• 超短期ワークキャンプ
  • NICE-24S-0311B
  • フィリピン
  • 2024/03/11(月)~2024/03/16(土)

コロナ後も大人気!セブ島で水源地の保護

フィリピン
コード NICE-24S-0311B
プログラム名 Alegria 1B
開催期間 2024/03/11(月)~2024/03/16(土)
背景  Global Initiative for Exchange & Development (GIED)と、2017年から共催。GIEDは2011年設立の国際ボランティアNGOで、セブ島を中心に環境保護や青少年育成等に取り組む。
 St. Peter Academy of Alegria Foundation Inc. (SPAAFI)は、非営利のカトリック系小中学校を運営する団体。Alegriaや近隣地域の子ども達に奨学金を提供し、教育機会の格差を減らし質の高い教育を目指す。学校以外にも、村に初期医療のための3つの保健センターを設立したり、貧困世帯に向けた有機農業プログラム等を行っている。地域は2021年12月に死者400名超・避難者数十万人を出し、家屋・町・電力・通信等に甚大な被害をもたらした台風Raiの爪痕はここでも未だに残る。
 コロナ禍が明け切らないの2022年8月にワークキャンプを再開し、日本から10人余が参加して好評!2023年はいったん休止したが、地域の要望もあり、今回再び開催することに!
仕事内容  行政と連携し、彼らが特に力を入れる様々な環境保護活動に加わる(①1-2本のカヌー経路上で川の清掃。②Badam水源地で竹を植林。③素材回復(リサイクル?)施設の建設)。地元青少年とスポーツやチーム作り活動を通じた、異文化交流活動も行う。
宿泊  Barangay Compostela多目的センター。コンクリート製で簡素な設備。質素な環境での生活を楽しもう!
場所  セブ島 Alegria地域。セブ・国際空港からは車で約4時間ほど。
集合場所  セブ空港に初日の9時までに到着必要(集合市内のGIED事務局)、帰りは最終日の17時以降に空港出発可。例えば(11/07スカイスキャナー)、03/10 20:00成田→03/10 23:55セブ(直行便!)、03/16 23:50セブ→03/17 15:50成田のエアアジアが40,350円。
企画  自由参加の遠足、環境・農業に関する話し合い(SDGsワークショップ)
追加登録費  170 EUR(約27,000円)を現地到着時に現金払い。GIEDへの参加経験者は20 EUR引!
資格  十分な意欲と積極性、現地のやり方を尊重する柔軟な姿勢が必要。特に予定が変わったり、未定だったり、時間が遅れるのはよくあることなので、気にせず楽しむ姿勢も重要!
備考 ☆ 30日以内の滞在の場合ビザ不要。
☆ 最少催行人数の5名(日本人+他の外国人)以上が決まり、開催が正式に決まりました!
募集人数 16人
主催者・支援機関詳細 1990年設立のNGO、NICE(日本国際ワークキャンプセンター)。国際ボランティアの地球ネットワーク・CCIVSの副代表。アジアでも97年にNVDA結成を主導し、現在代表。提携国数は世界1、2。元気さ(若い沢山のメンバーがつくる)と、多彩さ(色々な分野・地域・種類の事業)が特徴のNGO。企画により深く関われるし、英語のハンディがより少ないし、外国人とは仲良くなれるし、第15の故郷になる人も結構いて、大人気です。数日間の部分参加が可能な、ワークキャンプも。
企画者・参加者の声  観光地化された海やビーチだけではない、セブの真の魅力がここに。自然豊かな現地スタイルの島暮らし、地域住民の方々や子ども達との等身大の交流を通じて、学ぶこと感じることは数えきれません。初参加、初海外の方も大歓迎です! (企画担当:NICE開澤)

参加申込はこちら

  • 海外・国内ボランティア検索
  • 参加申込はこちら
  • 無料説明会