中長期海外ボランティア:アジア(東南アジア、南アジア、東アジア)+周辺地域(中近東・オセアニア)

アジアのプログラム一覧

日本から比較的近い国々ですが、文化や習慣などが多様で、異文化体験を楽しむことができるのもアジアの魅力です。現地滞在費用も安く、なによりも、アジアの人たちがの人懐っこさに心があたたまり、どこか懐かしさも感じることでしょう。
まずは、下のプログラム一覧で大まかなプログラム情報を把握してみてください。この国へ行きたいな、こんな活動をしてみたいな、そんなイメージを膨らませたら、ぜひメール・電話にてお問い合わせください。

東南アジアのプログラム一覧

インドネシア

運営団体:GREAT

GREAT (Gerakan Kerelawanan Internasional)は、インドネシアで2015年設立の国際ボランティアNGOで、1999年設立の国際ボランティアNGO・IIWCの元職員・元会員が中心

プログラム情報

GREAT/LMTV01  Sayap Sehat Children Care  1ヶ月↑  農・教・子  ?
●背景:Sayap Sehat children careはLegokkalong村にある団体で、714㎡の敷地を果樹園として活用して、そこからの収入を子ども達のケアに使用したい。すでにマンゴーやドリアン、ランブータン等を栽培しているが、まだほとんどの土地が整備されておらず、もっと多くの熱帯果樹とハーブを育てたいと考えている。この果樹園は、施設の子ども達や施設周辺に住む子ども達の植物栽培教育の場にもなっている
●仕事:果物やハーブを育て、子ども達へ教育的なアクティビティを提供することなど
●宿泊:ホームステイ、個室。食事提供
●場所:Pekalongan Region Central Javaインドネシア
●資格:インドネシア語初級 
●備考:追加登録費は1ヶ月で4,000,000インドネシアルピア(=約31,000円)、それ以降は3,700,000インドネシアルピアア(=約28,000円)/月で現地払い。スカイプ面接あり

GREAT/LMTV02  Bahtera Kasih Happy Children  1ヶ月↑ 子・教  ?
●背景:Bahtera KasihはSemarangの小さな村に位置するプロテスタント系の孤児院。ここの地域住民ほとんどがイスラム教徒。この施設には50人程の子ども達が住んでおり、半数以上が10才以下。Garuda Jayaという幼稚園を所有しており、施設の子ども達だけでなく一般にも開校している。生徒達は、例えば自分の部屋の掃除や整理整頓、洗濯物畳み、洗濯、掃き掃除、シャワーを浴びる等、お互いを助け合う事や自立する事を教えられている。子ども達はボランティアが来るのを毎回楽しみにしている
●仕事:子ども達へ部屋や孤児院の清掃の仕方を教えながら、一緒に家事をお手伝い。言語を紹介や教育的なゲーム。幼稚園の先生のサポートなど
●宿泊:活動先の孤児院。寝袋必要
●場所:Semarang, Central Java,インドネシア
●備考:追加登録費は1ヶ月で4,000,000インドネシアルピア(=約31,000円)、それ以降は3,700,000インドネシアルピアア(=約28,000円)/月で現地払い

GREAT/LMTV03  Pekalongan Happy Children  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:PekalonganのPasir SariとBugisanは両親の非常に低い収入のため、チャンスに恵まれず、学校をやめる子ども達が多い地域。その町での苦しい生活は、人々から生きる気力を奪い、両親は子ども達に、道路で物乞いをするよう言いつけ、「お金を産むもの」となるように強要している。結果、子ども達は危険で傷つきやすい状況に陥る。持続的な行動と子ども達への指導を保障することにより、子ども達が権利を行使できるようにしたいという強い思いから、GREATはプログラムを企画。より良い衛生環境、病気の減少、子ども達が大きな夢をもち、その実現のために一所懸命努力することが長期的な目標。①Pasirsari:放課後の課外活動に興味がある5-18才の子ども達10-50人程との活動。メインの活動場所はPasirsariの公共学習センター。②Bugisan:このエリアは川沿いにあるスラム街で、10人程の子ども達が日々活動に参加している。子ども達はゲームをしたり、ボランティアが準備した新たなアクティビティをする事が大好きで、路上近くでの活動を好む。活動場所は公共学習スポットや屋外となる
●仕事:子ども達が勉強を続け、学校に戻りたいと思えるような創造的なアクティビティの企画。様々なスキルを向上させるお絵かき等アクティビティの企画。英語等追加授業サポート。手洗い・歯磨き等子ども達の個人衛生に関する啓発活動など
●企画:地域の文化や伝統的な織物バティックを楽しめる
●宿泊:ボランティアハウス、自炊
●場所:Semarang からバスで2時間、電車で1時間半のPekalongan, Central Java
●備考:追加登録費は1ヶ月で4,000,000インドネシアルピア(=約31,000円)、それ以降は3,700,000インドネシアルピアア(=約28,000円)/月で現地払い

GREAT/LMTV04  LRC-KJHAM  1ヶ月↑  福  ?
●背景:Legal Resources Centre in Gender Equality and Human Rights (LRC-KJHAM)はジャワ島中部Semarangで人権とジェンダー平等の促進に取り組むNGO。1999年に設立され、現在はMarginal Woman in Central Java for Law and Human Rights Resource、Feminism Participatory Action Research (FPAR)、Women’s Right Impact Assessment (WRIA)へのアクセスと管理の強化に取り組んでいる。また、家庭内暴力やその被害者グループへの法的支援も行っている
●仕事:情報技術(IT)部門のサポート、新聞から人権に関するニュースの収集、文書作成のサポート、広報のサポート。またFPARの為に他のLRC-KJHAMのスタッフと郊外や農村部での活動(参加者はコミュニティ内での生活を数日間経験する必要有)、WRIAの共有とサポート、LRC-KJHAMが開催するトレーニングとセミナーへの参加・サポートなど
●宿泊:ドミトリー(ボランティアハウスまたはオフィス)
●場所:Semarang, Central Java
●資格:インドネシア語初級。人権・女性の権利・家庭内暴力に関する法的知識が必要
●備考:追加登録費は1ヶ月で4,000,000インドネシアルピア(=約31,000円)、それ以降は3,700,000インドネシアルピアア(=約28,000円)/月で現地払い。スカイプ面接あり

GREAT/LMTV05  YGC Borobudur  1ヶ月↑  考・教  ?
●背景:ボロブドゥール保全事務所と地域の学生クラブYoung Guardian Club (YGC) Borobudur、地域の学校と連携して行うこの活動は今年で3年目となる。文化遺産保護の重要性をボランティア自身も学び、地元の学生たちにも伝えていくことが目的。7月はYGCの新メンバーのトレーニングの時期であることから、トレーニングの成功も期待されている
●仕事:YGC Borobudurプログラムの補佐、運営。Borobudur地域の学校で遺産に関する授業など
●宿泊:ホームステイ、食事提供
●場所:Magelang, Central Java
●資格:インドネシア語初級。世界遺産や歴史に関する知識歓迎
●備考:5、6、12月は開始不可。追加登録費は1ヶ月で4,000,000インドネシアルピア(=約31,000円)、それ以降は3,700,000インドネシアルピアア(=約28,000円)/月で現地払い。スカイプ面接あり

GREAT/LMTV06  UDINUS  1ヶ月↑  教  ?
●背景:このプログラムはSemarangにある公立の特別支援学校とUDINUS大学 (Universitas Dian Nuswantoro)が共催。この公立の特別支援学校はUDINUS大学へソーシャル・インクルージョンに関する活動の場を提供している。このプログラムは、各学校が以下の点で合意している。①特別支援学校とUDINUSの2つの学校の知識をボランティアに共有することで、各学校のビジョンを共有する。②ボランティアによって実施される複合的な活動を通じて、各学校のミッションを達成する。③各学校間でボランティアの活動時間を共有する。④ボランティアの活動期間中、UDINUSの生徒が一緒にソーシャル・インクルージョン活動を行えるようにする。⑤特別支援学校の生徒が、UCINUSの障がいを持っていない学生や国際ボランティアと共に活動に参加することで、愛情を受け取り、誠実な気配りを受け取る
●仕事:UDINUSにおける、スピーキング・異文化理解・字幕作成など英語の授業のサポート。主に大学1-3年生の会話のクラスを担当。UDINUSで主にソーシャル・インクルージョン分野を専攻する学生に向けた国際ボランティア精神の認知拡大と、よりリラックスした環境でのカジュアルな英会話の場を目的とした、授業外での英会話クラブの企画と運営。UDINUS学生協会と一緒に、コミュニティーサービスイベントの企画・実行など
●宿泊:ボランティアハウス
●場所:Semarang, Central Java
●資格:21才以上。英語教員資格保有者が好ましい
●備考:スカイプ面接あり。2-6月、9-12月で受入可

GREAT/LMTV07  Al Ishlah  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:Al Ishlal Schoolはイスラム全寮制学校Al Ishlah Darussalam Semarangの中心部に位置するイスラム教の学校。Al Ishlah Schoolは南Semarang地域、特に1992年にAl Ishlah全寮制学校に住んでいた少数の学生達へのフォーマル教育の必要性に基づいて設立された。全ての人の為の平和とグローバル教育について関心を持っており、当時からAl Ishlah Schoolは特に近隣のコミュニティの為に公開されている。Al Ishlah Schoolの学生のほとんどは低所得家庭から来ており、授業料から生徒に昼食を提供している
●仕事:スピーキング・異文化理解・国際知識などの英語の授業のサポート。ボランティアの興味やスキル・経歴に基づいたスポーツや芸術の授業のサポート。アクティビティの計画。英会話クラブや他言語クラブの運営など
●企画:Semarangの世界遺産訪問など
●宿泊:学校の寮、食事提供
●場所:Semarang, Central Java
●資格:20才以上
●備考:追加登録費は1ヶ月で4,000,000インドネシアルピア(=約31,000円)、それ以降は3,700,000インドネシアルピアア(=約28,000円)/月で現地払い。スカイプ面接あり。5-6月は開始不可

GREAT/LMTV08  Pentagon High School  6ヶ月↑  子・教  ?
●背景:SMA N 10 Pentagon KaurはBengkuluのKaur Regencyにある公立全寮制高校で、地元出身のHermen Malik とM. Daud Abdullah主導の下、特にKaurの若者向けに質のよい教育サービスを提供し、教育の不平等をなくすために建てられた。しかしながらインドネシア全域からも学習意欲の高い生徒を歓迎しており、ナノテクノロジー・バイオテクノロジー・再生可能エネルギー・ロボット工学などの科学分野で課外授業を提供。この学校のコンセプトは他の公立学校にも融合され、多様性ある学びを通した地域発展に対する創立者の高い意識や、あらゆる生活の側面における国際的競争力等を理由にこれまで高い評価を得ている。学校は英語の授業や文化交流を通した、海外ボランティアの受入を計画している
●仕事:セミナーやディスカッション、ゲーム等創造的な方法を使った授業の紹介、サマーキャンプや式典等の出席、地元住民との交流、学校の公式行事参加、学校評価の共有など
●宿泊:学校の寮、食事提供
●場所:Kaur, Bengkulu,Sumatera島
●資格:35才以下。教員経験歓迎

