復活動、寺院の清掃、現地タイ人と祭典準備など
●宿泊:寺院内ドミトリー、自炊。寝袋必要。地元の学校にインターネット環境あり
●場所:Wat Pa Khuan Niang ,Khuan Niang, Songkhla 
●資格:禁酒、禁煙

VSA/MLTV1501  Peace Village  1ヶ月↑  教・建・農  6
●背景:Peace Villageとは平和的思考で、誰もが学べる理解できる小さなコミュニティ。ここのキーワードは「International Community Living」「Learning by Doing」「Cultural Diversity」。Peace Villageでは国際的な共同生活を学ぶという目的で、誰でも学びに来れるようになっており、授業ではそれぞれの国や国籍、文化などについて学び、授業外でも共同生活の中で文化の多様性に気付くことができる
●仕事:村やその近くに住む人々へ異なった言語や文化、考えをもつ者との交流の機会を提供するための創造的な英語教育。施設の建設(トイレ・キッチン・ボランティア用のドミトリー・会議室の建設の手伝いなど)。村人との交流。有機農業など
●宿泊:ドミトリー、自炊。寝袋必要
●場所:Songkhla、Khlonghoikhong、19/1 M.6 T. Khlong La
●資格:禁酒、禁煙

VSA/MLTV1701  SOMDEJYA  1ヶ月↑  教・農・修  4
●背景:Somdejya Learning Community Demonstration Schoolは貧困層や遠隔地の児童に向けたオルタナティブスクールで、12-15才の生徒が58名在籍、授業料・宿泊費・食費を無料で提供している。未だに存在する都市部と農村部の格差を乗り越え、農村部の住民をグローバル社会と繋く機会を増やし、世界中の若者と地域の人々との友情と結束を促進し、ローカル・グローバル両者の自然環境・文化・貧困・人権のよい良い状態を目指す
●仕事:学校での創造的な英語教育、ゲーム、歌、読み聞かせ、ダンスなどのアクティビティ、学校の修繕、牛・豚・魚・兎・鶏農場での仕事、エコツーリズム、観光地の清掃など
●宿泊:ドミトリー、自炊
●場所:Chiang Mai州Mae Chaem地区
●資格:禁酒、禁煙
●備考:6-9月、11-2月で受入可

VSA/MLTV1702  RAJAPRAJANUGROH 50  1ヶ月↑  教・障・修  4
●背景:Khon Kaenの田舎にあるRajapachanukroh 50学校は貧しい子どもと障がい児のための学校で、生徒と教師が1つの家族のように暮らし、学び、共同生活を送っている。親のいない子や貧しい家庭、遠隔地から通う7-18才の子どものために学校は授業、食事、宿泊を提供している。タイの小学生に外国人と交流する機会を与え、気恥ずかしさを取り除きたい。文化多様性において教育キャンプはタイで最も人気の活動で、キャンプ後子ども達は外国人に慣れ積極的に発言するようになる。外国人ボランティアとの交流を続け、英語力を上げ自信をつけ、都市部の子ども達との知識差を埋めたい
●仕事:創造的な英語授業、ゲーム、歌、読み聞かせ、ダンスなどのアクティビティ、学校の修繕、野菜・豚・鶏・バナナ農家での農作業、村人との家庭訪問を通しての交流など
●宿泊:個室、食事提供
●場所:タイ東北部Khon Kaen
●資格:禁酒、禁煙
●備考:6-9月、11-2月で受入可


 

メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

タイ&カンボジア

Suvarnnabhumi.jpg

運営団体:VSA&CYA

VSAは2008年に活動を開始したタイのNGO、すべての人々が、互いに尊重しあいながら暮らしていける、という理念を、ボランティアワークを通じて提供したいと思っている。CYAは2010年に創設されたカンボジアのNGO、若者が、リーダーシップを持って活動し、世界のことを知ることを目標に活動を展開します

プログラム情報

VSA&CYA/SVB  Suvarnnabhumi Project  2ヶ月  教・建・農  ?
●背景:タイVSAとカンボジアCYAによる共同プログラム。各地域の中長期ボランティアに参加することでその地域や活動先をサポートするだけでなく、参加者自身がそこから多くを学び、そして、それらの活動を広めていくことが期待されています
●仕事:タイとカンボジアの各地域での活動。詳細は以下に記載
●資格:20才以上。2ヶ月間全参加できる方のみ受入可能(タイとカンボジアは各1ヶ月間の参加)。活動中のブログを書ける人、それぞれの活動紹介ムービーを作成できる方歓迎
●備考:毎月1日にタイのプログラムから開始、翌月30日にカンボジアで終了。追加登録費は27,000バーツ(=約86,000円)で現地払い(プログラム中の交通費も含みます。)

それぞれの活動詳細は以下の通りです。
①タイVSA  Peace Village  1ヶ月  教・建・農 
●背景:小学生にとっては外国人とコミュニケーションをとれる大きな機会!彼らの内気さを打開し、外国人に慣れさせたい。田舎にある小学生が自信をもって英語を話し、外国人と向かい合い、文化的多様性を理解できるになることを期待されている。また、Peace Villageでは国際的な共同生活(掃除、修復、建設、授業、学習など)全てが価値のあるワークと捉えており、授業ではそれぞれの国や国籍、文化などについて学び、授業外でも共同生活の中で文化の多様性に気付くことができる
●仕事:村やその近くに住む人々へ異なった言語や文化、考えをもつ者との交流の機会を提供するための創造的な英語教育。学校の修復(トイレ・キッチン・ボランティア用のドミトリー・会議室の建設の手伝いなど)。村人との交流。有機農業など
●宿泊:ホームステイ。WiFiは学校で利用可能
●場所:Ban Krok Luk Dankhonthod District, Nakorn Ratchasima

②カンボジアCYA  Global Education Center  1ヶ月  教 
●背景:CYA Global Education Center(GEC)は地元の住民と若者に異なる文化や背景を持つ世界中から来た人々と会い交流する最初の機会を提供すること、インターネットと図書館の利用を通して言語・コンピューター・国際教育や情報へのアクセスを提供し、若者に無料のオルタナティブ教育を提供することを目標に2016年に開始した非営利教育センター。Handicraft Centerは地元の女性に畑で働くほかにも職を与えるという次なる発展段階を迎えつつあり、その基盤にGECにはボランティアの精神的・肉体的貢献が必要とされている
●仕事:子どもへの英語教育。文化交流イベントの運営。施設マネージャーとスタッフによる地域プロジェクトのサポート。様々な文化をシェアし、学ぶことで地元住民を社会化するための子ども達や地域の人々との交流。村の家族のリアルな生活水準を理解するための地元の村の訪問。センターの建設作業サポートなど
●宿泊:ボランティアハウス、食事提供。WiFiあり
●場所:Siem Reap Province


 

メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

カンボジア

cambodia.jpg

運営団体:CYA

Cambodia Youth ActionはインドネシアIIWC、タイDALAAの協力の下、2010年に創設された団体。若者が、リーダーシップを持って活動し、世界のことを知ることを目標に活動を展開します。ワークや運営の質が、多くのボランティアから高く評価されています。追加登録費350US$(=約39,000円)/月は現地払い

プログラム情報

CYA/LMTV01  Chea Smon E-Learning Center  2ヶ月↑  教・子  ?
●背景:Chea Smon村は農家が作物や米を育てる、漁師に漁で生計を立てる源となる大きな湖、Tonle Sab池にほど近い村。湖の恵みがある一方で、それ以外で生計を立てる手段や教育の十分な機会を持たない貧しい家族も一定数存在しており、家族を支えるために生徒が退学するケースがあることや、公衆衛生の状態が悪いという子どもや老人が直面している問題がある。2014年後半に、CYAはCheaSmon小学校・中学校と協力してこの地域でプロジェクトを開始。子どもに言語、コンピューター、国際教育・情報へアクセスする機会を提供すること、村人の雇用を増やすこと、地元の学校に適切な設備と教材を作ることがプロジェクトの目的。2016年にはCYA3人の国際ボランティアとともにワークキャンプに成功、2017年は①生徒の教育②学校設備と安全性③2016年のアセスメントに基づいた地域の改善の3つの目標達成のために今までとは違うアクティビティを行いたい。地域サービスの一環として、ボランティアは地域住民と日常生活を共にしつつ、作物の水やりなどの手伝いなど農作業に参加する。活動はこれまでも国際ボランティアと地域住民両方にとって、国際社会の流れに鑑みて社会を理解し、社会発展と個人の成長に貢献できる大きな体験となってきた。活動では、国内外のボランティアと交流し英語を使いながら日常生活を送る中で地元の若者と関わること、カンボジア文化と国際ボランティアの文化を交換し体験すること、普段見られない独特な生活を体験すること、小学校・中学校に通う生徒の国際教育の促進が期待されている
●仕事:Kompong Plukコミュニティの子ども達への英語教育。文化交流イベントの運営。様々な文化をシェアし、学ぶことで地元住民を社会化するための子ども達や地域の人々との交流。村の家族のリアルな生活水準を理解するための地元の村の訪問。地元家族の農業のサポートなど
●宿泊:ホームステイ、食事提供
●場所:Chea Smon village, Mean Chey Commune, Prasat Bakong 
District, Siem Reap Province

CYA/LMTV02  CYA Global Education Center  2ヶ月↑  教・建  ?
●背景:CYA Global Education Center(GEC)は地元の住民と若者に異なる文化や背景を持つ世界中から来た人々と会い交流する最初の機会を提供すること、インターネットと図書館の利用を通して言語・コンピューター・国際教育や情報へのアクセスを提供し、若者に無料のオルタナティブ教育を提供することを目標に2016年に開始した非営利教育センター。Handicraft Centerは地元の女性に畑で働くほかにも職を与えるという次なる発展段階を迎えつつあり、その基盤にGECにはボランティアの精神的・肉体的貢献が必要とされている
●仕事:子どもへの英語教育。文化交流イベントの運営。施設マネージャーとスタッフによる地域プロジェクトのサポート。様々な文化をシェアし、学ぶことで地元住民を社会化するための子ども達や地域の人々との交流。村の家族のリアルな生活水準を理解するための地元の村の訪問。センターの建設作業サポートなど
●宿泊:ボランティアハウス、食事提供。WiFiあり
●場所:Siem Reap Province

CYA/LMTV03  Khmer Smile School  2ヶ月↑  教・子  ?
●背景:2013年、CYA-Khmer Smile Schoolは英語教育の機会を村の子どもや若者に提供するために設立された。村の貧困層の需要を鑑みて、住宅建設・食べ物寄付プロジェクトも同時に開始。協働を通して地域をより良い場所にし、子ども達のより良い未来をつくることを理念に活動している。Khmer Smile Schoolは、教育を受けていない親が主にトゥクトゥクやタクシーの運転手、農家、漁師として生計を立てているSpean Chreav地域の若者に向け無料のインフォーマル教育を提供。2017年には生徒の希望に応え、ハンドクラフトセンター、図書館、コンピューターセンターを新設した学校施設の再建設を予定。CYAはトイレの建設や家の修繕を通して貧しい家族の援助をし続けてきた。特別プロジェクトの1つは「カンボジアのリアルな生活体験」で、国際ボランティアに地域住民と暮らし、教材や教育施設改善のため地元の学校で働く機会を提供する。活動では、国内外のボランティアと交流し英語を使いながら日常生活を送る中で地元の若者と関わること、カンボジア文化と国際ボランティアの文化を交換し体験すること、普段見られない独特な生活を体験すること、生徒たちの国際教育の促進が期待されている
●仕事:子ども達への英語教育。文化交流イベントの運営。様々な文化をシェアし、学ぶことで地元住民を社会化するための子ども達や地域の人々との交流。村の家族のリアルな生活水準を理解するための地元の村の訪問など
●宿泊:ホームステイ、食事提供
●場所:Spean Chreav Village, Siem Reap Commune, Siem Reap 
District, Siem Reap Province

CYA/LMTV04  CYA Learning Center  2ヶ月↑  教・子  ?
●背景:CYA Learning Center(CLC)は2014年5月に始まったCYAのプロジェクトで、Praphnom地域の子どもや若者に無料のオルタナティブ教育の機会を提供している。3つの教室で285名の生徒が地元・国際ボランティアの先生とともに英語を学んでいる。CLCは現在若者向けコンピューター講座も行っており、地域の子ども達や生徒に向けて図書館は無料で開放されている。このプロジェクトは急激に成長しているため、2016年にはCYAは収入源を得るため、有機農業や町で売るための地元にちなんだ手作り製品生産を地域の人々と密接に協働しながら行うプログラムを開始。ここで作られた作物や製品は週末市で売る予定。活動では、国内外のボランティアと交流し英語を使いながら日常生活を送る中で地元の若者と関わること、カンボジア文化と国際ボランティアの文化を交換し体験すること、普段見られない独特な生活を体験すること、生徒たちの国際教育の促進、センターに必要な仕事として建設作業へ従事することが期待されている
●仕事:子ども達への英語教育。文化交流イベントの運営。センター管理者とスタッフによる地域プロジェクトのサポート。様々な文化をシェアし、学ぶことで地元住民を社会化するための子ども達や地域の人々との交流。村の家族のリアルな生活水準を理解するための地元の村の訪問。センターの建設作業サポートなど
●宿泊:ボランティアハウス、食事提供
●場所:Ruseydom village, Praphnom commune, Angkor Chey district, Kampot Province

CYA/LMTV05  24 September School  2ヶ月↑  教・子  ?
●背景:September 24 小中学校は周辺地域から通う全校生徒2000人が在籍。基本的に教室の状態はとても悪く、生徒と教師の安全を考慮すると物質的なサポートが必要である。また、英語知識不足のため学校カリキュラムでの英語の授業はなく、国際ボランティアのサポートを必要としている。2年間の活動を経て、学校での活動は生徒と地域双方にとって理想的なプログラムであると感じている。活動では、国内外のボランティアと交流し英語を使いながら日常生活を送る中で地元の若者と関わること、カンボジア文化と国際ボランティアの文化を交換し体験すること、普段見られない独特な生活を体験をすること、生徒たちの国際教育の促進が期待されている
●仕事:子ども達への英語教育。文化交流イベントの運営。学校の建設と修復サポート。様々な文化をシェアし、学ぶことで地元住民を社会化するための子ども達や地域の人々との交流。村の家族のリアルな生活水準を理解するための地元の村の訪問など
●宿泊:ホームステイ、食事提供
●場所:Trapaing Kok village, Po Angkrong commune, Boset District, Kompong Speu Province

CYA/LMTV06  Trapang Sangke Fishing Community  2ヶ月↑  環・建  ?
●背景:このコミュニティは田舎にあり、子ども達は言語やコンピューターなど町で学べるような技術を学ぶ機会に恵まれていない。村人の提案によりこのプロジェクトでは英語教育と教材の提供、マングローブ林での作業に集中して活動を行う。TrapaingSangkeとKampong Samkyは漁業の地域で、2013年には10000万本のマングローブを植林する目標を立てた。CYAはこれを国際ボランティアが活動する機会になると捉えており、地域発展を支えるとともに、ボランティアが環境問題にとりくみ、地域の生活を体験する良い機会になる。活動では、国内外のボランティアと交流し英語を使いながら日常生活を送る中で地元の若者と関わること、カンボジア文化と国際ボランティアの文化を交換し体験すること、普段見られない独特な生活を体験すること、生徒たちの国際教育の促進が期待されている
●仕事:マングローブの種子回収、苗木作り、植樹。マングローブの森への歩道建設。様々な文化をシェアし、学ぶことで地元住民を社会化するための子ども達や地域の人々との交流。村の家族のリアルな生活水準を理解するための地元の村の訪問など
●企画:小中学校の子どもや若者向けた環境教育の様々なトピックに関する教育ワークショップの運営など
●宿泊:バンガロー、自炊
●場所:Trapang Sangke Fishing Community。Kampotより30キロ

CYA/LMTV07  Action Learning Center  2ヶ月↑  環・建  ?
●背景:Action Learning Center(ALC)は優秀で高潔な個人ために創造的な教育と包括的なアプローチを用いる非営利団体。参加者は自己の可能性を最大限達成するための思考・実施、革新・関連づけの新しい方法を体験する。ALCは独特の構成を持つアクティビティを通して、環境資源の保全と関連した個人の成長を目的に環境教育を提供している。初めに、ALC参加者は有意義で魅力あふれ、楽しくやりがいのあるアクティビティを通して自分の考えを表現する方法を学び、個人の人生・職場・環境を改善する洞察力・知恵・やる気を得る。この段階は熟考と内なる平和、目的意識にあふれた約束、問題解決能力の発展を導き、独立した学習とチームでの協力を通して己を見つけさせてくれる。参加者は都心から離れた地域で自己に挑戦する機会を得る。活動では、地元の人々とアクティビティに参加することによる地域の社会的関係発展への貢献、地域の環境保全活動にかかわることによる環境責任意識の向上、地域を探検して限られた資源の中でプロジェクト案の可能性の発展させること、異文化交流、社会参加を通した個人の発達促進が期待されている
●仕事:①芸術ワークショップ(チームとしてリサイクル製品から作品を作り上げること、地元の子ども達から工場で生産された近代的なおもちゃに代わる簡単なおもちゃを作る方法を学ぶことなど)②教育活動(英語教育と図書館での読み聞かせなど)③瞑想(精神的・スピリチュアル的門を開き、己の存在の可能性を図り、調和させ、実体化させる方法を学ぶこと)など
●宿泊:テント泊、自炊
●備考:最寄り空港はプノンペン


 

メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

ベトナム

vietnam3.jpg

運営団体:VPV

2005年に結成されたNGO、Volunteers for Peace Vietnam。アメリカVFPと似た名前ですが、実際は独立した団体。06年からNVDAにも加盟し、長期ボランティア事業も展開。追加登録費は現地払いで、4週間で600ユーロ(=約72,000円)、それ以降は100ユーロ(=約12,000円)/週(+ビザの書類代として、15US$)が必要。受入決定後にパスポートのコピーと英文履歴書の提出が必要で、宿泊は基本的にドミトリーで食事提供になります

プログラム情報

VPV/LM-E1  Nghia Tan Primary School  1ヶ月↑  子・教  ?
VPV/LM-E2  Nghia Tan Primary School  1ヶ月↑  子・教  ?

