• 短期ワークキャンプ
  • NICE-20-0207A
  • ミャンマー
  • 2020/02/07(金)~2020/02/20(木)

子どもいっぱいの寺院で農作業や国際異文化教育!

ミャンマー
コード NICE-20-0207A
プログラム名 Payartaung GR1
開催期間 2020/02/07(金)~2020/02/20(木)
背景 COM(Charity-Oriented Myanmar)と8年連続13回目の開催。COMは2007年設立、若者主体で地域開発を行うNGO。国の発展のために語学やパソコン技能等を全世代を対象に行う。健康、教育、福祉活動なども行っている。開催地であるPayartaung青年育成寺院は1982年に設立されたチャリティーによる若者育成センター。900名以上の生徒が各民族から集まり寺院の寮に住みながら公立学校へ通っている。村外の世界を知る機会が少ない子ども達へ向けて文化交流を通じて、子ども達の英語への関心や異文化理解を高める。その他にも寺院内で必要とされている仕事である農業、道路の建設、掃除や料理のお手伝いなども積極的に行う。
仕事内容 寺院で必要とされる様々な職員サポート
①トウモロコシの収穫、ニンニク植え等の農作業
②幼稚園の子ども達との遊びや交流
③若者達と科学・芸術。グローバル化についての共有
その他、現地で必要としているマニュアルワーク等、何でもやる心構えが必要
宿泊 寺院内のドミトリールーム。男女別。寝袋不要。枕・蚊帳・ブランケット支給。交代で自炊。寝袋必要。シンプルな生活を楽しむ!
場所 Shan州Nyaung Shwe町Payartaung村
Shan州南部の素朴で自然が囲む湖畔の村。ヤンゴンからバスで10時間、更に湖と川をボートで4 時間。国民の大部分は仏教徒。高地にあるため、ヤンゴンよりは涼しい。
集合場所 ヤンゴン国際空港に初日の14時までに到着必要。最終日の13時以降出発可。 例えば(11/25スカイスキャナー)2/6 09:30成田→14:00ハノイ乗継16:30ハノイ→17:55ヤンゴン。2/20 18:55ヤンゴン→21:20ハノイ 乗継 2/21 0:55ハノイ→08:00成田のベトジェットエアが45,020円!
企画 古代パゴダの訪問、ローカルマーケットの散策
追加登録費 250USD(約28,000円)を現地払い。
資格 禁酒・禁煙。露出の多い服装注意。現地の文化・やり方を尊重し、ワークに十分意欲のある人。長時間の移動もOK。
募集人数 6人
主催者・支援機関詳細 1990年設立のNGO、NICE(日本国際ワークキャンプセンター)。国際ボランティアの地球ネットワーク・CCIVSの副代表。アジアでも97年にNVDA結成を主導し、現在代表。提携国数は世界1、2。元気さ(若い沢山のメンバーがつくる)と、多彩さ(色々な分野・地域・種類の事業)が特徴のNGO。企画により深く関われるし、英語のハンディがより少ないし、外国人とは仲良くなれるし、第2の故郷になる人も結構いて、大人気です。数日間の部分参加が可能な、ワークキャンプも。
企画者・参加者の声 「良いことをすれば、良いことが起こる」普段の生活の中で良いことをし続ければ、一生涯を通して自分だけでなく関わった人達全員に良いことが返ってくる。2週間のパヤタン村での暮らしはこの言葉を体感しました。(過去参加者より)
リンク ★詳細ページはこちらをご覧ください

参加申込はこちら