GREAT/LMTV09  STIE Pekalongan  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:Sekolah Tinggi Ilmu Ekonomi (経済学専門校) MuhammadiyahはPekalonganに位置するイスラム系の学校で、会計やマネジメント、経済学を学べる。学生が卒業後ASEAN経済共同体で働く機会がある中、学校は学生のスキルとして英語力が非常に重要と考える
●仕事:大学1-3年生を対象とした英語授業(スピーキング・字幕作成・異文化理解)のサポート、よりリラックスした環境でのカジュアルな英会話の場を目的とした、授業外での英会話クラブの企画と運営、異文化交流や平和活動としての地域の人々との交流など
●宿泊:ボランティアハウス、食事提供
●場所:Pekalongan, Central Java
●資格:35才以下。教員経験歓迎

GREAT/LMTV10  Batu Loceng  1ヶ月↑  環・農  ?
●背景:Batu Loceng村には美しい自然の景観があり、観光村にもなり得る。ここは自然・文化・伝統音楽・武術が特徴的で、ほとんどの人々がコーヒーや野菜農家、酪農家である。この観光村の目的は文化、地域の人々、農業、環境そして歴史というような地域の潜在的な可能性を発展させること。地域の人々の参加はエコツーリズムの村を発展させていく上で最も重要である
●仕事:ガーデニング、コンポストづくり、ミミズ堆肥作り、ゴミの管理や川の清掃。言語クラス、伝統楽器クラス、環境授業ワークショップ、コーヒー作り、英語や文化・リサイクルの授業など
●宿泊:ホームステイ、自炊。寝袋必要。
●場所:Bandung, West Java
●備考:追加登録費は1ヶ月で4,000,000インドネシアルピア(=約31,000円)、それ以降は3,700,000インドネシアルピアア(=約28,000円)/月で現地払い。スカイプ面接あり

GREAT/LMTV11  Mangrove To Stop Climate Change  1ヶ月↑  環・教  ?
●背景:Mangrove for Javaはジャワ島の沿岸部や地方に位置する危険にさらされている村や地域を対象としている。ジャワ島の沿岸部の保全維持のニーズに応えるために、2015年からGREATと地元の漁師や農民のコミュニティと協力して企画された持続可能なプロジェクトである。ジャワ島沿岸部は世界の多くの島々と同じく、気候変動の影響を受ける場所の1つ。このプロジェクトは生物多様性の保護と、1970-80年代に行われた大規模なマングローブの伐採によって、海からの波が強まったことによる海岸の浸食を防ぐことが目的
●仕事:①地域コミュニティと共に沿岸や緑地帯の泥の多い場所へのマングローブの植樹。②地域の学校や大学への環境教育(特にマングローブ問題)の企画・促進。③地域コミュニティへの英語学習の企画。④地域生産品の販売促進。⑤ソーシャルメディアを通した環境問題へのキャンペーンの企画、運営。⑥マングローブの植樹と教育についての週末ワークキャンプの企画。⑦地域コミュニティへの啓発活動、国際ワークキャンプへの参加など
●宿泊:ホームステイもしくはボランティアハウス。寝袋必要
●場所:Pekalongan, Central Java
●備考:追加登録費は1ヶ月で4,000,000インドネシアルピア(=約31,000円)、それ以降は3,700,000インドネシアルピアア(=約28,000円)/月で現地払い

GREAT/LMTV12  Citarum  1ヶ月↑  環・教  ?
●背景:Citarum川は西部ジャワで一番長い川でWayang山から海まで300キロ続く。3000万人の人々が農業や給水、漁業、工業、下水処理や電力システム等で水源に頼っているが、1980年代の工業化に伴い何の規制も持たない工場がこの地域に拡大し、人間が生み出すゴミと産業廃棄物でいっぱいになった。河川流域に住む500万人の人々が直接影響を受けている。200を超す繊維工場が川沿いに連なり、水銀やヒ素、その他の毒素で川を汚染し、水が変色、強烈な刺激臭が漂うまでになっており、さらにはプラスチックや発泡スチロールのゴミで溢れ、動物の死骸もある。2015年Bening Saguling団体と協力しCitarum川流域とSaguling川流域で活動、2017年国際ボランティア活動をスタート。教育的・社会的・経済的・環境的な活動を通じてコミュニティ開発を行ってきた。ゴミを再利用した製品づくり“TRASH BANK”や、ヒヤシンス植物(外来植物)を利用し手工芸品を作ったりしている。現在コミュニティは自分たちの森を河川流域に保有し、変形してしまった竹やその他木々を保護しており、彼らの住む地域一帯が、ゴミの管理や手工芸品を学ぶ場となっている
●仕事:ゴミ拾い、ゴミ管理、植林、有機肥料作り、ガーデニングやハンディクラフト。言語クラス、伝統楽器の演奏やゲーム、文化交流、学校訪問や環境授業のワークショップ、英語や異文化交流クラス、子ども達とのリサイクル授業など
●宿泊:ホームステイ、自炊。寝袋必要
●場所:Bandung, West Java
●備考:追加登録費は1ヶ月で4,000,000インドネシアルピア(=約31,000円)、それ以降は3,700,000インドネシアルピアア(=約28,000円)/月で現地払い

GREAT/LMTV14  Kurau Coastal & Fisher Village Project  1ヶ月  環・教・子  1
●背景:Central Bangkaには観光客向けのエコツーリズムエリアが潜在的にたくさんある。例えば、日光浴のできるビーチやシュノーケリングを楽しめるサンゴ礁、ハイキングコースのポイントとなり得る滝や温泉など、他にもたくさんある。沿岸集落であるKauraは水上交通と漁港で大きく栄えているエリアのひとつであり、周囲の小さな島々へとつながる桟橋も有名。また、Kaura村は水産品の供給において重要な役割を果たしている。釣られた魚のほとんどはPangkalpinangに送られ、主なPangkalpinangの水産資源となっている。この村の主な問題は、漁師コミュニティの衛生に対する意識の欠如である。Bangka Belitung大学は、コミュニティサービスプログラムをこの村で4週間実施するために、生徒達を派遣する予定である。講師による指導のもと、生徒達はここでの環境問題を解決に向けコミュニティをサポートする。このプロジェクトにおける最も重要なことは、地域が次世代のために自身で環境を守るすべを身に付けることである。「カラフルな漁村を!」をメインテーマとするこのプロジェクトでは、国際ボランティアがBangka Belitung大学生と共同生活や活動を行い、様々なプロジェクトをサポートする。活動を通して、①地域の沿岸の環境問題への意識向上、②大学生や地域の子ども達の英語交流の促進、③異文化理解、④地域子ども達がより楽しめるノンフォーマルな学習過程の構成、⑤教育においてのボランティア精神の向上、を目指す。
●仕事:マングローブの森での作業。衛生教育キャンペーン。英語授業。異文化交流。ウェブサイト更新(主に観光プログラムについて)のサポートなど
●宿泊:ホームステイ。寝袋必要。食事提供
●場所:Kurau, Central Bangka, Bangka Belitung
●資格:20才以上。英語中級
●備考:7/10から1ヶ月のプログラム。7/15までに到着可能であれば参加可能。追加登録費なし。禁酒、禁煙。イスラム教の地域での活動のため、いくつかのトピック(LGBTや婚前交渉など)については配慮が必要。肩やひざが見える丈の短い服装禁止


運営団体:IIWC

1957年設立(同国最初)のNGO、Perkumpulan Keluarga Berencana Indonesia(PKBI)のスマラン事務局にあるIndonesia International WorkCamp(IIWC)。PKBIは全国24地方の事務局に6000人のボランティアと100人の専従職員を持ち、食料の配給・家族計画・青少年教育・女性支援・エイズ教育等を行う。IIWCは1999年結成。中長期ボランティア、週末ワークキャンプ、エイズ予防キャンペーン、マングローブ植林、ブレスレット事業も行う

プログラム情報

IIWC/LMTV01  Tegalrejo Red District  1ヶ月↑  子・教  3
●背景:Tagalrejo赤十字地区はSemarangの売春地域。100家族以上が、売春や食料品を売って生活している。母体組織PKBIと共に、2006年からこのプロジェクトを開始。公平さと差別をなくすため、疎外された子どもの生活の向上に焦点を当てている。この地域に住む子どものほとんどは、親が身分証明書を持っていないため出生証明書を持っていない。彼らはハイレベルな学校に行くことが出来ず、暴力や性交渉、性的搾取などリスクの高い場面に直面しなければならない。このような状況で地元関係者と協力し、子どもが読書や手工芸、勉強や異文化交流ができるRumah BelajarやStudy Centerなどの避難場所を提供している
●仕事:ゲーム、お話を読む、絵を描くなど、子どもたちの自己衛生管理を学ぶための楽しい雰囲気づくり。子どもの差別やその他の問題を最小限に抑える運動。英語や国際理解の手助けなど
●宿泊:ボランティアハウス、寝袋必要。自炊
●場所:Jatijajar village, Bergas Municipality, Semarang regency, Central Java
●資格:インドネシア語歓迎
●備考:追加登録費230ユーロ(=約29,000円)/月は現地払い。5-6月の受入不可

IIWC/LMTV02  Pemalang Literacy  1ヶ月↑  子・教  2
●背景:Pemalangは中部ジャワ州北部に位置する。北部の低地に対し、南部は中部ジャワ州最高峰のSlamet山を有する高地となっている。この地域に住む人々は、主に農業や販売、教師をしているが、ほとんどが都市部や海外で働く事を選んでいる現状。村に住むLiterasi Kampung(Village Literacy)と呼ばれている若者達は、地元に根差す潜在的なリテラシーの普及を始めている。リテラシーとは、人々が効果的にコミュニケーションを取る事が出来るようにする手段として、読み・書き・話す・聞く能力の事だと定義している。これは、地域社会と人類発展にとってかなり重要である
●仕事:子ども達に図書館での読み聞かせやゲーム、お絵かき等を通した楽しい雰囲気作り。学校活動として、リテラシーの重要性やその他地域問題等への取り組み。子ども達へ英語や世界文化を教えることなど
●宿泊:ボランティアハウス、寝袋必要。自炊。
●場所:Moga,Pemalang Regency,Central Java,Indonesia
●資格:子ども達へ本の読み聞かせが好きな人
●備考:追加登録費230ユーロ(=約29,000円)/月は現地払い。インドネシアの他の地域に比べ、比較的雨天が多く寒い

