• 中長期ボランティア
  • NICE-LI-TO18
  • 日本
  • 2018/01/13(土)~2018/12/14(金)

『とくしま花ロードproject!花ロードを手入れしながら地域の人たち交流しよう♪』

日本
コード NICE-LI-TO18
プログラム名 徳島
開催期間 2018/01/13(土)~2018/12/14(金)
背景 びざん大学と共催、2015年から4回目の開催。びざん大学は2012年から毎年8月に国際ワークキャンプを行う。「まちでまなび、まちをあそぶ」をコンセプトに色々な授業やイベントを実施する。2014年から徳島市内で素敵な地域をつくろう!花を植えよう!という発案があり、市民の手で花を植え、水をやり、草を抜いて花ロードを運営することになった。植物園とまではいかないが、毎日水をやり、草を抜き、存在感のある花壇づくりを目指している。花の植え替えはイベントにしているので100名以上の地域の人が参加するが、日々の水やりや草抜きはマンパワーが不足。中長期ボランティアが活動することで、一緒に花壇の運営をやっていくことを目指す。
仕事内容 花の管理ということで日々の水やり、草抜きなど継続性が求められるが、地元のボランティアだけでは不十分な状況が続いているので、花植え・土作り・花壇への水やり・草抜き・花壇とその周辺のゴミ拾いなど、ロードサイドの花壇の管理作業をサポートしていく。他にもびざん大学が企画している様々なイベントの運営サポート、地域イベントにも積極的に参加していく。例えば、川掃除や商店街でのイベントに参加し、多くの地域の人達と触れ合っていく。
宿泊 受入団体が用意したボランティアハウス(アパートの一室)かホームステイ。必要なものは一通り揃う。朝・昼は賄いあり。夜は自炊や賄い。宿泊所での喫煙は不可。
場所 徳島市は、徳島県の東部に位置し人口約26万人。毎年8月に開催される阿波踊りは約400年の歴史がある。阿波踊り期間中の4日間に日本国内外から約130万人の観光客が訪れる。
企画 年間を通してイベントや祭りを開催中。
追加登録費 なし
資格 やる気!元気!好奇心!!
備考 びざん大学活動ブログ: http://workcamp.bizandaigaku.net/
募集人数 2人
主催者・支援機関詳細 1990年設立のNGO、NICE(日本国際ワークキャンプセンター)。国際ボランティアの地球ネットワーク::CCIVSの元財務長。アジアでも108年にNVDA結成を主導。提携国数は世界トップレベル。元気さ(若い沢山のメンバーがつくる)と、多彩さ(色々な分野::地域::種類の事業)が特徴のNGO。中長期ボランティア主催プログラムは、外国人ボランティアと地域の人達をつなぐ役割も求められます。通訳を担うことも出てくるので、開催地によっては、海外のプログラムよりも英語を使う機会は多いです。
企画者・参加者の声 四国には4県にまたがり総延長1400キロ、1200年前から続く遍路道があります。遍路のスタート地点である徳島県は、実は地域活動・ボランティア活動が盛んな土地柄で、多くのNPOやボランティア団体が行政と協働し市民生活を支えています。神秘の国、四国徳島で外国人ボランティアと共に様々な地域活動を展開していきます。ご参加下さい。 (びざん大学理事長 長谷川晋理さん)
リンク 徳島

参加申込はこちら