世界遺産の大自然に触れながら、子どもの活動をサポートして過ごす12日間

国際ワークキャンプ  白神3 (青森県鰺ヶ沢町) 7/31(火)~8/11(土)

ワークキャンプ情報
コード NICE/18-07311
ワークキャンプ名 白神3
開催場所 青森県鰺ヶ沢町
期間 7/31(火)~8/11(土)
分野 教育・環境
参加者 日本3人・外国3人
背景 白神自然学校一ツ森校と共催で2006年から37回目の開催。白神自然学校一ツ森校は、世界遺産である白神山地の麓にあり、山・川・海の豊かな自然や地元住民の知恵を生かし、白神山地を訪れる多くの方々に自然体験・白神の歴史を伝える施設として設立された。現在は、子ども向けの自然体験プログラム、地元の食材や山菜を使った農家レストラン、白神のアロマテラピー研究など幅広い活動を展開している。  特に夏休み中には、子ども達を対象に子ども自然体験塾を実施。親元を離れ、自然体験、生活体験、農業体験などを通じて生きる力や友情、自主性や積極性、協調性を育むことを目的としている。ワークキャンプでは、外国人ボランティアとの交流を通じて、子どもの国際的な視野・感性も育むことを目指す。
仕事 子ども達と共同生活をしながら、様々なアクティビティー(農業体験、川遊び、BBQ、登山、スポーツなど)のサポートや、受入のための準備&片づけ等を行う。子ども達の安全管理役、裏方としてのサポート役や子ども達と楽しく活動ができるよう盛り上げ役、外国人と子ども達との橋渡し役などを担う。その他、学校周辺の環境整備等をする可能性も。天候によってもワーク内容変更の可能性もあるので、柔軟な姿勢が重要!子どもキャンプ中は昼夜問わず子どもと時間を過ごす心構えが必要。
場所 鯵ヶ沢町の北は日本海に面し、南は秋田県に接する南北に長い町。白神山地に代表されるように、町土のおよそ8割が山林で占められ、豊かな自然が残る。山・海・川からの四季折々の特産物が楽しめる。
宿泊 白神自然学校・一ツ森校職員宿舎(畳の2部屋)を利用。交代で自炊。寝袋必要。
地図
募集情報

▼ 募集情報

企画者・参加者の声 世界遺産・白神山地では、昔から多くの山棲み人が関わってこの山を守ってきました。林業が廃れても、この自然は次世代に残したいものです。是非、この大自然の中でさわやかな汗をかいてみませんか?そして、大自然だけではなく、そこに住んでいる人々と会話を通して、自然を味わってみませんか?
(白神山地を守る会 代表 永井雄人さん)
企画 交流会、登山、ネイチャーゲーム、川遊び、海遊び、天体観測等
その他 白神自然学校一ッ森校HP
資格 子どもが好きな人、一生懸命働く意欲と体力、柔軟性が必要!(子どもとの活動経験者も歓迎!)
こんな魅力 * 子どもが大好きな人向け!
* 世界遺産の自然を堪能できる!
 
トータルでかかる費用
参加費用に含まれるもの

参加費用(国内)(詳細はクリックして表を参照)

《宿泊費・食費は無料》
参加期間中の宿泊・食事や作業などに必要な交通・器具は、通常開催地が無料で提供します。払った分だけの宿泊・食事などが提供されるとは考えないでください。

参加費用に含まれないもの

交通費

現地集合現地解散のため、集合場所までは、電車やバス、飛行機など使い、ご自身で行って頂きます。
チケット等もご自身で手配で頂きます。

他の個人的費用

○参加前/後の自由旅行費用(交通・食・宿泊費、入場料等。人によって差が大きい)
○参加期間中の自由時間費用(交通・菓子・酒・土産代、入場料等。通常数千円程度)