IIWC/LMTV03  Semoya Edu Project  1ヶ月↑  子・教  2
●背景:SD Muhammadiyah Semoya Brebahはイスラム教私立小学校。この学校は、2006年に起きた地震後からIIWCが支援する学校の一つ。非常事態対策のワークキャンプや、ノートブックアクション、幼稚園建設への募金、小学校の運動器具への募金活動は過去に大成功を収めた。ボランティアによってもたらされる熱意や意欲は、子ども達自身の将来における勉強へのやる気向上に繋がると期待されている為、近年学校は子ども達の為により多くの国際ボランティアの力を必要としている。公教育とノンフォーマル教育を組み合わせた教育アプローチを行う上で、学生や教員の知識やソフトスキルを高めるために国際的な経験が必要と考える
●仕事:小学校1-6年生の英語の授業サポートや読み聞かせ、ゲーム、お絵かき。地域住民の仕事の手伝い、異文化交流で地域住民の意識向上など
●企画:2006-2008年にIIWCとパートナー団体が国際ボランティア活動を行った、復興地域の見学など
●宿泊:ボランティアハウス、寝袋必要。自炊
●場所:Semoya Village, Brebah, Sleman Regency, Yogyakarta
●資格:英語初級。英語教師の資格がある人歓迎
●備考:追加登録費230ユーロ(=約29,000円)/月は現地払い

IIWC/LMTV04  Borneo Edu Project  1ヶ月↑  子・教  3
●背景:このプロジェクトでは、英語教育に対する重要性が若者達の中で高まっており、そのニーズに答える事が目的。若者達の英語学習に対する可能性と意欲を潰さない為には、国際ボランティアにより、良い環境を提供する事で英語学習が出来る様にしたい
●仕事:学校内で授業サポート(語学、異文化交流、図画工作、ダンス等)、インドネシア語クラスの参加、地元の若者にEnglish ZoneClubへの参加とサポートを促し、英語学習の重要性を高めることなど
●宿泊:ボランティアハウス
●場所:Paser Regency, East Kalimantan, Indonesia
●資格:英語初級。英語教師の資格がある人歓迎

IIWC/LMTV05  Indonesia school of nature  1ヶ月↑  教・環  3
●背景:Sekolah Alam Indnesiaは、1998年創立わずか8人の生徒と6人の先生で始まったインドネシアで初めて作られた森の学校。SAIは、一般的に統一化された教育方針では無く、子ども達の個性や強みをベースとし成長するべきだという新しいコンセプトを持つ。この学校は自然を基本としている為、子ども達は自然や周囲の環境を探検することで出来る限り多くの事を学ぶ経験が出来る。それ故、授業の6割が野外活動、残り4割が室内活動である。教室もユニークで一般的なものとは異なり、窓やドア、エアコンは無く、コンクリート壁では無く木製である。学校を基本としたコミュニティがこの学校の主体であり、生徒の保護者達も授業工程の中で活発に携わっている
●仕事:英語の授業サポートや、ゲーム、レクレーション、読み聞かせ、歌等。英会話のパートナー。近代農業プロジェクト、水耕や魚釣りの授業のサポート。子ども達と外で遊ぶ。図書館で本を借りたい子ども達へのサポートや、本の紹介。薬や化学、数学等の楽しい科学実験サポート。先生達へ自分達の学習経験をシェア。先生達の為に放課後や週1で英語の授業を開催する事もある
●宿泊:ホームステイ、寝袋必要。食事提供
●場所:Cipedak, South Jakarta, Indonesia
●資格:禁酒・禁煙


 

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

タイ

運営団体:DALAA

国際ボランティア活動を広げるために2004年設立されたNGO、DALAA(「あちこちで咲く花」の意)。人々・企画・活動のサポート、交流活動、文化や自然保護を通じ、恵まれない人々の環境をよりよくし、タイの社会発展に寄与することを目指し、活動している。ワークや運営の質が多くのボランティアから高く評価され、受入れの返事も通常は迅速。3-4月、10月は原則、公立学校で長期休暇期間。追加登録費は1ヶ月で12,000バーツ(=約42,000円)、2ヶ月で20,000バーツ(=約70,000円)、3ヶ月で30,000バーツ(=約110,000円)、それ以降は9,000バーツ(=約32,000円)/月で現地払い

プログラム情報

DALAA/0950MLTV  Kok Payom  1ヶ月↑  環・教  5
●背景:Kok Payom はイスラム教徒の小さな漁村。マングローブに囲まれた海水運河に近く、漁業を主な稼業としており、地域で密接に連携して約600人が生活している。近年の都市から押し寄せる圧力にも負けず、彼らは伝統的な生活様式や豊かな自然を守り、次世代の子ども達に残そうとしている。2009年からDalaaの活動を開始し、村人や子ども達と有効な活動を続け、大きな成果を出している。まず環境問題について意識し始め、若い世代が地元の価値を再認識し、貴重な自然の資源や暮らしを残していきたいと考えるようになり、いかにそれを守れるか考え始めている。2011年からは村の向かい岸、マングローブ森の真ん中にKlong Toh Lem Academyというオルタナティブスクールを開校。毎週日曜日に7-12才の約20名の子ども達が環境や地元の価値、知恵、言語などを学んでいる。これまでに学校のメインの建物と他の必要な設備は村人と国際ボランティアによって整備してきた。言語に関しても、子ども達の英語力は低く、正確な発音と正しいアクセントが出来ておらず、簡単な英単語や短い文章、アルファベットしか知らない。子ども達に英語を学ぶことが楽しいと思ってもらえるような授業を提供したい
●仕事:地元小学校におけるノンフォーマル英語教育。Klong Toh Lem Academyのサポート。環境の大切さを学ぶ場作り。子ども達との自然の中へ遠足を企画。マングローブ植林。村の子どもに向けた楽しいアクティビティ企画など
●宿泊:ドミトリー。寝袋必要。Wi-fiあり
●場所:タイ南部Satun県La Ngu郡Kok Payom村

DALAA/1301MLTV  Kok Riang  1ヶ月↑  農  6
●背景:自然保護や社会運動を長年行ってきたLung Jeang氏が所有する土地での無農薬農業チャレンジ。野菜、米、地元の季節のフルーツなどを育てている。彼は周辺のコミュニティの人々、特に若い世代に健全な食品を育てることや良いアイディアを出し合えて学べる場所を作りたいと考えている。今や人々は市場で何でも手に入り、便利な方法に慣れてしまったが、多くの食品会社が危険な薬品や殺虫剤を含んだ食品を販売し、結果的に健康問題を引き起こすことを認識してない。Dalaaではこのプロジェクトに関わることは団体にとってもボランティアにとっても意味があることだと考え、持続可能で独立的な生き方について学ぶ良い機会だと捉えている。更に地元やその近隣のコミュニティ内で有機農業実践者を増やす機会にもなる。国際ボランティア活動は技術を伝え地域を活気づけるという点で彼や地域をサポートし、村の中で無農薬農法の考え方を広める手助けになると考えている
●仕事:菜園での活動(野菜や果物の樹の苗床作り、収穫など)。動物の餌やり。プロジェクトコーディネーターの活動のサポート。寺や家、ボランティアサービスセンターで地元の子どもや学生グループなどの訪問者に向けてアクティビティ運営。センターの掃除や調理など
●宿泊:ボランティアハウス。Wi-fiあり
●場所:タイ南部Songkhla県Klong Hoy Khong郡Baan Kok Riang

DALAA/1402MLTV  Koh Sukorn  1ヶ月↑  農・子  4
●背景:Sukorn島はタイ南部に位置するイスラム教徒の小さな島。Baan LeamとBaan Toongという2つの村でプロジェクトを展開する。島の主な収入源は漁業やゴム農園、米・スイカ・トウモロコシ・その他の季節の野菜などの農業、畜産である。特にスイカは甘くておいしいと有名。島民は気前よく、今でもお互いを助け合う文化が残っている。ここ数年、2つの村のうち1つは伝統的な価値観や自給自足の生活を捨てて街からの便利な生活にシフトしてしまっている。地元の米の品種改良や農協を組織化しながら伝統的な生活スタイルや稲作を含めた農業を守りたいと考えている
●仕事:農作業(8-9月は田植え・種まき・苗床作り、10月は稲の植え替え・スイカ植えと稲作、11月はスイカ収穫と稲作、12月は米収穫、1-3月は水田の準備、コンポスト作りとスイカ植え)。12月に行われる地元産作物・製品を知ってもらうためのBergfah Andaman Festival運営。5-12才の生徒約40人が在籍する小学校でのノンフォーマル英語教育。村の子どもに向けた放課後の課外授業やアクティビティ企画など
●宿泊:ホームステイ。食事提供。寝袋必要
●場所:タイ南部Trang県Palian郡Sukorn島。島には政府が運営する幼稚園1つと1-6年生までの小学校が2校、病院と警察署もある。Hat Yai郡から公共交通機関で4時間の距離
●備考:4-7月は受入不可

DALAA/1601MLTV  Withee Tai Community  1ヶ月↑  教  5
●背景:自由主義的な夢を持つ家族が自分達の子どもや興味を持った村のメンバーにオルタナティブ教育を提供。ボランティアを受け入れ、その教育活動の手助けをしてもらいながら、彼らの生活スタイルに調和して家族として過ごして欲しいと考えている。彼らは身も心も既存の社会から自由でいたいという進歩的な考え方の下で新しいコミュニティを目指している。このコミュニティは隣接する村々で成り立っており、このエリアでの社会生活や生き方に積極的かつ責任を持っている。仏教の医療施設Mor Keawを見つけ、彼らの伝統的な健康法や農法などの知恵を授かりたいと活動を共にしている
●仕事:センターの活動の企画と参加。食料採取や料理、掃除などの日常的な活動の手伝い。村民の活動への参加。Mor Keaw代替医療センターと健康&家族キャンプを企画・運営のサポート。月1回コミュニティメンバーとの対話を通し学習過程など様々な理解を深める。ヨガやウォーキング、議論などを通して精神力を養う。アートキャンプや収穫祭、遠足、ヨガやガーデニング参加。新たなイベントの企画など
●宿泊:ホームステイ、ドミトリー。食事提供。寝袋必要。Wi-Fi一部使用可
●場所:タイ南部Nakon Sri Tammarat県Cha-uat郡。Hat Yai郡から電車で3時間の距離

DALAA/1702MTV  Koh Nangkham  1ヶ月↑  子・教  3
●背景:Baan Koh Nangkham Nua村は、池に浮かぶ小さなムスリムの島。水に囲まれたこの村に住む人々の多くは漁師だが、ゴムやパーム農業、果樹園経営やエビの養殖で生計を立てている者、地元のデザートの販売や果樹の保護をして収入を得る者もいる。地域の公立小学校は1956年に開かれ、幼稚園生から小学6年生までの生徒146名と12名の教師が在籍。授業方法を改善する必要性を感じていたこの学校の校長・Somhit Chobngam氏(通称Crue Chem)は、国際ボランティアの可能性に目を留め2015年DaLaaとコンタクトを取った。彼は子どもがボランティアとのアクティビティを通して自然に言語や文化について学んでほしいと望み、DaLaaはそれに応えて2週間の短期ボランティアを2015年から年1回ずつ実施した。さらに教育サポートの強化を図るため、2017年より中長期ボランティアを受け入れている。プロジェクトの主な目的は、生徒や村人が学習する手助けをし、創造的なアクティビティを子ども達と行うことにある。代わりにボランティアはSongkhla池の漁師たちのライフスタイルを学ぶことができる。タイの田舎の村に住む子ども達は、英語を学ぶ重要性とプレッシャーを感じている反面、外国人とかかわりを持つ機会はほとんどない。国際ボランティアとアクティビティをすることで、子ども達に文化の多様性や英語を学ぶモチベーションを持たせたい。また、国際ボランティアが漁師と交流することはボランティアが彼らの生活を学ぶだけでなく、彼らが地域の知識や知恵を維持するモチベーションにもつながる。ボランティアの存在は漁師と子どもを結びつけるきっかけにもなると期待している
●仕事:英語教育。異文化学習。地元の文化への理解促進。村人やコミュニティとの良好な関係構築など
●宿泊:ホームステイまたは学校泊。一部食事提供。寝袋必要。インターネット環境あり
●場所:タイ南部Pattalung県Koh Nang Kham。タイ最大の池沼であるSongKhla池の中部に近いBaan Koh Nagkhan Nua村
●備考:3-4月は受入不可。最長6ヶ月

