世界遺産”石見銀山”の麓で若者支援と環境保全活動を実践♪

大田・ゆきみーる(島根県大田市) 2018年1/13(土)~12/14(金) の間で1ヶ月以上

中長期ボランティア情報
コード NICE-LI-OY18
中長期ボランティア情報 大田・ゆきみーる
開催場所 島根県大田市  受入団体:認定NPO法人緑と水の連絡会議
期間 2018年1/13(土)~12/14(金) の間で1ヶ月以上
分野 教育・環境
参加者 国籍を問わず同期間2名まで
背景 NPO法人「緑と水の連絡会議」(2006年には全国で49番目、中四国地区で初の国税庁認定NPO法人)と共催、7年連続の開催。「石見銀山」は2007年に世界遺産に登録された。中世の銀鉱山遺跡が良好に保存されてきたのは、日本の気候のもたらした「緑のタイムカプセル」のおかげだと世界的に評価されている。ところが、近年の里山の管理放棄により竹ヤブが拡大・繁殖し、遺跡の景観をさえぎるだけでなく石垣等の遺構を破壊する勢いである。森の手入れを通じて貴重な遺跡を保全する市民活動が始まった。2007年10月に「第15回全国雑木林会議石見銀山大会」が開催され、国際ワークキャンプで運営を補佐。
仕事 外に出にくい子どもや所属のない若者たちと一緒に活動していく。また「石見銀山 世界遺産を守る森作り」をモットーに、石見銀山周辺の環境保全活動。石見銀山の景観が竹ヤブの拡大によって遮られているため、孟宗竹を伐採し、チップ化作業を行う。日本人は事務局内での活動サポートも担っていく。
場所 島根県中央部、出雲空港から1時間半。JR山陰線・大田市駅。国立公園三瓶山、 戦国時代後期から江戸時代前期にかけての日本最大の銀山である世界遺産石見銀山の最寄り駅。
宿泊 ゆきみーる(外に出にくい子どもや所属のない若者たちの施設)。個室。共同で自炊。インターネットの利用(wifi)可能。
地図
募集情報

▼ 募集情報

企画者・参加者の声 開催地の大田は壮大な自然に囲まれ、受入団体の方や地元の方の温かさを感じ、心にも体にも優しい生活ができました!竹の伐採作業、神楽見学など大田の魅力を堪能しながら、環境保護について学ぶことができました!きっと石見銀山に行ったら自然と人の中で大切なものを実感できるはず!
  (経験者)
企画 聞き書き。石見銀山の史跡見学、地元住民との交流会など。
その他 動機書提出。
緑と水の連絡会議のブログはコチラ
資格 若者支援・里山保全に興味・意欲を持っている人。
こんな魅力 *世界遺産の保護を実践できる!
*若者支援の第1線に関われる!