• 中長期ボランティア
  • NICE-LI-SM
  • 日本
  • 2019/01/26(土)~2019/12/13(金)

『子ども達に異文化交流の機会を!地域の小学校や幼稚園での国際交流活動♪』

日本
コード NICE-LI-SM
プログラム名 LM 新町
開催期間 2019/01/26(土)~2019/12/13(金)
背景 びざん大学と共催、初開催。
2012年から毎年8月に短期ワークキャンプも行う。「まちでまなび、まちをあそぶ」をコンセプトに色々な授業やイベントを実施する。団体の活動の中で、国際ボランティアによる地域の子ども達との異文化交流やランゲージエクスチェンジを推進している。特に里山に位置する学校や子ども達が生活するコミュニティでは、外国人と接する機会が少なく、街で生活する子ども達と機会格差が生まれている背景がある。
また日本では、外国語を学ぶこと自体にコストがかかり、その経済的理由によって外国語を学びたくても学べない子ども達も存在している。その課題解決のために国際ボランティアの活動として誰でも自由に外国語を学ぶ機会を作り、異文化交流の機会を創出することを目的としている。
仕事内容 小学校や幼稚園での国際交流活動支援として、児童と一緒に遊んだり、語学勉強を手伝ったり、ゲームをしたりする。またボランティア自身で交流にあたっての準備(児童への教材、遊びやゲーム内容の検討)も行う。
その他、時期によっては短期ワークキャンプへの参加や、他にもびざん大学が企画している様々なイベントの運営サポート、地域イベントにも積極的に参加していく。例えば、川掃除や商店街でのイベントに参加し、多くの地域の人達と触れ合っていく。
宿泊 受入団体が用意したボランティアハウス(アパートの一室)かホームステイ。必要なものは一通り揃う。朝・昼は賄いあり。夜は自炊や賄い。宿泊所での喫煙は不可。
場所 徳島市は、徳島県の東部に位置し人口約26万人。毎年8月に開催される阿波踊りは約400年の歴史がある。阿波踊り期間中の4日間に日本国内外から約130万人の観光客が訪れる。
企画 年間を通してイベントや祭りを開催中。
追加登録費 なし
資格 やる気!元気!好奇心!!
備考 びざん大学活動ブログ: http://workcamp.bizandaigaku.net/
募集人数 2人
主催者・支援機関詳細 1990年設立のNGO、NICE(日本国際ワークキャンプセンター)。国際ボランティアの地球ネットワーク::CCIVSの元財務長。アジアでも108年にNVDA結成を主導。提携国数は世界トップレベル。元気さ(若い沢山のメンバーがつくる)と、多彩さ(色々な分野::地域::種類の事業)が特徴のNGO。中長期ボランティア主催プログラムは、外国人ボランティアと地域の人達をつなぐ役割も求められます。通訳を担うことも出てくるので、開催地によっては、海外のプログラムよりも英語を使う機会は多いです。
企画者・参加者の声 地域活動に熱心な徳島市においてもまだ外部のボランティアが学校施設に訪問し子ども達と共に活動する例は多くありません。ましてや定期的な訪問を行い、子ども達との信頼関係や先生や親御さんとの関係づくりができているボランティア活動は少ないです。子ども達はまだまだ社会との接点が少ない時期です。ぜひ子ども達が憧れるようなお兄ちゃんお姉ちゃんになってもらえればと思っています。 (びざん大学理事長 長谷川晋理さん)
リンク プログラム詳細はコチラ!

参加申込はこちら