DALAA/1704MTV  Lang Ai Mee Community  1ヶ月↑  環・子・教  4
●背景:Cha Uat川流域に位置するLang Ai Meeコミュニティは、地域社会や環境と世界において調和のとれた関係を維持するための活動をサポートするボランティアを求めている。森林保護に努めていることにより、谷から継続的にきれいな水が流れている。過去に森林を国立公園とすることを宣言し、彼らをその場所から撤退させようとした政府との戦いは、このコミュニティの森林保護への意志を強固にした。2002年に森林、動物、水を維持するためにTon Rak Paa Ton Namグループを発足し、現在157家族463人が在籍している。今日、彼らは環境を守ることが可能であることを積極的に示している。また、警察の国境警備隊とタイの新しい王様の姉妹により始められた新しい学習施設は、地元の子ども達の教育のサポートをしている
●仕事:学習施設(学校)での言語教育、異文化理解教育、子どもへのアクティビティ提供。地元グループのサポート。地元の文化や職業(フルーツやゴム農家など)に関するアクティビティへの参加と交流。森林と流域の保護(川の近くで植林、種を探すなど)。森林から加工食品を作る女性のグループへの参加など
●宿泊:ホームステイ。食事提供。寝袋必要。学校にインターネット環境あり
●場所:タイ南部Nakorn Sri Tammarat県Cha-uat郡
●備考:3-4月、10月は受入不可。最長6ヶ月

DALAA/1801MTV  SOS Kindergarten  1ヶ月↑  教・子  3
●背景:SOS幼稚園はマレーシア国境近くのSongkhla県Patongの小区域、Tunglung村に位置するSOS Children’s Village-Hatyaの一部である。近隣に住む3-6才の子どもを対象にしており、現在60人の子どもと4人の先生が在籍している。そのうちの10人がSOS Children’s Villageから通う子どもである。幼稚園は平日の8-15時に開園している。SOS Children’s Villageは独立したNGOであり、親のいない、もしくは育児放棄されている子どもや生活が困難な状況にある家族を支援している。この団体はしっかりとした協力や保護が受けられる家族環境の下でこそ、子ども達がのびのびと完全に能力を引き出すことができると信じており、これの実現に努めている。SOS Children’s Villageには1つ屋根の下に年齢の異なる約10人の子ども達が住み、施設のお母さんの手厚い保護と世話を受けている。こういった家が全部で12軒ある。ここの子ども達は村の外にある普通の学校に通い、将来大学まで修学する、もしくは仕事を見つけるなどして巣立っていく。そして新しい子どもがまた連れられてくる仕組みになっている。DaLaaは2015年にここの子ども達のためのEnglishキャンプへ招待されたことをきっかけに、定期的にSOS Children’s Villageとアクティビティを開催している。さらに、SOS Village 出身の10代後半の若者たちが時間の空いている時にDaLaaのワークキャンプに参加できるよう計らっている
●仕事:SOS幼稚園とSOS子ども村のサポート。子供たちとの国際・異文化交流。地域の子供たちの英語スキルの上達の手伝い。3-6才の子どもたちのクラスでのクリエイティブ・アクティビティ(1日約3-4時間)の企画。給食準備など
●企画:SOS Villageに住む年齢が上の若者向けの週末アクティビティの主催(10月)。DaLaaの活動参加など
●宿泊:ホームステイ。Wi-fiあり
●場所:タイ南部Songkhla県Patong。Hatyai郡から30分の距離
●備考:3-4月は受入不可。最長6ヶ月

DALAA/1901MTV  Wat Pho Thawad  1ヶ月↑  教・子  2
●背景:タイ南部Phatthalung県にある人口450人の仏教村、Baan KokphoのWat Pho Thawad学校はとても小さい学校である。他の多くの村と同様に学校は地域の寺に設置されており、50年前に前住職により開校されたという背景を持つ。現在49名の生徒と政府から派遣された4名の教師、校長、寺から財政支援を受けているもう2人の教師が在籍している。タイでは5月に学年度が始まり、3月に終了する。大多数の村民が農場(ゴム・米・フルーツ農園など)で働くことによって生計を立てている。Wat Pho Thawad学校の校長はDaLaaについて学び、当団体の意義や価値観、国際ボランティア活動に対して共感と信頼を示してくれている。2018年に既に2回の2週間ワークキャンプ(1・7月)を開催しており、大成功を収めている。好評により、また活動の改善のため中長期ボランティアのプロジェクトも迎えることを決めた。今回は一定期間滞在をする中長期ボランティアならではの特性を活かし、49人の幼稚園から小学6年生(5-12才)の生徒を対象に英語の授業や他の楽しいアクティビティの手伝いをお願いしたい。生徒の英語のスキルはとても乏しく、外国人とも慣れ親しめていない。ボランティアはそういった子どもたちの教育のサポートができるとともに、地域の生活スタイルを経験し、他の国際ボランティアや村民たちと異文化交流ができるだろう。また、2月の中旬には国際ワークキャンプの運営の手伝いや参加をすることができるだろう
●仕事:1-6年生のクラスでの活動やクリエイティブ・アクティビティの企画。学外活動として、地域の生活スタイルの学習会の参加や共通アクティビティの企画。2/10-23に開催される国際ワークキャンプをDaLaaのキャンプリーダーとともに運営・参加など
●宿泊:ホームステイ、学校・寺院周辺での宿泊可(男性参加者のみ)。寝袋必要。2食提供
●場所:タイ南部Pattalung県Muang郡Tha-kae、Baan Kokpho
●備考:3-4月は受入不可


運営団体:VSA

2008年に活動を開始したVolunteer Spirit Association。すべての人々が、互いに尊重しあいながら暮らしていける、という理念を、ボランティアワークを通じて提供したいと思っている。毎月1日開始。5日間のオリエンテーションあり。追加登録費は1ヶ月で14,000バーツ(=約49,000円)、2ヶ月で26,000バーツ(=約91,000円)、3ヶ月で38,000バーツ(=約130,000円)、それ以降は10,000バーツ(=約35,000円)/月で現地払い

プログラム情報

VSA/MLTV01-1  ICL Songkhla  1ヶ月↑  教・子  4
VSA/MLTV01-2  ICL Nakhon Ratchasima  1ヶ月↑  教・子  2
●背景:このプロジェクトでは文化、言語の共有と学習を主な目的とする。ボランティアは学校で文化や言語、知識を地域の人々や子どもと一緒に共有し学習することが出来る。また、地域で働くことによってタイについてより知ることが出来る。今日、世界共通語である英語と異文化理解が、観光の国であるタイの人々とって特に重要になっている。このプロジェクトはVSAによって始められ、以後8年間成果を上げており、貧しい地域で暮らす学校の子ども達に学びなど様々な機会を与えている。多くの地元の人はボランティアのグループと一緒に英語力を向上させ、英語が話せなくても外国人と勇気を持って向き合い、働こうとするなど、英語をより話そうとする努力をしている。加えて、ボランティアは地域コミュニティを良い方向に変えてきた。地元の人々は外国人ボランティアから新たな文化の生活様式を学び、受け入れ、取り入れる機会を持つ。過去のボランティアが行ってきた地元コミュニティの発展を引き続き持続させ、子どもや地元の人々の手助けをしてくれるボランティアを必要としている。彼らには英語やその他の言語、また、異文化を学んでもらいたい。また一方でボランティアは、地域に暮らすことで、地元の料理、交通機関、仕事、文化を知る機会を得ることが出来る
●仕事:小学校でクリエイティブ・ティーチングやティーチング・アクティビティ(ゲーム・歌・昔話・ダンスなど)を用いた英語授業。コミュニケーション(スピーキング・リスニング)を重視した英語授業など
●宿泊:ホームステイ。食事提供
●場所:MLTV01-1)Songkhla県Hat Yai郡。首都Bangkokから飛行機で約1時間半、バスで約14時間、電車で11-14時間の距離。MLTV01-2)Nakhon Ratchasima県、Ban Krogluek School。首都Bangkokからバスで約3時間半、電車で11-14時間の距離
●備考:MLTV01-2) 6-9月、11-2月で受入可

VSA/MLTV01-3  ICL Krabi  1ヶ月↑  教・子  2
●背景:Ban Sapanpon小学校はKrabi県にある60-70人の生徒が在籍する小さな学校である。この学校はKrabi県のビーチや海といった観光地から離れた場所に位置する。そのため学校周辺の大多数の住民や生徒たちは異文化や英語を学ぶ機会を持てずにいる。外国人ボランティアを招き、生徒と活動をしてもらうこのプロジェクトはそういった機会を与える絶好の機会である。また、ボランティアの存在は子供たちに英語での会話を挑戦させるよいきっかけとなる。ボランティア自身も地域のコミュニティを通してタイについてより深く学べる。このように文化・言語・知識をお互いに学び合い共有することがプロジェクトの第一目的である。現在、このプロジェクトでは過去のボランティアが行ってきた地元コミュニティの発展を引き続き持続させ、子どもや地元の人々の手助けをするためのボランティアを必要としている。英語やその他の言語、異文化を学んでもらいたい。また一方でボランティアは、地域で暮らすことで、地域の料理や交通機関、仕事、文化を知る機会を得ることが出来る
●仕事:小学校でクリエイティブ・ティーチングを用いた英語授業。7-18才の生徒対象のアクティビティ(ゲーム・歌・昔話・美術・パフォーマンスなど)を活用したコミュニケーション(スピーキング・リスニング)重視の英語授業。農作業など
●宿泊:ホームステイもしくは学内の教師寮。食事提供
●場所:Krabi県、Ban Sapanpon School。首都Bangkokから飛行機で約1時間30分、バスで約14時間の距離
●備考:6-9月、11-2月で受入可

