四国遍路二十番札所「鶴林寺」の周辺集落で、農作業支援と集落再生サポート!

国際ワークキャンプ  大井 3 (徳島県阿南市) 12/22(日)~12/28(土)

ワークキャンプ情報
コード NICE-19-1222D
ワークキャンプ名 大井3/td>  
開催場所 徳島県阿南市
期間 12/22(日)~12/28(土)
分野 農業・文化
参加者 日本3人・外国3人
背景  アサギマダラ広域文化保存会と共催、初開催(今年3回目)。①限界集落の持続可能の糸口を探る。②弘法大師が修行に使った仏花・樒(しきみ)農家、すだち農家の人手不足を解消したい。③お遍路さんへのお接待文化を世代継承したい。④集落高齢者の外国人対応負担を軽減したい。
 四国遍路二十番札所「鶴林寺」近くに位置しながら、人口減少と高齢化に伴って限界集落となりつつある、歴史ある集落を今後も維持するためのアイデアや増え始めている外国人お遍路さんへのお接待をボランティアと共に発案し、できることから実行していきたい。
仕事 ① 樒(しきみ)収穫最盛期の収穫出荷支援
      ② すだち収穫最盛期の収穫出荷支援
③ 外国人お遍路さんの為の町内各所に英語案内書きなどの活動サポート
場所  徳島県阿南市大井町。四国遍路二十番札所「鶴林寺」をのぞむこの集落は、長年に渡りお遍路さんを迎えてきた。しかし、近年では集落の高齢化、過疎化が地域で解決しなければならない課題になり、まだ解決の糸口が見つけられていない。そんな中、外国から四国遍路に訪れる人が増えており、新たな「おもてなし」の方法を模索中。
宿泊  町内の農家さんの自宅にホームステイ。食事自炊。寝袋不要。
地図
募集情報

▼ 募集情報

企画者・参加者の声  限界集落を今後も維持していくための糸口を一緒に考えてもらいたいと思っています。また、増え始めている外国人お遍路さんに何をしてあげられるのか、また彼らが何を求めているかなどを調査して、集落の維持に役立てたいと思っています。
企画  住民との交流(歓迎会)や、1200年の歴史がある四国遍路二十番札所「鶴林寺」の訪問
その他 鶴林寺の紹介動画
資格  自ら考え、積極的に行動できる人!
こんな魅力 * 豊かな自然と歴史にたっぷり触れられる。
* 限界集落の明るい将来を一緒に考えていける。
トータルでかかる費用
参加費用に含まれるもの

参加費用(国内)(詳細はクリックして表を参照)

《宿泊費・食費は無料》
参加期間中の宿泊・食事や作業などに必要な交通・器具は、通常開催地が無料で提供します。払った分だけの宿泊・食事などが提供されるとは考えないでください。

参加費用に含まれないもの

交通費

現地集合現地解散のため、集合場所までは、電車やバス、飛行機など使い、ご自身で行って頂きます。
チケット等もご自身で手配で頂きます。

他の個人的費用

○参加前/後の自由旅行費用(交通・食・宿泊費、入場料等。人によって差が大きい)
○参加期間中の自由時間費用(交通・菓子・酒・土産代、入場料等。通常数千円程度)