もっと魅力ある村に!のどかな村で、環境教育や有機農業!

国際ワークキャンプ Batu Loceng (インドネシア Bandung) 2/22(木)~3/7(水) 

ワークキャンプ情報
コード NICE-18-02221
ワークキャンプ名 Batu Loceng
開催場所 インドネシア Java Island
期間 2/22(木)~3/7(水)
2/22-28の各1週間参加も可能
(申込時に日程をご記載下さい)
分野 環境・教育
参加者 日本8人・現地4人
背景

インドネシアの国際ボランティア団体、GREAT (Gerakan Kerelawanan Internasional)と共催。 Batu Locengは、Cikapundung川というバンドン市内を流れる、汚染された川の上流にある村。特に下流の水質は悪いが、生活用水に使われることもある。汚染の一番の原因は、村人へ環境に対する教育がなされていないこと。そこで、地域住民の環境に対する意識を高め、住環境の改善に努めたい。  一部の地域住民は有機農業に取り組んでおり、そのサポートも行う。  また、村人はこの村を観光地として盛り上げたいと考えている。外国人の視点から、何が魅力的な観光資源になりうるかのアイデアも募りたい。スケジュールに沿うワークではなく、自分たちで作りあげていきます!
仕事 ① 有機農業のお手伝い。地球にやさしいコンポストの作成・設置、
② 村の子どもたちを対象に、ごみ問題などについて理解してもらう環境教育や英語教育。
③ 村での植林も行う。
 自ら主体的に考え、活動を提案する姿勢求む!
場所 西ジャワ州の州都、バンドン市内から車で2時間ほど行ったところにある農村Sunten Jaya村のBatu Loceng地域。約300人が農業や家畜をなりわいとする。ゆったりとした空気の流れる場所。
宿泊 村の空き家。交代で自炊。寝袋必要。
地図
募集情報
企画者・参加者の声 村の人たちは、とにかくおしゃべりが大好きで、ジョークが大好き。 道ですれ違えば、どこ行くの?ご飯食べてく?を声をかけてくれます。 ごはんもとってもおいしくて、この村で自家栽培されているコーヒーも美味しく、様々な種類の果物は目にも楽しいです!のどかな村のチャーミングな人たちと、とっておきの2週間を過ごしませんか?
企画 文化交流パーティ、地元民とのスポーツ、伝統楽器演奏、ディスカッション等
追加登録費 2,970,000 インドネシアルピア(約25,000円)を現地払い。
1週間参加の場合、 1,900,000インドネシアルピア(約16,000円)。
その他
【10万円の節約!?お得に参加したい方必見! インドネシア・連続参加のススメ】
同じバンドン市内で開催されるワークキャンプ・Citarum(3/10-16 or 3/10-23)との連続参加歓迎!
2つ目は、NICEへの特別会費が格段に安く(39,000円 → 5,000円)!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


↑写真や動画、過去リーダーの声をチェック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

\Batu Locengについてもっと詳しく知りたい方へ!/
企画担当スタッフ(関西事務局)とLINE直接お話いただけます。
「関西NICE」アカウントから、ぜひお問い合わせください♪

友だち追加数
ビザ 30日以内観光滞在の場合不要
空港 バンドン空港に22日10時までに到着必要(集合は市内)。終了日19時以降出発可。
資格 地域のニーズに合わせて、柔軟に行動できる人
こんな魅力 * 自分達で主体的に活動を作れる!
* アジアの環境問題を学べる!

<写真スライド>インドネシアでの活動の様子(同じエリアの別のプログラム)
 

 
トータルでかかる費用
参加費用に含まれるもの 参加費用以外に必要なお金
参加費用【詳細クリック】 参加期間中の宿泊・食事や作業などに必要な交通・器具は、通常開催地が無料で提供します。払った分だけの宿泊・食事などが提供されるとは考えないでください。 交通費 航空券は、自分で好きな所で申し込みます。 海外旅行
傷害保険
必ず全員、海外旅行傷害保険に加入する必要あり(2週間で約5,000円~)。
追加
登録費
金額は上記の募集情報覧に記載!アジア・アフリカ・中南米等、一部の団体で支払います。金額・支払い方法は プログラム情報を参照。 主に団体の運営費に使われます(非営利でも自己資金は必要!)
他の
個人的費用
○参加前/後の自由旅行費用(交通・食・宿泊費、入場料等。人によって差が大きい)
○参加期間中の自由時間費用(交通・菓子・酒・土産代、入場料等。通常数千円程度)
○未取得ならパスポート代=10年間で15,000円。必要な場合、ビザ代=数千円