VSA/MLTV01-4  EDC Sakon Nakhon  1ヶ月↑  教・子  4
●背景:Rajaprajanugroh 53 SchoolはSakon-Nakhon県の田舎にある貧しくて恵まれない子ども達のための学校である。学校は王室財団下にあり、親のいない子どもや貧しい家族の子ども、人里離れた集落に住む子ども達に教育や食事、寮を提供している。小学生(7才)から高校生(18才)の間在学することができる。ボランティアはお互いの国や文化、言語、知識などを地域のコミュニティや子ども達と共有し学び合うことができる。同じ場所で活動する者同士でも如何にお互いが違うかということを実感できるだろう。また地域での活動を通して、よりタイについて知る良い機会となるだろう。今までに素晴らしいボランティア達がこのプロジェクトを訪れ、子ども達や地域の人々に良い機会を与えてくれてきた。たくさんの人たちが多くのボランティアグループとの触れ合いを通じて英語のスキルに磨きをかけ、英語でより会話しようと挑戦してきた。英語が話せずとも、地域の人々は外国人と触れ合い、一緒に働いてきた。またボランティア達との触れ合いを通じて、彼らは外国人への信頼を深め、生き生きと生活することができるようになった。彼らは、ボランティアとの生活から新しい文化を取り入れた生活様式を学び、受け入れ、取り入れる機会を持つことができている。現在、このプロジェクトでは過去のボランティアが行ってきた地元コミュニティの発展を引き続き持続させ、子どもや地元の人々の手助けをするためのボランティアを必要としている
●仕事:小学校と高校でクリエイティブ・ティーチングを用いた英語授業。7-18才の生徒対象のアクティビティ(ゲーム・歌・昔話・美術・パフォーマンスなど)を活用したコミュニケーション(スピーキング・リスニング)重視の英語授業など
●宿泊:学生寮もしくは教師寮。食事提供
●場所:Sakon Nakhon県、Rajaprajanugroh 53 School。首都Bangkokから飛行機で約1時間、バスで8-13時間
●備考:6-9月、11-2月で受入可

VSA/MLTV01-5  EDC Khon Kaen  1ヶ月↑  教・子  4
●背景:Rajaprajanugroh 50 SchoolはKhon Kaen県の田舎にある貧しくて恵まれない子ども達のための学校である。学校は王室財団下にあり、親のいない子どもや貧しい家族の子ども、人里離れた集落に住む子ども達に教育・食事・寮を提供している。現在829人の生徒が在籍する。彼らは小学生(7才)から高校生(18才)の間在学することができる。ボランティアはお互いの国や文化、言語、知識などを地域のコミュニティや子ども達と共有し学び合うことができる。同じ場所で活動する者同士でも如何にお互いが違うかということを実感できるだろう。また地域での活動を通して、よりタイについて知る良い機会となるだろう。今までに素晴らしいボランティア達がこのプロジェクトを訪れ、子ども達や地域の人々に良い機会を与えてくれてきた。たくさんの人たちが多くのボランティアグループとの触れ合いを通じて英語のスキルに磨きをかけ、英語でより会話しようと挑戦してきた。英語が話せずとも、彼らは外国人と触れ合い、一緒に働いてきた。またボランティア達との触れ合いを通じて、彼らは外国人への信頼を深め、生き生きと生活することができるようになった。彼らは、ボランティアとの生活から新しい文化を取り入れた生活様式を学び、受け入れ、取り入れる機会を持つことができている。現在、このプロジェクトでは過去のボランティアが行ってきた地元コミュニティの発展を引き続き持続させ、子どもや地元の人々の手助けをするためのボランティアを必要としている
●仕事:小学校と高校でクリエイティブ・ティーチングを用いた英語授業。7-18才の生徒対象のアクティビティ(ゲーム・歌・昔話・美術・パフォーマンスなど)を活用したコミュニケーション(スピーキング・リスニング)重視の英語授業。放課後のアクティビティの企画と参加など
●宿泊:学生寮もしくは教師寮。食事提供
●場所:Khon Kaen県、Rajaprajanugroh 50 School。首都Bangkokから飛行機で約1時間、バスで約6時間、電車で7-9時間の距離
●備考:6-9月、11-2月で受入可

VSA/MLTV01-6  EDC Satun  1ヶ月↑  教・子  4
●背景:Rajaprajanugroh 42 SchoolはSatun県の田舎にある貧しくて恵まれない子ども達のための学校である。学校は王室財団下にあり、親のいない子どもや貧しい家族の子ども、人里離れた集落に住む子ども達に教育や食事、寮を提供している。現在919人の生徒が在籍する。彼らは小学生(7才)から高校生(18才)の間在学することができる。ボランティアはお互いの国や文化、言語、知識などを地域のコミュニティや子ども達と共有し学び合うことができる。同じ場所で活動する者同士でも如何にお互いが違うかということを実感できるだろう。また、地域での活動を通して、よりタイについて知る良い機会となるだろう。今までに素晴らしいボランティア達がこのプロジェクトを訪れ、子ども達や地域の人々に良い機会を与えてくれてきた。たくさんの人たちが多くのボランティアグループとの触れ合いを通じて英語のスキルに磨きをかけ、英語でより会話しようと挑戦してきた。英語が話せずとも、彼らは外国人と触れ合い、一緒に働いてきた。またボランティア達との触れ合いを通じて、彼らは外国人への信頼を深め、生き生きと生活することができるようになった。彼らは、ボランティアとの生活から新しい文化を取り入れた生活様式を学び、受け入れ、取り入れる機会を持つことができている。現在、このプロジェクトでは過去のボランティアが行ってきた地元コミュニティの発展を引き続き持続させ、子どもや地元の人々の手助けをするためのボランティアを必要としている
●仕事:小学校と高校でクリエイティブ・ティーチングを用いた英語授業。7-18才の生徒対象のアクティビティ(ゲーム・歌・昔話・美術・パフォーマンスなど)を活用したコミュニケーション(スピーキング・リスニング)重視の英語授業。放課後のアクティビティの企画と参加など
●宿泊:学生寮もしくは教師寮。食事提供
●場所:Satun県、Rajaprajanugroh 42 School。首都Bangkokからバスで約16時間の距離
●備考:6-9月、11-2月で受入可

VSA/MLTV01-7  EDC Buriram  1ヶ月↑  教・子  4
●背景:Rajaprajanugroh 51 SchoolはBuriram県の田舎にある貧しくて恵まれない子ども達のための学校である。学校は王室財団下にあり、親のいない子どもや貧しい家族の子ども、人里離れた集落に住む子ども達に教育・食事・寮を提供している。現在813人の生徒が在籍する。彼らは小学生(7才)から高校生(18才)の間在学することができる。ボランティアはお互いの国や文化、言語、知識などを地域のコミュニティや子ども達と共有し学び合うことができる。同じ場所で活動する者同士でも如何にお互いが違うかということを実感できるだろう。また地域での活動を通して、よりタイについて知る良い機会となるだろう。今までに素晴らしいボランティア達がこのプロジェクトを訪れ、子ども達や地域の人々に良い機会を与えてくれてきた。たくさんの人たちが多くのボランティアグループとの触れ合いを通じて英語のスキルに磨きをかけ、英語でより会話しようと挑戦してきた。英語が話せずとも、彼らは外国人と触れ合い、一緒に働いてきた。またボランティア達との触れ合いを通じて、彼らは外国人への信頼を深め、生き生きと生活することができるようになった。彼らは、ボランティアとの生活から新しい文化を取り入れた生活様式を学び、受け入れ、取り入れる機会を持つことができている。現在、このプロジェクトでは過去のボランティアが行ってきた地元コミュニティの発展を引き続き持続させ、子どもや地元の人々の手助けをするためのボランティアを必要としている
●仕事:小学校と高校でクリエイティブ・ティーチングを用いた英語授業。7-18才の生徒対象のアクティビティ(ゲーム・歌・昔話・美術・パフォーマンスなど)を活用したコミュニケーション(スピーキング・リスニング)重視の英語授業。放課後のアクティビティの企画と参加など
●宿泊:学生寮もしくは教師寮。食事提供
●場所:Buriram県、Rajaprajanugroh 51 School。首都Bangkokから飛行機で約1時間、バスで約5-6時間、電車で6-8時間の距離
●備考:6-9月、11-2月で受入可

VSA/MLTV01-8  TSU  1ヶ月↑  教  4
●背景:Thaksin Universityはタイ南部、Songkhla県のMueang Songkhlaにある公立大学である。以前はSrinakharinwirot Universityの分校であったが成長のすえ、1996年9月1日より独立した大学となった。‘南’という意味を持つThaksinという名は王陛下の勅令により慈悲深く容認されたという背景を持つ。この大学の目的はタイ南部の文化を発展さることや守ることにある。一般的に大多数のタイの大学生は英語を話すことができない。しかし、このプロジェクトは生徒にとって外国人と触れ合う大きなきっかけとなる。今日では、英語だけではなく文化の多様性を学ぶことも重要となってきている。生徒には外国人とのコミュニケーションの中で、内気な部分を克服し様々な文化を学んで欲しい
●仕事:Thaksin University、Faculty of Economics and Business AdministrationのDepartment of Economicsに所属。Economicsの生徒とともにSocioeconomic and Cultural Learning Programmeという英語のアクティビティに参加。自国や故郷の紹介、経済面(重要な産業や主な輸出など)、社会・文化面(挨拶の仕方や余暇活動、食文化など)、自身の興味のあるトピック(スポーツや観光、人生経験など)について写真などを使いながらの講義。学部2-4年生のいくつかの授業に参加。野外活動や社会科見学。教師対象の英会話教室など
●宿泊:学内の寮。食事提供
●場所:タイ南部Songkhla県、Thaksin University。首都Bangkokから飛行機で約1時間半、バスで約14時間、電車で11-14時間の距離

VSA/MLTV01-9  Somdejya  1ヶ月↑  教・農・文  4
●背景:Bodhivijalaya College Srinakharinwirot University のSomdejya Learning Community Demonstration Schoolは貧しい家庭や山奥の人里から隔絶された場所に住む山岳民族(Karen、Hmong民族)のためのオルタナティブスクールであり学習センターである。この学習センターでは無料で教育や寮、食事、職業訓練などの提供を、彼らの文化を保護することと同様に重視して行っている。この施設では自然生物との触れ合い、オーガニック食品の栽培を取り入れるなど形式にとらわれない教育を行っている。生徒たちは教室でだけでなく、農業や自然生物を通じてRama9世王のSufficiency Economy論を学んでいる。タイでは、都市部と田舎地域での生活や文化面での差が未だに残っている。そういった田舎の地域に住む子ども達や住人のために、ボランティアにはグローバルの側面に触れさせることや、自然環境・文化・貧困・人権におけるグローバルとローカルの立場改善への取り組み、地域のNGO団体のサポート、地域の自給自足・人材開発のサポート、友情・理解・世界と地域の若者同士の結束強化などに取り組んで欲しい
●仕事:Creative Teachingやコミュニケーション(スピーキング・リスニング)を重視するTeaching Activity(ゲーム・歌・昔話・ダンス)を用いた英語の授業。職業訓練農場での農業・畜産訓練に参加。地域(寺・滝・国立公園など)の清掃活動など
●宿泊:学内の寮、ドミトリー。食事提供
●場所:Chiang Mai県Mae Chaem郡、Somdejya Learning Community Demonstration School。首都Bangkokから飛行機で約1時間半、バスで約11時間、電車で11-14時間の距離
●備考:6-9月、11-2月で受入可

