北の国の山・海・川で、子ども達と思っきり楽しむサマーキャンプ!

国際ワークキャンプ 黒松内 3 (北海道黒松内町) 7/20(金)~8/15(水)

ワークキャンプ情報
コード NICE/18-07202
ワークキャンプ名 黒松内3
開催場所 北海道黒松内町
期間 7/20(金)~8/15(水)
分野 教育
参加者 日本3人・外国3人
背景 黒松内ぶなの森自然学校と共催、16年連続。廃校を再生した自然学校は、町内での環境学習の質と量を発展させるために、98年に設立された。①環境学習(学校向けにブナ林散策、観光者向けに登山や貝化石採集、春・夏休みに小中学生向けの2~3週間の長期キャンプ)、②人材育成(レスキュー法、講座等)、③地域交流等を行う。東日本大震災では直後から職員の出身地(岩手県)に入り、物資の支援や子どものケア等を行っている。  7/26~8/15頃に大体8~15才の20~25人位(年によって変動あり)が参加する「ぶなの森の夏休み」を開催。40 kmウォークや野外での野宿等、様々な自然体験を企画。国際ワークキャンプではスタッフの一員として活動を補佐すると共に、子ども達の異文化理解を育むことを狙う。
仕事 7/26-8/15頃予定のサマーキャンプや他の子ども自然体験プログラムの運営の準備・手伝い。また、子ども達に、現地の自然や体育館を利用して、世界の遊び・音楽・踊りを教える。料理等の裏方等。外国人との架け橋役としても、日本人の役割も大きい。休日は少ない。
場所 札幌から西に電車で2~3時間、渡島半島の付け根。国の天然記念物でブナ北限の「歌才ブナ林」を始めとする森が広がり、朱太川の清流や湿原などの美しい自然を誇り、酪農も盛ん。黒松内駅から車で15分程。
宿泊 自然学校(スタッフ用の別棟。交代で子ども達と同じ部屋にも)。交代で炊事の手伝い。寝袋必要。
地図
募集情報

▼ 募集情報

企画者・参加者の声 子ども達が、様々な文化や背景を持つ人間を知り、理解し受けいれることができるようになれば、平和な社会へとつながっていくと感じました!(経験者 柏原友子さん)
その道のプロの大人達と過ごせるので、子ども・アウトドア関係の仕事をしたい人達には特に、得難い経験に!子ども達の成長を見守りながら、自分への気づきも出てきます☆ (NICE代表)
企画  座談会(世界各国の紹介:生活・遊び・食事など)、自然を満喫する各種プログラム(子ども活動として)、交流会
その他 特になし
資格 子どもと四六時中過ごし、雨でも野外活動する意欲、責任感
こんな魅力 * 大自然で子ども達の力になれる!
* 子ども・野外活動の経験を積める!
トータルでかかる費用
参加費用に含まれるもの

参加費用(国内)(詳細はクリックして表を参照)

《宿泊費・食費は無料》
参加期間中の宿泊・食事や作業などに必要な交通・器具は、通常開催地が無料で提供します。払った分だけの宿泊・食事などが提供されるとは考えないでください。

参加費用に含まれないもの

交通費

現地集合現地解散のため、集合場所までは、電車やバス、飛行機など使い、ご自身で行って頂きます。
チケット等もご自身で手配で頂きます。

他の個人的費用

○参加前/後の自由旅行費用(交通・食・宿泊費、入場料等。人によって差が大きい)
○参加期間中の自由時間費用(交通・菓子・酒・土産代、入場料等。通常数千円程度)