中長期ボランティア・子どものケア

 
オススメプログラム(インドネシア:売春街の子どものケア)
コード名 IIWC/LMTV01
プログラム名 Tegalrejo Red District
期間 1ヶ月以上(開始日、終了日は自由選択。ただし、平日に到着必要)
背景 Tagalrejo赤十字地区はSemarangの売春地域。100家族以上が、売春や食料品を売って生活している。母体組織PKBIと共に、2006年からこのプロジェクトを開始。公平さと差別をなくすため、疎外された子どもの生活の向上に焦点を当てている。この地域に住む子どものほとんどは、親が身分証明書を持っていないため出生証明書を持っていない。彼らはハイレベルな学校に行くことが出来ず、暴力や性交渉、性的搾取などリスクの高い場面に直面しなければならない。このような状況で地元関係者と協力し、子どもが読書や手工芸、勉強や異文化交流ができるRumah BelajarやStudy Centerなどの避難場所を提供している
仕事 ゲーム、お話を読む、絵を描くなど、子どもたちの自己衛生管理を学ぶための楽しい雰囲気づくり。子どもの差別やその他の問題を最小限に抑える運動。英語や国際理解の手助けなど
宿泊 ボランティアハウス。寝袋必要。自炊
場所 ジャワ島、中部ジャワ州Semarang
追加登録費 230ユーロ(=約29,000円)/月は現地払い
備考 ラマダン(断食月)のため、5-6月は受入不可
オススメプログラム(モルドバ:セラピーホームの提供)
コード名 MO/L02
プログラム名 Small Groups Home
期間 1ヶ月以上(開始日、終了日は自由選択)
背景 大規模団地を離れた社会的に弱い立場の子ども達が再び家族や里親と暮らせるように、一時的な住処を提供することが目的。家族もしくは親戚と暮らせるまで入居の受け入れを行うが、家族や親戚との同居が難しい場合は里親を探すことになる。子どもや親に対する医療ケア・心理的ケア、子どもの保護に関するワークショップ、個々へのカウンセリング、危機介入なども行う
仕事 お遊戯の企画、子どもたちの日常のケア、本の読み聞かせ、歌、遠足の引率、図画工作、演劇・音楽クラスへの参加など
宿泊 ボランティアハウスまたはホームステイ
場所 首都Chisinau
追加登録費 1ヶ月で420ユーロ(=約53,000円)、それ以降は110ユーロ(=約14,000円)/週で現地払い
備考 ビザの関係により、最長90日間推奨(より長期での参加を希望される場合はご相談ください)

お問い合わせ

 

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会