日本の伝統を次世代に繋ぐ。戦後から続く七夕祭りを応援!

国際ワークキャンプ 常陸大宮 (茨城県 常陸大宮市)7/26(木)~8/6(月)

ワークキャンプ情報
コード NICE-18-07261
ワークキャンプ名 常陸大宮
開催場所 茨城県 常陸大宮市
期間 7/26(木)~8/6(月)
分野 文化・農業
参加者 日本3人・外国3人
背景 長倉七夕まつり協賛会との共催で、昨年に引き続き2度目の開催!長倉七夕まつりは常陸大宮市内で現存する唯一の七夕まつりで、その始まりは昭和28年ごろ。戦後の復興・商店街や地域の活性化を目的に開催されるようになり、美しい竹飾りを地元の各商店や学校で作りコンクール形式で披露し合い、祭りを盛り上げてきた。しかしながら近年は地域での過疎高齢化が進み、後継者・資金不足による祭りの存続・規模縮小の危機に直面している。
 国際ワークキャンプでは、地域の伝統を次世代に繋げるため、祭りの準備・運営に関わる様々な手伝いを行う。地域の方々は、国内外からの元気な若者のパワーが地域活性の追い風になると期待を寄せている。
仕事 ①七夕祭りの準備、当日運営など。具体的には、竹の切り出し・竹飾りづくり・舞台&出店準備・片付けなど。
②地域の有機農家の手伝い。畑の草刈り・収穫など。
③祭の会場内で体験型ブースの出店やその準備。ステージでのパフォーマンスなど。
天候によりワークは変更になる可能性あり。臨機応援に活動する柔軟性が必要。
場所 常陸大宮市長倉地区。茨城県北西部に位置し、東京都内からバスで2時間弱ほど。
宿泊 民家の男女別の畳部屋。寝袋必要。食事は、地域の農家さんから頂いた食材などを使い当番制で自炊。
地図
募集情報

▼ 募集情報

企画者・参加者の声 「自分たちが子どものころから毎年楽しみにしてきた地域の伝統行事を守っていきたい。外からの新しい風を地域活性の追い風にしたい。」そんな地域の方々の想いから、このワークキャンプは企画されました。地域の方と一緒に汗を流し、祭りを盛り上げる一員として最高の夏を過ごしませんか?(企画担当:NICE浅井)
企画 地域の方々との交流会、温泉、フリーデイの観光など
その他 地域のよさこいチームと共に踊りを練習し、祭り当日に発表を行う可能性あり。
昨年のキャンプリーダーが作った「ローカルSDGs(地域・プロジェクトの長期発展目標)」もご覧ください!
資格 ボランティアワークへの意欲と協調性、現地のやり方を尊重する姿勢が必要。
こんな魅力 *長年続いてきた地域の伝統行事に携わることができる!
*地域の方々とたくさん交流ができる!
トータルでかかる費用
参加費用に含まれるもの

参加費用(国内)(詳細はクリックして表を参照)

《宿泊費・食費は無料》
参加期間中の宿泊・食事や作業などに必要な交通・器具は、通常開催地が無料で提供します。払った分だけの宿泊・食事などが提供されるとは考えないでください。

参加費用に含まれないもの

交通費

現地集合現地解散のため、集合場所までは、電車やバス、飛行機など使い、ご自身で行って頂きます。
チケット等もご自身で手配で頂きます。

他の個人的費用

○参加前/後の自由旅行費用(交通・食・宿泊費、入場料等。人によって差が大きい)
○参加期間中の自由時間費用(交通・菓子・酒・土産代、入場料等。通常数千円程度)