国内外のNICEのネットワークを紹介します。

海外のボランティアネットワーク

海外約95カ国とのネットワークを通じて、日本人ボランティアの派遣、外国人ボランティアの受け入れ、また共同事業の開催を行っています。国際ボランティア界でもトップクラスのネットワークを誇ります。

CCIVS(国際ボランティア活動調整委員会)

NICEは92年から日本唯一の加盟団体(国際NGOの日本支部を除く)です。NICE代表の開澤が04年~07年に代表を務め、08年からは自ら創設した分野別アクション・地球キャンペーン担当の副代表を担当。14年からは、財務長に。現在、80ヶ国の87団体(国際NGOの支部を含めると189)が加盟しています。


NVDA(アジア・ボランティア発展ネットワーク)

97年に中国で始動、現在19ヶ国の26団体(国際NGOを含む)が加盟しています。主な事業は、新しい国でのワークキャンプ開拓や互いの事業・団体の改善、環境や人権を守るアジア共通アクションの実施等。 NICEは現在、財務長として活動しています。


ALLIANCE(欧州ボランティア活動団体同盟)

29ヶ国の44団体が加盟しており、NICEは非欧米初の会員として活動しています。

国内のネットワーク

国内・アジア各地の地方自治体、学校、環境や福祉NGO、住民グループと事業共催。多数のNGO・マスコミ・政府機関・企業・財団・議員・教授・情報センター・地域住民など、数万人の住民と協力しています。

NICEが加盟する日本国内のネットワーク

1)日本NPOセンター
2)関西国際交流団体協議会
3)ワークキャンプ・フォーラム


国際ボランティア推進校

NICEは、日本・世界各地で国際ボランティア活動の輪が広く社会に広がっていくことを目指し、高等教育機関と連携し、国際ボランティア推進校制度を導入しています。
推進校に関心がある高等教育機関の方はご連絡ください。

埼玉大学 国際室
大阪大谷大学