●背景:Nghia Tan Primary Schoolはハノイ市内にあり6-11才の児童約3000人が通う。入学時から英語・フランス語を学ぶ。外国語を使う機会がほとんどなく、子どもが英語・フランス語を話すことができる環境を作り、外国語でのコミュニケーションに自信を持たせることが目的
●仕事:1)英語教育2)フランス語教育。コミュニケーション能力・の向上、発音の改善、教室内でのゲームや他の活動の実施、教師のサポートなど
●場所:首都ハノイ
●資格:1)英語中級2)フランス語中級
●備考:6-8月受入不可

VPV/LM-E3  Pascal Secondary School  1ヶ月↑  教  ?
●背景:Pascal Secondary Schoolは2010年に設立された私立中等学校で、11-15才の約150人の生徒が通う。4人の英語教師がおり、政府のカリキュラムに沿って授業をしている。生徒は英語に関してある程度の知識を持っているが、英語を話す機会が不足しているため正しい発音を身につけることが難しい
●仕事:カリキュラムに沿った学習指導。コミュニケーション能力の向上、教室内または屋外でのゲームや他の活動の実施、教師のサポートなど
●場所:首都ハノイ
●資格:20才以上。英語中級
●備考:6-8月受入不可

VPV/LM-E4  Hanoi High School  1ヶ月↑  教  ?
●背景:ハノイ国立教育大学はハノイの優秀な高校生約1000人に対して科学・IT・数学・英語の特別教育を実施する高校Hanoi High School for Gifted Studentsを設立。卒業生は将来的に外国語教師や外国語を専門的に扱う仕事に就くことを期待される
●仕事:生徒の英語4技能(リスニング・スピーキング・リーディング・ライティング)、コミュニケーション能力の向上、自主性を持つよう指導、教室内でのゲームや他の活動の実施など
●場所:首都ハノイ
●資格:20才以上。英語中級、学位・教員免許保持が望ましい
●備考:6-7月受入不可

VPV/LM-E5  Hanoi Vocational College  1ヶ月↑  教  ?
●背景:Hanoi Vocational College of High Technology は18-21才の1000人を超える学生が通う専門学校。PC修理・プログラミング・金属加工・経理などの効果的・実践的な専門スキルを身につけさせることが目的。英語教育もコミュニケーション能力を中心に行っている
●仕事:リスニング・スピーキング能力の向上指導。カリキュラムに沿った学習指導。コミュニケーション能力の向上、教室内でのゲームや他の活動の実施など
●場所:首都ハノイ
●資格:20才以上。英語中級
●備考:6-8月受入不可

VPV/LM-E6  Tan Dan Primary School  12週間↑  子・教  ?
●背景:児童に英語を話す機会を提供し、外国語でコミュニケーションを取ることに自信を付けさせることが目的。Tan Dan Primary Schoolは 6-10才の生徒約700人が通う公立小学校。4人の英語教師がおり、児童は英語に関してある程度の知識を持っているが、英語を話す機会が不足しているため正しい発音を身につけることが難しい。また、教師・児童ともに外国人と触れ合う機会がほとんどない
●仕事:リスニング・スピーキング能力の向上指導。コミュニケーション能力の向上、発音の改善、教室内でのゲームや他の活動の実施、教師のサポート、英語クラブの運営など
●宿泊:ドミトリー(ただしE7またはE8との同時参加の場合、学校のゲストルーム)
●場所:Phu Tho省Viet Tri市
●資格:英語中級
●備考:3ヶ月以上参加できる方、E7またはE8との同時参加できる方歓迎。6-8月は学校休み(英語クラブのみ活動) 

VPV/LM-E7  Hung Vuong High School  12週間↑  教  ?
●背景:Hung Vuong High School for Gifted Studentsは15-18才の生徒約1400人が通う、ベトナム北部で最も優秀な公立高校。生徒の突出した学業成績で有名。ボランティアや英語教育にも熱心で、外国人と英語を使ってコミュニケーションを取る機会を増やしたい
●仕事:リスニング・スピーキング能力の向上指導。コミュニケーション能力の向上、発音の改善、教室内でのゲームや他の活動の実施、教師のサポート、英語クラブの運営、他の活動への参加など
●宿泊:学校のゲストルーム
●場所:Phu Tho省Viet Tri市
●資格:20才以上。英語中級
●備考:3ヶ月以上参加できる方歓迎。6-8月は学校休み(英語クラブのみ活動)

VPV/LM-E8  Phu Thuong Primary School  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:Phu Thuong Primary Schoolは6-11才の児童約1200人が通う公立小学校で、入学時から英語・フランス語を学ぶ。教師40人のうち英語教師は2人のみで、15クラスを担当し、各クラス40-50人の児童がいる。一方フランス語は2クラスのみで、それぞれ30人の児童がいる。どちらも外国語を使う機会がほとんどなく、子どもが英語・フランス語を話すことができる環境を作り、外国語でのコミュニケーションに自信を持たせることが目的
●仕事:フランス語教育。コミュニケーション能力の向上、発音の改善、教室内でのゲームや他の活動の実施、教師のサポートなど
●場所:Hanoi 市Tay Ho地区
●資格:フランス語中級
●備考:6-8月受入不可

VPV/LM-E9  Hanoi University  1ヶ月↑  教  ?
●背景:Hanoi University of Natural Resources and Environmentは天然資源と環境の分野において、ハノイで先頭に立つ大学になることを目指す。英語のコミュニケーション能力は労働輸出市場において重視されているが、外国語を学んだり外国人と交流したりする機会がほとんどない
●仕事:リスニング・スピーキング能力の向上指導。カリキュラムに沿った学習指導。コミュニケーション能力の向上、教室内または屋外でのゲームや他の活動の実施など
●場所:Hanoi市Tu Liem地区Cau Dien
●資格:20才以上。英語中級
●備考:6-8月受入不可

VPV/LM-SW1  Hope Centre  1ヶ月↑  子・障  ?
●背景:Hope Centreは熱心な教師によって1997年に設立。約70人の知的障がい児が在籍し、4クラスに分かれて11人の教師が知的障がい児の世話、特にダウン症や自閉症、小児まひを含む発達障がいの子どもの支援を行う。知的障がい児に教育を受ける機会や、地域との関わりを感じる機会を提供することが目的
●仕事:障がい児のケア、教師のサポート、昼食時の子ども・教師のサポート、チャリティや寄付の呼び掛けなど
●場所:Hanoi市Ba Dinh地区
●資格:医療・特別支援教育の経験歓迎

VPV/LM-SW2  Vietnam Friendship Village  1ヶ月↑  子・障  ?
●背景:Vietnam Friendship Villageは在郷軍人およびベトナム戦争中アメリカ国軍によって使用された除草剤や枯葉剤の被害を受けた子どもの治療やケアを行うため、アメリカ軍人George Mizoによって1998年設立。現在、約120人の子どもと40人の在郷軍人が村にある11棟の家に暮らす。2004年からは有機農業による野菜の栽培も行い、将来的に野菜・果物の販売を行う予定。戦争の影響を受けた子どもが普通かつ幸せな生活を送れるよう、子どもへの基礎教育や職業訓練だけでなく、メディカルケアや理学療法によるリハビリテーションを提供
●仕事:障がい児のケアと遊び、特別教育クラスでの教師のサポート、昼食時の子ども・教師のサポート、ガーデニング、チャリティや寄付の呼び掛けなど
●場所:首都ハノイ

VPV/LM-SW3  Peace Village  1ヶ月↑  子・障  ?
●背景:Thanh Xuan Peace Villageはアメリカによって使用された除草剤や枯葉剤の犠牲者である110名を超える第2、3世代の子ども達が在籍。犠牲になった全ての子どもに普通で幸せに満たされた生活を送る機会を与えることが目的
●仕事:障がい児のケアと遊び、昼食時の子ども・教師のサポート、チャリティや寄付の呼び掛け、要らなくなった本・服・靴のチャリティキャンペーンなど
●場所:首都ハノイ

VPV/LM-SW4  Phuc Tue Center  1ヶ月↑  子・障  ?
●背景:Phuc Tue Caring Centerは2001年設立、知的・身体障がい児のデイケアを行う非政府・非営利組織。ハノイ周辺に2つセンターがあり、12人の教師が枯葉剤の影響や自閉症、ダウン症、日本脳炎などを患っている2-22才の子ども・若者約74人の世話と教育を4クラスに分かれて行う。障がいを持つ子どもに教育を受ける機会や、地域との関わりを感じる機会を提供、一般社会に溶け込むのを支援したい
●仕事:障がい児のケアと遊び、昼食時の子ども・教師のサポート、チャリティや寄付の呼び掛け、要らなくなった本・服・靴のチャリティキャンペーン、ガーデニングなど
●場所:Hanoi北西部Ba Dinh地区

VPV/LM-SW5  Morning Star Centre  1ヶ月↑  子・障  ?
●背景:Morning Star Centerは知的障がい児の早期発見と治療のために1995年に設立された非政府・非営利組織。教師、心理学者、看護師、医者、理学療法士などの約70人のスタッフが1-16才の子ども約240人を19クラスに分かれてケア。障がい児、特にダウン症や自閉症、小児まひを含む発達障がい児に教育を受ける機会や地域との関わりを感じる機会の提供に役立つチャリティ活動の促進が目的。さらにセンターでは10代の若者を外部の職業学校に送ることに加え、職業コースや職業前予備コースを提供。これらのコースにより子ども達が自信や自立心を持ち、外部で職業に就ける可能性を高める
●仕事:自閉症の子どものケア。おもちゃを使った遊び、歩く・立ち上がる・ジャンプするなどの動きのサポート、手洗い・洗顔のサポート、床・トイレ・おもちゃの掃除、トイレ・食事など身の回りのサポート、お絵描きやぬり絵などの教材作りのサポート、教授法に関する知識の共有、ゲームや他の活動の実施、空き時間での教師・スタッフに対する英語教育、チャリティや寄付の呼び掛け、文書の編集など
●場所:Hanoi南西部Thanh Xuan地区
●資格:医療・障がい児教育の経験歓迎


vietnam.jpg

運営団体:SJV

2005年設立のNGO、Solidarites Jeunesse Vietnam。フランスのSJと同名だが、実際は独立した団体(ベトナムでは外国の団体でないと、法人格を得るのが難しいという事情で形式的に名前を使用)。Youth Volunteer Clubや国連開発計画とも協力し、2004年からワークキャンプを開催。長期ボランティアや環境・修復の専門活動、アクリルたわしアクションも展開。開始日は、第2、4月曜日。追加登録費は7,500,000VND(=約38,000円)/月で現地払い

プログラム情報

SJV/L01  Youth Center  2ヶ月↑  子・教  2
●背景:ストリートや貧しい子どもたちのための非公式の教育センター。子ども達が将来、仕事や独立して生活ができるよう教育の認識を増やしている
●仕事:Red River上で暮らす貧しい子ども達への英語教育とレジャー活動の企画。地元のボランティアの補助としてユースセンターの掃除と子どもたちへの無料昼食の準備。英語教育、ワークショップの企画のような促進活動への参加。私立学校での外国語の提供。大学での、子ども達の教育費のための基金の立ち上げなど
●宿泊:ホームステイ、食事提供。寝袋必要
●場所:Tan Ap Street,Phuc Xa,Long Bien,Ha Noi

SJV/L02  Children in Need  2ヶ月↑  教・子・障  5
●仕事:子どものための英語教育、余暇やアウトドアアクティビティの企画、PC指導。子どもとイベントに向けたパフォーマンスの準備、日々の活動におけるコミュニケーションで子どもの英会話を促すことなど
●宿泊:ホームステイ、食事提供。寝袋必要
●場所:Ha Noi, Ha Nam, Ha Long, Hai Phong, Phu Yen, Ben Treのいずれか
●資格:子どもとの活動経験歓迎

SJV/L03  Colleges/Universities  2ヶ月↑  教 10
●仕事:学生のメンターとして英語指導。生徒のための社会活動(チャリティーやコミュニティ内でのボランティア活動、これらの活動のための資金調達)を実施しているNPOや地元スタッフとの協働など
●宿泊:大学が準備する宿、食事提供。寝袋必要
●場所:Ha Long, Hai Phong, Bac Lieu, Ben Tre, Ha Noi, Phu Yen, Nghe Anのいずれか
●資格:社会科学、社会政治学、社会経営、社会成長、国際関係、公共関係、開発に関する学士号を持つまたはそれと同等であることが望ましい

SJV/L04  Working with NGOs  2ヶ月↑  事  2
●仕事:地元NGOでオペレーションシステムについて学んだ後、ボランティアの経験とスキルに応じ、経営やマーケティング、コミュニケーション、資金調達、翻訳に関する活動をサポート。同じ分野でも働き方の異なる地元のスタッフとより理解し合えるような、小さなワークショップの企画も歓迎
●宿泊:ホームステイ、食事提供。寝袋必要
●資格:20才以上
●備考:PC持参必要

SJV/L05  Teaching Japanese  2ヶ月↑  事  2
●仕事:通常クラスへの参加、発音指導。会話・発音教室、料理教室、映画鑑賞といった放課後アクティビティ。プロジェクト周知、学校外からの協力依頼。先生や生徒と日々の活動におけるコミュニケーションによるプロジェクト理解の促進など
●宿泊:大学が準備する宿、食事提供。寝袋必要
●場所:Ha Noi & Ha Long
●資格:20才以上
●備考:PC持参必要

SJV/L06  Website and PR Department   2ヶ月↑  事  2
●仕事:SJVの広報担当として活動。ウェブサイトの運営と更新。フライヤーやウェブ広告のデザインを行う可能性も。現地の生活や若者を理解するため、地元ボランティアと様々な活動に参加。イベント・ワークショップ・PR活動のサポートなど
●宿泊:ホームステイ、食事提供。寝袋必要
●場所:SJ office in Hanoi and project sites
●資格:20才以上
●備考:PC持参必要


 

メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

フィリピン

mai8.jpg

運営団体:GIED

2011年設立のフィリピンのNGO、Global Initiative for Exchange & Development。セブ島を中心に、環境保護や地域おこしなど国際ボランティア活動に取り組む。中期プログラム(MTV)の追加登録費は1ヶ月で350ユーロ(=約42,000円)、それ以降は300ユーロ(=約36,000円)/月で現地払い。長期プログラム(LTV)の追加登録費は6ヶ月の場合1800ユーロ(=約216,000円)、12ヶ月の場合3000ユーロ(=約360,000円)で現地払い。LTVの期間は6ヶ月または12ヶ月間で、8月または2月に開始となります

プログラム情報

GIED/MTV01  BBBF  1ヶ月↑  教・福  2
●背景:Betty bantug- BenitezはBetty Bantug Benitez Foundation(BBBF)設立のきっかけとなった人物。彼女は、常にフィリピンの子ども達のことを考え、明るく、美しく、優しさに溢れた計画を胸に抱きながら、これらの計画が実現できるよう一生をかけて尽力した。現在そして未来のために、子ども達に愛を注ぎ続けた彼女の揺るぎない献身に刺激を受け、彼女の慈悲深い夢が現実のものとなるよう、この組織は設立されたのである。約20年前の1982年6月、Bettyの死後3ヶ月が経とうとしていた頃、彼女の功績はBBBF設立という形で栄誉を授けられた。団体名に彼女の名前を残しておくことによって彼女の意志は生き続け、人々、特に子ども達への思いやりと愛情が反映されている。芸術大会で優勝を取れるような創造的な芸術プログラムの実施、スポーツ教育プログラムと食料供給・衣料品配布・医療的補助の実施を含む健康プログラムのサポート、家族の健康ケア、生計プログラムの実施を目的として、アクティビティを実施している
●仕事:教育アクティビティでの教職員のサポート。文化交流。奨学金制度や健康プログラムの調整サポート。能力育成プログラムやその他課外学習などコミュニティ活動でのスタッフのサポートなど
●宿泊:ホームステイ、シェアルーム
●場所:GF, VIC Arcade, Osmeña Ave., Victorias City, ネグロス島
 
GIED/MTV02  Missionary of Charity  1ヶ月↑  子・医  2
●背景:マザー・テレサを含む修道女によって設立されたMissionary of Charityは貧しい家族の病気や栄養失調の子ども達のための地域組織。子ども達への医療ケアの提供、食事提供、ケアや遊びを目的として、アクティビティを実施している
●仕事:日常生活おける子どもや寮母・寮父のサポート。医療ケアのためのコミュニティ訪問サポート。子ども達のためのレクリエーション活動や空き時間での授業。子どもへの食事提供や清掃など
●宿泊:ホームステイ、シェアルーム
●場所::Barangay Suba, Cebu City, Philippines

GIED/MTV03  Gasa Sa Gugma  1ヶ月↑  高  2
●背景:Gasa sa Gugmaは高齢者、死に行く人々、社会に見捨てられた人々のための地域組織。マザー・テレサを含む修道女によって設立されたMissionary of Charityが運営している。高齢者医療の提供、給食プログラム・高齢者のケアの担当スタッフのサポート、高齢者の入居受入を目的として、アクティビティを実施している
●仕事:日常生活おける高齢者や修道女のサポート。医療ケアのためコミュニティ訪問のサポート。高齢者向けレクリエーションの運営補助や空き時間でのレッスンなど
●宿泊:ホームステイ、シェアルーム
●場所:Cabantan St., Mabolo, Cebu City

