【5/9土-10日】田植え祭を盛り上げよう ~新緑に包まれてスローな週末を~

2020/05/09

●開催日時:2020年5月9日(土)~5月10日(日)
●開催場所:茨城県つくば市 筑波山麓




●活動内容・魅力:
つくば市は研究学園都市として知られていますが、日本百名山にも数えられる筑波山の周辺は、古くからの街並みや田畑、里山がたくさんが残っています。
「東京から1時間ちょっとのアクセスでこんな田園風景に出会えるなんて!」
初めての参加者は誰もがそう思ってしまう、そんなエリアがワークキャンプの拠点です。

共催団体のNPO法人「自然生(じねんじょ)クラブ」は、ハンディキャップを持つ方々と共同生活をしながら、有機農業を中心とした環境保全活動に取り組むとともに、その生活から生まれた感性を太鼓やダンス、絵画、演劇などで表現しています。
私達は、耕地や里山の維持・再生、交流を通じた地域活性化を目指しながら、ワークキャンプを通じ、自然生クラブと一緒に様々な取り組みをおこなっています。

5月10日(日)に開催される「創作田楽祭り 田植え」に向け、前日の土曜日に田んぼの代掻き(しろかき)、雑草を生えにくくする効果を持つ紙マルチのセッティングや会場設営などを行います。当日は総勢約100名で田植えを行います。オール手作業!手間はかかりますが、無農薬の稲作の一端を体験できますよ。また、豊作を願い太鼓を叩きながら田んぼへ向かう「田楽」行列にも参加し盛り上げましょう☆

“逆さ”筑波山が田んぼの水面によく映える季節。1年の中で最も過ごしやすい季節。日常からちょっぴり離れて、スローな時間の流れの中で自然の恵みを味わい、リフレッシュしたい方にはピッタリのキャンプですよ!

※天候やフィールドの状態などに応じ、内容が変更となる場合があります。

●集合日時:5月9日(土)9:50(予定)

●集合場所:つくばエクスプレス つくば駅 A5出口

●解散時間:5月10日(日)15:00前後(予定)

●持物:
○汚れてもよい(&小雨に濡れてもよい)服装
○汚れてもよい(&小雨に濡れてもよい)靴 
※素足で田んぼに入ると痒くなりますので、長靴が必須です。もし「田靴」があればもっと良いです(田んぼの中での動きやすさがピカイチ!)
○寝袋
○宿泊に必要な着替え、洗面用具など
○軍手 
○防寒対策
※活動地は筑波山の山麓にあり、東京都心などよりも朝晩は涼しいです。
○その他:帽子、日焼け止め、虫よけスプレー、タオル、着替えなど各自の必要に応じ

●参加費:
NICE会員 3,500円、非会員 4,000円(予定)
※参加費には食事4回(昼2回、朝1回、夕1回)、宿泊、つくば駅⇔活動地の送迎、交流会のお菓子・ドリンク代等を含みます。

● 申込:
  国際ボランティア説明会
※NICE会員でなくても参加可能です。申込フォーム内に「新規会員登録」と表示されますが、申込を行うためのID登録に相当するもので、NICE会員とは異なります。

●問い合わせ:
nice_tsukuba@yahoo.co.jp (つくばNICE 櫻井)

●備考:
〇日帰り参加/部分参加:応相談。申込時に予めお知らせください。途中参加/退出の場合の交通手段も応相談となります(通常、活動地の最寄りのバス停までの送迎となります)。
○自家用車での参加:可。申込時に予めお知らせください。
○定員:宿泊参加の場合は12名まで。日帰り参加の場合は基本的に上限なし。
○保険:NICE会員でない方々は事前にボランティア保険に加入していただくことをオススメします。任意ですが、加入していればワーク中に怪我をした際に保険の対象になります。NICE会員は加入済のため別途加入は不要です。
○申込締切:5月6日(水)

●親子参加:応相談

●英語での対応:可

●参考:
NPO法人「自然生クラブ」のホームページ:
http://jinenjophotoalbum.wixsite.com/jinenjo-club