• 中長期ボランティア
  • NICE-LI-NM
  • 日本
  • 2019/06/28(金)~2019/07/29(月)

『日本にルーツのある子ども達に自然体験や文化活動を通して 自分のルーツや自分自身が世界のつながりを考える機会を創る!』

日本
コード NICE-LI-NM
プログラム名 LM なみあい
開催期間 2019/06/28(金)~2019/07/29(月)
背景 MLC Japan長野なみあい国際キャンプ事務局と初開催!
長野なみあい国際キャンプは、国内外の多言語多文化環境で生活する子どもたち(海外で育つ3年生~9年生)を対象に、日本の暮らしと、地域の小中学生や人々とのつながりを通して、日本語力を高め、日本文化を体験学習するサマーキャンプ。自分自身が世界の出来事とどのようにつながり、自分には何ができるのかを考えられる思考力と探究する力が育つように支援していく。また様々な日本文化活動を通して自分のルーツや文化について考える機会を創る。
グローバルな問題と地域のつながりに目を向け,問題意識を持ちながら、話し合い、助け合い、協力し合う一人一人の小さな行動が世界を変化させることができることを意識し、一歩踏み出せる子ども達を育てていくことを目的とする。
仕事内容 ①4週間のキャンププログラムを子どもたちが無事に、快適に過ごせるようにキャンプ活動全般のアシスタント。②キャンプ中に子ども達が行う学習プロジェクトの日本語サポート。③子ども達が企画するイベント実行のサポート。
宿泊 村内にある『なみあい遊楽館』に宿泊。日によってはキャンプでテント泊をすることもある。食事は基本、専任のキャンプスタッフが用意。
場所 旧浪合村は長野県南西部に位置し山林が約95%を占める村。年の平均気温は約11℃、年間降水量が2,500~3,000mmと多い。2006年に日本一星が多く見られる地として環境省に認定された。2006年に阿智村に合併。
企画 キャンプ中に企画される様々なイベントやアクティビティ(川遊び、キャンプファイヤー、ボルダリングなど)、阿智村の花火大会に参加
追加登録費 なし
資格 キャンプ参加者と一緒にキャンプを作り上げたいと思う行動力のある人
ジュニアリーダー達によるイベント企画サポートへの関心のある人
募集人数 2人
主催者・支援機関詳細 1990年設立のNGO、NICE(日本国際ワークキャンプセンター)。国際ボランティアの地球ネットワーク::CCIVSの元財務長。アジアでも120年にNVDA結成を主導。提携国数は世界トップレベル。元気さ(若い沢山のメンバーがつくる)と、多彩さ(色々な分野::地域::種類の事業)が特徴のNGO。中長期ボランティア主催プログラムは、外国人ボランティアと地域の人達をつなぐ役割も求められます。通訳を担うことも出てくるので、開催地によっては、海外のプログラムよりも英語を使う機会は多いです。
企画者・参加者の声 Think globally, act locally。地球規模に考えて、地域で行動しよう。ありきたりのフレーズだけど、地球環境を守るのも自分達の行動から。そんな思いの人達が集まる「ONUMAWORKCAMP」。100年後の未来を考えて一緒に森づくりをしませんか? (大沼マイルストーン22 代表・池田誠さん)
リンク プログラムの詳細はコチラ!

参加申込はこちら