• 短期ワークキャンプ
  • FFN/35
  • ネパール
  • 2020/02/01(土)~2020/02/14(金)

Banepa 09

ネパール
コード FFN/35
プログラム名 Banepa 09
開催期間 2020/02/01(土)~2020/02/14(金)
背景 15年の大地震で、少なからず被害に遭った地域のひとつ。公民館の再建など復興が進む一方で、未だ様々な分野で地域のニーズがある。地元住民が集会・儀式・避難所として使用したり、医師が検診などを行ったりするコミュニティハウス。森林火災から守るための防火壁・防火線。防災や環境問題に対する住民の意識向上など
仕事内容 植林や森林保全活動。女性のエンパワーメントの予定。プログラムに関わらず、地域の学校で環境や衛生、震災時の対応について感心を高める取り組みをする予定有。地域の状況に応じて変更有
宿泊 キャンプハウス。ネパール料理提供。自炊も可。寝袋必要。冷水シャワー可
場所 Banepa。Kathmanduから東30km。標高1800mのKavre地区
企画 古代ヒンデゥ教寺院。約50ユーロでNamobuddhaまたはNagarkotへの2日間のトレッキング参加も可
追加登録費 追加登録費225ユーロ(=約28,350円)は現地払い(開催地までのバス交通費含む。ホステルから開催地まではFFN手配バスで移動)。別途1,000NRSでKathmandu空港からホステル送迎有り
ビザ 必要
備考 Kathmandu のホステルに1泊約10ユーロで宿泊可。禁酒禁煙
募集人数 15人
主催者・支援機関詳細 91年設立のNGO、New International Friendship Club Nepal。農村開発や衛生・健康・環境改善に力を注ぐ。アジアのボランティアネットワークNVDAにも加盟。仕事は時期によって変わることも多い。2015年の大地震の後は、NICEと復興事業を共催し、強く連携。

参加申込はこちら