• 中長期ボランティア
  • NICE-LW-MS18-1
  • 日本
  • 2018/05/09(水)~2018/07/28(土)

『第14回オーライ!ニッポン大賞のグランプリ(内閣総理大臣賞)を受賞した団体で、アジアの若者たちと竹林・森林整備に取り組む!』

日本
コード NICE-LW-MS18-1
プログラム名 益子1
開催期間 2018/05/09(水)~2018/07/28(土)
背景 トチギ環境未来基地とAVSとしては4年連続4回目の開催。Conservation Corpsとは、米国で行われている若者がチームで長期間、地域貢献活動に取り組むプログラムで、年間約25,000人もの若者が参加している。若者がより良い地域をつくるための力として活躍し、参加する若者も活動を通じて成長していく。若者達が各地でより良い地域、日本をつくるための行動を起こす、その拠点として長期間活動するボランティアの受入を行いたい。フィールドでの活動を中心に、学習やトレーニングプログラムも取り入れ、次の社会を担うリーダーの育成にも取り組む。公用語は日本語。
仕事内容 生物多様性や自然環境にも影響する荒れた竹林を整備し、有効活用できる仕組みを作る。子どもの森の整備、森で遊ぶイベントの企画・運営。子どもや地域住民が遊べる森をつくり、子どもたちが遊べる機会を若者たちとつくる。東日本大震災で津波の被害を受けたいわき市の海岸及び海岸林の再生活動も。
宿泊 県の建築賞をとったこともある、ステキな建物の明在庵。縁側からの眺めも最高。部屋は個室。食事はみんなで自炊。
場所 栃木県芳賀郡益子町は宇都宮市から車で約40分、焼き物で有名な、アートの雰囲気が漂う町。歴史的な文化財も点在し伝統文化なども残る。SLが走る真岡鉄道沿線。
企画 学習・トレーニングプログラム(リーダーシップや、NPOマネジメント、災害時の対応など実用的な学び)。イベント企画も。
追加登録費 なし
資格 環境問題についての関心、協調性。
備考 トチギ環境未来基地HP:http://www.tochigi-cc.org/
募集人数 3人
主催者・支援機関詳細 1990年設立のNGO、NICE(日本国際ワークキャンプセンター)。国際ボランティアの地球ネットワーク::CCIVSの元財務長。アジアでも117年にNVDA結成を主導。提携国数は世界トップレベル。元気さ(若い沢山のメンバーがつくる)と、多彩さ(色々な分野::地域::種類の事業)が特徴のNGO。中長期ボランティア主催プログラムは、外国人ボランティアと地域の人達をつなぐ役割も求められます。通訳を担うことも出てくるので、開催地によっては、海外のプログラムよりも英語を使う機会は多いです。
企画者・参加者の声 仲間と一緒に身体を動かし、考え、また動く。自分以外の誰かや何かのために活動することは、きっと自分のためにもなっているはず。たくさんのメンバーから、自分自身の変化を感じられたという声を頂きました。きっと人生の忘れられない3ヶ月になるはず。一緒に日本の美しい環境を守っていきましょう! (トチギ環境未来基地 スタッフ 神綾乃さん)
リンク 益子1

参加申込はこちら