植林問題


植林とは、森林の保全・復元を目的とした樹木(の苗木)を植えることをさします。
森林には様々なはたらきがあるとされ、私たちにとって欠かせない存在です。
例えば以下のようなはたらきがあります。(JT*1)

①気候をやわらげる
②水を蓄える
③土砂の流出を防ぐ
④木材の生産
⑤空気をきれいにする
⑥安らぎの場となる
⑦動植物の住かとなる
⑧風や砂を防ぐ
⑨川や海の自然環境を豊かにする

しかし、世界では森林不足による地域ごとの課題が問題視されています。

例えばアフリカでは、人口増加に伴って年々森林が失われています。
主な原因として煮炊き用の薪炭材需要の増加や、農地確保のための開墾、過放牧などが挙げられています。
森林の減少は薪炭材や飲料水不足によって、人々の生活を脅かす他にも、
貴重な降雨の減少ももたらしています。降雨不足によって水源が枯渇した地域では
遠方まで水分を調達しに行かなければならない上に、せっかく手に入れた水も濁った
不衛生なものである場合も多く、さらにお金を払わないと分けてもらえない場合も
珍しくないといいます。
(タンザニアポレポレクラブ調べ)

また、アジア、特にフィリピンでは、国土の半分以上を占めていた森林は、
1960年代からの大規模な伐採、鉱業開発、伐採地での焼畑農業、
1980年代に入っても、土地転換や焼畑農業、森林火災、過剰伐採などにより
減少が続きました。木材資源は主に合版や建築材等として使用されています。
現在では、森林不足によって洪水などの自然災害の増加や環境の悪化などが
問題となっています。(JT*2、特定非営利活動法人イカオ・アコ*3

NICEでは、こうした森林の課題に対して
様々な植林ワークキャンプを実施しています。

ケニアでは1962年に設立されたNGO、Kenya Voluntary Development Associationと共に国立保護区での植林活動を行う他、フィリピン、ボホール島では1997年設立の環境NGOイカオ・アコ共催の元、2011年から継続して海や養殖地でのマングローブの植林キャンプを実施してきました。



海外のみならず、日本では青森県で「白神山地を守る会」共催で
植林予定地で草刈等の整備作業や植林するための苗木の準備作業、
植樹祭の準備・運営の手伝いを行うキャンプを実施しており、2006年から今年で30回目になります。

「世界遺産・白神山地では、昔から多くの山棲み人が関わってこの山を守ってきました。
林業が廃れても、この自然は次世代に残したいものです。
是非、この大自然の中でさわやかな汗をかいてみませんか?そして、大自然だけではなく、
そこに住んでいる人々と会話を通して、自然を味わってみませんか?」
(白神山地を守る会 代表 永井雄人さん)


※参考文献
[1]http://ikawako.com/volunteer/philippines/