【1/27土-29月】 京都かやぶきの里で、雪灯篭イベントの運営サポート!

2018/01/27

京都かやぶきの里で、雪灯篭イベントの運営サポート!


●開催日時:2018年 1月27日(土) - 29日(月)
※1/27(土)~28日(日)21:00までの参加も可
●開催場所:京都府南丹市美山

90万人訪れる京都美山かやぶきの里にて
雪灯篭イベントが開催されます!
白い雪景色の中で、やりがいのある3日間を一緒に過ごしませんか

 


活動概要


 美山町は、10年で1,000人以上の人口が減少し今春には4,000人を切っています。毎年100人以上が減少し高齢化率は45%を越えている状況です。
 そこで30年ほど前から都市と農村の交流を柱にグリンツーリズムやエコツーリズム、産直活動などをおこなっています。都市交流によって地域を活性化できるように様々な取組がなされ、30年前には20万人程度といわれた観光客数は、昨年は90万人になりましたが、観光による消費単価は1,000円前後と低迷を続けており、雇用創出による過疎化の歯止めにはまだまだ至っていません。
 特に冬季の観光客の誘客には頭を痛めていました。そこで美山かやぶきの里雪灯篭イベントを開催。今年で14回目を迎えるかやぶきの里雪灯廊のイベントにより2月の集客が増加し地域の観光収入の増加に大きく貢献しています。このイベントは、平成5年12月に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された美山町北地区のかやぶき集落において行われるかやぶき民家のライトアップと手前に広がる雪に埋まった田畑に嵐山花灯篭で使用される灯篭を並べ幻想的な世界を創り出し、美山の冬を満喫していただこうと行われています。期間中の2回の土曜日には花火や奉燈の舞(日本舞踊)等が行われ、昨年は期間中の8日間で約15,000人が訪れました。

 今回、NICEがこのイベントにボランティアに入るのは初。NICE関西事務局職員がリーダーのもと美山町かやぶきの里雪灯廊実行委員会と共催で活動をしていきます。

参加したらこんなことが分かる!
・雪灯篭イベントの運営体制
・南丹市美山町の魅力
・地域のお祭りの盛り上がりと重要性
・市の抱える課題と取組

※写真左:雪灯篭 右:宿泊予定先


ワーク内容

雪灯篭イベントの運営サポート
・雪灯廊の製作
・ロウソクへの点火
・除雪作業
・イベントの受付
・駐車場の整理係
・会場の誘導係
・その他祭を運営するために必要な作業
 


タイムスケジュール

<1日目>
9:45  園部駅集合 (9:42分着のJR嵯峨野線)
 宿泊場所・活動場所への案内、顔合わせ
活動の背景、活動内容、打ち合わせ
12:00 お昼、作戦会議 
13:00~20:00 イベント準備・運営
21:00 解散 お風呂、夜ごはん、就寝

<2日目>
8:00  朝ごはん
9:00  ワーク or 美山町観光
12:00 お昼ご飯
13:00~20:00 イベント準備・運営
21:00 解散 お風呂、夜ごはん、就寝

<3日目> 
8:00  朝ごはん
9:00 ワーク or 美山町観光
12:00 3日間の振り返り 解散


詳細(日時/会場/申込)

●開催日時:1/27(土)~29(月) ※1/27(土)~28日(日)21:00までの参加も可
●集合:1/27(土) 9:45 JR園部駅 (京都嵯峨野線)
※9:42分着のJR嵯峨野線があります。 直前のキャンセル・遅刻はないようにお願いいたします。

●持ち物
・十分な防寒着
・軍手
・長靴
・防水の汚れても大丈夫な服
・お風呂セット
・お泊りセット
・参加費

●場所:京都府南丹市美山町
●宿泊:会場近くの民家
●参加費: 会員4,000円、非会員4,500円
 食費・宿泊費・お風呂代が含まれます。
 夜のお酒・お菓子代は別途必要になります(3日で500~1000円程度)。

* これを機に年会員になっていただくことも可能です。
(新規会員4000円、再開4500円。参加費と同時にお振込をしていただけます。)
 会員になると…年間通してワークキャンプの割引を受けられ、会員限定の季刊誌をお届けします!
 詳しくはこちら

●定員:日本人10名
●参加資格:18歳以上、地域イベントを盛り上げようというモチベーションのある方
・高校生不可


▼お申込の流れ

①お申込みフォームの送信
②参加決定メールをお送りします。
③当日集合場所へお越しください。
※参加費は当日忘れずに現金にてリーダーにお渡しください。


●申込:
  国際ボランティア説明会


●お問い合わせ:
LINE:メッセージを送信して頂ければ、
企画担当スタッフ(関西事務局)とLINEで直接お話いただけます。
「関西NICE」アカウントから、ぜひお問い合わせください♪

友だち追加数
ID:@ahz6431w 
メール:west-2@nice1.gr.jp(木村まで)
主 催 :特定非営利活動法人NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
後 援 :国連・CCIVS(国際ボランティア活動調整委員会)
     NVDA(アジア・ボランティア発展ネットワーク)