GIED/MTV04  LCA  1ヶ月↑  教・子  2
GIED/LTV01  LCA  6ヶ月↑  教・子  2

●背景:Livingstone Christian Academy(LCA)は保育園、幼稚園、小学校、高校の生徒が在籍する非株式・非営利教育組織。リーダーシップ育成、学習活動促進、学術的成功、関係構築、近所付き合い拡張、哲学・道徳的成長、国際意識の啓発を目的に、授業、クラブ活動、(国内外での)合宿、修学旅行、学校のイベント・音楽制作・地域訪問・ワークショップ・セミナーなどの企画といった活動を実施している
●仕事:外国語・音楽・スポーツ・美術などの授業。リーダーシップなどに関する研修プログラムの運営・サポートなど
●宿泊:ホームステイ、シェアルーム
●場所:Bagacay, Tayud, Consolacion, Cebu。モールや医療施設から車で10分の平和なコミュニティ
●備考:MTV04は6-3月で受入可

GIED/MTV05  Quota International of Cebu  1ヶ月↑  教・子  2
GIED/LTV04  Quota International of Cebu  6ヶ月↑  教・子  2

●背景:Quota International of Cebuのモットーは“We Share(我々は共有する)”であり、メンバーに友情を深めること、他者を元気づけること、国際理解を深めることを奨励している。Quotaは特に女性、子ども、聴力や言語に障がいのある人々に対する支援で知られている。1919年に設立され、女性のための国際公益組織としては最も古い。今日では、5,600人を超える男性、女性、若者がアメリカ、南米、カリブ海、南太平洋、東南アジア、ヨーロッパの約10ヶ国にある約300のコミュニティで生活改善を行っている。地域の貧しい子どもへのデイケア教育の提供や生活アクティビティといったプログラムを通じた生活の質向上を目的に活動を行っている
●仕事:デイケアセンターの先生サポート、幼児といった子どもに対する個別指導。生計、健康、コミュニティ運営、女性、障がい者に関するプログラムやQuotaのアクティビティへの巻き込みなど
●宿泊:ホームステイ、シェアルーム
●場所:Purok 1, Barangay San Jose, Cebu City
●備考:MTV05は6-3月で受入可

GIED/MTV06  Minolos Elementary School  1ヶ月↑  教・子  2
●背景:Minolos Elementary Schoolは1925年設立。この小学校ではMinolos村から来た子ども達だけでなく、近隣からの子ども達も暮らしている。生徒への様々な学習プログラムを通じた質の高い教育の促進や新しい文化・外国人と交流する機会の提供が目的として、授業、クラブ活動、(国内外での)合宿、修学旅行、学校のイベント・音楽制作・地域訪問・ワークショップ・セミナーなどの企画、音楽・アート・スポーツの発展や個別指導、外国語教育のサポートといった活動を実施している
●仕事:授業や学校行事の運営における教員のサポート。保健体育など教員や養護教諭の補助。能力育成やリーダーシップトレーニングの計画・運営。学校でのトレーニングやスポーツ活動のサポート。子ども・ボランティアとパートナー団体の交流作り。異文化教育(自国での経験を共有)など
●宿泊:ホームステイ、シェアルーム
●場所:Brgy. Minolos, Barili, Cebu。セブ市から南に67km
●備考:6-3月で受入可

GIED/MTV07  PADS  1ヶ月↑  障・教  2
GIED/LTV02  PADS  6ヶ月↑  障・教  2

●背景:Philippine Accessible Deaf Services(PADS)は、難聴の方々の人権や聴覚障がい者のコミュニティでのボランティア活動推進、政治参加やフィリピン手話のスキル獲得と機会の促進を目的とした様々なパートナーと活動を行う。これはフィリピンにおけるBreak the Silence(BTS)というネットワークの一部で、子どもの性的虐待防止のためのアドボカシー活動のためのStairway Foundationが始めたキャンペーン活動である。PADSはBTSの中で重要な役割を担っており、難聴の大人や子どもとの活動で培ったユニークでニーズに合ったノウハウや経験を提供している。障がい、特に聴覚障がいに関して理解のある人の育成、自己・他己受容の深化、聴覚障がい者との関係作り、システムや継続的な教育の提供を目的として、アクティビティを実施している
●仕事:アクティビティにおけるスタッフ・トレーナー・ファシリテーターのサポート。ビラやムービーなどの広報ツール作成といったオフィスワークや学校・コミュニティ・団体・イベントでのアドボカシー活動のサポート。子ども・ボランティアとパートナー団体の交流作り。異文化教育(自国での経験を共有)など
●宿泊:ホームステイ、シェアルーム
●場所:First High School for the Hearing Impaired, Macopa Street, Basak Pardo, Cebu City

GIED/LTV03  PADS  6ヶ月↑  障・教  2
●背景:Philippine Accessible Deaf Services(PADS)DavaoはDaniel M. Perez Central Elementary School-SPED Centerと協定、聴覚障がい者向けのプログラムを実施しており、毎朝の部屋の清掃とその後の旗の掲揚など毎日のルーティン作業もいくつかある。障がい、特に聴覚障がいに関して理解のある人の育成、自己・他己受容の深化、聴覚障がい者との関係作り、システムや継続的な教育の提供を目的として、アクティビティを実施している
●仕事:アクティビティにおけるスタッフ・トレーナー・ファシリテーターのサポート。ビラやムービーなどの広報ツール作成といったオフィスワークや学校・コミュニティ・団体・イベントでのアドボカシー活動のサポート。子ども・ボランティアとパートナー団体の交流作り。異文化教育(自国での経験を共有)など
●宿泊:ホームステイ、シェアルーム
●場所:Daniel M. Perez Central Elem. SchoolSPED Center, Purok Bunawan, Davao City。Davao市は国内最高の標高2,954メートルを誇るアポ山近く、Mindanao島にある海洋経済の中心地。人口1,449,229名、フィリピンでも最も多くの人口を抱える都市

GIED/MTV08  Philippine Self Help Foundation  1ヶ月↑  福  2
●背景:Philippine Self-Help Foundation(PSHF)は1987年にネグロス州Bacolod市で設立されたNGO。生計ローンの援助によって貧しい人々を支援することが目標。また、PSHFは資産を持たない個人や家族に対し医療ケアや住居の提供も行っており、経済的に貧しい子どもや学生に教育の機会も与えている
●仕事:プログラムに参加している家族や学生のサポート、監督、評価。家庭訪問、コミュニティ調査、スポンサーへのプロジェクト提案や団体のウェブサイトの記事作成など
●宿泊:団体施設内またはホームステイ
●場所:Negros Occidental /Oriental, Bohol & Guimaras

GIED/MTV09  Saceda Youth Lead  1ヶ月↑  教  2
GIED/LTV05  Saceda Youth Lead  6ヶ月↑  教  2

●背景:Saceda Youth Lead(SYL)は若者のエンパワメントにおける教育省・高等教育委員会の認定NGO。これまでフィリピンやアセアンの20万人以上の若者と教師をプログラムや活動の中で活気づけてきた。SYLは教育活動を通じたリーダーシップ育成、より良い市民の育成を目的としており、若者や教師を通して国の未来を、彼らの善い行いによって国としての成功を理解できるという信念を持つ。教育は経済の背骨となり、よりリーダーシップ・地域サービス・社会活動を通して若者をより良い市民にするためのエンパワメントにはより大きなパートナーシップと協働を必要だと信じている。社会変革のささやかな始まりを告げるさざ波は自己の研鑽と自覚の中で始まる。個人が国と主のための変革のを担うための導きと機会を与える
●仕事:様々なリーダーシップ・社会市民活動のサポート。リーダーシップを発揮しつつユースキャンプ活動でのトレーナー・ファシリテーターの補佐。学校で子どもや若者に英語やその他外国語の授業。芸術・音楽・スポーツプログラムの発展補佐。団体の資源運用努力の促進補佐。文化交流。事務局での作業など
●宿泊:団体施設内またはホームステイ。シェアルーム
●場所:Brgy. Candau-ay, Dumaguete City, Negros Oriental

GIED/MTV10  Kawit Elementary School  1ヶ月↑  教  2
●背景:生徒への様々な学習プログラムを通じた質の高い教育の促進や新しい文化・外国人と交流する機会の提供が目的として、授業、クラブ活動、(国内外での)合宿、修学旅行、学校のイベント・音楽制作・地域訪問・ワークショップ・セミナーなどの企画、音楽・アート・スポーツの発展や個別指導、外国語教育のサポートといった活動を実施している
●仕事:授業や学校行事での教師のサポート。研修やスポーツ活動、管理業務のサポート。子ども・ボランティアとパートナー団体の交流作り。異文化教育(自国での経験を共有)など
●宿泊:ホームステイ、シェアルーム
●場所:Barangay Kawit, Medillin, Cebu。Kawitはフィリピンの辺境の地Medellin地区にある村。この地区には約44,860人が住んでおり、この地区の19の村はフィリピンのやや都会の地域にある。いくつかの村には現代的で都会的な建物が並ぶ一方、他の村々、特に辺境の奥地に位置する村はいまだ発展していない状態である。Kwaitという言葉は木のフックを持った2.5フィートほどの竹筒を表すセブ語で、地元の近隣住民はココナッツワインをこれに入れて喉の渇きを癒す。このBarangayは最も発展した町で、公共市場や街所有の警察・消防署を持つ
●備考:6-3月で受入可

GIED/MTV11  Abcede Memorial Library Foundation  1ヶ月↑  教・子  2
GIED/LTV06  Abcede Memorial Library Foundation  6ヶ月↑  教・子  2

●背景:Abcede Memorial Library Foundationの名前は1970年代から80年代のマルコス独裁政権と戦った人権活動家であり法律家のEuclides Almiranez Abcedeに由来する。彼は1981年にQuezon県議会により「県の顕著な法律指導者」に認定された他、1986年にはOIC Lucena市長に任命され、Pasayahan sa Lusenaを設立した。彼はCPP-NPAと共に軍の人質解放交渉に挑み、政府の平和評議員となり、2003年のQuezon Medalya ng Karangalanを受賞した。Abcede Memorial Library FoundationはQuezon、Lucena Cityの小さな村にあり、村の住民は他国からの貧しい移民で、女性の大半は専業主婦である。さらに、ほとんどの大人は小学校までしか学校に行けておらず、平均世帯人数は5-8人程度である。子ども達はより高い教育を受けることを望んでいるが、そのためには遠くの学校まで通わなければいけない。授業料は決して高くないものの、貧しい家庭には子どもの交通費や食費をまかなうほどの余裕がない。このプロジェクトでは、ボランティアとコミュニティによる自己運営型の子どもの情報センターの実現、子どもが本好きになるよう地域を巻き込む、生徒や教師・若者や大人・個人や団体に対して情報資源を提供する中心となることを目的としている
●仕事:コミュニティ図書館の設立、教師育成プログラム、ボランティア教育の開発、スタッフや地元ボランティアによる宣伝媒体(新聞・雑誌・音声&映像プレゼン・ウェブサイト・SNSなど)の活用促進、その他コミュニティ開発プログラムのサポートなど
●宿泊:ホームステイ、シェアルーム
●場所:Ilang-Ilang Street, Employees Village, Brgy. Gulang Gulang, 4301 Lucena City, Quezon(ルソン島)

GIED/MTV12  GIED  1ヶ月↑  事  2
GIED/LTV09  GIED  6ヶ月↑  事  2

●背景:Global Initiative for Exchange & Development(GIED)は地域づくりの中で多様な価値のある協働を促進し、国づくりの中で人々をエンパワーすることを目的に2015年7月7日に設立。国際ボランティアの促進、コミュニティ開発とボランティア活動の養成、ボランティアとボランティア団体のネットワーク作りを目的として、国際ワークキャンプ・中長期ボランティアを通じた国際ボランティアの促進、ボランティア精神と異文化間学習のためのキャパシティビルディング・研修、ユースボランティアのデータベース作り、ボランティア活動と異文化理解のアドボカシー活動を促進する団体との関係構築、若者の参画ととコミュニティ開発のためのアクティビティといった活動を行っている
●仕事:ソーシャルメディアやウェブサイトを通した国際ボランティアの広報活動。オフィスワークのサポート(プログラム情報やプリント、ビデオ、音声といった広報ツールの更新・開発、学校・地域・学会・イベントなどでのアドボカシー活動など)。サブコーディネーターまたはキャンプリーダーとして国際ワークキャンプ運営。研修やキャパシティビルディング、コミュニティ訪問・開発のサポートなど
●宿泊:ホームステイ、シェアルーム
●場所:2F Causing Feria Bldg., Block 145, Osmeña Blvd., Cebu City

GIED/MTV13  Barangay Gilutongan  1ヶ月↑  教・環・福  2
●背景:Gilutongan島民の多くは漁業以外で生計を立てる術がなく、ごみ問題が島での共通した問題である。自分達の健康や教育を十分に保証できず、ボランティアによる支援が欠かせない。プロジェクトの目的は禁漁区の維持と保護、生物多様性の促進、ごみ問題に関して島民の教育とやる気がでるような指導、エコツーリズムの土地として島の宣伝、子ども達に基本的教育と栄養失調へのケア提供。活動には適切なごみ処理と環境マネジメントに関しての提唱運動におけるBarangay公務員とスタッフの補助、海岸の掃除活動、禁漁区の保護観察、デイケアセンターの教師や小学生の勉強指導、栄養・健康問題のアシストなど
●仕事:公立学校や地域で子どもや若者に向けたスポーツ、音楽、芸術活動といったアクティビティ提供。地元の健康問題解決の補佐。地域運営、調査、監査、評価、キャパシティビルディングとノンフォーマル教育など地域関連活動の実施におけるスタッフや地元ボランティアの補佐。禁漁区の保護など
●宿泊:ホームステイ
●場所:Brgy. Gilutongan, Cordova Island, Cebu。人口約1500人、Cordovaからボートで約30分
●備考:2-12月で受入可

GIED/MTV14  Kinawahan Integrated School  1ヶ月↑  教  2
●背景:Kinawahan Integrated Schoolには幼稚園生から12年生までの12クラスがあり、それぞれを15名の教師と校長がみている。学校には個人が寄贈した蔵書300冊ほどの小さな図書館が併設されており、他の学校との競争と学習の実施のため、校舎設備を新しくする必要がある。基本的に国際ボランティアでは公立校の平均水準を目指して学校の修繕と美化に焦点を置くが、生徒との交流を通しての異文化学習も狙っている。プロジェクトの目的は様々な学術的・課外的活動を通しての生徒の学習意欲保持、子どもへの外国人との交流と新しい文化の学習の機会提供であり、クラブ活動の運営、授業、遠足や修学旅行の補佐、音楽・芸術・スポーツ活動の発展、外国語教育・導入といった活動を実施している
●仕事:授業や学校行事での教師のサポート。研修やスポーツ活動、管理業務のサポート。子ども・ボランティアとパートナー団体の交流作り。異文化教育(自国での経験を共有)など
●宿泊:ホームステイ。シェアルーム
●場所:Brgy. Kinawahan, San Remegio, Cebu
●備考:6-3月で受入可

GIED/MTV15  PDAO  1ヶ月↑  障  2
GIED/LTV11  PDAO  6ヶ月↑  障  2

●背景:Person with Disabilities Affairs Office(PDAO) San Remegio支部はメンバーが最大限に可能性を発揮し、国づくりと選択・機会を通した自立した障がい者の権利保障において活動的な参加者・貢献者になってほしいと考え、障がい者が社会のあらゆる側面の活動に参加でき、尊重され、地震の才能と技術を生かして自身だけでなく地域の発展に寄与できるようなコミュニティづくりを目指す。PDAOは障がい者が総合的に良い人生を生きられるような改善を全力でサポートするボランティア活動に深く感謝している。障がい者の権利保障、潜在能力・才能・技術の発揮、生計プログラムを通しての経済的サポートを目的として、PDAO生計プログラムの実施補佐、芸術活動・娯楽アクティビティなどを通じた障がい者と若者の交流促進、子どもの健康と回復のモニタリング補助、Bigasan ng Bayanという生計プログラムのモニタリングといった活動を行っている
●仕事:PDAOの活動の運営・観察・評価におけるスタッフの補助。キャパシティビルディングやその他地域ベースの活動補佐。地元コミュニティにおける利用者、子ども、家族の交流作り。異文化教育(自国での経験を共有)など
●宿泊:ホームステイ、シェアルーム
●場所:San Remegio, Cebu

GIED/MTV16  University of Cebu  1ヶ月↑  教  2
●背景:セブ大学は1964年設立の教育機関で、幼稚園・小中高・大学・大学院までの教育を行っている。質の高い教育を広めること、人々に希望を与え人生を変える産業的指導者となることが大学の理念。環境の持続可能性や社会経済成長に向けた質の高い教育、研究、社会奉仕を追い求めている。多様な学術的・課外的活動を通して生徒の学習意欲を高めること、外国人との交流と新しい文化の学習の機会提供を目的に、クラブ活動の運営、授業、遠足や修学旅行の補佐、音楽・芸術・スポーツ活動の発展、外国語教育・導入といった活動を行っている
●仕事:学校での活動の運営と授業補佐。生徒とCARESのパートナーに対してキャパシティビルディングとリーダーシップ講習の企画・運営・ロールアウト。大学のCARES部門での社会・地域発展プログラムをキャンパス内外で補佐など
●宿泊:ホームステイ、シェアルーム
●場所:Cebu City

GIED/MTV17  BP Cebu Foundation  1ヶ月↑  教・技  2
GIED/LTV10  BP Cebu Foundation  6ヶ月↑  教・技  2

