北の大地で有機農業@「世界一」のチーズを作る生活共同体!

国際ワークキャンプ  新得 (北海道新得町) 8/29(水)~9/11(火)

ワークキャンプ情報
コード NICE/18-08291
ワークキャンプ名 新得
開催場所 北海道新得町
期間 8/29(水)~9/11(火)
分野 農業・開発
参加者 日本4人・外国4人
背景 共働学舎・新得農場と共催、21年連続。共働学舎は1974年設立。競争社会から協力社会への転換を目指し、農業を学びたい人、知的障がい者、引きこもり等、様々な人々・約120名が北海道・長野・東京の共同体で、有機農業や畜産に取り組む。  新得農場では、微生物を使った有機農業や畜産、ケーキ作り等に取り組む。チーズは、世界コンクールで金賞を受賞する優れ物。約60 haに子どもを含む、約60名が生活する。「共同体」の閉じたイメージ(?)とは全く違い、各自が伸び伸びと自由に自主的に生活し、様々な外部の人達が頻繁に訪ね、地域社会にも密着している。ワークキャンプでは、外からのフレッシュな「風」として作業を手伝い、彼らの生活に加わって理念・実践への共感を広げることも狙う。
仕事 ① 農場のメンバー達と、野菜・デントコーン・そば等の収穫・除草やパン・ケーキ作り。
② 全員の食事の準備・片づけも交代で。
③ 放牧地の周辺整備等、普段受入団体でなかなか取りかかれない作業も行う。
 また団体・地域ぐるみで気合を入れて臨む、綱引き大会の練習も隠れた「ワーク」。
場所 北海道・十勝平野の西の玄関で、“牛乳山”と呼ばれる山の麓で、周りも雄大な森や畑の風景が広がる。丘からの夜景も絶品!帯広から西に1時間、冬は-20度、夏は昼でも20度程度。特産のそばも有名。
宿泊 農場内の男女別部屋。共同で洗濯機やTVも完備。学舎の住民と一緒に自炊(仕事時間も一緒)。寝袋必要
地図
募集情報

▼ 募集情報

企画者・参加者の声 ここでは、愛想笑いや歓迎の言葉はあまり聞かれない。初めは「歓迎されていないのでは…」と思った。でも学舎側担当者の方々は、心を砕いて下さっていた。年に一度のワーキャンを楽しみにし、言葉は通じなくとも交流を試みる人が沢山いることがわかった。全ての人々の協力によって、皆の心に残るものとなった!共働学舎の皆さん、NICEとキャンパーに感謝したい。(過去リーダー春田淳平さん)   
企画 座談会(各国のNPO的な生活共同体と共働学舎の将来)、小学校訪問、町民と綱引き、誕生パーティー
その他 共働学舎のWEBサイト
一昨年のキャンプリーダーが作った「ローカルSDGs(地域・プロジェクトの長期発展目標)」もご覧ください!(全国決勝大会で準グランプリに。)
資格 共同体のやり方を尊重し、一生懸命働き、暮らしを共有する姿勢。
こんな魅力 * 健康的で美味しい食べ物を満喫!
* 共同体や有機農業を学び、貢献!

このプロジェクトに関するスライドショー

 
トータルでかかる費用
参加費用に含まれるもの

参加費用(国内)(詳細はクリックして表を参照)

《宿泊費・食費は無料》
参加期間中の宿泊・食事や作業などに必要な交通・器具は、通常開催地が無料で提供します。払った分だけの宿泊・食事などが提供されるとは考えないでください。

参加費用に含まれないもの

交通費

現地集合現地解散のため、集合場所までは、電車やバス、飛行機など使い、ご自身で行って頂きます。
チケット等もご自身で手配で頂きます。

他の個人的費用

○参加前/後の自由旅行費用(交通・食・宿泊費、入場料等。人によって差が大きい)
○参加期間中の自由時間費用(交通・菓子・酒・土産代、入場料等。通常数千円程度)