• 中長期ボランティア
  • FFN/LM06
  • ネパール
  • 2ヶ月以上、最長5カ月(基本的に毎月第一月曜日開始)

学校で子ども達に正しいゴミの管理方法を教育。美しいネパールを作る

ネパール
コード FFN/LM06
プログラム名 Waste Management -子ども達にゴミ管理の教育-
開催期間 2ヶ月以上、最長5カ月(基本的に毎月第一月曜日開始)
背景 廃棄物の処理・管理はネパールで深刻な問題となっている。この問題について適切な教育が実施されていないため、人々は環境に配慮せずゴミを捨てている。このプログラムでは、正しい廃棄物処理・管理の利点、リサイクルなどについて人々に教育することで、より美しいネパールを作ることを目指す。長年にわたる政治的紛争、貧困、教育の欠如によりネパールの人々はチャンスを得る機会が乏しい。その国の状況を変えるには、まず自分がその状況を体験しなければならない。体験してこそ、知識を共有することができ、結果、現地の人々に永続的な影響を与えることができる。長期ボランティアはそれらを可能にする
仕事内容 学校で子ども達に正しい廃棄物の管理方法を教育(リサイクル、正しい廃棄物管理の利点など)
宿泊 学校近くでホームステイ。ネパールの家は基本的な設備(トイレ、シャワー、キッチン)がある。ほとんどの家庭には温水シャワーはないが、洋式トイレはある。寝袋を持参すること 食事は1日2回提供(朝食、夕食)
場所 以下ネパール全土から選択可。
Kathmandu Valley(カトマンズ渓谷)、Kathmandu(カトマンズ)、Pokhara(ポカラ)、Tanahun(タナフン)、Lamjung(ラムジュン)、Chitwan(チトワン)、 Makwanpur(マクワンプール)、Nawalparasi(ナワルパラシ)。

人里離れた村に滞在すれば、農作業を通して自給自足の生活を送ることができる(田舎では多くのネパールの人々が自分たちで野菜を栽培し、牛、水牛、ヤギ、ニワトリを飼育している)。またはカトマンズやポカラなど、賑やかで急成長している都市で、より都会的でモダンなネパールを体験することもできる。田舎ではwifi環境が悪いことがある
追加登録費 250 EUR(募集時のレートでは約42,000円)を現地到着時に現金払い。これは空港送迎、カトマンズでの3日間のオリエンテーション、カトマンズからキャンプ地までの往復交通費を含む。その他200 EUR(募集時のレートでは約33,500円)/月を現地で現金で払い
資格 仕事内容に関連する資格をお持ちの方歓迎。積極性、敬意があり、オープンマインドであること。ネパールの文化に興味がある方
備考 禁酒・禁煙

カトマンズで開催される3日間のオリエンテーションに参加すること(基本的に毎月第一月曜日開始だが柔軟な対応可)。オリエンテーション中は、カトマンズの寮に滞在し、終了後、キャンプ地に移動する。カトマンズの文化遺産を巡る1日ツアーも含まれる。

持参するもの:季節の衣類、作業靴と手袋、夏ならレインコート、作業着、楽器、ゲーム、レシピ、自国の写真など。また、子供たちのお土産として、鉛筆、ペン、本、ノート、教科書は非常に喜ばれる。それらはキャンプに出発する前にカトマンズで購入可能
主催者・支援機関詳細 1991年設立のNGO、Friendship Foundation Nepal。農村開発や衛生・健康・環境改善に力を注ぐ

参加申込はこちら