気候変動に特化した特別プログラム!放置された竹林の整備、竹を有効活用していこう♪

水俣 (熊本県水俣市)  2020年9月1日~11月20日

中長期ボランティア情報
コード NICE-LW-MI20-09
ワークキャンプ名 水俣
開催場所 熊本県水俣市  受入団体:NPO法人 植物資源の力
期間 2020年9月1日~11月20日
分野 環境・農業
参加者 日本1人・外国4人
背景 「植物資源の力」と2011年から10回目の共催。
生態系の循環を促進して森林や海藻の森の再生や新生を促す地元主体のNPO団体。 国際ワークキャンプは1992年から開催。中長期事業は2011年から始まり、短期の国際ワークキャンプで行ってきた森づくりや環境教育、農家の手伝いに継続的に取り組み、地域活性化を進めている。特に少子高齢化、若者流出と言う状況の中、地域の竹林管理に労力が回せないので、長期滞在しているボランティアが竹林整備を行い、伐採した竹も循環利用して竹炭作りを行っている。2016年から気候変動防止の特別中長期ワークキャンプ(SCC: Stop Climate Change) も実施。
仕事 1) 過疎高齢化により放置された竹林の伐採および竹炭づくり
2) 地域の袋湾は、生物多様性に関わる日本の重要湿地帯500選に選出され、海洋教育フロンティアスクールに認定されており、袋中学校での環境教育「袋を愛でる」への参加
3) 平均年齢75歳の地域高齢農家での農業のお手伝い
場所 熊本県の最南部、鹿児島県の県境に位置。山と海に囲まれた自然豊かな場所。平成9年に熊本県が水俣湾の魚介類の安全宣言を発表。漁業や海水浴も再開し、綺麗な海が広がる。
宿泊 一軒家のボランティアハウス。集まったメンバー達と交代で自炊。Wifiの利用可能。ボランティア作業には主に自転車で移動。
地図
募集情報

▼ 募集情報

企画者・参加者の声 2017年水銀の排出抑制を目指した国際水銀条約、水俣条約が発効した。環境問題の原因は我々の内側にある事がこの問題の本質だ。放置竹林の伐採、炭化は、未来への希望かもしれない。ナウシカの様な若者が育って欲しいと願う。一日の仕事が終わって、新鮮な果物を口しながら天草に沈む夕日を眺めると未来への希望と力が自然に沸いて来るから不思議だ。
(NPO法人植物資源の力代表 金刺潤平さん)
企画 地域のイベントにも参加。時期によっては海洋生物調査環境学習を行うこともある。
その他 植物資源の力のHPはコチラ
★リーダーとしての参加も募集中!→詳細(ワークキャンプ経験者対象)
資格 循環型環境保全に興味がある人。自転車に乗れる人。
こんな魅力 *枠に拘らず地域と交流ができるチャンスがある。
*色々な本気、本物と出会う機会がある。