ほたるが棲む!冬期湛水・不耕起・無農薬の田んぼづくりに加わろう☆初開催!

国際ワークキャンプ  高山 (長野県高山村) 6/25(月)~7/4(水)

ワークキャンプ情報
コード NICE/18-06251
ワークキャンプ名 高山
開催場所 長野県高山村
期間 6/25(月)~7/4(水)
分野 農業・環境
参加者 日本3人・外国3人
背景 長野ワークキャンプセンター準備委員会及び、「ほたるの居る田んぼを創る会」と共催で、初開催。代表の園原久仁彦氏が2004年から農薬、除草剤、化学肥料を使わない「冬期湛水・不耕起移植栽培」の稲作に取り組んだところ、ヘイケボタルが出現。さらには30種類以上のトンボの生息も確認され、生き物いっぱいの田んぼには多くの人が詰めかけるようになった。また、大豆も無農薬で栽培しており、無農薬のお米から出来た麹と大豆を材料にした味噌作りワークショップにも毎年多くの人が参加している。また、「冬期湛水・不耕起移植栽培」を学びたい人に向けて、「自然耕塾」という教室を開催し、環境と調和したこの農法を広めるための活動を続けている。
仕事 ① 生き物いっぱいの無農薬田んぼ(冬期湛水・不耕起移植栽培)での草取り
② 無農薬大豆苗の植え付け(へそまがり栽培)
場所 長野県の北東に位置する人口約7000人の村。四季それぞれの美しさを持ち、「日本で最も美しい村」連合にも加盟。特産品は、りんごやぶどうなどの果樹。標高が高いため、朝晩は冷える。
宿泊 片桐家道場。交代で自炊。寝袋必要。食事は無農薬のお米、自家製味噌、地元の新鮮野菜が中心。ヘルシーな生活を満喫しましょう!
地図
募集情報

▼ 募集情報

企画者・参加者の声 私は長野市に在住なのですが、無農薬のお米作りをするにあたって、「ほたるの居る田んぼを創る会」の園原先生から学んでいます。「冬期湛水・不耕起移植栽培」で出来たお米はしみじみと美味しく、手作り味噌も絶品です。生き物いっぱいの田んぼでの農作業はとても楽しく、ホタルが見られる時期でもありますので、ぜひ遊びに来てください。
地域おこし協力隊員(NICE初代事務局長) 窪美靖さん
企画 住民との交流会、座談会(各国の農業事情について)
その他  特になし。
資格 厳しい気候条件でも野外で働ける体力、食の安全性や農業に興味・関心のある方
こんな魅力 * 健康的な食事(毎日、無農薬のお米)を満喫できる!
* 夜にはホタルが見られる!
 
トータルでかかる費用
参加費用に含まれるもの

参加費用(国内)(詳細はクリックして表を参照)

《宿泊費・食費は無料》
参加期間中の宿泊・食事や作業などに必要な交通・器具は、通常開催地が無料で提供します。払った分だけの宿泊・食事などが提供されるとは考えないでください。

参加費用に含まれないもの

交通費

現地集合現地解散のため、集合場所までは、電車やバス、飛行機など使い、ご自身で行って頂きます。
チケット等もご自身で手配で頂きます。

他の個人的費用

○参加前/後の自由旅行費用(交通・食・宿泊費、入場料等。人によって差が大きい)
○参加期間中の自由時間費用(交通・菓子・酒・土産代、入場料等。通常数千円程度)