●背景:BP Cebu Foundationはセブ市マボロ地区の恵まれない、社会から切り離された3-24才の子ども・若者や家族を主な対象とした支援のため設立。この数年間、会員や家族数は増え続け、彼らの中には家を取り壊され、セブの違う地域への移住を強制された者もいる。それら障害にも関わらず、団体内の家族のきずなは家庭・学校訪問を中心としたコミュニケーションにより固く結ばれている。このプロジェクトは一個人が家庭や地域で生産的な人物になれるよう能力を開発し、全世界の兄弟達に富みをもたらせるような地域づくりと樹民の生活変化を促すことを目的に結成された
●仕事:基礎的なICTスキル教育の補佐、団体スタッフや生徒に対する情報・データベース管理やその他マイクロソフト操作システム能力の開発。団体のプログラム・プロジェクト促進のためウェブサイト・SNS・その他広告媒体の開発。英語授業。報告書作成補佐など
●宿泊:ホームステイ、シェアルーム
●場所:48 Sindulan St. Mabolo, Cebu City
●資格:Microsoft officeなどの基礎的なICTスキル、英語中級

GIED/LTV07  La Consolacion College  6ヶ月↑  教・農  2
●背景:La Consolacion Collegeは2007年6月に設立、小学生から大学生にかけてカトリック教育を行うための機関。カトリック系の学校として、生徒や教職員に信仰深い生活の重要性を教えている。学生に質の高い教育を与え、学習意欲を引き出し、テクノロジーや演劇の分野で才能を開花させることや、学生に他国の文化や言語を教えることを目的として、活動を実施している
●仕事:学校の活動やキャパシティビルディング計画の補佐。英語もしくは外国語授業。音楽・スポーツ・芸術の授業。リーダーシップ育成・図書館運営・クラブ活動運営・社会市民活動の補佐。特定地域で学校委員会発展プログラムの補佐。広報物出版や音声・音源プレゼンテーションの作成による広報活動の発展補佐。学校管理者やスタッフと協力して活動を行う。外国語クラスでの授業、学校クラブ・音楽・美術・劇・スポーツ活動の運営など
●宿泊:施設内、シェアルーム
●場所:Aglipay Street, Bais City, Negros Oriental

GIED/LTV08  Inday Pita Tevez-Escaño Educational Training Center  6ヶ月↑  教・農  2
●背景:Brgy. Sab-ahanは7078人が暮らす森林保護区。Brgy. in Baisはアバカとコーヒー栽培の行うテクノデモ農業を通した農業技術の移行と高知能化の技術開発を目的にMeralco基金が設立した家族農業学校。設立16年目を迎え、農業を主体とした無料の高校教育を提供。プロジェクトの目的は生産効率を上げるための科学的農業、持続可能な農業に対する学生やその家族の知識・技術・意識の向上、若い農民や学校に通っていない若者へのオルタナティブ教育やオープンスクールの提供、貧困・森林伐採・教育剥奪といった社会的・生態学的・経済的状況の解決を求める若者の起業促進、持続可能な農業における学生・親・団体・その他出資者の協力、コミュニティのニーズに応える地元の農家・教師ボランティアの促進である
●仕事:農家またはその他農業関連活動の補佐。地元コミュニティの学校の地域開発プログラムのサポートなど
●宿泊:施設内
●場所:Barangay Sab-ahan, Bais City, Negros Oriental


 

メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

南アジアのプログラム一覧

インド

india12.jpg

運営団体:SF

Sadhana Forestは熱帯乾燥照葉樹林の再生と持続可能な生活作りを目指して、イスラエル人の夫婦が2003年に設立。トルコのワークキャンプNGOにNICEを紹介され、開催することに。ワークや運営の質が、多くのボランティアから高く評価されています。月から金曜日の17時までに要到着

プログラム情報

SF/LM01  Sadhana Forest  1ヶ月↑  環  ?
●背景:森林再生と水源保護を使命とする。主なプロジェクトはひどく浸食した70エーカーの土地の森林再生であり、その土地固有の熱帯常緑乾燥林を再生する活動をしている。このような森林は南インドとスリランカでのみ見られるもので、多くの珍しい種(1000種類以上の樹木、低木、つる)が生息しており生物多様性を生み出している。熱帯常緑乾燥林は現在たったの0.01%しか存在しておらず、絶滅の危機に瀕している。共同社会の中で生活し、資源を分け合うことは自然との共生、また人間同士の共生をもたらしている。メンバーの1人は「人々を成長させてくれる森がたくさんありますように。」とコメントしているSFの目標は帯水層から水を隔離するための自然由来で、高度な技術を必要としない造園法を使い、その水を植林と若い木々のケアに使い、やがて帯水層に還った水が上記の過程を循環するシステムを作ること
●仕事:森林再生と水の保全を第一に置きつつ、プロジェクトを維持する一般的な仕事もこなす。森林再生活動として、森林内での植林、植林のための土手作り、根覆い、水やり、害虫等の検査、自作の栄養剤と防虫剤の噴射、苗木のケアなど。水の保全活動として、埠頭、湿地、溝、ガビオン建設など。プロジェクト維持の仕事として、食事作り、コンポスト作り、道具の修理と管理、ガーデニング、薪末目、ハットの損傷検査、ソーラーパネルの管理、堆肥トイレの管理など
●企画:音楽、ヨガなどのワークショップ企画、実施など
●宿泊:ドミトリー。寝袋必要。食事提供(有機菜食Vegan) 
●場所:インド南東部、Tamil Nadu州。Aurovilleの国際コミュニティの一部で、Pondicherryから北に6km
●資格:禁酒、禁煙、禁ドラッグ
●備考:追加登録費400インドルピー(=約700円)/日は現地払い(+預け金1000ルピー必要)


ruchi1.jpg

運営団体:RUCHI

インド北部ヒマラヤのふもとを中心に活動をするNGO、Rural Centre for Human Interests。1980年に設立され、「農村地帯の発展のための持続可能な行動」を目指し活動しています。農村地帯のコミュニティの活性化のために、テクノロジー、教育等の知識の提供も行っています。毎週月曜日開始。追加登録費は、1ヶ月で350ユーロ(=約42,000円)、それ以降は300ユーロ(=約36,000円)/月で現地払い。村の公共場所での飲酒と喫煙は原則不可。宿泊はドミトリーで寝袋必要、食事は菜食。最長6ヶ月

プログラム情報

RC/MTV1  Environmental Education  1ヶ月↑  環・教  ?
●背景:工業地帯である“Baddi”は、経済的に貧しい人達が仕事を求めて移住し、仮設住宅を建て続けて出来た地域である。その住居には、家庭に必要な生活備品がほとんど無いため、スラムと呼ばれている。工業化と人口増加によって、天然資源は激減し、深刻な環境問題や健康・衛生問題が生じている。このプロジェクトでは、創造力を高める 「クリエイティブ・エデュケーション」 を利用した、環境保護が目的である。地域社会と地域環境は、相互に関係しており、生き残るために互いに依存してきた。それゆえ、両者が共存するためには、環境による経済的な効果が重要となる
●仕事:アートを利用した環境意識啓発。地元の学校でエコ活動を支援。若者を集め環境保護、地球温暖化、気候変動、天然資源の枯渇など環境問題に関する教育など
●場所:Baddi周辺のSolan-Rural・Slum地域

RC/MTV2  Water Conservation  1ヶ月↑  環  ?
●背景:プロジェクトの中心地である“Himachal Pradesh”では、息をのむような景色が広がり、新鮮な天然水が豊富で昔から山の人々はこの天然水に依存。しかし、これらの資源は環境悪化、都市化など人間の過失により急速に枯渇する危機にさらされている。この地域は雨季に大量の降水があれど乾季は常に水不足であり、より効率的な利用法を考えねばならない
●仕事:地域社会と若者へ天然泉の重要性に関する啓発活動。天然水のデータベース作成。テストを行うための水サンプル収集、評価。伝統的な資源利用計画の再開発、実施など
●場所:Baddi村(Solan)

RC/MTV3  Eco Tourism  1ヶ月↑  環  ?
●背景:農村エコツーリズムは、北インドで増加。このプロジェクトにより観光客の責任ある行動を促進することで環境や景観、自然資源を保護したい。ボランティアは、自然豊かなこの環境を拠点とし、観光客がよく訪れる場所も出入りすることが出来る。予定としては、地域社会や地元の人々と慣れ親しんだ後、環境保護と信頼性のある旅行のために必要な介入計画を立てる
●仕事:観光客が多い地域のデータベース作成。環境・文化的保護に対する認識向上のための看板のデザイン制作・掲示。田舎での観光事業を促進する計画づくり、エコツーリズムの促進など
●場所:Kasauli地区

RC/MTV4  Teaching Children  1ヶ月↑  教  2
●背景:奥地の農村部では高額な私立学校へは通えず公立学校へ通うが、教師の意識は低く、教育の質も低い。Bogdhar村とBaddiスラムでは人々の需要を満たすより安くより良い教育にコミットした私立学校を農村部で開校。農村部の経済的に貧しい家庭の子どもが在籍。より良い授業の提供や英語の発音・文法の向上、また、「子ども達が授業に関心を持ち、良い結果を出せるようにする」というだけでなく、将来のために英語力を磨きたいと思えるきっかけをつくったり、勇気づけたりすることが目的
●仕事:6-11才の子どもへのインフォーマル英語教育、特に発音と文法。衛生教育など
●場所:BogdharとBaddi地域を中心としたすべての私立学校
●備考:3/1-12/15で受入可

RC/MTV5  Health and Sanitation  1ヶ月↑  福・環  ?
●背景:効率的なごみ処理システムが確立されていない公衆衛生環境の問題が発生している。地方の州政府が個室トイレを建設しているにも関わらず、排便が今も外でなされており、健康への悪影響を認識していない。また、ごみ処理は別の深刻な問題であり、環境や健康に悪影響を及ぼす
●仕事:水・公衆衛生・衛生学・健康基準に関する教育、ツール作り。現地の学校で若者の意識向上のためのワークショップなど
●場所:Dharampur Development Block

RC/MTV6  Women Power  1ヶ月↑  福  ?
●背景:女性は社会の中で多くの役割を果たしている。しかし、その努力はまだ財政上、国家のGDPには計上されていない。また、家庭においても娘、妻、母、主婦、さらには労働者としても役割を果たし、様々な方法で家庭を支えているにも関わらず、女性は家庭の意思決定権をもつことがほとんどない。常に女性の努力を認め、社会的視点において地域で彼女たちが望まれたポジションを達成できるまでサポートしたい
●仕事:自助グループの集会への出席。ジェンダー分析調査。グループメンバーのスキルアップ活動と訓練。現地で利用できる援助を活用、計画実施の支援など
●場所:Patta周辺の村

RC/MTV7  IVS Programme Management  1ヶ月↑  事  2
●背景:RUCHIオフィスは地方の農村に位置しており、国際ボランティア活動をサポートできる人材を見つけることが難しい
●仕事:団体の日常業務や国際ボランティアプログラムの事務サポート。広報やメールでの問い合わせ対応。キャンプリーダーとしての国際ワークキャンプ運営など
●場所:Bandh 村(Solan)
●資格:英語中級、国際ボランティア経験必要
●備考:受入期間は6-10月

RC/MTV8  Organic Farming  1ヶ月↑  農  ?
●背景:この山岳地帯では人々が生活のために農業を営む。しかし、水不足やぬかるんだ土地の小さな段々畑に農業は維持できず、農業生産は1家族が1日3食の食事をするには足りない。RUCHIは面積が3ヘクタール以上に広がる良い肥沃な土壌を持ち、スタッフやボランティアによって家庭菜園を促進。やがて彼らへの見本となって機能して欲しい。住民は教育不足のため農薬が与える健康被害を理解していない
●仕事:有機野菜やハーブの栽培。多面的な農業や地球温暖化、気候変動、天然資源の枯渇など環境問題に関する啓発活動など
●場所:RUCHI (Solan)


fsl1.jpg

運営団体:FSL

2000年設立のNGO、Field Service & inter-cultural Learning。事務局は南部のBangaloreで、ワークキャンプと中長期ボランティアが主な活動。期間は最高6ヶ月間までで、追加登録費14,500ルピー(=約25,000円)/月は現地払いです。空港出迎えあり。バンガロールからバスで9時間ほどのKundapur(最寄り空港はMangalore Airport)、またはバンガロール(最寄り空港はバンガロール国際空港)で1週間のオリエンテーションがあります。活動開始日は第一月曜日、宿泊はホームステイ・施設住み込みが多いです。別途申込書がありますので、先にご連絡ください

プログラム情報

FSL/LTV01A  Regular Teaching  2ヶ月↑  教  3
●背景:教育は持続可能な未来を築くための技術、知識、態度、価値観習得のための最も大切なツールの1つだが、カンナダ語・タミル語教育の学校では英語教師や資源が不足。教師として授業を考え、実施。また、継続した教育ができるように、将来のボランティアのためにノウハウや内容をまとめることも大切。教材や教育方法の開発にも期待
●仕事:教室内でのスタッフのサポート。英語教育のアシスタント、子どもたちへの異文化理解教育、教材開発、授業計画作成など
●資格:英語中級、教育経験歓迎
●備考:3-5、10、12月は学校の休みのため学校で活動できないが、3-5月はサマープロジェクト、10月はウィンターキャンプへの参加可

FSL/LTV01B  Orphan Children Teaching  2ヶ月↑  福・子  3
●仕事:孤児院でのスタッフのサポート。孤児の日常生活のサポート、リハビリ、教育、掃除、料理、ガーデニング、宿題の手伝い、遊び、ゲーム、図画工作、歌、スポーツなど

FSL/LTV01C  Ethnic Tribes Teaching  2ヶ月↑  教・福  3
●背景:インドにはいくつかの少数民族が存在するが、彼らは奥地で暮らしているため孤立し、適切な教育、インフラ、医療の機会を持たず、識字率も低い。教育、生活水準、医療の向上が目的
●仕事:NGOスタッフのサポート。子ども達への教育やゲーム、歌、スポーツ、図画工作など

FSL/LTV01D  Street Children Teaching  2ヶ月↑  福・子・教  3
●背景:インドには4万人を超えるストリートチルドレンが存在する。寮やデイケアセンターなどの住処を提供し、職業訓練を受けられる通常の教育システムに戻すことで、適切な水準で生活できる機会を提供することが目的
●仕事:主にストリートチルドレンへの教育活動(オルタナティブ教育)を実施。先生のサポート。移住労働者のコミュニティにおいて親向けに教育についての啓蒙活動やゲーム、歌、スポーツ、図画工作の企画・運営など

FSL/LTV01E  Anganwadi Teaching  2ヶ月↑  子・教  3
●背景:ヒンディー語で“中庭の小屋”を意味するAnganwadiは、1975年頃に政府により設立されたデイケアセンターで、主に3-5才の就学前の子どもにノンフォーマル教育を提供。また、村の保健所としての機能も備え、家族計画・家庭教育などを含む健康・衛生・栄養教育・啓発も提供
●仕事:子どもに対するゲーム、歌、図画工作、スポーツなどの教育活動など
●資格:英語中級、教育経験歓迎
●備考:3-5、10、12月は学校の休みのため学校で活動できないが、3-5月はサマープロジェクト、10月はウィンターキャンプへの参加可

FSL/LTV01F  Impaired Children Teaching  2ヶ月↑  障・子・教  3
●背景:言語・聴覚障がい児への教育プログラム。聴覚障がいはコミュニケーション能力に、言語障がいは学習に対して影響。社会的孤立や自尊心の低下を引き起こしてしまう。これらの子どもたちが社会で活躍できるよう、様々な教材や方法が用いられている
●仕事:英語の読み書き、数学、地理などの授業。スポーツ、ゲーム、絵などの課外活動。報告書の作成、写真やビデオでの記録。生活技能や健康、保健衛生のトレーニングなど
●備考:3-5、10、12月は学校の休みのため学校で活動できないが、3-5月はサマープロジェクト、10月はウィンターキャンプへの参加可

FSL/LTV02A  Sea Turtle Conservation  2ヶ月↑  環  3
●背景:インドでは過去15年、地元民による漁業や卵の略奪等によりウミガメが危機にさらされてきた。3種のウミガメがインド西海岸で卵を産むが、どれも人間の手によって危機にさらされ絶滅危惧種となっている。この事業はKundapur、Karnatakaの南北に位置する60kmにも及ぶ海岸で実施。生態系についての意識を高め、関連する環境問題に焦点を当てることにより、ウミガメ保護に対する啓発活動を行っている
●仕事:調査、データ収集・分析、地域コミュニティや学校、港、漁村での啓発活動。孵化場や臨時情報センター作り。PRツールの作成など
●資格:ウミガメ保護に関する知識歓迎
●備考:8-2月で受入可(8月、2月は主に文書作成を行う)。必ずしもウミガメに会えるというわけではない

FSL/LTV02B  Environmental Education  2ヶ月↑  環  3
●背景:地元のNGOと協働し、低所得層のグループ・地域コミュニティ・若者・子どもへ環境教育を行いたい。また、学校、大学等で環境保全、自然保護を啓発していくための環境教育ワークショップの実施。エコクラブは5年前からすべての公立学校で組織され、学校やその学生から成り立ち、自然保護の必要性を意識し、活発に関わることができるように環境問題と実践を学生に紹介することが目的だが、ほとんどの公立学校が人員と財政手段不足のため機能していない
●仕事:地域コミュニティへの環境教育。エコクラブセッションの計画と実行、サポート。地元コミュニティで野外活動。固形廃棄物処理事業、コンポストの設置など

FSL/LTV02C  Rain Water Harvesting  2ヶ月↑  環  3
●背景:雨水を収集するというコンセプトのもとに、水資源の保護と促進のための活動を行っている。地元コミュニティのさまざまな分野の中の意識を変えることもこのプログラムの重要な目的
●仕事:水についての教養、書類、調査を促進するキャンペーンへの参加など

FSL/LTV02D  Water and Sanitation  2ヶ月↑  医  3
●背景:健康と衛生は都市部・田舎地域どちらにとっても発展において最重要事項であるが、田舎地域では屋外排泄が一般的であるため、衛生状況が非常に悪い。適切な教育と衛生の必要性に関する理解が欠如し、衛生環境を作ろうという意識がないことが主な問題である。Dream Village Project、Environment Education Projectなどのプロジェクトや様々な場所でのボランティア活動を通して、公衆衛生の実現が目的
●仕事:トイレの建設、衛生環境の悪化による病気の啓発活動、子どもや大人への教育と意識向上など

