気候変動に特化した特別プログラム!放置された竹林の整備、竹を有効活用していこう♪

水俣 (熊本県水俣市)  2019年9月1日~11月20日

中長期ボランティア情報
コード NICE-LW-MI
ワークキャンプ名 水俣
開催場所 熊本県水俣市  受入団体:NPO法人 植物資源の力
期間 2019年9月1日~11月20日
分野 環境・農業
参加者 日本2人・外国3人
背景 植物資源の力と2011年から9回目の共催。
生態系の循環を促進して森林や海藻の森の再生や新生を促す地元主体のNPO団体。
国際ワークキャンプは1992年から開催し、埋立地での「実生の森づくり」等で多大な成果を残してきた。地域汚染先進地として教訓を学び、それぞれの場に活かすことを目指す。中長期事業は2011年から始まり、短期のワークキャンプで行ってきた森づくりや環境教育、農家の手伝いに継続的に取り組み、地域活性化を進めている。特に少子高齢化、若者流出と言う状況の中、地域の竹林管理に労力が回せないので、長期滞在しているボランティアが竹林整備を行い、伐採した竹も循環利用して竹炭作りを行っている。
仕事 1) 過疎高齢化により放置された竹林の伐採および竹炭づくり
2) 海洋教育フロンティアスクールに認定されている袋中学校での 環境教育「袋を愛でる」への参加
3) 平均年齢75歳の地域高齢農家での農業のお手伝い
場所 熊本県の最南部、鹿児島県の県境に位置。山と海に囲まれた自然豊かな場所。平成9年に熊本県が水俣湾の魚介類の安全宣言を発表。漁業や海水浴も再開し、綺麗な海が広がる。
宿泊 一軒家のボランティアハウス。集まったメンバー達と交代で自炊。Wifiの利用可能。ボランティア作業には主に自転車で移動。
地図
募集情報

▼ 募集情報

企画者・参加者の声 やっと人と地球との関係が見えてきた。地球に思いを馳せよう。でも、できる事は、足元の事、身の丈の事。木を植える、無駄の無いエネルギーを使い、足るを知る、竹で炭を作る。できる事から始めて繋がろう。都市と田舎の架け橋、生きる力の知恵袋。一日汗を流し、不知火海の向こう岸に見える天草に沈む夕日を眺めたら、生きるという事が実感できる。そんな日々を体験してみませんか。 (植物資源の力 代表 金刺潤平さん)
企画 地域のイベントにも参加。時期によっては海洋生物調査環境学習を行うこともある。
その他 動機書提出。
植物資源の力のHPはコチラ
資格 循環型環境保全に興味がある人。自転車に乗れる人。
こんな魅力 * 環境資源である竹を学べる
* 地域の方々から知恵と技を学べる