1990年から、述べ6万人以上が参加している国際ボランティア・ワークキャンプ。多くの人たちを惹きつけるその魅力に、せまってみました。

国際ボランティアの魅力

volunteer_img01.jpg

特別なヒトではなくて、「やる気」さえあればだれでも

NICEの国際ボランティアで必要なのは、「やる気」と「行動力」、そして「カタコト以上の英語力」のみです。特別なヒトではなく、「何かしたい」と思っているあなたが参加できるプログラムになっています。世界約95か国、約3,000ものカラフルなプログラムに、きっとワクワクすることでしょう。

volunteer_img02.jpg

多様な仲間との交流を通じて、自分自身も成長できる

活動を共にするメンバーは日本人だけでなく、世界中から同じ志を持った仲間、そして住民が同じ釜の飯を食べ、現地と同じ生活をし、活動に取り組みます。あなた自身の積極的な関わりが求められるため、自分を成長させるチャンスにあふれています。

volunteer_img03.jpg

社会を動かす、チカラになる

国際ボランティアは、いろいろな人が心もカラダもヘルシーに輝き、活躍できる、笑顔あふれる社会を目指して活動を展開しています。ひとりでできることは小さいかもしれませんが、共感する仲間と共に社会を動かす、つくるチカラになれます。

海外で 国内で 期間もいろいろ 国際ボランティア

「プログラムは大きく分けて、3種類。2~3週間が主流の短期国際ワークキャンプと1か月以上~1年の中長期ボランティアです。国際ワークキャンプとは、世界の仲間や住民と一緒に、地域のために動く「合宿型のボランティア」のことです。参加者は5人~30人程度のグループで活動します。一方中長期ボランティアは、1-3名程度の個人ベースで行う場合と10名程度のグループで行う場合があります。週末ワークキャンプは、毎週末日本のどこかで開催されており、気軽に活動できます。」

短期国際
ワークキャンプ

中長期ボランティア
(1か月以上~1年)

週末ワークキャンプ
(週末プラスα、海外3泊4日~)

※ワークキャンプとは、参加者が寝食を共にしながら地域のために動く合宿型のボランティア活動です。

ボランティア検索へ

ボランティア・ストーリー

私が経験した国際ボランティアを紹介します。


タイトル
「アジアに行ってみたい」から始まった。
日本人一人の環境で、チャレンジできた2週間。
名前
井熊駿さん
プログラム名
Construction and Education/海外国際ワークキャンプ
期間
14/9/6-14/9/19
内容
学習センターの子どもへの英語授業や施設の修復作業
story03_img01.png

詳しくはこちら


タイトル
また必ず帰りたい、第2の故郷との出会い。日本の田舎で、地域の方々や世界各国の仲間と過ごした充実した2週間。
名前
酒井万柚子さん
プログラム名
平田/国内国際ワークキャンプ
期間
14/8/26-14/9/7
内容
神話の国・出雲の寺社清掃や、子どもとの国際交流
story04_img01.png

詳しくはこちら


タイトル
悔し涙も流したが、間違いなく自分にも現地にも大きな影響を与えたウガンダでの2ヶ月半。
名前
田坂由衣さん
プログラム名
Sweet Home/海外中長期ボランティア
期間
14/1/3-14/3/15(2ヶ月半)
内容
0-6才の子ども達への幼児教育
story01_img01.png

詳しくはこちら


タイトル
日本なのに英語三昧!?
山村地域と外国人を結ぶ6週間の奮闘記
名前
上野理沙さん
プログラム名
JAVS/02 益子/国内中長期ボランティア
期間
15/1/24~15/3/1
内容
メインは竹林の整備と山を手入れして子ども達が遊べるスペースを創ること
story02_img01.png

詳しくはこちら