FSL/LTV02E  Animal Care and Conservation  2ヶ月↑  環  3
●背景:動物の保護・管理は全ての種が生き残るために重要な意味をもっており、絶滅危惧種とその住処の保護だけでなく、育成や繁殖も必要である
●仕事:動物やその住処の保護、育成と繁殖、病気の動物のケアや治療、調査、文書の作成、政策による権利擁護、適切な情報・教育・コミュニケーションツールの開発、コミュニティに対する啓発活動や教育活動など

FSL/LTV02F  Sustainable Agriculture  2ヶ月↑  農  3
●背景:食の安全や食料品の価格高騰が深刻な問題となっており、農業技術は飛躍的に向上しているものの、今もなお多くの人々が飢えに苦しみ、食料不足の危機にさらされている。また、天然資源の減少が田舎地域のコミュニティに悪影響を与え、貧困を招いている。これらの背景により、持続可能な農業は田舎地域のコミュニティが抱える課題を解決する最も効果的な方法の1つである
●仕事:持続可能な農業や有機農業を推進する農業コミュニティや関連団体のサポート。持続可能な農業の重要性に関する啓発活動。生物多様性の維持方法、水管理、有機農業、害虫管理、栄養管理、調査、文書作成など

FSL/LTV03A  Children with Special Needs  2ヶ月↑  障  3
●背景:身体・知的障がいをもった子どもや人々と関わることは大変なこともあるが、彼らの精神や情熱は絶えず、彼らとともに活動することは喜びに満ちあふれ、人生における大きな学習機会をもたらす。日常生活において障がい者は制限を受けることが多く、社会から排除され差別を受けることもあるため、ボランティアが変化をもたらし、子どもたちに喜びを与えることを期待している
●仕事:身体・知的障がい児に対する教育活動。彼らの日常生活におけるスタッフのサポート。ガーデニング、食事の準備、掃除など
●備考:新しい企画を立てる機会もあり

FSL/LTV03B  Rehabilitation Projects  2ヶ月↑  教・開  3
●背景:経済・社会競争から置き去りにされた人々のためのNGOが多くあり、彼らのオフィスや現場のサポートや新しい独創的な発想を提供することが目的
●仕事:子どもへの職業訓練提供、若者への各種訓練、マイクロファイナンス、PC教育、障がい者との活動など。ボランティアの希望により写真、文書作成、ウェブページ更新、職業訓練センターの商品カタログ作成、調査、データ収集なども可能
●備考:動機書になぜこのプロジェクトでの活動を希望するか、どのように貢献できるか明記すること

FSL/LTV03C  Old Age Home  2ヶ月↑  高  3
●背景:今日、高齢者に対してのケアや関心を持つことがますます重要になってきている。FSLでは社会から置き去りになってしまった高齢者の家にボランティアを派遣している
●仕事:高齢者の生活施設で、日常生活のサポートや医療ケア、余暇活動の企画・実施、リハビリのための運動補助や話し相手など

FSL/LTV03D  Women Empowerment  2ヶ月↑  福  3
●背景:インドの広範なジェンダー格差の解決は、国の発展戦略において重要視されている。それらの戦略は、女性が自己財務能力を持つことで女性が自立し、社会の中で平等に輝く環境を作り出すことを可能にする。近年、政府は低所得者のためのマイクロファイナンスを行うSHG(Self Help Groups)という団体の設立を促進し、問題解決に取り組んでいる。主に女性からなるSHGは、メンバーが定期的に寄付した少額の固定金利を元手に、各メンバーのニーズに基づいて貸付を行う
●仕事:地域社会におけるキャパシティビルディング・イニシアチブを実現するために、SHGや他の女性グループと幅広く協力する。英語教育、PC教育、健康と衛生に関する啓発活動、所得創出のための活動、資金調達など

SL/LTV03E  Slum Children  2ヶ月↑  福・子・教  3
●背景:都市化問題によりスラムがどんどん広がっている。都市部のスラムは家屋と違法に建てられた小屋の集まりで、水道や電気などの基礎インフラが整っておらず衛生状態が非常に悪い。また、失業率も高く、病気が蔓延し、貧困、搾取、無気力の温床となっている
●仕事:シェルターや学校でスラムの子どもへの教育。スタッフのサポート。地元NGOが実施しているプロジェクトのサポート。意識向上キャンペーン、読み書きプログラム、教育プロジェクト、少数民族の啓発活動など

FSL/LTV03F  Ethnic Tribal Development  2ヶ月↑  福  3
●背景:インド社会にはカーストや民族に応じて差別、搾取、服従、社会的排除などの問題が生じている。指定部族は地理・文化的孤立により社会から排除・軽視され、十分発展できない状態である。インドは独立以来ずっと社会的平等を目指し、指定部族の社会経済的状況を改善しようと努力しているが、依然としてインド人口の中で最も立場が弱く、貧困の中心となっている
●仕事:健康管理、教育、生計、技術訓練、民族の権利促進、能力向上、NGOのネットワーク作り、キャンペーン、調査、文書作成、プロジェクト企画案の作成など

FSL/LTV03G  Prevention of Child Labour  2ヶ月↑  子  3
●背景:子どもは国の希望であり、未来を担う存在である。幸せな子ども時代を過ごし、周りに守られながら安全かつ健やかに成長することはすべての子どもが持つ権利である。しかし、インドでは児童労働が深刻な社会問題となっており、推定430万人の子どもたちが衣服・靴・れんが焼き釜・ステンレス・ホテル・織物などを生産する産業や貿易に関する危険な仕事を強いられており、14才未満では世界で最も多い
●仕事:ストリートチルドレンへの健康に関する特別ケアプログラム、児童労働の予防・啓発活動、14才以上の子どもに対する職業訓練、意識向上キャンペーン、保護者とコミュニティ労働者に対する訓練と能力向上、カウンセリング、調査、文書の作成、子どもの権利に関する適切な情報・教育・コミュニケーションツールの開発など

FSL/LTV04A  Medical Internship  2ヶ月↑  医  3 
●背景:医療インターンとしてインドのヘルスケアシステムを学習
●仕事:医師や医療スタッフと協力して患者をサポート。病棟・診療所での診察や救命救急士との活動など、経験に応じて幅広く活動
●備考:医療経験がない参加者は、観察的な関わりとなる

FSL/LTV04B  Nutrition and Health  2ヶ月↑  医  3
●背景:インドでは医療へのアクセス不足により、社会的・経済的流動性の向上が妨げられている。公立病院は無償で医療を提供することになっているものの、大量の患者数と常に不足している医療スタッフの数が見合わず、うまく機能していない。また、経済発展をしているにもかかわらず栄養失調の子どもの数も多く、5才未満の子どものうち20%が栄養失調に苦しんでいる。世界的に栄養失調に苦しむ子どもの3分の1以上がインドで生活している。田舎地域では都市部より深刻な状況で、5才未満の子どもの死因の35%は栄養失調である。栄養失調は目に見えない問題であり、子どもの生存、健康、成長、発達を脅かし、国の発展の妨げにもなっている
●仕事:田舎地域のコミュニティの医療や健康に関するニーズへの対応。健康に関するプロジェクトの運営、教育や啓蒙活動、能力向上、調査、文書の作成、健康と栄養に関する適切な情報・教育・コミュニケーションツールの開発など

FSL/LTV05A  Special Teaching  2ヶ月↑  技  3
●背景:FSLは常に、他プロジェクト以外の職業スキルや特殊スキルを持っている人を探している。たとえば、ミュージシャン、大工、電気技師、または縫製技能、数学やIT /コンピューティング、ウェブサイトデザイン、あらゆる種類のスポーツコーチングなどの資格を持っている人にスキルを提供してもらいたい
●仕事:ボランティアの職業や得意分野に合わせた活動。インドの貧しいコミュニティでFSLと協力してプロジェクトの企画実施

FSL/LTV05B  Special Learning  2ヶ月↑  教  3
●背景:FSLは異文化理解を推進。そのため多くの地方施設、学校、地域の民俗芸術や音楽、文化、伝統を保存する個々のグループと連携している
●仕事:ダンス、音楽、木の彫刻、石の彫刻、ヨガ、マッサージ、エコ農業、パペット製作からひとつを選ぶ。文化理解のための活動への参加。ミニプロジェクトを企画し、この活動を広げる
●備考:FSL共通の追加登録費の他、追加で費用が必要(詳細は申込時にお伝えします)。少なくとも2ヶ月以上前に申込が必要

FSL/LTV05C  Media  2ヶ月↑  事  3
●背景:インドでは多くのNGO、NPOにおいて人材不足が問題となっており、特に草の根レベルの団体では知識管理に従事するスタッフを雇うほどの資金がない。自分たちの分野での活動には長けているが、多くの団体スタッフは英語の文書を扱うことが難しい
●仕事:年報・冊子・ブログ・ウェブサイト・SNS・出版物など、オンライン・オフラインでの団体のコミュニケーション土台作り。一次資料、二次資料のデータ収集による調査、プログラムの企画・実施、文書作成など


 

メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

ネパール

nepal4.jpg

運営団体:FFN

1991年設立のNGO、Friendship Foundation Nepal。農村開発や衛生・健康・環境改善に力を注ぐ。仕事中(できればいつも)は禁酒・禁煙。カトマンズ到着後、3日間のオリエンテーションあり。寝袋必要。最長150日間

プログラム情報

FFN/LMTV01  Teaching Placement  1ヶ月↑  教  ?
●背景:ネパールは発展途上の国であり、長い政治的対立、貧困、不十分な教育によって子ども達は様々な機会を失ってしまっているが、彼らの状況を少しでも改善していきたいと考えている
●仕事:主に6-15才の生徒への英語教育。算数、科学、PCなどその他の授業を受け持つことも
●宿泊:ホームステイ。食事提供
●場所:Kathmandu、Pokhara、Tanahun、Lamjung、Chitwan、Makwanpur、Nawalparasiのいずれか
●資格:英語初級
●備考:追加登録費250ユーロ(=約30,000円)+100ユーロ(=約12,000円)/月(相当額をネパールルピーで)現地払い

FFN/LMTV02  Computer Teaching  1ヶ月↑  教  ?
●背景:ネパールは発展途上の国であり、長い政治的対立、貧困、不十分な教育によって子ども達は様々な機会を失ってしまっているが、彼らの状況を少しでも改善していきたいと考えている
●仕事:主に6-15才の生徒へのコンピューター教育。教師不足のため場合に応じて英語、数学、理科などの授業も
●宿泊:ホームステイ。食事提供
●場所:Kathmandu、Pokhara、Tanahun、Lamjung、Chitwan、Makwanpur、Nawalparasiのいずれか
●資格:英語初級
●備考:追加登録費250ユーロ(=約30,000円)+100ユーロ(=約12,000円)/月(相当額をネパールルピーで)現地払い

FFN/LMTV03  Internship in Office  1ヶ月↑  事  ?
●仕事:ウェブサイトの更新、改善。世界中のパートナー団体との連絡(ボランティアの受入調整やプログラム情報の更新など)。ボランティアコーディネート(オリエンテーションや総括の実施、リーダーとして国際ワークキャンプの運営、プログラム中のトラブル対応など)。団体運営に関するディスカッション。ファンドレイジング。(特に農業や環境分野での)新たなプロジェクト開発。大学生やパートナー団体の活動への巻き込みなど
●資格:英語中級
●備考:以上の共通の仕事に加えて、以下の6テーマから1つを選択し、そのテーマに基づいたインターン活動を行う
① Women Empowerment program 
●背景:ネパール人女性は英会話に対してとてもシャイな上、ネパールの社会で悲観的状況に置かれている。田舎の女性はアイデンティティがなく一般的に夫のアイデンティティが彼女達のものとなり、経済的生産性がなく、決定権を持たない。このプログラムは女性を男性と同等に有能で力のある存在とし、人権を確保するために作られた
●仕事:女性に対する各種研修の実施、収入一般技術やアクテビティ、文書作業の手伝いなど
② Working for the community hospital 
●背景:FFNの健康センター、クリニックなどが提供する医者や看護師またはそれを目指す学生対象のインターン。教育意識と恵まれた設備のおかげで、インターンの恩恵は高まっている。理論的知識を実践で使ってみる機会
③ Health sanitation and hygiene education 
●背景:ネパールのほとんどの人々は十分な健康知識を持っておらず、FFNは彼らに対して基本的な予防・衛生教育を実施したい。衛生ケア・妊婦ケア・再生産教育を提供する。公衆衛生の専門家や学生がネパールの田舎で働き実戦的な経験をする機会
④ Waste management 
●背景:ネパールを緑あふれ、美しく清潔な国に保つためのプログラム。FFNは既に田舎の清掃に集中したプログラムを実践している。住民のポイ捨てが多く、地域・国際ボランティアは清潔な環境を保つことに努める
●仕事:ごみ回収、ごみ管理について住民の教育、コンポスト作り、プラスチックごみと生ごみの分別によるリサイクル方法を教えるなど
⑤ Agro farm 
●背景:ネパール人の75%以上が農業に従事しており、伝統的・現代的な方法で野菜や穀物を育てている
●仕事:ネパールの伝統農家の栽培方法を見、農薬やコンポストの使い方のわからない農家への指導・教育など
⑥ Journalism 
●背景:Capital FM Kathmandu共催。ジャーナリズムを目指す若者に最適のプログラム
●仕事:地域発展プロジェクトに関して記事、新聞、映画、写真などと共に、ドキュメンタリーや映画の作成など

FFN/LMTV04  Child Care  1ヶ月↑  子  ?
●背景:ネパールは貧しく発展途上の国であり、長い政治的な対立が多くの子どもを不幸な状況に置き去りにしてしまっているが、彼らの状況を少しでも改善していきたいと考えている
●仕事:朝夕は孤児院での子どもの世話。宿題のサポート、話し相手、スポーツ、音楽、ゲームなど。学校で6-15才の子どもへの英語教育。算数、科学、PCなどその他の授業を受け持つことも
●宿泊:ホームステイ。食事提供
●場所:Kathmandu、Lamjung、Pokharaのいずれか
●資格:英語初級
●備考:追加登録費250ユーロ(=約30,000円)+150ユーロ(=約18,000円)/月は現地払い

FFN/LMTV05  Japanese language Teaching  1ヶ月↑  教  ?
●背景:ネパールは発展途上の国であり、長い政治的対立、貧困、不十分な教育によって子ども達は様々な機会を失ってしまっているが、彼らの状況を少しでも改善していきたいと考えている
●仕事:主に小学生への日本語教育。教師不足のため場合に応じて英語、数学、理科などの授業も
●場所:Kathmandu、Pokhara、Tanahun、Lamjung、Chitwan、Daman、Lumbiniのいずれか
●宿泊:ホームステイ。食事提供
●備考:追加登録費250ユーロ(=約30,000円)+100ユーロ(=約12,000円)/月は現地払い

FFN/LMTV06  Walk with Nepal  1ヶ月↑  建・教  15
●背景:Walk in Nepalは2015年4月25日に発生した大地震をきっかけに始まったプロジェクト。開始から2年、目標が半分達成されるところまで来ている今、より多くのボランティアが必要。地震ではネパールおよび周辺国での死者が約9,000人となり、負傷者は約2万人、全壊した建物は約50万棟、半壊は約30万棟、文化財も多数倒壊するなど甚大な被害がでた。地震の影響により、学校に行けなくなってしまった子ども達は約100万人。このプロジェクトの対象で孤立した集落だったDamanでは昔ながらの農業を生業とし生計を立ててきた。しかし、近年の急速な社会変化に村の財政や教育体制が追い付かず、職を求める若者たちの都市への流出が続く。ネパール以外の文化の知識や英語能力は子どもにとって必須であり、ボランティアとの交流は村を離れて観光産業での就職を目指し、外国人と効果的に交流できる英語能力を求める多くの子ども達により良い人生への一歩を与える機会となる
●仕事:ヘルスセンター、会議室、結婚式場、図書館、オフィスなどの機能を持つコミュニティハウスの建築。小学校での授業など
●宿泊:ホームステイ、食事提供
●場所:首都カトマンズから約100km、標高2,300mのマクワンプール群Daman
●資格:禁ドラッグ
●備考:4-9月受入可。追加登録費250ユーロ(=約30,000円)+100ユーロ(=約12,000円)/月は現地払い。また、活動先へ移動するまではカトマンズでホテル泊となり、約10ユーロ/泊が必要


yoko12.jpg

運営団体:VIN

社会から疎外されたコミュニティで、特に女性や子どもの健康と社会的、経済的地位を高めるために2005年に設立されたVolunteers Initiative Nepal。追加登録費は4週間で540ユーロ(=約65,000円)。それ以降は70ユーロ(=約8,400円)/週で現地払い。また、英文履歴書、2人からの推薦状(家族可)提出必要。開始日は毎月1日または15日のいずれか。開始日前日に到着する必要あり。宿泊はホームステイまたは修道院。食事提供。空港までの送迎あり。また、学校のプログラムに参加する人は1、7、10月が長期休みのため注意して開始日を決める必要あり

プログラム情報

VIN/LTV01A  English at Buddhist Monastery  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:仏教僧院プロジェクトでボランティアに修道院での生活を体験してもらう一方、地元の人々に海外の文化に触れる機会を作ったり、英語を学んでもらうのが目的
●仕事:仏教の僧院の子どもに向け、創造的な英語教育、基本的な衛生教育。寺に住む子どもとボランティアの交流。先生の英語力向上のためのサポートなど

VIN/LTV01B  English at Community School  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:国際ボランティアの助けを借りて、子ども達や地域コミュニティに英語を話すという重要なスキルを提供し、豊かにすることが目的
●仕事:子どもへの指導計画作り、英語や他の科目の授業。先生の英語力向上のためのサポート、教育用資材の作成など

