子ども&地元大学生たちと共につくる、自然体験キャンプ

国際ワークキャンプ  北九州 (福岡県北九州市) 8/12(月)~8/25(日)

ワークキャンプ情報
コード NICE-19-0812A
ワークキャンプ名 北九州
開催場所 福岡県北九州市
期間 8/12(月)~8/25(日)
分野 教育
参加者 日本4人・外国7人
背景  「国際ワークキャンプ・北九州」実行委員会と、2008年から11回目の開催。北九州市は工業都市として発展してきたが、1990年代からバブル経済の崩壊や国内産業の空洞化による不況に見舞われ、新しい都市づくりへの必要性が求められた。そこで、地元の大学生のエネルギーを最大限に活かした地域づくりや、将来の担い手である子ども達に北九州の魅力を伝える事業として、NICE会員が中心となって国際ワークキャンプを企画。
 ワークキャンプでは、北九州とその近郊の学生たちが活動する団体「Upple」のメンバーと共に、子ども達への国際交流を伴った自然体験キャンプ「「地球列車みらい号」の企画・運営サポートを行う。
仕事  「Upple」の地元大学生のメンバーと共に、子どもキャンプの準備・運営・片づけを行う。子どもと共同生活を営みつつ、子どもの活動(山のぼり、キャンプ、洞窟探検、アート等)を手伝う。裏方役としてのサポートや子ども達と楽しく活動ができるように盛り上げ役、子どもと外国人ボランティアとの架け橋役などを担う。子どもキャンプ期間中は、四六時中子どもたちと共に過ごし活動する心構えが必要。
場所  九州の最北端・北九州市にある平尾台が拠点。平尾台は、カルスト台地で鍾乳洞等もたくさんある自然豊かな場所。
宿泊 空き家または公民館。交代で自炊。寝袋必要。
地図
募集情報

▼ 募集情報

企画者・参加者の声 この国際ワークキャンプでは、たくさんの子どもたちに、たくさんの若者・大人・高齢者・障害のある方、そして自然と出会い、ふれあい、新たなる「気づき」をこころに刻んでもらえればと思っています。ひとが大好きな方いらっしゃい!!
(実行委員会 代表 原水敦さん)
企画 子どもとの関わり方についての勉強会、座談会、平尾台の自然観察、交流会
その他 Uppleのウェブページ
2018年のキャンプリーダーが作った「ローカルSDGs(地域・プロジェクトの長期発展目標)」はこちら
資格 子ども好きで自然を大切にする人、四六時中子どもと一緒に過ごす心構え、体力、やる気が必要!
こんな魅力 * 子どもが大好きな人におすすめ!
* 豊かな自然の中で活動できる!

このプロジェクトに関するスライドショー

 
トータルでかかる費用
参加費用に含まれるもの

参加費用(国内)(詳細はクリックして表を参照)

《宿泊費・食費は無料》
参加期間中の宿泊・食事や作業などに必要な交通・器具は、通常開催地が無料で提供します。払った分だけの宿泊・食事などが提供されるとは考えないでください。

参加費用に含まれないもの

交通費

現地集合現地解散のため、集合場所までは、電車やバス、飛行機など使い、ご自身で行って頂きます。
チケット等もご自身で手配で頂きます。

他の個人的費用

○参加前/後の自由旅行費用(交通・食・宿泊費、入場料等。人によって差が大きい)
○参加期間中の自由時間費用(交通・菓子・酒・土産代、入場料等。通常数千円程度)