VSA/MLTV02  Peace Village  1ヶ月↑  教・農  6
●背景:このプログラムは2011年よりPeace Villageにて始動した。ここは全ての人に門戸を開いており、実行から学ぶことや国際コミュニティでの生活を通じて学習することを主な目的としている。お互いの国や国民性、文化などを授業だけでなく実際の生活で学ぶことができる。こういった学習環境では出身地が同じ者同士でもお互いの違いや個性を学んでいくことができる。Peace VillageはSongkhla県の農村地域、Ban Ton Sanにある。主な産業としてゴム栽培が盛んであり、村民の大多数が仏教徒である。Peace Villageの特徴としてスローライフや自然に即した生活、国際コミュニティでの生活、実行から学ぶ、文化の多様性を掲げている
●仕事:学校でCreative Teachingを用いた英語授業。VSA Learning Homeにて寮とミーティングスペースの清掃。建物建設と塗り替え。Suan Plak Waa Farmにて添加物の入ってない食品、野菜についての学習など
●宿泊:ホームステイもしくはVSA Learning Homeに滞在。食事提供(ホームステイ)もしくは共同自炊(VSA Learning Home)
●場所:Songkhla県Hat Yai郡の学校、VSA Learning Home、Suan Plak Waa Farm。首都Bangkokから飛行機で約1時間半、バスで約14時間、電車で11-14時間の距離

MLTV03-1  Rescue Team Assistant  1ヶ月↑  福  2
●背景:Mittraparb Samakee Foundation(Thong Sia Siang Teung Foundation)1956年に設立され、それから62年間Hat Yai地域支えてきた。この財団は火災や洪水、暴風による被害などに対応するために設置された。スタッフは緊急時に備えて24時間体制で救援準備を整えている。専従スタッフもボランティアも、救援活動の前によく訓練されているため救援のプロフェッショナルである。市街地では日頃から様々な事故が発生している。Hat Yai郡はタイ南部の経済の中心を担うエリアであるため、特にお祭りイベントがある日はたくさんの人が集まるため事故が多い。Hat Yai郡へはマレーシアとシンガポールからの観光者が一番多いが、タイのボランティアの大多数は英語でコミュニケーションをとることが出来ない。そのため外国人ボランティアとの活動は、彼らにとって母国語でない言語でコミュニケーションをとることに挑戦する良い機会になる。さらにこのプロジェクトでは、現地スタッフと海外ボランティアが救助隊についての経験や知識を共有し学び合うことを目標としたい
●仕事:応急処置チームとして活動。事故患者の搬送、病院で処置後に患者の家までの送迎、事故や緊急事態に巻き込まれた人々の救援活動など
●宿泊:ホームステイ。食事提供
●場所:Songkhla県Hat Yai郡、Mittraparb Samakee Foundation。首都Bangkokから飛行機で約1時間半、バスで約14時間、電車で11-14時間の距離
●資格:応急処置訓練の経験必要

VSA/MLTV03-2  Folklore Museum  1ヶ月↑  文・教  2
●背景:The Institute for Southern Thai Studies, Folklore MuseumはKoh Yor(Yor島)にある眺めの素晴らしい丘の上にある。The Institute for Southern Thai Studiesのスタッフは伝統や文化の維持や学問的な仕事、研究に務めている。ここには5万点を超える歴史的な展示品を所有する民族学博物館も併設されている。観光場所であるため、国内外から多くの人が訪れる。ここには外国人とコミュニケーションをとれるスタッフが何人かいるが、海外のボランティアと英語で話すことや異文化交流を行うことはとても良い機会であり、彼らのモチベーションアップともなる
●仕事:タイ南部の文化についての学習。博物館内のツアーガイド研修の受講。訪れた人のために英語の説明文を他言語へ翻訳・説明。所蔵品の手入れ。博物館スタッフへ英語のレクチャーなど
●企画:広報活動のサポートや準備(ビデオ・ドキュメンタリー・パンフレット・インターネットの観光案内ページの作成など)。地域の小学校や大学での英語授業。地域や公共機関の社会活動への参加など
●宿泊:博物館内の寮。食事提供
●場所:Songkhla県Mueang Songkhla群Yor島、Institute for Southern Thai Studies, Folklore Museum。首都Bangkokから飛行機で約1時間半、バスで約14時間、電車で11-14時間の距離

VSA/MLTV03-3  Buddhism Community  1ヶ月↑  文・教  4
●背景:Wat Pa Rattaphum Templeは地域の寺院として、日々人々に座禅や仏教を学ぶ場所を提供している。人々は座禅を学ぶために一日滞在のみでなく長期滞在もできる。ここへはタイ国内からだけではなく、アジアやヨーロッパなどの国外からも座禅を学ぶために人々が訪れる。僧侶にとって学習者とコミュニケーションをとることはとても重要である。英語でスムーズにコミュニケーションがとれる僧侶はいるものの、他の僧侶や尼僧が英語力を向上するために海外ボランティアの存在は必要である。また、毎日手伝いで寺院に訪れる地域の人も英語を学ぶことが出来る。さらに海外ボランティアも仏教や文化、伝統などを地域コミュニティや寺院などの新鮮な環境下で学ぶことができる
●仕事:寺院やコミュニティの活動のサポート。仏教の学習。座禅への参加。僧侶や地域の学校での英語授業など
●企画:寺院での英語の授業。地域の学校での英語授業(6-9月と11-2月の参加の場合)。寺院の修復と清掃。儀式や祭式の準備など
●宿泊:寺院内。共同自炊
●場所:Songkhla県Hat Yai郡、Wat Pa Rattaphum Temple。首都Bangkokから飛行機で約1時間半、バスで約14時間、電車で11-14時間の距離

VSA/MLTV04  Farm Stay  1ヶ月↑  農・環  4
●背景:このプロジェクトでは、Songkhla県の有機農場、Suan Plak Waa Farmと共催している。この農場は地域の家族によって彼らの家の周りに作られている。ここではSufficiency Economy論を実践していると言えるだろう。自身で食べるために牛や豚、鶏、魚を飼育し、いくつかの野菜を栽培している。余ったものは小さな家庭に足りる分の収入のためだけに市場で売っている。世界の食の問題は拡大し続けている中、VSAは食料の自給自足は重要であると考えている。そして我々は地域の家族で管理されている小さな有機農場が有機農場ネットワークを形成していることを発見した。現在、ボランティアとともに‘自分で食べるものを育て、自分で育てたものを食べる’を実践する農場をサポートし、こういった農場の食品を食べている。ここではボランティアがそれぞれの国の様々な栽培方法を学び、共有することができるだろう。2017年から始まったSuan Plak WaaFarmとのパートナー関係において、VSAは海外ボランティアを段階的に送ってきた。いつかSuan Plak Waa Farmが有機農業を学ぶための国際的な学習センターへと成長することを願っている
●仕事:土壌・植物の世話。家畜(牛・豚・鶏)の世話。家畜の糞からバイオガスの生成。シャンプーや石鹸づくりなど
●宿泊:農家にホームステイ。食事提供
●場所:Songkhla県Hat Yai郡、Suan Plak Waa Farm。首都Bangkokから飛行機で約1時間半、バスで約14時間、電車で11-14時間の距離

VSA/MLTV05  Media Content Creator  1ヶ月↑  他  2
●背景:VSAでは、今日でとても重要視されている広報の手段を持てていない。メディア・コンテント制作を行うボランティアはただ広報制作を担当するだけでなく、VSAが行っているプロジェクトについても学ぶ必要がある。現地で支援活動をし、国際ワークキャンプなどに直接的に関わり、広報材料の情報収集をしながらプロジェクトについて学んでいってほしい。制作された広報手段は、最近の国際ボランティア活動やボランティア精神、国際ボランティアと地域との協力、タイ国内の各地域の成長、国際ボランティアネットワークなどについてVSAが発信していくために使われる
●仕事:マスメディアとの関係構築、PR記事、ソーシャルメディア、会報誌、パンフレット、カタログ、イベント参加、講演、スポンサーシップ・パートナーシップ構築など。VSAチームと活動計画を作るところから始まり、VSAのプロジェクトや国際ワークキャンプの現地にて活動、情報収集。情報収集後は基本VSAオフィスにて広報制作。制作される広報ツールはボランティアのスキルがベースとなる(写真、記事、ビデオクリップ、グラフィックデザイン、フォトショップ、写真編集、ウェブサイト更新・デザイン、検索エンジンの最適化など)
●宿泊:基本的にVSAオフィスのドミトリー(情報収集中は現地のワークキャンプやプロジェクトのドミトリー)。食事提供
●場所:Songkhla県Hat Yai郡、VSAオフィス。首都Bangkokから飛行機で約1時間半、バスで約14時間、電車で11-14時間の距離
●資格:広報ツールのスキルが最低1つ必要
●備考:ポートフォリオ提出必要。オンライン面接あり。最長2ヶ月。基本的な機材(カメラ・三脚・コンピューター)は使用可


 

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

タイ&カンボジア

運営団体:VSA&CYA

VSAは2008年に活動を開始したタイのNGO、すべての人々が、互いに尊重しあいながら暮らしていける、という理念をボランティアワークを通じて提供したいと思っている。CYAは2010年に創設されたカンボジアのNGO。若者がリーダーシップを持って活動し、世界のことを知ることを目標に活動を展開している

プログラム情報

VSA/SVB17  Suvarnabhumi  1ヶ月↑  教・環・農  4
●背景:タイVSAとカンボジアCYAによる共同プログラム。各地域の中長期ボランティアに参加することでその地域や活動先をサポートするだけでなく、参加者自身がそこから多くを学び、それらの活動を広めていくことが期待されています
●仕事:タイとカンボジアの各地域での活動。詳細は以下に記載
●資格:20才以上。2ヶ月間全参加できる方のみ受入可(タイとカンボジアは各1ヶ月間の参加)。禁酒・禁煙
●備考:6-9月、11-2月で受入可。毎月1日にタイのプログラムから開始、翌月30日にカンボジアで終了。5日間のオリエンテーションあり。追加登録費27,000バーツ(=約95,000円)は現地払い

それぞれの活動詳細は以下の通り
①タイ  ICL Nakhon Ratchasima  1ヶ月  教・子
●背景:文化と言語の共有と学習が主な目的。ボランティアは学校で文化や言語、知識を地域の人々や子どもと一緒に共有し、学習することが出来る。また、地域で働くことによってタイについてより知ることが出来る。今日、世界共通語である英語と異文化理解がタイの人々とって、特に観光の国として重要になっている。このプロジェクトがVSAによって始められ、以後8年間成果を上げており、貧しい地域で暮らす学校の子ども達に学びなど様々な機会を与えている。多くの地元の人はボランティアのグループと一緒に英語力を向上させ、英語が話せなくても外国人と勇気を持って向き合い、働こうとするなど、英語をより話そうとする努力をしている。加えて、ボランティアは地域コミュニティを良い方向に変えてきた。地元の人々は外国人ボランティアから新たな文化の生活様式を学び、受け入れ、取り入れる機会を持つ。過去のボランティアが行ってきた地元コミュニティの発展を引き続き持続させ、子どもや地元の人々の手助けをするためのボランティアを必要としている。英語やその他の言語とともに異文化も学んでもらいたい。また一方でボランティアは、地域で暮らすことで、地域の料理や交通機関、仕事、文化を知る機会を得ることが出来る
●仕事:小学校でクリエイティブ・ティーチングやティーチング・アクティビティ(ゲーム・歌・昔話・ダンスなど)を用いた英語授業。コミュニケーション(スピーキング・リスニング)を重視した英語授業など
●宿泊:ホームステイ。食事提供
●場所:Nakhon Ratchasima県、Ban Krogluek School。首都Bangkokからバスで約3時間半、電車で11-14時間の距離

