1,000人の子どもが集まるサマーキャンプの運営手伝い!

泰阜 (長野県泰阜村)2018年7/23(月)~8/31(金)

中長期ボランティア情報
コード NICE-LI-YA18
ワークキャンプ名 泰阜
開催場所 長野県泰阜村  受入団体:NPO法人 グリーンウッド
期間 2018年7/23(月)~8/31(金)
分野 教育
参加者 日本1人・外国2人
背景 グリーンウッド(GW)自然体験教育センターと共催、11年連続。GWは自然体験教育の普及と発展を目指して93年に設立。山村留学、北東アジアの子ども交流、様々な自然体験キャンプ等、多彩な活動を展開している。また東日本大震災の被災者の山村留学の受入等も行っている。このプログラムではGWのスタッフの一員となって、1ヶ月半のキャンプ運営を担う(ボランティアはバラバラに活動するので、グループで一緒に活動することは期待しないよう注意)。目的は①長期スタッフを確保してGWの運営を安定させる、②延べ1,000人の子ども達が安定した自然体験と様々な大人と触れ合う機会を得て広い視野・感性を育む。③将来、教育関係での仕事を目指すボランティアが経験値を高める。
仕事 キャンプ運営の手伝い(食品・物品管理、安全管理、子どもへの調理指導、安全指導等)、子どもとの生活と遊びで、共に楽しく実りある時間を過ごす。キャンプ場の整備(テント設営、物品準備等)も行う。キャンプは例年7/21-8/30頃に、2-10泊、約20回のキャンプを実施した(その幾つかを受け持つ)。
場所 長野県泰阜村。長野県の南端、JR飯田線の温田から徒歩1時間。村の87%を山林が占め、人口約2,000人の4割近くは高齢者。米・野菜・果樹等の農業、下請けの電機工場、建設業等が主産業で、過疎は進むが、自然と人情は豊か。
宿泊 主にキャンプ場のテント(準備期間中はセンターの施設)。 交代で他職員や子ども達と炊事。寝袋必要。
地図
募集情報

▼ 募集情報

企画者・参加者の声 暮らしの中には、全人的成長を促すあらゆる学びの要素が渾然とちりばめられています。日々の暮らしは「生きる基本」を学ぶための優れた学校です。したがって暮らしの中から学びの要素を丁寧に抽出し、総合学習プログラムとして再構成したものが私たちの実施する自然体験教育活動といえます。              (グリーンウッドのホームページより)
企画 スタッフとの話し合い(将来プラン等)、自然を満喫する各種プログラム。
その他 動機書必要。NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター
資格 子どもが大好き。期間中に約1,000人の子どもと対応する体力。
こんな魅力 *子ども達がのびのび育つ力になれる
*野外活動の経験を積める