NICEの海外プログラム 参加費用の案内ページです。

1) トータルの費用

申込時に必要 申込後にご自身が支払う費用
NICEの会費 下記2) をご参照下さい。 渡航費用 航空券は、自分で好きな所で申し込めます。Skyscanner等でチェックしたり、航空会社のサイトで直接申し込んだり、旅行・チケット会社を通す等。 海外旅行
傷害保険
 全員必ず、海外旅行傷害保険に加入した上で渡航して下さい。カード付帯の保険があっても、十分ではない場合はバラがけ等で不足部分をカバーしましょう。
追加登録費 アジア・アフリカ・中南米等、一部の団体でかかります。金額・支払い方法は各募集文をご参照下さい。主に現地団体の運営費に使われます。 他の費用 参加前後の自由旅行、参加中の個人的な費用(休日の外出・外食、酒・菓子等)、(必要な場合)パスポートやビザの取得代、予防接種代等

☆ 「これだけだと全部で幾らかかるのか、分かりにくい」「全部込みのパックの方が楽」という声もありますが、トータルではパックよりも、NICEの方が遙かに安く済む場合が多いです!初参加・短期の場合、NICEの会費39,000円+航空券代+(アジア・アフリカ等の場合)追加登録費+(場合によりますが)2-5万円位が目安になるので、例えば
●ドイツ・短期・初参加:会費39,000円+追加登録費0円+航空券代12万円+2-5万円なら、計18-21万円
●カンボジア・超短期・再参加:会費26,000円+追加登録費21,000円+航空券代62,000円+2-5万円なら、計13-16万円 位になることが多いです。

☆ NICEの会費は下記でご説明の通り、活動全般・団体運営に使われております(各国のNGOが自国のボランティアの会費で支えられる形で成り立ってます)。皆さまには参加期間中の宿泊・3食が提供されますが、これは多くの場合、受入団体・地域が無償で提供してくれるものなので、「払った分だけ出してもらう」ものではないことをご理解下さい。
 アジア・アフリカ・中南米の場合は現地で追加登録費を支払うことがほとんどで、食費・宿泊費もここからカバーされることが多いです。が、彼らは自国のボランティアから会費を集めにくいので、団体の運営費も追加登録費でカバーすることが多いため、やはり「払った分だけ出してもらう」ものではございません。
 

2) NICEの会費

【お支払い方法】

①銀行振込の場合:以下の口座にお振込下さい。
 三菱UFJ銀行 新宿通支店 普通口座 3072933 ナイス
* 稀に振込人をご本人のお名前ではなく「ナイス」「NICE」とされて、どなたが振り込まれたのか分からなくなることがございますので、ご注意くださいませ。

②カード払いの場合:以下のリンクにお進み頂き、必要事項を入力ください。
 クレジットカード決済ページ
* 銀行送金手数料がかからない分、こちらの方がオトクになります。

 

【金額】(年会費+特別会費。★は特別会費のみ)

  初参加 再参加 連続参加 同一事業
超短期 29,000円 26,000円 19,000円★ 5,000円★
短期 39,000円 33,000円 23,000円★ 5,000円★
中期 69,000円 59,000円 49,000円★ 5,000円★
長期 89,000円 69,000円 59,000円★ 5,000円★
●超短期:6日間以下。短期:7~29日間。中期:30~182日間。長期:183日間以上。

●初参加:初めてNICEで申し込む場合。
 再参加:NICE参加経験者(週末ワークキャンプは除く)が申し込む場合。
 連続参加:参加終了日から90日間以内に開始する事業へ申し込む場合。
 同一事業参加:前にNICEを通じて参加したものと、全く同じ事業へ申し込む場合

年会費:3,000円。NICEの一般会員権を約1年間獲得します(詳細)。
* 上記の初参加・再参加の費用には年会費が含まれているので、年会費有効なNICE会員は3,000円引きです!
* 上記の同一事業参加で年会費が切れている場合は、3,000円が追加で必要です。

●特別会費:活動全般や団体の運営を支えるために、頂いております。用途は、
* 皆さまへの参加手続きに要する諸経費(例:通信・印刷・郵送、事前・事後研修の宿泊・食費・会場)
* 事業開催地への職員・リーダーの交通費、国内外の会議費、職員の人件費、事務局の家賃・光熱費等
* NICEの決算書は毎年所轄庁に提出し、また一般に公開しております。こちらをご参照下さい。

☆ より多くの方々に、より少ないご負担で参加して頂くために、できるだけ金額を抑えております(例:短期ワークキャンプ初参加の費用は25年間以上、据え置いております)。
☆ 一方で活動をしっかり企画・運営するためには事務局や職員を持つ必要があり、政府にはない自由で多様な活動を行うには一定の自己資金が必要となることもご理解頂けますと幸いです!

