NICEが取り組む国際ボランティア事業を紹介します。

9.jpg

1)日本・海外で国際ワークキャンプ
  を主催

世界中からのボランティアと住民達が環境・福祉・開発等に取り組みます。
開催地・共催団体は年々増え、2015年は19か国で139回開催。1,606名が+住民2万人以上が参加しました。

groupwork_img02.jpg

2)海外の国際ワークキャンプに
  日本人を派遣

NICEは、海外で開催されるワ-クキャンプ参加申込の日本窓口です。2015年は42ヶ国へ676名を派遣しました。

201504050212_2-300x0.jpg

3)日本各地で週末ワークキャンプ
  を主催

1~3日間の気軽に楽しめるボランティア合宿。2015年は5か国で165回、ボランティア2,958人+住民数千人が参加。

17.jpg

4)中長期ボランティアを日本で主催
  海外へ派遣

2ヶ月~1年間、地域や施設に住みながら、じっくり働きます。2015年は56回主催、116人+住民5千人が参加。また19カ国に132人を派遣。

10.jpg

5)グループ・ワークキャンプを
  日本・海外で主催

学校・サークル・役所・企業等、特定の団体を対象に企画するワークキャンプ。社員研修・修学旅行等、従来の行事にボランティア活動を加えたい、需要は大。02年から開始、2015年は、8か国で29事業を行う。

11.jpg

6)ぼらいやー
 (国際ボランティア1年間プログラム)

1年間、世界を周りながら、国際ワークキャンプ・中長期ボランティアなどのプログラムに参加していきます。旅をしながら、留学をしながら、世界各地を自分の目で見て、耳で聞いて、肌で感じていきます。これまでに 160 名以上のメンバー参加し、それぞれ世界各地で活躍してきました。

更に、上記事業を活用しながら、各分野に特化して様々な事業を展開しています

教育・福祉

  • 大学・高校の授業運営、講師の派遣
    小中高で総合的な学習の時間に授業。国士舘大学で代表が授業を運営。

開発・災害

  • 東日本大震災・復興アクション
    岩手県陸前高田市・大槌町、宮城県南三陸町などで、特別ワークキャンプを開催。
  • ノートブックアクション(復興支援)
    ジャワ島大地震。現地でノート不足に、そこでノートブックアクションがはじまった。

NGOネットワークづくり

  • アジアの新しい国を開拓・支援
    国際ワークキャンプの未開催国で、現地NGOを発掘・事業を開始。
  • アジア・世界共通アクション
    姉妹養護施設ワークキャンプを日本、モンゴルで開催 エコキャンドルなど。

環境

  • 世界七夕アクション
    地球温暖化の為に植樹などを行い、「私の行動」を短冊に書いてもらう。
  • エコたわしアクション(フェアトレード型)
    ベトナムのスラムの女性が作ったエコたわしを日本で販売する。