VIN/LTV01C  English for Deaf People  1ヶ月↑  子・教・障  ?
●背景:長い間ネパールの教育システムは、聴覚障がい者に対する対応が不十分だったために辞めてしまった人々の特別なニーズを無視してきた。彼らに質の高い教育を提供することが目的
●仕事:英語教育(手話ができない場合は、その他の学校支援)。ワークショップ、野外授業、衛生教育などの企画運営

VIN/LTV01D  Teaching Computer Science  1ヶ月↑  技・教・子  ?
●背景:VINは、急速に変化する情報技術において、コンピュータスキルはコミュニケーションの効率的な手段であるとしている。ネパールのITスキル不足は深刻で、IT時代に追いつくために多くのことを改善する必要がある
●仕事:学校やコミュニティスクールで、先生や若者、女性に対する基本的なIT教育。VINウェブサイトの維持・改善のサポートなど

VIN/LTV01E  Teaching/Coaching Sports  1ヶ月↑  教  ?
●背景:スポーツには人々をひとつにする力がある。ボランティアのスポーツに対する情熱やスキルを、ネパールの人々に提供してほしい。ネパールではサッカーとクリケットがとても人気だが、他のスポーツはまだ創成期。ボランティアは教師やコーチとして、熱意はあるが手段やノウハウのないネパールの人々に、楽しさとノウハウを提供してほしい
●仕事:学校やコミュニティで、子ども達や教師達にバレー・サッカー・クリケット・バスケットボールや他の室内外ゲームなどを教える

VIN/LTV01F  Yoga  1ヶ月↑  教・文  ?
●背景:ネパールは自然豊か美しい国であるが、政治的な混乱の中で現代的な生き方に迷う人々も多い。ヨガで外的要因とは無関係に、より良い人生を見出させる考え方を伝える
●仕事:仏教修道院などで創造的にヨガを教えながら、地元の人々と交流をする

VIN/LTV01G  Arts and Crafts  1ヶ月↑  教・子  ?
●背景:芸術はパワフルでクリエイティブな表現方法。ボランティアがそれぞれ選んだダンスなど芸術や工芸を教えることで人々の生活に変化をもたらし、ボランティアもネパールの文化を学ぶ
●仕事:学校やコミュニティでアートやクラフト(絵描き、ペインティング、ギフトカード作り、音楽、ダンス)の教育など

VIN/LTV01H  Cultural Immersion&Teaching  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:村の一般家庭に入り、ネパール文化をじっくり学びたい人向けのプロジェクト。文化を教えて貰うお返しに、英語をコミュニティスクールで教える
●仕事:学校などで基本的な英語教育、幼児に向けたアクティビティ運営など
●企画:アクティビティを通じたネパール文化と言語学習

VIN/LTV02A  Childcare:Orphanage  1ヶ月↑  子・教・福  ?
●背景:毎年多くの孤児達がカトマンズの街をさまよう。その大半は児童労働者となり、子どもとしての楽しみの時間を奪われている。VINは彼らに子どもとして楽しむ権利と教育を提供。VINはこれまでネパールの様々な孤児の家と共に取り組んできた
●仕事:基本的な英語教育(可能であれば、化学と数学も)、宿題サポート、歯磨きや手洗いなど基本的な衛生教育、アートやクラフトのような創造的なアクティビティ運営、掃除、学校の送迎など

VIN/LTV02B  Early Childhood Development  1ヶ月↑  教・子  ?
●背景:VINの幼児教育センター(ECD)は農村地域の3-5才の子ども達のために設置。これらのセンターは疎外された地域社会に属する子ども達に、親しみやすい学習環境を提供している
●仕事:ゲームや遊び歌で幼児達の心と体を育てるアクティビティ、幼児のケア、運動感覚を育てるアクティビティや教育ツール開発など

VIN/LTV02C  Child Right’s & Children’s Clubs  1ヶ月↑ 教  ?
●背景:VINの子どもクラブは6-16才の子ども達のために設置された課外プロジェクト。これは彼らの生来のスキルや創造性を開発し、健康や環境など地域社会の問題意識を高めるだけでなく、授業で学んだことを実生活に生かす用支援することが目的
●仕事:リーダーシップをや生き抜く力を育てるワークショップ。コンテンポラリーダンスや人権保護・促進に関するディベートなどクリエイティブなアクティビティを運営

VIN/LTV02D  Working for Street Children  1ヶ月↑  子・教・福  ?
●背景:カトマンズには推定1000人のストリートチルドレンがいる。彼らに学校へ通う選択肢はなく、ゴミ箱から食べ物を探し、路上で寝、人身売買や虐待の餌食にされている
●仕事:教育活動、子どもとのレク活動、基本的な公衆衛生教育、一緒に過ごし子どもに愛情ケアや目的意識を持たせる

VIN/LTV03A  Health and Medical Care  1ヶ月↑  医・教  ?
●背景:このプロジェクトは、教育・保健サービスと公衆衛生の改善を通じて、医療の行き届かない地域の健康改善を目指す
●仕事:コミュニティへの診察と医療の提供、医療スタッフのサポート。医師や看護師とともに薬の配布。患者へ基礎的なカウンセリング。体温、脈拍、血圧測定のサポート。保健衛生に関する啓発活動など

VIN/LTV03B  Health, Sanitation & Hygiene Education  1ヶ月↑  医・教  ?
●背景:このプロジェクトは、ネパールにおける多くの医療状況の不備を改善するために設置された。農村地域全体に大きな影響を与え、数百人の地域住民の生活を変えるものである
●仕事:生徒やコミュニティでの衛生教育、地域の健康状態の調査、基本的な地域での衛生教育の改善、啓発活動と応急処置知識提供のために子どものクラブや公立学校への訪問など
●資格:この分野での経験歓迎

VIN/LTV03C  Waste Management Project  1ヶ月↑  環・教  ?
●背景:ゴミ問題はネパールで公衆衛生と環境の両方の観点から深刻な問題となりつつある。ゴミ捨ての仕組みを改善し、清潔な環境の利点を人々に伝え、意識してもらうことが目的。それはきれいな地域社会を維持し、ネパールの美しい自然を効果的かつ持続的に保つ方法でもある
●仕事:環境への啓発活動、ゴミ問題への政策と実践へのサポート、ごみゼロ運動など

VIN/LTV03D  Animal Care  1ヶ月↑  福・教  ?
●背景:人間の動物に対するケアは動物が人間にもたらすケアでもあるという信念の下、ネパールで犬を中心とした脆弱な動物達を保護することが目的。動物のためのシェルター以上の役割、動物に対しての優しい想いやりある行動を促進したい
●仕事:動物のケアセンターで一匹対一人の密なケア、犬の散歩、水浴び・手入れ、シェルターの掃除、動物への友好な態度を勧める啓発活動など

VIN/LTV04A  Agroforestry  1ヶ月↑  環・農  ?
●背景:労力がかかるのに利益にならない伝統的な段々畑での農法からアグロフォレストリーに変えることが目的。アグロフォレストリーとは、樹林の中で農作物を栽培する方法で、生物多様性を維持し、素晴らしい収穫の成果をあげる。これは伝統的な自給農家の生活の質を、大きく向上させる機会となる
●仕事:熟練した農家の指導の下、森林農業への従事、土地の開拓、農家の家屋や周辺の修繕サポート、研究、森林農業の技術指導など

VIN/LTV04B  Environment Initiative  1ヶ月↑  環  ?
●背景:急激な人口増加に対する意識の欠如のため、天然資源は予想以上の早さで消耗されている。VINの環境プロジェクトは環境の状態について、地元住民の意識を高めることを軸の一つとして展開
●仕事:コミュニティの環境状態調査、レポート作り、持続可能な環境や資源に関する啓発活動など

VIN/LTV04C  Water Research  1ヶ月↑  環  ?
●背景:VINの環境水源研究プロジェクトはネパール内の水配分を中心としたプロジェクト。そのシステムの調査・分析を行う
●仕事:水問題の会議、地元住民へ啓発活動、水資源や使用状況(飲料用、灌漑、産業、水力など)・対立・衛生に関する調査、改善策のレポート作りなど

VIN/LTV04D  Climate Change  1ヶ月↑  環  ?
●背景:自然の美しさや危機状態にあるヒマラヤの生態系を調査しながら、今日ネパールが直面している環境問題を解決する
●仕事:環境への気候変動に関する調査、啓発活動、地元権力者へ気候変動対策に関するレポート作りなど

VIN/LTV04E  Agrofarm  1ヶ月↑  農  ?
●背景:ネパールの伝統農業で働き、その中で暮らすことは癒しを求める人に最適な環境である。代々伝わるネパールの農業を携わりながら、地球を身近に感じてほしい
●仕事:農作業、またそれに関する知識交換、動物の餌やりやケア、農場の修繕、化学物質不使用に関する啓発活動など

VIN/LTV05A  Construction & Manual Work  1ヶ月↑  建・開  ?
●背景:農村部の恵まれない人々のために基本的なインフラを構築することを目指す。大半の家ではトイレがなく、図書館や教室などの設備もない
●仕事:掘削、コンクリート作り、材料運搬。トイレ・教室・壁などの建設。公衆衛生教育など

VIN/LTV05B  Emergency Relief & Disaster Management 1ヶ月↑  開  ?
●背景:ネパールは地震、洪水、地滑り、火災、雪崩、嵐、疫病、干ばつなどの自然災害に対して非常に脆弱。それらに立ち向かうためには海外やNGOの支援なくして対応することはできない
●仕事:災害マネジメントの準備調査、減災戦略作り、災害マネジメント準備の必要性を説く啓発活動、関連組織とのネットワーク作り

VIN/LTV05C  Civil Society Initiative  1ヶ月↑  開  ?
●背景:新たに作られた脆弱な民主主義の中で市民社会の成長と発展に貢献。地元の代表者達と共に地域コミュニティの強化をし、ネパールの市民社会を広げ、民主主義の基礎を築く
●仕事:コミュニティ内で市民社会組織の機能や市民参画の促進、人権問題に関する会議やネットワーク作り、マネージメントトレーニングなど

VIN/LTV05D  Traffic Management  1ヶ月↑  開  ?
●背景:カトマンズでは交通規制がほとんどされておらず、日常的に交通渋滞が起こる。多くのドライバーは適切な免許を取得せず、訓練も受けていない。車もメンテナンスが行き届いておらず、過積載車が多い。これは街で目に見える最も大きな問題の一つ
●仕事:警察の指導の下、交差点の交通整理、運転の安全やルールに関する教育、道路で子ども、高齢者、障がい者の安全サポート、交通マネジメントの調査、ノークラクション・キャンペーンなど

VIN/LTV05E  Research Initiative  1ヶ月↑  他  ?
●背景:教育・研修プロジェクトを通して特に女性と子ども達に焦点をあて、取り残された地域社会の活力を取り戻す活動に注力
●仕事:ネパールでの課題発見、具体的な研究課題の決定、研究ツールの準備、データ収集・分析・レポート作りなど

VIN/LTV05F  Care for the Elderly  1ヶ月↑  高  ?
●背景:高齢者の日常の活動をサポートし、市民としての尊厳を保護し、サポートすることが目的。また、彼らの豊富な経験談や思い出話に付き合うことも大切
●仕事:高齢者に寄り添い、健康・衛生状態を確認し、健全な日常生活を守るケア。その組織のサポート。既存の支援に対する調査

VIN/LTV06A  Education,Rights& Life Skills  1ヶ月↑  福・教  ?
●背景:Women’s Education, Rights and Life Skillsプロジェクトは、識字教育、経済、健康と女性の権利の問題に取り組むことにより、ネパールの社会的に恵まれない女性の地位向上を目指す
●仕事:女性の権利、健康、英語、基本的な簿記、ライフスキル(リーダーシップ、意思決定、コミュニケーション、問題解決、ストレス対処)に関する教育活動など

VIN/LTV06B  Income Generation & Marketing  1ヶ月↑  福  ?
●背景:Income Generation & Marketingプロジェクトは女性の所得創出の成長に取り組む。女性達は主に野菜農業、畜産、縫製や裁断、香作り、キャンドル作り、乾燥食品作りで収入を得ている
●仕事:女性の所得創出へ取組み、監督する。できれば収入を得るスキル提供。マーケット開拓のサポート、農作業など

VIN/LTV06C  Microcredit Cooperative  1ヶ月↑  福  ?
●背景:マイクロクレジット共同サポートプロジェクトは、女性の所得創出で近年効果を上げている。VINのサポートと訓練により、多くの女性がこのプロジェクトに参加できるようになった。このおかげで、次々とヤギの管理や野菜栽培などの収入を得る活動を始めている
●仕事:マイクロクレジット運営のための女性の協同組合設立サポート、団体の連携、機能強化、助成金申請、資金確保などのサポートなど

VIN/LTV06D  Women’s Trafficking Prevention  1ヶ月↑ 福  ?
●背景:ネパールでは毎年、約10,000-15,000人の女の子が国境を超えインドの売春街に売られたり、国内で使用人や物乞い、工場労働者になることを強いられている。このプロジェクトではネパールの女の子の人身売買を国内外で防ぐことが目的
●仕事:不正取引が行われやすいエリアへの訪問、その要因の研究、女性の人身売買に関する家族への調査、コミュニティでの啓発活動など

VIN/LTV07A  Youth Club and Life Skills  1ヶ月↑  教  ?
●背景:VINのユースクラブは16才以上の若者のために設置。若者達のチームワーク、ライフスキル、想像力、企画・運営力を育てることや、健康・環境・人権など地域社会の問題意識を高めることを目指す。また、教室で学んだことを実生活に生かすことが目的
●仕事:リーダーシップ、ライフスキルなど、若者をエンパワーするワークショップ、人権保護やコミュニティの問題解決に関するディベート運営、英語や就職スキルに関する教育など

VIN/LTV07B  English and Career Development  1ヶ月↑  
教  ?
●背景:VINのユースエンパワープロジェクトはネパールの若者達をより先見性を持ち、自分の人生に積極的に関わるよう奨励する。英語は彼らの視野を広げるために必要不可欠であり、また青少年や女性のエンパワーメントに関する問題を見つけ、重要な生活スキルやキャリアスキルを学ぶことも必須の要素である
●仕事:コミュニティでの英語教育、キャリア開発や職業・技術訓練のワークショップ、意思決定・課題解決・タイムマネジメント・ストレス対処やコミュニケーションに関するライフスキルトレーニングなど

VIN/LTV08C  Hospitality Management  1ヶ月↑  事  ?
●背景:ネパールは異国情緒溢れる魅力的な旅先として、一般観光客と冒険を求める観光客、両方の要求を満たすことができる。観光産業はネパール経済の柱の一つ。その素晴らしい環境で実体験を積むことができる
●仕事:ネパールの定評あるホテルにて受付や事務所、飲食部門のお手伝いなど

VIN/LTV09A  Film and Documentary Making  1ヶ月↑  文 ?
●背景:魅力的な美しいネパールで、映画やドキュメンタリー映像の製作に携わる。撮影、指示、編集など、業界の専門家から学ぶことができる。VINの活動に関する映画/ドキュメンタリーを撮影するか、VINがお手伝いするネパールの映画/ドキュメンタリースタジオと一緒に働くかを選ぶ
●仕事:専門家の指導の下、VINと協力して、VINの活動内容を伝えるフィルムやドキュメンタリー作りの全行程に関わる

VIN/LTV09B  Print Journalism  1ヶ月↑  学  ?
●背景:このプロジェクトではジャーナリズムを学んでいる学生に、最初の海外ジャーナリズムの機会を与える
●仕事:Kathmandu Post newspaper, Spotlight magazine, Himal Media Houseや他のメディアに向けた記事作りなど
●資格:ジャーナリズムを勉強中の学生または志す人

VIN/LTV09C  Photo Journalism  1ヶ月↑  福  ?
●背景:VINは、疎外されたコミュニティを苦しめる問題に光を当てるために、写真家を探している。ネパールの恵まれない人々の窮状を緩和することが目的
●仕事:社会問題への独自調査、訪問、写真による啓発活動など

VIN/LTV10A  Editor/Writer  1ヶ月↑  事  ?
●背景:VINオフィス本部内で組織力と言語能力スキルを高める
●仕事:プロジェクトに関する記事作成、ウェブコンテンツ集め、ニュースレター発行、メール処理など

VIN/LTV10B  Coordinator  1ヶ月↑  事  ?
●背景:VINの管理側の一員になりたい方が対象。ネパールの様々なコミュニティーや、場所を見ることができる。旅行・人との出会い・ボランティアコーディネートに興味がある人に最適
●仕事:VINオフィスで国際ボランティアの受入。ボランティアへのインタビュー、プロジェクト準備。プロジェクトサイトでのボランティアの活動コーディネート、監督、サポートなど

VIN/LTV10C  Human Resources Advisor  1ヶ月↑  事  ?
●仕事:VINの人事戦略開発、スタッフとボランティアのトレーニング、コーチングやマネジメントのサポート、内部コミュニケーションプランや職務記述書の改善など

VIN/LTV10D  Marketing Advisor  1ヶ月↑  事  ?
●背景:このマーケティングプロジェクトでは、新しいアイディアを生み出し、最大限に広報することで、VINの慈善寄付をターゲットとするユーザーに広め普及させる
●仕事:VINに関わるマーケティングの現状調査とレビュー、新しい戦略作り、キャンペーンの実施など

VIN/LTV10E  Grant Writer & Fundraiser  1ヶ月↑  事  ?
●背景:VINの募金活動や助成金プロジェクトは、主にネパールで社会から疎外されたコミュニティを支援するために、また、様々なプロジェクトが継続的に支援できるように必要な資金を確保することに重点を置いている。ライティングスキルをコミュニティのために活かせる最もいい機会
●仕事:VINに関わる助成金申請、寄付候補者調査、ファンドレイジングなど