 

3) お得な割引制度

 上表をご参照頂けるように、NICEでは継続的なご活躍を歓迎・推進しているため、再参加・連続参加の会費を大幅に割り引きしております。特に「同一事業割引」は破格の設定ですので、ぜひご活用下さい!
加えて、以下の割引もございます!

その1. 1年間参加し放題!年間パスポート100,000円

 「1年間休学・休職するので、沢山参加したい」「フリーなので色々経験したい」「でも費用はできるだけ抑えたい」という方々にご用意し、100名以上の方が利用されております。「元が取れる」目安は例えば、
海外長期1回(初)+国内短期1回(連続):通常は計108,000円
海外短期4回(初+連続3つ):通常は108,000円  海外中期(初)+海外短期1回(連続)+国内短期1回(連続):通常は111,000円
勿論、それ以上参加されれば更にオトク(今まで海外短期に年7回参加した方も)
詳細・申込はこちら

●適用範囲:NICEの年会費、及び特別会費
*含まれないもの:アジア・アフリカの大半等で必要な追加登録費。週末ワークキャンプの参加費

●ルール:
① 年間パスポートは、最初の活動開始日から1年間間までの参加開始が有効となります。
② 各プログラムへの申込手続きは、年間パスポートのご入金を確認し次第、行います。
③ 1つ以上プログラムへの受入が決まった後は、返金できませんので、ご注意ください。
④ 年間パスポート利用者で、受入決定後のキャンセルは原則として、1件につき1万円を追加で頂きます。
⑤ 既にワークキャンプに受入決定済の方も、参加前なら年間パスポートへの切り替えができます。

その2. 国際ボランティア推進校

 日本・世界での国際ボランティアの発展のため、NICEと高等教育機関が連携・協力する制度です。導入大学の学生の方は諸条件を満たすことで、特別会費から5,000円を割引します。条件は、各大学によって異なるため、以下大学の学生の方は、お問合せください。
●お問合せ先:gs@nice1.gr.jp (担当:井口)
●導入大学:大阪大谷大学、名古屋商科大学

>その3. NICE参加応援制度

 ①個人住民税が非課税の方、②難民の認定者または申請中の方、のいずれかに該当する方に、NICEへの特別会費を免除し、自宅~開催地の往復交通費を補助(全額支給・上限あり)する制度です。
●詳細はこちら:https://www.nice1.gr.jp/nicesupport/

4) 参加の規約

 必ずお読み頂き、ご確認の上、お申し込み下さい。

※ 下記『参加ワークキャンプ決定前/後』は、NICEが受入通知をメールを送った時点を基準に致します。本人の都合による変更/取消は、ご本人の連絡(電話やメール)をNICEが受けた時点から有効と致します。

【取消費用A:開催地の事情による場合】(例:希望分が全て満員、参加ワークキャンプが中止・変更)
 銀行送金手数料を差し引いて、残りを全額返金致します。
【取消費用B:本人のご都合による場合】
参加プログラム決定前:10,000円(+銀行送金手数料)を差し引いて、残りを全額返金致します。
参加プログラム決定後:NICEにお支払い頂いた参加費用の全額が戻りません。
【変更費用A:開催地の事情による場合】(例は上記と同様)
 お支払い頂いた全額を変更先の参加費用に充てられます(変更先も同額なら追加費用はなしです。異なる場合は、差額をご返金または追加請求致します。変更の有効期間は無期限です)。
【変更費用B:本人のご都合による場合】
参加ワークキャンプ決定前:10,000円の追加費用がかかります。
参加ワークキャンプ決定後:19,000円の追加費用がかかります。

注意!!

 現地の事情で航空券の変更・取消料がかかっても、こちらでは一切負担できません。逆に航空券(例:席が取れない)やビザなど、個人的な手続きの都合で、ワークキャンプを変更・取消する場合も、上記の所定の費用を頂きますので、あらかじめご了承ください。