• 中長期ボランティア
  • NICE-LI-SA18
  • 日本
  • 2018/02/16(金)~2018/12/14(金)

『自然体験活動を通して共育活動を実践♪』

日本
コード NICE-LI-SA18
プログラム名 鮫川
開催期間 2018/02/16(金)~2018/12/14(金)
背景 あぶくまエヌエスネット(Nature、School、Network)と10回目の開催。福島県鮫川村で「土、自然から学び共に生きよう」をテーマに子どもから大人まで四季折々、山村での体験を対象別に体験講座の場づくりに力を注いでいる。2011年の東日本大震災後、福島の子ども達に長期休みの間子どもらしい生活を送ってもらうプロジェクト『ふくしまキッズ』の実行委員長として様々な活動に取り組み、鮫川村での拠点活動も再開。教育の原点ともいうべき山村には共に育つ「共育学」があるとの方針のもと、地域や世代を越えて先人の人たちが築いた里山の文化を、次世代の子どもに伝え、関わった人同士が互いに成長していけるよう活動をつくっていく。
仕事内容 受け入れ団体が所有している田んぼや畑で農作業(草刈り、種まき、肥料作り、収穫など)をメインに行う。週末に行う家族向けのイベントや食育活動のサポート(石窯オーブンによるピザ焼き体験の受け入れなど)を行う。福島の子どもへ体験教育活動から「生きる力」を学ぶ場を与えるために、子ども達に体験教育活動の場を作り、円滑に活動できるようサポートする。7月~8月はキッズキャンプの受け入れサポートがメイン。
宿泊 活動施設内のコンテナハウスやボランティアハウスに住み込み。受入団体家族と食事。キッズキャンプ中は子ども達と一緒に寝たり、食事作りのサポートも行う。喫煙不可。
場所 鮫川村は白河市から東方35km、いわき市(勿来)から西方50km、郡山市から南へ50km、水戸市から北へ80kmほどのところに位置している。
企画 代表に講演依頼などある時は一緒に出かけることも。
追加登録費 なし
資格 建築技能・農業経験・子どもキャンプ経験があれば望ましい。
備考 あぶくまエヌエスネット: http://www2.ocn.ne.jp/~abukuma/index.html
活動ブログ(あぶくま日記):http://abukma.seesaa.net/
募集人数 2人
主催者・支援機関詳細 1990年設立のNGO、NICE(日本国際ワークキャンプセンター)。国際ボランティアの地球ネットワーク::CCIVSの元財務長。アジアでも97年にNVDA結成を主導。提携国数は世界トップレベル。元気さ(若い沢山のメンバーがつくる)と、多彩さ(色々な分野::地域::種類の事業)が特徴のNGO。中長期ボランティア主催プログラムは、外国人ボランティアと地域の人達をつなぐ役割も求められます。通訳を担うことも出てくるので、開催地によっては、海外のプログラムよりも英語を使う機会は多いです。
企画者・参加者の声 福島県は2011年3月11日に東日本大震災、原発事故を経験しましたが、徐々に活気づいてきました。あるボランティアは「あぶくまは山の中で不便でした。でも人としての学びや気づきをたくさん感じられて良かった」と。あなたの大切な時間をあぶくまに注ぎ、スキルUPを図ってみませんか? (あぶくまエヌエスネット代表 進士徹さん)
リンク 鮫川

参加申込はこちら