VIN/LTV10F  Website & SEO Professional  1ヶ月↑  技・事  ?
●VINは、ウェブサイトとサーチエンジンに詳しいボランティアを探している。団体のウェブページの再設計と最適化をデザインしてほしい
●仕事:VINのウェブサイト、オンラインアプリケーションシステムの開発、改善、維持。将来円滑に機能するようなウェブサイトの最適化。地元の人々へのトレーニングなど。希望があれば自国に滞在しながらワークに参加することもできる

VIN/LTV10G  Promote Volunteerism in Nepal  1ヶ月↑  技・事  ?
●背景:西洋でボランティア精神が長い歴史を持ち、生活の一部に根付いているように、ネパールでも制度的に根付かせることを目指す
●仕事:社会福祉や社会学の大学を探して、地域住民や学生、教師にボランティアの必要性と最善例を伝えるプレゼンや資料の作成。中長期ボランティアや国際ワークキャンプの広報活動など

VIN/LTV11A  Reconstruction and Sustainability  1ヶ月↑ 建  ?
●背景:2015年4月25日の大地震の後、ネパールは壊滅的状況となった。WASHとは水と公衆衛生の教育プロジェクト。2018年までに3000家族に3000のトイレを建設することを目指す、長期的な計画。WASH(水の衛生環境計画)、RERI(災害被害者のインフラ復興計画)、REECH(災害被害者の住宅建設計画)、起業家(ビジネス復帰)支援計画など様々なテーマに渡って災害支援をする
●仕事:災害者に対して公衆衛生教育、トイレ建設、被災した幼児の保護センター、測量・石工・電気・工事・農業・せっけんづくりなどの研修を行い、若い人々が起業もしくは就職できるようにする

VIN/LTV11B  Working with Earthquake victims  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:2015年4月25日の大地震の後、ネパールは壊滅的状況となった。200人以上の子ども達は親などの保護者が居ない状態で、600人以上の子ども達は地震で両親を失った。震災でネパール各地から被災した子どもが一堂に集められ、生活と教育の保護を受けている。Thankotのコミュニティスクールに4-17才の子ども達が350人で暮らしている。このプロジェクトで彼らの成長にふさわしい環境を与え、人権を守り、子どもの成長を見守ることが目的
●仕事:様々な科目の授業計画と教師の授業アシスタント、健康管理と公衆衛生の授業、ゲームや課外授業の企画など
●資格:医師、看護師、教師、家政婦、調理師など歓迎


 

メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

スリランカ

mikusri.jpg

運営団体:GV4GF

Green Volunteers for Green Future (GV4GF)は、2013年設立のNGO(前進の団体は2011年設立)で、ボランティア活動の推進、環境保護、経済発展・教育・健康等を通じた農村の生活向上に取り組む。NVDA(アジア・ボランティア発展ネットワーク)に12年から加盟。開催日前日に到着必要。追加登録費は350US$(=約39,000円)/月で現地払い、空港出迎え費用として55US$(=約6,000円)が必要

プログラム情報

GV4GF/L01  Dunhinna  1ヶ月↑  教  1
●背景:受入団体は、Gami Seva Sevana(GSS:村人たちのシェルターという意味)で、有機農業、環境保護、貧困解決に取り組む団体。地域の学校は先生のやる気が低く、数も少ないため、特に科学、数学、英語の授業が難しい。8才から英語を習っているが使う機会が全くない
●仕事:1)村の若者達に英語を教える(物語として伝えたり、スピーチ、散策、ロールプレイやゲームなどを通して行う)。2)女性グループが行う他の仕事にもオブザーバーとして関れる。まず始めにアクティビティプランを作成し、もし何かしらのプロの技術や特別スキルがあれば、それを行ってほしい。最後に何を得たか、コメントなどをまとめる作業も行う。これらの他にも、地域で必要なことは何でも行う意欲・柔軟性が必要!
●企画:世界遺産、歴史的かつ宗教的な場所への訪問可能。地域の料理方法を学べる
●宿泊:村の家にホームステイ。ホストファミリーが料理、ベッドを提供。温水シャワー、wifiやインターネットはない。洗濯は手洗い。基本的設備は備わっている。牛肉、豚肉食べない
●場所:コロンボから150km離れ、標高1,150mで風の通りが良く、湿度も低い山地。19世紀末まで英国人達によって茶の栽培が行われた。独立後は放棄されたが英国人が戻り茶畑が広がる
●資格:20才以上。英語中級。禁酒禁煙。有機農業の経験、子ども達用にゲームを知っている方歓迎
●備考:開始日は1/12、6/8、9/10

GV4GF/L02  Polo  1ヶ月↑  教  1
●背景:受入団体はSLHDEでGV4GFと初開催。この地域で初めてのボランティアプロジェクト。このエリアは田んぼが広がる地域。この地域は稲作時期が年に2回あるが、稲作の時期以外はスキルの必要ない仕事をしている。SLHDEは2002年から様々な活動を行っているが国際ボランティアがこの地域に入るのは初めて。地域の人達はとてもシャイで保守的だが、これらは彼らの生活スタイルや交流する機会が少ないためである。国際ボランティアによる英語教育と刺激が地域の人達の生活にポジティブな影響を与えることを期待する
●仕事:1)村の若者と大人達に英語を教える(物語として伝えたり、スピーチ、散策、ロールプレイやゲームなどを通して行う)。2)女性グループが行う他の仕事にもオブザーバーとして関れる。まず始めにアクティビティプランを作成し、もし何かしらのプロの技術や特別スキルがあれば、それを行ってほしい。最後に何を得たか、コメントなどをまとめる作業も行う。これらの他にも、地域で必要なことは何でも行う意欲・柔軟性が必要!
●企画:世界遺産、歴史的かつ宗教的な場所への訪問可能。地域の料理方法を学べる
●宿泊:田んぼの側の村の家でホームステイ。電気が通り携帯も通じるがwifiやインターネットはない。排管が詰まるのでトイレットペーパーは使えない。洗濯は手洗い。牛肉、豚肉食べない
●場所:Polonnaruwaはスリランカの古代王朝第2の都市で世界遺産の都市。たくさんの遺跡があり、城、寺、パゴダ、神社、公園、湖などがあって観光地としても人気のある場所
●資格:20才以上。英語中級。禁酒禁煙。有機農業の経験、子ども達用にゲームを知っている方歓迎
●備考:開始日は3/15、8/2、11/19、12/23

GV4GF/L03  Galaha1  1ヶ月↑  教  1
●背景:受入団体は、Gami Seva Sevana(GSS:村人たちのシェルターという意味)で、有機農業、環境保護、貧困解決に取り組む団体。地域の学校は先生のやる気が低く、数も少ないため、特に科学、数学、英語の授業が難しい。8才から英語を習っているが使う機会が全くない
●仕事:1)村の若者達に英語を教える(物語として伝えたり、スピーチ、散策、ロールプレイやゲームなどを通して行う)。2)女性グループが行う他の仕事にもオブザーバーとして関れる。まず始めにアクティビティプランを作成し、もし何かしらのプロの技術や特別スキルがあれば、それを行ってほしい。最後に何を得たか、コメントなどをまとめる作業も行う。これらの他にも、地域で必要なことは何でも行う意欲・柔軟性が必要!
●企画:世界遺産、歴史的かつ宗教的な場所への訪問可能。地域の料理方法を学べる
●宿泊:農家の家にホームステイ。ホストファミリーが料理、ベッドを提供。温水シャワー、wifiないがオフィスにインターネットあり。洗濯機あり。基本的設備は備わっている。牛肉、豚肉食べない
●場所:コロンボから130km離れ、標高1,100mで風の通りも良く、湿度も低い場所。19世紀末まで英国人達によって茶の栽培が行われた。独立後は放棄されたが英国人が戻り茶畑が広がる
●資格:20才以上。英語中級。禁酒禁煙。有機農業の経験、子ども達用にゲームを知っている方歓迎
●備考:開始日は2/21、4/22、7/6、8/20、10/29

GV4GF/L04  Galaha2  1ヶ月↑  農・教  1
●背景:受入団体は、Gami Seva Sevana(GSS:村人たちのシェルターという意味)で、有機農業、環境保護、貧困解決に取り組む団体
●仕事:メインの仕事は農作業。日によって異なるが例えば、1)コンポスト作り、種蒔き、水やり、収穫など。2)農作業レポートの作成(活動したことや成果を記録し続けていく)3)地域住民のガーデニングの手伝いも。土曜日には地域の学生たち向けの英語授業にも参加が可能。これらの他にも地域で行われている農作業の手伝いなど、何でも行う意欲・柔軟性が必要!
●企画:世界遺産、歴史的かつ宗教的な場所への訪問可能。地域の料理方法を学べる
●宿泊:農家の家にホームステイ。ホストファミリーが料理、ベッドを提供。温水シャワー、wifiないがオフィスにインターネットあり。洗濯機あり。基本的設備は備わっている。牛肉、豚肉食べない
●場所:コロンボから130km離れ、標高1,100mで風の通りも良く、湿度も低い場所。19世紀末まで英国人達によって茶の栽培が行われた。独立後は放棄されたが英国人が戻り茶畑が広がる
●資格:20才以上。英語中級。禁酒禁煙。有機農業の経験、子ども達用にゲームを知っている方歓迎
●備考:開始日は2/21、4/22、7/6、8/20、10/29

srilanka.jpg

運営団体:SCI

1920年に設立された世界最古のワークキャンプ団体SCIのスリランカ支部。SCIは主にアジアと欧州に支部をもつ多国籍NGO。
追加登録費200ユーロ(=約24,000円)/月は現地払い

プログラム情報

LK/LM01  Blue Rose Special School  1ヶ月↑  障  3
●背景:The Blue Rose Special School and Training Centerは12-29才までの精神障がいのある若者のための(通い型の)学校。現在40人の生徒と6人の教師、3人のインストラクターがいる
●仕事:学校で生徒の日常生活のサポート。スポーツ活動の企画、運営。課外活動の引率。水泳や体育のサポート。庭仕事や掃除など
●宿泊:シェアルーム。食事提供
●場所:Kandyから4km
●資格:英語中級。禁酒、禁煙。特別養護の知識歓迎。PC、スポーツ、レクリエーション、音楽、美術、水泳、ハンドクラフトなど得意な分野がある人歓迎
●備考:70ユーロで空港までの送迎あり

LK/LM02  House of Light-Boy’s Home  1ヶ月↑  子・教  3
●背景:House of Lightは異なる背景の子どもが集う場所である
●仕事:子どものスキルを上達させる教育活動など
●宿泊:個室、ベジタリアンフード提供
●場所:Kurunegala
●資格:子どもや若者との活動経験必要

LK/LM03  Peace Center-Mutur  1ヶ月↑  子・教  3
●背景:Mutur Peaceセンターは2009年にこの地域の子供を支援するために設立された団体。Muturはスリランカの東海岸に位置するTrincomalee郊外にある。このエリアは戦争と津波・洪水の影響を受けた地域で、主にイスラム教徒が暮らしている。このプロジェクトは、平和と異文化・異人種間の理解を広めることを目的としている
●仕事:この地域の小学校で英語教育活動。その他、放課後に若者や大人を対象とした授業を担当することも
●宿泊:シェアルーム。食事提供
●場所:Mutur,Trincomalee
●資格:英語初級

LK/LM04  Daya Niwasa  1ヶ月↑  障・子・教  4
●背景:Daya Nivasa (House of Love) とも呼ばれる、Mother Teresa’s HomeはKandy郊外にある貧しい子どものための孤児院。約90人が暮らしており、カトリック修道女によって運営されている
●仕事:孤児院の日常的な仕事の手伝い。子どもの教育活動など
●宿泊:個室、食事提供。WiFiあり
●場所:Kandy
●資格:障がい者との活動経験必要
●備考:70ユーロで空港までの送迎あり


 

メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

東アジアのプログラム一覧

台湾

taiwan.jpg

運営団体:VYA

Vision Youth Actionは2002年設立の青少年のための教育・文化NGOで、政府と緊密に協力しながら数種類の指導者訓練プログラム、国際青少年交流やインターンの海外派遣、青少年情報センターの運営等に取り組む

プログラム情報

VYA/MTV01  Xiluo Township  3ヶ月↑  他  2
VYA/MTV02  Xiluo Township  3ヶ月↑  他  2
VYA/MTV03  Xiluo Township  3ヶ月↑  他  2
VYA/MTV04  Xiluo Township  3ヶ月↑  他  2

●背景:日本の植民地時代にXiluoは近代的な街並みを目指すことを決め、道を広くし、建築様式を変更した。Yenping Street でも1930-45年には、様々な(かつ、ユニークな)スタイルの建物を見ることができるようになった。数年間のうちに840メートルにわたってXiluoの歴史・文化的に欠くことのできないアールデコデザインの家が何百も建てられた。現在、Yenping Old Streetには80年前に建てられた伝統的家屋が142棟と数多く残っているが、かつての町の中心としての賑わいはなく、ほとんどが空き家になっている。国際ボランティアを受け入れ、伝統的家屋の保存活動や社会環境の改善を続けることによりXiluoの文化と伝統を推進し、住民の生活の質と自尊心の向上を目指す
●仕事:Xiluo文化美術館の運営補佐。食料雑貨店の経営(管理、運営)。バックパッカーハウスの管理(清掃、受付、ブログやSNSの更新など)。ガーデニング、英語指導や地域の環境イベントへの参加など
●企画:地元の方との交流パーティー、エコツーリズムなど
●宿泊:インターネット環境あり
●場所:台湾の西側真ん中にあるYun-Lin Counrty、Xiluo。300年の歴史と48,500の人口を持つ。The great Zhuo Shu 川から近い。その川にかかるThe great Xiluo橋は60年の歴史があり、台湾の中でも有名で、そこから見える夕日も有名。Yun-Lin Counrtyへは、バスでTaichung cityから1時間、Tainan cityから2時間
●資格:20-50才。中国語歓迎。6ヶ月間推奨(また、3ヶ月未満の場合も参加できる可能性あり)
●備考:開始月はMTV01は3月、02は6月、03は9月、04は12月。2人からの推薦状、無犯罪証明書提出必要。スカイプインタビューあり


 

メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

韓国

IWO1.jpg

運営団体:IWO

1999年設立のNGO、International Workcamps Organization。国際平和・連帯を広げるため、国際ワークキャンプや中長期ボランティアを主催。3日間のオリエンテーションあり。全てのプログラムにおいて40才以下、禁ドラッグ、記載がなければ英語初級が必要

プログラム情報

IWO/LM-A1 Sanan  3/22-6/9 農 3
IWO/LM-B1  Sanan  9/20-12/8  農  3

●背景:平和的、協調的、幸せな生活の真の定義を探求してきた人々が1984年に集まってできた村、エコフレンドリーで非独占的な社会を理想としている。現在約20人がこの村に在住。住民達は公共資源の共有化や環境の保全・保護に高い関心がある。村人の主収入源は養鶏であり、従来の暮らし方とは異なる生き方を実践しているコミュニティである
●仕事:鶏の世話、卵の回収、工場での卵選び、家事サポートなど
●企画:週末ワークキャンプへの参加など
●宿泊:個室。昼夜食事提供
●場所:Gyeonggi州Hwaseong。ソウルから南西へ約1時間
●資格:鶏肉・卵とナッツのアレルギー不可

IWO/LM-A2  Green Dream  3/22-6/9 子・教 2
IWO/LM-B2  Green Dream  9/20-12/8 子・教 2

●背景:オルタナティブスクールは非伝統的教育課程実践の基盤となる場で、政治的・学問的・哲学的オリエンテーションを伴った授業展開など一般の学校よりも柔軟な方法を取った特別な教育をしている。エコ農業、主体性、平和とコミュニティに関する教育に焦点をあてており、国際ボランティアには、創造的な教育方法による異文化理解教育を期待している
●仕事:17-19才の約40名の生徒に対する学校での英語教育。陶芸や美術の授業への参加、野外活動や校外学習(ハイキングやサイクリング)への参加。週1回、近くのセンターでの英語教育など
●宿泊:シェアルーム、または、学生寮。食事提供
●場所:Jeonbuk州Muju。ソウルから南へ約3時間

IWO/LM-A3  Big Tree  3/22-6/9  子・教・農  2
IWO/LM-B3  Big Tree  9/20-12/8  子・教・農  2

●背景:Big Tree Local Children Centerは、児童福祉サービスの役割を持ち、教育や文化的な機会提供の場であると共に放課後のシェルターとしての機能ももつ。都市の子どもに比べて、田舎の子ども達は外国人に会う機会がなく、英語教育の質も低い。また、田舎においても国際結婚が増えてきているにも関わらず、地域住民の異文化理解度は低い。その結果、そのような子ども達は学校での差別や文化・言語的困難に直面している。国際ボランティアは異文化理解や外国人との接点を彼らに機会として提供できる
●仕事:施設の8-16才、30人の生徒(小中学生)に対する英語教育。農作業、子ども達の世話など
●企画:校外学習への参加など
●宿泊:施設内のシェアルーム。食事提供
●場所:Gangwon州Yeongwol。ソウルからバスで5時間

IWO/LM-A4  Seodong  3/22-6/9  教・文  3
IWO/LM-B4  Seodong  9/20-12/8  教・文  3

●背景:Seodong Artistic Creation Spaceは、地元の伝統的市場の活性化を目的としたSeodongの地元市場。朝鮮戦争後多くの強制難民がここに移動させられた歴史的場所、Seodongで子どもや住民に対するグローバルシチズンシップ教育や文化的アクティビティを含む様々なプログラムを通じて、村の活性化と地元に愛される場所となることを目指したい。プサンは韓国で第二の都市にも関わらず、ソウルに比べるとグローバルシチズンシップ教育や文化交流の機会がないので、国際ボランティアを通じて身近に感じてもらいたい
●仕事:地元住民や子どもへの地球市民教育、文化交流、世界平和デーやユニセフ村などのイベントサポート、展示やアートプログラムの準備や参加など
●宿泊:施設内のシェアルーム。食事提供
●場所:Gyeongsangnamdo州Busan。ソウルからバスで4時間
●資格:英語中級