②カンボジア  Global Education Center  1ヶ月  教
●背景:CYA Global Education Center(GEC)は、2016年に開始した非営利教育センター。地域の住民と若者に異なる文化や背景を持つ世界中から訪れた人々との交流する最初の機会や、インターネットと図書館の利用を通して言語・コンピューター・国際教育・情報へのアクセスなどを提供し、若者に無料のオルタナティブ教育を提供することを目標としている。現在、子ども達が自由にセンターを利用できるように庭やトイレ、教室の改修計画も進めている
●仕事:子どもへの英語教育。文化交流イベントの運営。施設マネージャーとスタッフによる地域プロジェクトのサポート。様々な文化を学び、共有することを目的とした地域住民との交流。村の家族のリアルな生活水準を理解するための地元の村の訪問など
●宿泊:ボランティアハウス。食事提供。WiFiあり
●場所:Siem Reap州


 

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

カンボジア

運営団体:CYA

Cambodia Youth ActionはインドネシアIIWC、タイDALAAの協力の下、2010年に創設された団体。若者が、リーダーシップを持って活動し、世界のことを知ることを目標に活動を展開します。ワークや運営の質が、多くのボランティアから高く評価されています。追加登録費350US$(=約39,000円)/月は現地払い。Phnom Penhにて約3日間のオリエンテーションあり

プログラム情報

CYA/LTV01  CYA  1ヶ月↑  事  3
●背景:Cambodian Youth Action(CYA)は2010年10月に設立、2014年11月に正式に登録された非政府・非営利団体。国際ボランティアを通して、自己の可能性や世界を広げる場を提供することを目指している
●仕事:広報活動(ポスター・ニュースレターの作成、ウェブサイト更新、プロモーションビデオ作成など)。プログラムの企画・運営。資金調達。ミーティングやワークショップへの参加など
●宿泊: オフィス付近の借家。原則、食事提供
●場所:Phnom Penh
●資格:英語初級

CYA/LTV02  CLC  1ヶ月↑  教・農  4
●背景:CYA Learning Center(CLC)は、田舎地方であるKampot州に位置する。退学生徒の増加という早急な対策が必要とされる課題を抱えている。またグローバル化に伴い、地域の文化も失われつつある。2014年に開始したこのプロジェクトでは、これらの課題に対して①地域の青少年により質の高い教育の提供、②文化遺産の保全・保護、③地域の人々の生活改善に努めている
●仕事:子ども達へ英語・ノンフォーマル授業。持続可能型文化・農業プロジェクトへの参加。活動内容の改善。地域の住民に対してハンドクラフトプロジェクトやワークショップの運営など
●宿泊:ボランティアハウス。食事提供
●場所:Kampot州。Phnom Penhから2時間30分の距離
●資格:英語初級

CYA/LTV03  GEC  1ヶ月↑  教  4
●背景:Global Education Center(GEC)は青少年へ無償のオルタナティブ教育を提供し、彼らの自身向上や将来の夢へのサポート、教育の提供を目的とする。同時にインターネットや図書館の利用が可能であるため、言語やコンピューター学習、グローバル学習・情報を得ることができるインターネットや図書館の利用を通しグローバルな教育や情報も無償で入手出来る
●仕事:子ども達へ英語・ノンフォーマル授業。活動内容の改善など
●宿泊:ボランティアハウス、食事提供
●場所:Svay Thom Village, Prasat Bakong, Siem Reap

CYA/LTV04  DCC  1ヶ月↑  教  2
●背景:Development of Cambodian Children(DCC)は2011年に内務省に登録されたプロジェクトであるが、2002年から子ども達を対象に英語・コンピューター授業やサッカーの場を提供し、コミュニティ発展を目指している。主に4つのプロジェクトがあり、①教育(英語・コンピュータースキル・プログラミング)、②スポーツ(主にサッカー)、③環境、④コミュニティ開発に取り組む。若者開発にも力を入れており、将来のリーダーへと成長させるべく彼らの能力・可能性を引き出すことを目指す。全ての子ども達が幸せと愛、他人への思いやりに満ちた生活ができるよう見守り、彼らがより明るい未来を描けるようサポートすることに努めている
●仕事:生徒達へ英語・ノンフォーマル授業。活動内容の改善など
●企画:地域の若者達へサッカーの指導。若者対象のキャパシティビルディングプロジェクトのサポートなど
●宿泊:ボランティアハウス、食事提供
●場所:Battambang
●資格:英語初級

CYA/LTV05  The Wonder of Mekong  1ヶ月↑  環・事  2
●背景:Young Eco Ambassador(YEA)は社会がより持続可能な暮らしへと向かうべく互いに刺激し学び合う集団である。人々が母なる地球を癒し・育み・守ることに責任を持つことを理念として掲げる。人類が自然に立ち返るための知識や意見を交換・共有する場を設けることで、地球を愛する心を世界中に広めたい。団体は、地球を守る原動力になりえる彼らの確かな精神、自然を愛する心を通わせるべく、個々人の成長に取り組む。これからの長い世代にわたって影響を与えるような取り組みや精神を残していきたい。また架け橋となるべく、この価値観を暮らしや仕事において実行したいと思っている個人・地域コミュニティ・団体・企業に対し資料や協力を提供する
●仕事:The Wonder of Mekongプロジェクトで活動する青少年集団との活動。ウェブサイト運営。リサーチ・機会・ファシリテーターツールの収集・整理など
●宿泊:オフィス付近の借家。原則、食事提供
●場所:Phnom Penh
●資格:英語初級

CYA/LTV06  APEX Int'l School  1ヶ月↑  子・教  5
●背景:APEXはプロフェッショナルな開発校で、手ごろで効果的な質の高い教育やサービスを全てのクメール人、海外から赴任してきた家族へ提供。全ての子ども達が学校に通い質の良い教育を受け、優れた国の人材になるべく、彼らの能力と可能性を延ばすことを目指している。ここでは、クメール語で行われる政府のカリキュラム(政府スタッフ・教師によって運営)と同時に、英語による国際基準のカリキュラムも提供している。このため生徒達は流暢で適格な母国語を上達させると同時に、信頼できる国際的な教育を受けることができ、最終的には大学進学が期待できる。APEXでは年に1度進級する仕組みで、初級からクメール語と英語を学ぶグレード6、一般教養を教えている
●仕事:生徒達へ英語・ノンフォーマル授業。活動内容の改善など
●宿泊:オフィス付近の借家。原則、食事提供
●場所:Phnom Penh
●資格:英語初


 

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

ミャンマー

運営団体:COM

若者主体で地域開発を行うNGO、Charity-Oriented Myanmar。2007年設立、国の発展のために語学やパソコン技能等の訓練をあらゆる世代を対象に行う。健康、教育、福祉活動も行う。NICEは他のアジアでも行ったように、2年間共催してノウハウや協力網を共有して、14年からめでたく自立!ミャンマーは民主化・開放が進む中、政治・経済面だけでなく、NGO・ボランティアでもつながりを強めたい。

プログラム情報

COM/LM01  Payartaung  1ヶ月↑  教・開  ?
●背景:Saga湖畔の町には、様々な村出身である子どもや若者が1000人以上暮らしている。地理的現状からその多くは寺院で学に励むことを余儀なくされているが、教育制度が十分に調っていないばかりでなく、村外の世界を知る機会すら与えられていない。Payartaung青少年発育センターは1982年に設立されたチャリティ団体でそのような子どもや若者に居住環境を提供し、生徒の公立高校通学を可能にさせている。将来はツアーガイドを志す子どもや若者が多いのが現状であるが、彼らの視野を広げ選択肢を増やし、語学力向上へも力を入れている
●仕事:主に、若者への言語教育(英語または日本語)。その他に料理、清掃活動、修復作業、子どもとの交流など
●企画:イベント参加、地元の市場や天然温泉への訪問など
●宿泊:シェアルーム。一部自炊
●場所:Shan州Nyaung Shwe町Payartaung村
●資格:禁酒、禁煙
●備考:追加登録費400US$(=約44,000円)/月は現地払い


 

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

ベトナム

運営団体:VPV

2005年に結成されたNGO、Volunteers for Peace Vietnam。アメリカVFPと似た名前ですが、実際は独立した団体。2006年からNVDAにも加盟し、長期ボランティア事業も展開。追加登録費は現地払いで、4週間で600US$ (=約66,000円)、それ以降は100US$ (=約11,000円)/週(+ビザの書類代として、15US$)が必要。空港出迎え代込み。受入決定後にパスポートのコピーと英文履歴書の提出が必要。宿泊は記載がなければ、ドミトリー、食事提供

プログラム情報

VPV/LM01  Nghia Tan Primary School  1ヶ月↑  子・教  ?
VPV/LM 02  Nghia Tan Primary School  1ヶ月↑  子・教  ?

●背景:Nghia Tan Primary Schoolはハノイ市Cau Giay地区内にある公立小学校で、6-11才の生徒約3000人が通う。入学時から英語・フランス語を学ぶ。外国語を使う機会がほとんどなく、子どもが英語・フランス語を話すことができる環境を作り、外国語でのコミュニケーションに自信を持たせることが目的
●仕事:1)英語教育2)フランス語教育。リスニング・スピーキング能力の向上、発音の改善、1)教室内2)教室内外でのゲームやアクティビティの実施、教師のサポートなど
●場所:ハノイ市Cau Giay地区
●資格:1)英語上級2)フランス語上級
●備考:6-8月受入不可

VPV/LM03  Phu Thuong Primary School  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:Phu Thuong Primary Schoolはハノイ市Tay Ho 地区内(西湖近く)にある公立小学校で、6-11才の生徒約1200人が通う。入学時から英語・フランス語を学ぶ。教師40人のうち英語教師は2人のみで、15クラスを担当し、各クラス40-50人の生徒がいる。フランス語は2クラスで、それぞれ30人の生徒がいる。どちらも外国語を使う機会がほとんどなく、子どもが英語・フランス語を話すことができる環境を作り、外国語でのコミュニケーションに自信を持たせることが目的
●仕事:フランス語教育。リスニング・スピーキング能力の向上、発音の改善、教室内でのゲームやアクティビティの実施、教師のサポートなど
●場所:ハノイ市Tay Ho地区
●資格:フランス語上級
●備考:6-8月受入不可

