• 中長期ボランティア
  • NICE-LI-IK18
  • 日本
  • 2018/01/13(土)~2018/12/14(金)

『日本一の柑橘の郷をボランティアの郷へ☆柑橘を通した地域交流を実践しよう♪』

日本
コード NICE-LI-IK18
プログラム名 伊方
開催期間 2018/01/13(土)~2018/12/14(金)
背景 村おこしグループ『喜久家』と10年連続の開催。喜久家は地域のつながりを活かし、村の特産であるみかん畑の保全と村おこしに取り組んでいる。伊方町は日本でも有数のみかんの産地であるが、過疎化、高齢化、後継者不足の問題が深刻で、作り手のないみかん畑も見え始めてきた。様々な事情により、愛すべき故郷を出て行かなければならなくなった人の家を、ボランティア活動の拠点として借り受け、そこを「喜久家」と名付けた。国内外からの中長期ボランティアの活動により、地域住民の喜久家に対する活動への理解は広がってきている。「喜久家」を拠点に新しい風を村に呼び起こし、村の活性化、そして同じ悩みを持つ日本の田舎の活性化モデルとなることを期待している。
仕事内容 限界集落の慢性的・将来的な労働力不足があるので、平磯地域を中心に地球にやさしい柑橘類の収穫・出荷・栽培の作業など(冬は基本的に農作業のみ。ハード!)。過疎・高齢化が進み、地域行事などが成り立たなくなってきているので、地域イベントへの参加・企画。僻地であるため新しい出会いや価値観に乏しいので、地域の学校訪問や施設の訪問なども行う。
宿泊 喜久家と呼ばれる地域の方から譲り受けた古民家(4室。他のボランティアと共同利用)。自炊。基本的なものは全部揃う。Wifiの利用可能。
場所 日本一細長い愛媛県佐田岬半島の最西端に位置する伊方町。瀬戸内海と宇和海に挟まれ、風光明媚で温暖なこの地は「耕して天に至る」と言われる段々畑に、柑橘類が育つ。
企画 地域の人と交流会、地域行事に参加、地域の学校や施設訪問
追加登録費 なし
資格 明るくまじめな人。農業・村おこしに興味のある人。
備考 喜久家活動ブログ: http://blog.goo.ne.jp/kikuya2009
募集人数 2人
主催者・支援機関詳細 1990年設立のNGO、NICE(日本国際ワークキャンプセンター)。国際ボランティアの地球ネットワーク::CCIVSの元財務長。アジアでも109年にNVDA結成を主導。提携国数は世界トップレベル。元気さ(若い沢山のメンバーがつくる)と、多彩さ(色々な分野::地域::種類の事業)が特徴のNGO。中長期ボランティア主催プログラムは、外国人ボランティアと地域の人達をつなぐ役割も求められます。通訳を担うことも出てくるので、開催地によっては、海外のプログラムよりも英語を使う機会は多いです。
企画者・参加者の声 喜久家は、日本一細長い愛媛県佐田岬半島にあります。三方を瀬戸内海、太平洋、豊後水道という3つの海に囲まれているという日本でもめずらしい場所。この岬には、人口減少、少子高齢化、財政難など日本がこれから経験する未来の姿があります。郷には、危機感はありますが、悲壮感はありません。これらの課題を解決するために、国内外の若者ボランティアとともに郷づくりを進めているからです。この郷で起こる小さな変化が、これからの自分そして社会を変えるかもしれません。郷には、お年寄りの知恵とボランティアの若さと豊かな自然、そして人々の絆があります。一緒に未来を変えていきましょう。  (喜久家 岬人 浅野長武さん)
リンク 伊方

参加申込はこちら