北海道の大自然で、コミュニティ農場のビオトープ作り。ご飯も絶品!

国際ワークキャンプ  黒松内 1(北海道黒松内町) 4/23~4/30 

ワークキャンプ情報
コード NICE-19-04231
ワークキャンプ名 黒松内1
開催場所 北海道黒松内町
期間 4/23~4/30
分野 環境
参加者 日本2人・外国5人
背景 黒松内ぶなの森自然学校運営協議会と共催、17年連続(子どもプロジェクト以外では5年連続9回目)。
廃校を再生して98年に設立の自然学校は、①環境学習(春・夏休みに小中学生の2-3週間のキャンプ等)、
② 人材育成(レスキュー法、講座等)、③地域交流等を行う。
自然学校は、「オーガニック・コミュニティふぁーむ」づくりを開始。「子どもからお年寄り、障がい者までが集え、心と身体を癒す場所づくり」を目標に、約20haの耕作放棄地にブルーベリーや山菜・野菜を植え、小川沿いのビオトープ小道も建設中。渡辺HARU農場と協働し、自然・農作業体験、福祉や医療・介護にも利用でき、地域内外から大勢が集まる場に。整備に多くの人手が必要で、今までの国際ワークキャンプで沢山の成果!/td>
仕事  ① コミュニティふぁーむの整備。ビオトープや来訪者が楽しめるような場づくり(例:ビオトープの歩道づくり、土ならし、雑草や笹刈りやその始末)。
② 自然学校での各種整備(例:草刈り、キャンプ場整備)。
③ 交流事業(オープンスクール、地域の行事)の補佐。
場所 札幌から西に電車で2-3時間、渡島半島の付け根。国の天然記念物でブナ北限の「歌才ブナ林」を始めとする森が広がり、朱太川の清流や湿原などの美しい自然を誇り、酪農も盛ん。最寄駅からは、車で15分程。
宿泊 自然学校(スタッフ用の快適な別棟。トイレ・風呂完備)。昼食は基本的に共同で自炊、朝食・夕食は基本的に受入団体が用意(手伝いは必要)。寝袋不要。
地図
募集情報

▼ 募集情報

企画者・参加者の声  「ここではまりこさんが美味しいご飯を作ってくれます。とてもチャーミングな方です。いっぱいおかわりして、いっぱい質問して、食事の時間を大切にしましょう。共催団体は温かい方ばかりです。皆が気軽に来れ、癒されるコミュニティーファームはまだ完成途中です。自然、住む場所、食事、すごく恵まれた環境でワークキャンプできます。是非楽しんでー!!。」
(前回のリーダー)
企画 休日の遠足(例:ニセコ、小樽)、座談会、地元の方との交流会(カラオケ等)、温泉
その他 黒松内ぶなの森自然学校HP
成田~新千歳はLCC(バニラエアやJet Star)なら片道5,000円位から!
23日の10時頃までに新千歳空港に着く必要があり、30日13時以降に発てます。
勿論、前後に旅行するのもありです☆
資格 ふぁーむ作りに共感し、野外でのハードワークを厭わない人。
こんな魅力 * わくわく夢プランの力になれる!
* 自然学校の理念・運営を学べる!
トータルでかかる費用
参加費用に含まれるもの

参加費用(国内)(詳細はクリックして表を参照)

《宿泊費・食費は無料》
参加期間中の宿泊・食事や作業などに必要な交通・器具は、通常開催地が無料で提供します。払った分だけの宿泊・食事などが提供されるとは考えないでください。

参加費用に含まれないもの

交通費

現地集合現地解散のため、集合場所までは、電車やバス、飛行機など使い、ご自身で行って頂きます。
チケット等もご自身で手配で頂きます。

他の個人的費用

○参加前/後の自由旅行費用(交通・食・宿泊費、入場料等。人によって差が大きい)
○参加期間中の自由時間費用(交通・菓子・酒・土産代、入場料等。通常数千円程度)