• 中長期ボランティア
  • NICE-LW-KU20-04
  • 日本
  • 2020/04/21(火)~2020/07/09(木)

『国際ボランティアムーブメントで豪雨災害からの復興と地域農業を盛り上げる♪』

日本
コード NICE-LW-KU20-04
プログラム名 LM 黒木(ワークキャンプ型)
開催期間 2020/04/21(火)~2020/07/09(木)
背景 山村塾と2008年から13回目の共催。
米づくりと森づくりを都市と農山村の連携を通じて行い、山村の自然を守ることを目指す団体。
2012年7月。豪雨により九州北部は大きな被害を受け、棚田や茶畑、山々が広がる山村塾の活動地、八女市笠原地区もあちこちで道路が寸断し、田畑や家屋が被害を受けた。その後、山村塾が復興支援の中心を担って、多くのボランティアを受け入れて復興を引っ張ってきた。今回は、農山村の自然環境の保全と水害を受けた地域の復興を目指し、被害を受けた棚田を利用した棚田米づくりをメインに行い、農産の魅力を社会に発信し、都市と農山村の連携を図っていく。
仕事内容 1) 2012年九州北部豪雨の被害により荒廃が進んでいる棚田の保全活動などを行う。(棚田で無農薬の米づくり(田の草取りなど)、荒廃農地で草刈り(刈払い機を使用)など。
2) 棚田の新たな活用を目指す(ラッキョウ栽培・加工の手伝い、ウメ林の管理・収穫、ヤギ牧場の管理など)
3) より多くの人を環境保全活動に巻き込むための山村塾イベントのお手伝いなど。
宿泊 笠原東交流センター「えがおの森」。男女別の大部屋。基本設備あり。薪ボイラーもあり。地元で採れた農産物を中心に自炊。
場所 福岡県八女市(旧黒木町)は標高60~900mと起伏に富んだ地形を活かし、昔から棚田での米作りや八女茶の栽培などが盛んな農林業の地域。活動地の笠原地区は八女茶発祥の地。
企画 都市と農山村交流を通じた山村塾の行事にも参加。炭焼きなども。地域のイベントに参加し、地元との交流。
追加登録費 なし
資格 ボランティア作業への責任感、環境保全に興味ある方歓迎。
備考 山村塾:http://sansonjuku.com/
えがおの森ブログ: http://egaonomori.exblog.jp/
募集人数 4人
主催者・支援機関詳細 1990年設立のNGO、NICE(日本国際ワークキャンプセンター)。国際ボランティアの地球ネットワーク::CCIVSの元財務長。アジアでも116年にNVDA結成を主導。提携国数は世界トップレベル。元気さ(若い沢山のメンバーがつくる)と、多彩さ(色々な分野::地域::種類の事業)が特徴のNGO。中長期ボランティア主催プログラムは、外国人ボランティアと地域の人達をつなぐ役割も求められます。通訳を担うことも出てくるので、開催地によっては、海外のプログラムよりも英語を使う機会は多いです。
企画者・参加者の声 この時期のワークキャンプは棚田の草刈りや地域のイベントに参加するなど、体を使ったワークや地域住民と交流する機会も多いです。特に、日本人参加者は地域住民と外国人の橋渡し役を行います。一緒に盛り上げていきましょう!! (山村塾 事務局長 小森耕太さん)
リンク プログラム詳細はコチラ!

参加申込はこちら