IWO/LM-A5  Sunshine  3/22-6/9  子・教  3
IWO/LM-B5  Sunshine  9/20-12/8  子・教  3

●背景:Sunshine Local Children Centerは、児童福祉サービスの役割を持ち、教育や文化的な機会提供の場であると共に放課後のシェルターとしての機能ももつ。都市の子どもに比べて、地方の子ども達は外国人に会う機会がなく、英語教育の質も低い。また、地方においても国際結婚が増えてきているにも関わらず、地域住民の異文化理解度は低い。その結果、そのような子ども達は学校での差別や文化・言語的困難に直面している。国際ボランティアは異文化理解や外国人との接点を彼らに機会として提供できる。特に、Sunshine Local Children Centerでは親がいなかったり家庭環境の問題などで愛情に飢えた子ども達が多数いる
●仕事:施設の8-16才、30人の生徒(小中学生)に対する英語教育。文化体験授業など
●宿泊:家屋、食事提供
●場所:Gyeongsangnamdo州Uiryeong。ソウルからバスで6時間
●資格:英語中級

IWO/LOVE-B6  Namuwa  9/20-12/8  子・教  3
●背景:オルタナティブスクールは非伝統的教育課程実践の基盤となる場で、一般の教育プログラムよりも柔軟な教育方法を採用しており、特に生徒の自尊心や個性、社会的スキルを育てることに注力している。NAMUWA学校は、オルタナティブスクールの哲学を持ち、自身を決定する独創性、違いを認める関係性、自身に挑む創造性の3つを教育理念に置いており、また、学校は知識提供の場だけでなく、お互いを尊重しつつ幸せに生きる手助けをする場だと捉えている。さらに学校は自主的かつ実践的な経験を優先しているため、ガーデニングや生態系に関するゲームなどを行う授業など、多様な授業を展開している。そのためボランティアには生徒と深く交流し、自発的行動を促し、創造的教育をし、様々な国、文化や言語の知識を教えることを期待している
●仕事:14-17才の約30名の生徒に対して、英語でいくつかの授業を担当。ガーデニング、美術等の授業への参加。ハイキング、サイクリング等の野外活動への参加など
●宿泊:学生寮のシェアルーム
●場所:Kyungsangbuk-do州Youngcheon。ソウルからバスで3時間


 

メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

その他の地域(西・中央アジア、オセアニア)のプログラム一覧

キルギス

KEADERS.jpg

運営団体:LEADERS

Leadersは1991年の設立当初は青少年学生クラブだったが、2001年に現在の名称、活動内容となった。文化交流や市民活動の啓発、国際交流を行う。06年から国際ワークキャンプを始めました。集合場所はカラコルのLeadersオフィス。追加登録費1ヶ月で250ユーロ(=約30,000円)、3ヶ月で700ユーロ(=約84,000円)、6ヶ月で1,400ユーロ(=約170,000円)、1年で2,500ユーロ(=約300,000円)で現地払い。空港出迎えは別途70ユーロ必要

プログラム情報

LSM/LM01  Leadership  1ヶ月↑  事  1
●背景:Leadershipは2005年に設立した、ボランティアを通して市民社会に若者を巻き込んでいくことを目的としたNPO
●仕事:若者ボランティアのコーディネーション、イベントへの参加、短期ボランティアの企画やサマーキャンプのコーディネーション。広報媒体の作成。ロシア語から英語への文書翻訳。資金集め、経済課での調査作業。収入源多様化のための社会企業の運営、経済安定計画の開発など
●宿泊:ホームステイ、個室。食事提供
●場所:Karakol
●資格:ロシア語初級。ウェブデザインや経理の知識のある方歓迎

LSM/LM02  Community Based Tourism  1ヶ月↑  開  1
●背景:Community Based Tourism(CBT)は地元の宿・食べ物・音楽・芸術・伝統を利用した、自然で価値のある旅行サービスを提供し、経済社会開発と保護をすすめサポートする様々な活動をしてきた。観光業は、世界的に急速に発展している産業の1つ。しかし、観光地には意思決定や投資プロセスが一般的になく、その結果として世界中のあらゆる場所で、持続可能でない観光がコミュニティの地位を下げ、犯罪を増やし、天然資源に損害を与え、文化遺物を滅ぼし、遺産を破壊してきた。CBTは、今までの成長路線からパラダイムシフトを行い、伝統的な地元住民と持続可能な環境作りのための投資に注力していく。このようにCBTでは経済、社会的発展、保全活動といった広範囲の目的に対して活動を行っていく。CBTの信条は「地元関係者参加」「旅行事業収入増による現地経済開発への寄与」「社会経済的持続可能旅行事業の開発」である
●仕事:現行プロジェクトへの参加。PR媒体作成(小冊子、ビデオクリップ、写真店など)及び翻訳(特にフランス語、スペイン語)。日々の業務(ガイド、ポーター、料理人データベースのメンテナンス、旅行者への情報提供等)。団体管理。山岳部への旅行(主として5、6月。他の期間も旅行の可能性あり)など
●宿泊:ホームステイ。食事提供
●場所:Karakol
●備考:7-8月受入可

LSM/LM03  Public Union Ravenstvo  1ヶ月↑  障・子  2
●背景:Ravenstvo(平等という意味)は全ての年齢層の障がい者と連携しているNGO。2004年に設立され4地域400人の障がい者が参加。障がいをもつ子どものための特殊学校と視覚障がい者向け図書館施設がある
●仕事:子どもや高齢者を含む障がい者とともに音楽、写真、芸術など様々な活動やプログラムへの参加。言語・コンピューターコース開催(要望があれば)。障がい児保護者との会合参加など
●宿泊:ホームステイ。食事提供
●場所:Karakol
●資格:20才以上。ロシア語・キルギス語初級。ITスキル歓迎
●備考:3-6月、9-12月受入可

LSM/LM04  Orphanage  1ヶ月↑  子   1
●背景:2002年Childhood Foundationにより設立された児童養護施設、Ak-Suu Orphanage。両親が金銭・時間的に子どもの面倒を見られない、ドラッグや飲酒問題を抱える、健康問題等で家族と一緒に暮らせない子ども3-19才までの109人が暮らす。施設内では洋裁・作画・ダンス・スポーツ等のクラブ活動を提供している
●仕事:子どもからのリクエスト、ニーズによって言語、スポーツ、手工芸、作画、ダンスクラブを実施。チャリティイベントの補佐など
●宿泊:孤児院内。個室
●場所:Teploklyuchenko村、Karakolから車で15分
●資格:ロシア語・キルギス語初級
●備考:6-8月受入不可

LSM/LM05  PA " Baldar Omur Bulagy "   1ヶ月↑  教  1
●背景:障がい児の母親らによって2006年設立。障がいをもった子どもやその母親の権利を守り、生活を改善していくことが目的。この組織は、5人の職員、1人のJICAからのボランティアで21人の子ども達をみている
●仕事:小学校プログラム(授業や折り紙・縫い物・お絵かきなどのクラブ活動)など
●宿泊:ホームステイ。食事提供
●場所:Tup, Issyk-Kul東部。Karakolから27km
●資格:ロシア語・キルギス語初級。20才以上。この分野の基本的スキル必要。(ボランティアを含む)2年間以上の活動経験が望ましい

LSM/LM06  Destination Management Organization  1ヶ月↑  事  1
●背景:公共団体”Destination Karakol”は2016年3月にツーリズム・マネジメントやマーケティング、開発活動の包括的組織として結成され、地元のSMEや著名人、ホテルやNGOの代表をメンバーに含んでいる。団体の最終目標は地元の旅行関係者をまとめ、高品質な製品・サービス・活動・観光インフラと包括的で最新の観光情報を利用可能にすることで旅行者がより長く滞在する観光地環境を作り出すこと。目標達成のためには地元のインフラ改善、製品数と観光サービスの増加、やるべきことの自覚を地元の間で高めることが必要。観光事業を通してKarakolの発展に寄与したい。現在会員数は46名。地元の著名人と連携し、様々な国際団体と同じように寄付で成り立っている。団体最初のパートナーはUSAID Business Growth initiative programで、観光分野でKarakolの複合的な発展に貢献した
●仕事:団体の日々の活動への参加、広報活動(パンフレット・ポスター・フライヤー作り)、SMSマーケティング、いくつかのマネージメントイベントの運営、新規プロジェクト企画、英語クラブの運営。定期ミーティングの調整、モチベーションと団結力アップのための活動運営、祭りや定期市の実施と運営、幹部と短期ユースプロジェクトの企画・実施、ファンドレイジング、議論クラブで英語コースの補助、ブックレット、ミニクリップ、写真、展示などPR媒体の作成、外国人旅行者対象にした調査・研究など
●宿泊:ホームステイ、個室。食事提供
●場所:Issyk-Kul州Karakol
●資格:ウェブデザイン・(ソーシャルメディア)マーケティング・広報・メディアのスキル歓迎

LSM/LM07  PU “Dream Way”  1ヶ月↑  子・障  1
●背景:目的は機会の限られた子ども達に対して社会復帰とリハビリのために望ましい状況を作り、安全で住みよい家・食べ物・衛生サービスを運営し、基礎的な読み書きを教え技術的教育をすること。障がいのある子ども達と直接的に関り、子ども達の親となり保育園の運営も行う。団体は信頼できる地域のNGOネットワークを運営し、地域団体などの観念的・物質的な両側面の支援を行う。子どもを幸せにし、Ak-Suu村の38人の障がい児の発達を促進したい。子どもの家族のアドバイスや情報を元に活動するとともに、リハビリセンターで働く彼らの親への教育活動も行う。障がい児の親自身も障がいがあるため低収入または職に就けないことも。«Abilis»プロジェクトでは子どもに聞く・話す力をつけるトレーニングや初等教育就学前の準備を行っていたが、資金不足のため現在活動を停止している。センターの子ども達が自ら作った手工芸品や特産品を展示するため公共のイベントや展覧会、フェアや祭り、コンテストに参加することに積極的。彼らは手工芸品と特産品を手作りで生産する革新的な方法と技術を使う能力を発達・改善させることに熱心で、それらを売ることで彼らは自分の手で自立する資金を得ることができる。さらにセンターでの包括的学習を開始するための子どもの潜在的自己同一性をとらえることや、子どもの才能を用い、知識や技術を育成することにつながる
●仕事:家族と障がい児のための資金集めなど
●場所:Ak-Suu Village, Issyk-Kul州Karakol


 

メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

ジョージア

lyvg1.jpg

運営団体:LYVG

ジョージアを拠点に活動するNGO、League of Young Voluntary Georgian(LYVG)。国際ワークキャンプなどを通して、社会発展・国際交流を促進しています。活動は毎月第一土曜日開始。活動先では、禁酒・禁煙・禁ドラッグ。最長90日間

プログラム情報

LYVG/MTV02  GREMI  1ヶ月↑  障・農・建  5
●背景:TEMIは1989年設立、現在65人の社会的弱者(孤児、身体・知的障がい、貧困層、ホームレス、孤立者、シングルマザー、国内避難民、失業者、選挙権を持たない人々、老人など)を支援するコミュニティ。人々が安全に、尊厳と他者への尊敬の念を持って、他者や環境に調和して暮らせる持続的な場所。居住者が最大限自らの可能性を発揮できるよう、最高質の健康・社会福祉ケアを提供している。プロジェクトの目的は①社会的不利な立場に置かれた人々が、自らの可能性を発揮できる安全で活気ある環境を提供する②社会事業を通じて一番の目的を達成するとともに、TEMIがより長く活動を続け、持続的であり続けられるように収益をあげる③環境にやさしい活動を通して①②の目的を達成するとともに、目先の利益を追求してモラルや常識に反しないようにすることの3つ。1-75才の、100名以上の様々な年齢層の人々がTEMIに住んでいる。年齢、能力、国籍、背景を問わず居住者を受入、温かく支援の手に満ちた環境を身体的・精神的障がいを持った子どもや大人、孤児に提供している。居住者全員に日常生活のあらゆる側面で学習と教育をするように奨励しており、自立心とチームワーク力を高める目的で施設内にあるブドウ畑や庭園での活動や、パン焼き・大工仕事などにも参加できる
●仕事:大工仕事、庭仕事、清掃、ゲーム、教育、里子の世話、日々の活動のサポート。種まき・草取り・水やりなどの農作業、家事手伝い、レジャー活動の企画。有機農業、土堀り・草刈り・草取り・種まき・収穫などのブドウ畑の世話、養蜂、大工仕事、棚作り、皿洗い、配膳、ゲーム、スポーツ、ハイキングなど
●宿泊:テントまたは家屋。食事提供
●場所:首都Tbilisiから約170km離れたGremi
●資格:30才以下。ドイツ語、ロシア語歓迎。子どもとのワーク、農業経験歓迎
●備考:追加登録費は300ユーロ(=約36,000円)/月で現地払い

LYVG/MTV05  AISI  1ヶ月↑  障・子・教  10
●背景:Center of Rehabilitation and Adaptation(AISI)は障がいのある青少年の社会適合とジョージアに平等な社会を築くことを目標に2001年より活動を始めた施設。不自由な子ども達の親らによって2002年に設立され、2004年から30名を対象に運用を開始。聖ラザロのアイルランド基金の支援のもと、ある親の個人資産であった建物を修復して作った。施設では主に軽度から中度の学習障がいをもった子ども達を対象に、日常生活における自立支援や職業訓練を実施。センターの職員は日々更新される新手法を実践し、国際的なリハビリの場と様々な種類の研修・チーム活動を運営する専門家(教師と心理学者、作業療法士、医師、タペストリーの先生、音楽の先生、芸術の先生、映画監督)が勤務している。AISIにいる教師は8名、青少年が最大限自立しながら日々の生活(自己ケアや家事、社会関係・運動能力開発)ができるように指導している
●仕事:身体・知的障がいを持った子ども達や6-17才の軽度・中度・重度の学習障がいを持った子ども達または18才以上の大人約40人の社会教育活動、サポート。タペストリー、ポリグラフ、音楽、演劇、絵画、スポーツや簡単なゲーム企画などに参加・サポート。これらのアクティビティ後の清掃、夕食後のミニゲーム。ジョージア伝統のカーペットの織り方を学ぶなど
●宿泊:ドミトリー。食事提供
●場所:首都Tbilisi
●資格:26才以下、子どもとのワーク経験歓迎
●備考:追加登録費は300ユーロ(=約36,000円)/月で現地払い。9/20-6/15で受入可

LYVG/MTV06  AVE SOL  1ヶ月↑  子・教  3
●背景:ジョージアのラトビア人コミュニティであるAve Solは1994年に発足したNGO。コミュニティの三世である子ども達(6-15才)16人と、高齢者(50-60才)5人によるグループに分かれて毎週日曜日にラトビア語の教室を開いている。音楽、ダンス、美術、裁縫などの実践的なクラスの教師が慢性的に不足している
●仕事:ラトビア語と英語の指導。独立記念日、イースター、クリスマス、誕生日、記念日などの祝日行事の手伝いなど
●宿泊:寝袋必要。食事提供
●場所:首都Tbilisi
●資格:英語中級。ラトビア語またはロシア語初級
●備考:追加登録費は1ヶ月で350ユーロ(=約42,000円)、それ以降は300ユーロ(=約36,000円)/月で現地払い。スカイプインタビューあり(申込時にスカイプID必要)


 

メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

オーストラリア

australia.jpg

運営団体:Lattitude

Lattitudeは若者たちに国際ボランティアで有益な経験をしてもらうこと、スキルアップの場を提供すること、ボランティアの活動を通じ地域の手助けをすることを目的とする団体。様々な国に支部を持ち、ボランティアによるボランティアのための活動を行っている。メルボルンにてオリエンテーションがあります。追加登録費は2,700オーストラリアドル(=約230,000円)で現地払い、25才以下で無犯罪証明書必要。申込後に、現地団体職員とのスカイプインタビューがあります

プログラム情報

LT/L01  Schools Assistant  5ヶ月↑  教  ?
●仕事:日本語授業、または通常授業のアシスタント。スポーツ、寄宿舎や音楽、ダンスといった課外授業のサポートなど
●資格:日本語授業担当する場合、英語中級。通常授業を担当する場合、英語上級
●備考:7-8月または1月開始。7-8月開始の場合3/31申込締切で、期間は5ヶ月または11ヶ月間。1月開始の場合5/1申込締切で、期間は5ヶ月間。学校の長期休暇中の宿泊と食事は各自で賄います。70-150オーストラリアドル/週のお小遣いあり

LT/L02  Outdoor Education Instructor  5ヶ月↑  教  ?
●仕事:サーフィン、シュノーケル、カヌー、マウンテンバイク、アーチェリー、スノーボードなど時期や場所に合わせた、様々なアウトドアアクティビティの指導サポート。キャンパスや設備の維持、生徒のお世話など
●資格:英語中級
●備考:7-8月または1月開始。7-8月開始の場合3/31申込締切で、期間は5ヶ月または11ヶ月間。1月開始の場合5/1申込締切で、期間は5ヶ月間。50-75オーストラリアドル/週のお小遣いあり


 

メールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる



【注意事項】  ※しっかり読んでください!

(1)世界約40ヶ国で、1ヶ月~1年程度、施設・地域に住み込みながらじっくりと活動に取り組むボランティアプロジェクトです。プログラム情報の読み方は「中長期ボランティア情報の読み方」をご覧ください。

(2) これ以上詳しい情報は、NICEに届いていないので、お問い合わせいただいても、回答できません。

(3) 渡航前、滞在中は、常に「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、安全対策に努めてください。
外務省では、安全な海外渡航・滞在のために役立つ情報を毎日更新してくれています。外務省 海外安全ホームページなどを参考にして、行き先を検討してください。外務省 海外安全ホームページへ

(4) 申込前に定員の空き情報は基本的にはわかりません。参加費を支払い現地へ申し込んで初めて参加が決まります。