• 中長期ボランティア
  • NICE-LI-AR
  • 日本
  • 2020/05/09(土)~2020/12/18(金)

『貴重な漆文化・伝統建築を学べる!漆芸品工房で造園・リノベ!』

日本
コード NICE-LI-AR
プログラム名 LM 荒谷
開催期間 2020/05/09(土)~2020/12/18(金)
背景 「クンストハウス 東谷工房」と初開催。
荒谷町を含む加賀市東谷地区の4集落は、赤瓦に煙出し付の屋根がある独特な集落景観を持ち、平成23年に国重要伝統的建造物群保存地区に選定された。かつては製炭業で栄えたが、時代の流れと共に著しく過疎化が深刻。受入は、日本文化の漆芸品の修復・復元・創作を行う、世界で活躍する漆芸家。漆の文化継承に注力するため、古民家を修復し、漆文化を学び、実際に触れられるギャラリーを新設予定。持続可能性な自然農法のハーブガーデンも併設したい。ボランティアの受け入れにより、高齢化の進む地域の活性化にも期待されている。
仕事内容 1) 造園、ハーブガーデン維持管理 (耕作放棄地の開墾、土づくり、草取り、石運び、植付など)
2) 展示用の漆家具、作品の制作補助
3) 喫茶室、商品販売補助
その他、荷物の運搬など柔軟な対応が必要。
宿泊 集落内の古民家。ユニットバス、共同キッチン、水洗トイレ完備。自炊。男女別に相部屋。寝袋 不要。携帯電話可能。Wi-fi一部使用可能。山間部での生活。
場所 石川県の南西部、加賀市内から車で約20分の山あいに位置する村。山中温泉が近い。豊かな里山に囲まれた小さな集落で、赤瓦に煙出しが印象的な伝統的建造物群保存地区。
企画 地域のイベント・お祭りなどに参加。漆芸の講習。季節により、庭で蛍を見たり、栗拾い、川遊びなども可。
追加登録費 なし
資格 日本の漆文化に興味のある人。 指先の繊細な作業の好きな人。山間部での生活を楽しめる人。
備考 受入団体代表のHP:
https://www.tomizo.org/
募集人数 2人
主催者・支援機関詳細 1990年設立のNGO、NICE(日本国際ワークキャンプセンター)。国際ボランティアの地球ネットワーク::CCIVSの元財務長。アジアでも97年にNVDA結成を主導。提携国数は世界トップレベル。元気さ(若い沢山のメンバーがつくる)と、多彩さ(色々な分野::地域::種類の事業)が特徴のNGO。中長期ボランティア主催プログラムは、外国人ボランティアと地域の人達をつなぐ役割も求められます。通訳を担うことも出てくるので、開催地によっては、海外のプログラムよりも英語を使う機会は多いです。
企画者・参加者の声 荒谷町は里山の貴重な原風景をそのままに残しています。その場所で、伝統的な古民家の再生や利活用、また日本の伝統文化である「漆」の最高峰を間近で学ぶことができます。村の活性化には世界中からの若者の協力を期待しています!(受入代表より)
リンク 荒谷

参加申込はこちら