• 短期ワークキャンプ
  • NICE-20-0130B
  • 日本
  • 2020/01/30(木)~2020/02/07(金)

見晴らし最高の有機農園で、台湾人とワーク!

日本
コード NICE-20-0130B
プログラム名 御所1
開催期間 2020/01/30(木)~2020/02/07(金)
背景 <台湾との2ヶ国間ワークキャンプ>
 無農薬栽培に取り組む「杉浦農園」との共催。台湾との2ヶ国ワークキャンプとして開催。
杉浦農園(代表・杉浦英二さん)は2003年から無農薬栽培による環境保全型農業に取り組んでおり、里山の水や樹々などの自然の恵みを農法に活かし、堆肥作りから栽培、収穫、加工まで行う。
 現在は集落の高齢化により耕作放棄地が増え、杉浦さんがほぼ1人で2ヘクタールの田畑の管理を請けおい、様々な農作物を育てている(米、ニンジン、トマト、その他季節によってさまざま!)。
 景観や土壌の保全、食の安全を守るため、今後も田畑を健全な状態に保ち続けたい。
また、過疎の進む御所に県外からの若者が集まることによって、農園での活動から地域を盛り上げる。
仕事内容 荒れた農地の草を刈り取り、農地を復元。畑に堆肥撒き。その他、収穫作業など農作業も行う可能性あり!
宿泊 地域でお借りしている民家。交代で自炊。寝袋必要。
場所 奈良県御所市。奈良県の西南部に位置し、県内で人口最少の市。 歴史文化遺産に恵まれた自然豊かな地域で、「高天原(たかまがはら)」は古事記や日本書紀にも登場することから“神々の降る里”と言われる。
企画 地元の神社やお寺へ行くことも可能!半日だけ子ども達と一緒に農作業や料理をする可能性も。
資格  ハードに働き、農業に関心がある人。地元の方や台湾人と積極的に交流できる人!
募集人数 5人
主催者・支援機関詳細 1990年設立のNGO、NICE(日本国際ワークキャンプセンター)。国際ボランティアの地球ネットワーク・CCIVSの副代表。アジアでも97年にNVDA結成を主導し、現在代表。提携国数は世界1、2。元気さ(若い沢山のメンバーがつくる)と、多彩さ(色々な分野・地域・種類の事業)が特徴のNGO。企画により深く関われるし、英語のハンディがより少ないし、外国人とは仲良くなれるし、第2の故郷になる人も結構いて、大人気です。数日間の部分参加が可能な、ワークキャンプも。
企画者・参加者の声 中間地の農地は急速に荒れています。荒れた農地にはイノシシの隠れ家となり、被害は深刻で生産をあきらめ、離農がすすみ、さらに荒れ地がふえていきます。仕事は単調ですが、達成感があります。地域の人達もよろこびます。農地が荒れると心まですさみます。農地を守るとは、地域の文化伝統、コミュニティを守ると同義です。(杉浦農園代表 杉浦英二さんより)
リンク ★詳細ページはこちらをご覧ください

参加申込はこちら