NICEでは、学校・サークル・自治体・企業など、特定の団体(グループ)を対象にワークキャンプを企画しています。
ボランティアによる社会貢献、共同生活を通じたチームビルディング、参加者自身の成長が同時に実現できる手法として注目を集めており、2013年4月現在、国内・海外合計で197回開催しています。

仲間といっしょに グループワークキャンプの意義

1) 地域の課題解決に貢献

地域住民の方と共に環境・福祉・農業・教育などの課題に取り組むワークキャンプにグループで参加できます。


2)共同生活によるチームビルディング

生活を共にしながら、ボランティアワークに取り組むことにより、日常では得られない絆を結び深めることができます。


3)参加者自身の成長

日常から少し離れた場所でじっくりワーク、参加者同士でゆっくり語り合うなど、これまで見ることのなかった仲間の姿に出会えます。他者を知ることは、自分を知るということ。自分を見つめなおす時間はたっぷりあります。


4)事前・事後も充実

グループでの参加のため、事前の準備・オリエンテーションや事後の総括・言語化などに時間をかけることが可能です。参加者自身のモチベーションも上がり、より確かな成果をあげることも期待できます。

プロのボランティアコーディネーターとして、
貴団体に最適なオーダーメイドのプログラムをご提案いたします。