台湾人グループと一緒に!湯ノ岳に広がる自然環境の整備

国際ワークキャンプ  湯ノ岳GR2 (福島県いわき市) 11/10(土)~11/16(金)

ワークキャンプ情報
コード NICE-18-11101
ワークキャンプ名 湯ノ岳GR2
開催場所 福島県いわき市
期間 11/10(土)~11/16(金)
分野 環境
参加者 日本5人・台湾10人
背景 《 日本人と台湾人グループとの2か国ワークキャンプ! 》
福島県いわき市で里山保全に取り組む「いわきの森に親しむ会」と8回目の共催。30~40年前にはどこにでもあった里山を再生し、市民が安全で気軽に楽しく利用できることをねらいとして、有志市民が集まり2001年に発足。森林整備班、農業班、木工クラフト班に分かれて、日々、森づくりや地域の子どもたちを対象とした自然体験プログラムなどを行っている。今回は、台湾からのグループとの2か国ワークキャンプとして開催!
仕事 ①湯ノ岳山にある栗園跡地の再生整備活動
②湯ノ岳山荘自然散策コースの整備作業。自然観察会やネイチャーゲームなどを実施してきた散策コースで茅刈りや下草刈り
③その他、自然体験活動を行うためのフィールドの整備、など
場所 福島県いわき市は、福島県浜通りの南部に位置する市。福島県内で最大の人口および面積を持つ。湯ノ岳は市の中心市街地から南西へ10km程のところに位置する。
宿泊 市の施設である湯ノ岳山荘。男女別の部屋。湯の岳の雄大な自然を満喫できる。
交代で自炊。寝袋不要。
地図
募集情報

▼ 募集情報

企画者・参加者の声 今回は、台湾人グループとの2か国ワークキャンプ! 福島県の湯ノ岳に広がる自然に触れ合いながら、一緒に森林整備をします!いわきの森に親しむ会の皆さんも温かく迎えてくれますよ。 (NICE担当職員:小野)
企画 いわきの森に親しむ会の会員の方々や地元学生たちとの交流。木工クラフト体験。
その他 いわきの森に親しむ会
昨年のキャンプリーダーが作った「ローカルSDGs(地域・プロジェクトの長期発展目標)」もご覧ください!
資格 自然環境、台湾文化に興味のある人
こんな魅力 * 熱い想いをもった受入団体の方々との交流!
* 湯ノ岳に広がる自然環境!
トータルでかかる費用
参加費用に含まれるもの

参加費用(国内)(詳細はクリックして表を参照)

《宿泊費・食費は無料》
参加期間中の宿泊・食事や作業などに必要な交通・器具は、通常開催地が無料で提供します。払った分だけの宿泊・食事などが提供されるとは考えないでください。

参加費用に含まれないもの

交通費

現地集合現地解散のため、集合場所までは、電車やバス、飛行機など使い、ご自身で行って頂きます。
チケット等もご自身で手配で頂きます。

他の個人的費用

○参加前/後の自由旅行費用(交通・食・宿泊費、入場料等。人によって差が大きい)
○参加期間中の自由時間費用(交通・菓子・酒・土産代、入場料等。通常数千円程度)