• 短期ワークキャンプ
  • UV/A1910
  • タンザニア
  • 2019/04/14(日)~2019/04/27(土)

SDG Advocate

タンザニア
コード UV/A1910
プログラム名 SDG Advocate
開催期間 2019/04/14(日)~2019/04/27(土)
背景 持続可能な開発目標:Sutainable Development Goals(SDGs)は、2030年までに世界が目指す国際目標。達成のためには、政府や組織だけでなく、市民レベルの運動も重要な要因のひとつ。そのため、このプロジェクトは、ボランティアや地域住民などのプラットホームとして、様々な活動を通じてSDGsについて理解を深め、互いに刺激し合いながらアイデアや知恵を出しつつ持続可能な世界へと貢献していくのが目的
仕事内容 在来種の植林活動。ワークショップ、ディベート、スポーツ等を通じてSDGsに関する啓蒙・教育活動
宿泊 ドミトリー。食事提供
場所 Mwika。キリマンジャロ近く、ケニアとの国境沿いの町。初日15時にMoshiの大聖堂前集合予定。希望者はキリマンジャロ国際空港での出迎えを手配可
企画 Chaggaコミュニティ訪問。Tarangire国立公園など野生動物サファリ参加。キリマンジャロ登頂。Chala湖など自然散策
追加登録費 追加登録費250ユーロ(=約32,500円)は現地払い。
ビザ 必要
募集人数 15人
空き人数 女性:8人 男性:7人 更新日10/30
主催者・支援機関詳細 ワークキャンプを94年に世界最古のワークキャンプ団体SCIの支援で開始したNGO、UVIKIUTA。国際理解の推進、平和・人権・文化・環境の保護、持続可能な開発を目指し活動しています。ワークや運営の質が、多くのボランティアから高く評価されています!ただし、受入確認や案内状の送付が時々、遅くなることがあります。
リンク SDGsについてはコチラを参照(外務省HP)

参加申込はこちら