VPV/LM04  Pascal Secondary School  1ヶ月↑  教  ?
●背景:Pascal Secondary Schoolは、郊外にあり経済的に不利な地域の学生のために2010年に設立された私立中等学校。学費は地域の人の生活水準に合わせ控えめながら、郊外の学生にもよい教育環境の提供を続けている。11-15才の約150人の生徒が通う。4人の英語教師がおり、政府のカリキュラムに沿って授業をしている。生徒は英語に関してある程度の知識を持っているが、英語を話す機会が不足しているため正しい発音を身につけることが難しい
●仕事:英語教育。リスニング・スピーキング・コミュニケーション能力の向上。カリキュラムに沿った学習指導。教室内外でのゲームやその他のアクティビティ実施、教師のサポートなど
●場所:ハノイ
●資格:英語上級
●備考:6-8月受入不可

VPV/LM05  Hanoi High School  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:ハノイ国立教育大学はハノイの優秀な高校生約1000人に対して科学・IT・数学・英語の特別教育を実施する高校Hanoi High School for Gifted Studentsを設立。卒業生は将来的に外国語教師や外国語を専門的に扱う仕事に就くことを期待される
●仕事:生徒の英語4技能(リスニング・スピーキング・リーディング・ライティング)、コミュニケーション能力の向上。自主性を持つよう指導。教室内外でのゲームや他の活動の実施など
●場所:ハノイ
●資格:20才以上。英語上級
●備考:6-7月受入不可

VPV/LM06  Nguyen Tat Thanh School  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:Nguyen Tat Thanh schoolは1998年に創立。6-9年生の生徒と10-12年生の生徒が在籍している。生徒、教師ともに外国人と交流する機会がほとんどないため外国語のコミュニケーション能力の向上が困難。教師はスピーキングスキルに乏しいため、文法に重点を置き教えている。子どもが英語を話すことができる環境を作り、外国語でのコミュニケーションに自信を持たせることが目的
●仕事:英語教育。スピーキング・リスニング能力の向上、発音の改善。ゲーム、ディスカッションなどを取り入れた授業の実施、教師のサポートなど
●場所:ハノイ
●資格:英語上級

VPV/LM07  Hanoi Vocational College  1ヶ月↑  教  ?
●背景:Hanoi Vocational College of High Technology は18-21才の1000人を超える学生が通う専門学校。近年、技術職の分野でも英語のスキルを求められるようになった一方、学生のうちに実践的な英語を学ぶ機会は乏しい。PC修理・プログラミング・金属加工・経理などの効果的・実践的な専門スキルを身につけさせると共に、英語を話すことができる環境を作り、英語のコミュニケーション能力を向上させることが目的。英語教育はコミュニケーション能力の向上を中心に行っている
●仕事:英語教育。リスニング、スピーキング、コミュニケーション能力の向上。カリキュラムに沿った学習指導。教室内外でのゲームやその他のアクティビティ実施、教師のサポートなど
●場所:ハノイTu Liem地区Tay Mo commune。中心街から15 km
●資格:20才以上。英語上級
●備考:6-8月受入不可

VPV/LM08  HUNRE  1ヶ月↑  教  ?
●背景:Hanoi University of Natural Resources and Environment (HUNRE)は天然資源と環境の分野において、ハノイで先頭に立つ大学になることを目指す。近年、就職の際に英語のスキルを求められるようになった一方、学生のうちに実践的な英語を学ぶ機会は乏しい。生徒が英語を話すことができる環境を作り、英語のコミュニケーション能力を向上させることが目的
●仕事:英語教育。リスニング、スピーキング、コミュニケーション能力の向上指導。カリキュラムに沿った学習指導。教室内外でのゲームやその他のアクティビティ実施、教師のサポートなど
●場所:ハノイTu Liem地区Cau Dien。中心街から8km
●資格:20才以上。英語上級
●備考:6-8月受入不可

VPV/LM09  Hanoi University of Industry  1ヶ月↑  教  ?
●背景:Hanoi University of Industry(HUI)は、教育、多様な分野・レベルに応じた実践、質の高い科学に関する教育と訓練を学生に提供している。学生は6-7年英語を学習するが、試験やテストのための学習であり、会話で英語を使うことはほとんどないので、うまく英語でコミュニケーションをとることができない。そこで大学は、会話中の英語の使い方や英語での会話に自信を持ってもらうためにConversation Classという講義を設置。1クラス15-25人の生徒がいる
●仕事:ティーチングアシスタントと一緒に授業企画の準備。メインの教師として授業の実施。週1のチームミーティング、教室内外でのアクティビティやミーティングの運営・参加など
●場所:ハノイ北西部
●資格:20才以上。英語上級

VPV/LM10  Hanoi University of Education  1ヶ月↑  教  ?
●背景:1951年に設立された国立ハノイ教育大学は、教育、研究、公共サービスおよび教育開発において、その質の維持と向上に絶えず努めており、学士から博士課程まで様々な分野が学べる。18-22才の、基本的な英語力はあるが、コミュニケーションの経験が乏しい学生たちに、英語を話す環境を提供し、就職で求められる英語力をつけさせるのが目的
●仕事:英語の先生と一緒に授業準備、授業時の発音・リスニング・スピーキングのサポート、アクティビティの企画実施、セミナー会議への参加など
●場所:ハノイ
●資格:英語上級
●備考:6-8月受入不可

VPV/LM11  S-World Vietnam  1ヶ月↑  教・文・事  ?
●背景:S-World Vietnamは、文化と教育の分野のNPOで、青少年のスキルと英語を向上させることと、文化交流を通じ、青少年と世界にベトナムの文化を紹介することを目指し、以下の4つのプロジェクトを展開。①Open Exchange:文化交流を通じた新しい学習法で英語力向上を図る②Cultural Visit:ベトナムの文化を知るためのツアー③英語の本の図書館:リサイクルの本の図書館。若者育成や環境に関するワークショップも行う。④Simple Vietnam: ベトナムの文化と美しさを紹介する短いビデオを英語で作成
●仕事:様々なプロジェクトで、アシスタント及びインターンとして活動。地域の若者ができる限り多く、活動を通じて英語を話すように促す。また、コミュニケーション・プレゼンテーション・インタビュースキル向上のための指導。自国の文化発表、イベントの企画、事務作業など
●場所:ハノイ
●資格:英語上級
●備考:PC持参必要

VPV/LM12  School Support Program  1ヶ月↑  教  ?
●背景:Quoc OaiにあるNew Horizons Centerが共催。Quoc Oaiはハノイ中心部から約40km西にある小さな町。 この地域にはそれほど多くの外国人がいないので、ここの子ども達や学生達は外国人と交流する機会があまりない。このプログラムの目的は、Quoc Oaiでの英語の学習と教育の質を向上させるため、地元の学校やNew Horizons Centerの生徒や教師に英語を話す環境を作ること
●仕事:地域の小中学校の英語の授業サポート(6-15才)。New Horizons Centerで英語の授業サポート。その他イベント(スポーツや文化イベント)の参加など
●宿泊:ボランティアハウスもしくはホームステイ。自炊
●場所:ハノイQuoc Oai地区
●資格:英語上級

VPV/LM13  Education Project in Lao Cai  1ヶ月↑  教  ?
●背景:G.E.L. (Globe Education Link) English Centreは、2015年にあらゆる年齢層の学生に一流の英語学習を提供し、コミュニティの成長と幸福に貢献することを目的とした社会的企業として創設された。授業料は生徒の経済状況によって融通が利くため、無料で通う生徒や奨学金を利用する生徒もいる。幼稚園から大人までのクラスがある他、小学校や高校でレッスンを提供したり、児童養護施設で無料の英語教育を提供したりするプログラムもある。また州全域の英語教師のための無料ワークショップや、さまざまな分野の公務員のためのABCD (Asset Based Community Development資産ベースのコミュニティ開発)に関する無料ワークショップも行う
●仕事:公立学校(小中高)での英語教育、ベトナム人英語教師のためのワークショップやレッスン、地元の学校での活動やイベントの企画、英語コンテストの審査、遠足への参加、ウェブサイトの更新などの事務作業など
●宿泊:校舎内のエアコン付きの部屋またはホームスティ。食事提供だが自炊も可
●場所:ハノイから4時間の中国と国境を接する州LaoCai。レストランや店などが並び近代的だがSapaとも近く自然あふれる場所
●資格:英語上級

VPV/LM14  Education project in Hoa Binh  1ヶ月↑  教  ?
●背景:Hoa Bihnはハノイからバスで約2時間のベトナム北部の州で、それほど多くの外国人がいないので、学生は外国人と交流する機会があまりない。VPVは、地元の学生に、英語の向上と異なる文化について学ぶ機会を提供するため、国際ボランティアを送っている
●仕事:いくつかの高校で15-18才の学生に対する英語の教育プロジェクトに参加。生徒の英語レベルは高校によって異なる。教師の要望に応じて、生徒のスピーキング・リスニング・発音のスキルを伸ばすサポートを行う。慣れてきたら45分の授業を任せられることも。内容は生徒が興味を持って取り組めるような、活動・ディスカッション・ゲームなどから自由に決めてよい
●宿泊:校舎内のゲストルーム。自炊
●場所:ハノイ北部Hoa Binh州
●資格:英語上級

VPV/LM15  Community Classes in Summer  6/10-8/10  教 ?
●背景:VPV Community Classは、ベトナムの学生の長い夏休みに、語学力を向上させる目的で2011年から開始された教育プロジェクト。このプロジェクトでは、若者に2-3ヶ月の英語/フランス語コースを提供し、英語/フランス語を話す環境を作り、彼らの言語能力を育成し、若者間の文化交流を促進する。対象は小学生(8-11才)と大学生(18-23才)で、外国語環境に接する機会があまりなく、ほとんどが経済的に言語クラスに通うことが難しい学生。このプロジェクトでは、参加者に意見を述べさせ、国際ボランティアとベトナム人参加者との交流を促進することを目的とした、学生中心の課題ベースの英語学習アプローチを行っている
●仕事:ベトナム人ボランティアと一緒に、授業の計画や進行を行う。内容は参加者の発言を活発にするため、ディスカッションやフォーラムシアター等、インタラクティブな活動。遠足、映画鑑賞等のイベントの参加など
●場所:ハノイ
●資格:英語上級

VPV/LM16  Hope Center  1ヶ月↑  障・子  ?
●背景:Hope Centreは熱心な教師達によって19977年に設立、精神障がいを持った子どものケアをするNPO/NGOである。2002年にアメリカのNGOから援助を受け、規模を拡大した。現在、国立ハノイ教育大学を卒業した教師が11人、生徒は約70人おり、4クラスに分けられている。子ども達に教育を受けさせ、地域の一員であることを認識してもらうための機会を提供することを目指す。特に、ダウン症、自閉症、脳性麻痺などの発達障がい児をサポートしている。子ども達は基礎教育に加えて、保健・セラピー・ヨガ・ペインティング・詩についての教育も行っている。ボランティア活動を通じて、子ども達にケアや愛情、幸せを届けたい
●仕事:障がい児のケア、授業中・昼食時の教師・子どものサポート、チャリティや寄付の呼び掛けなど
●場所:ハノイBa Dinh地区

VPV/LM17 Vietnam Friendship Village  1ヶ月↑  障・子・農  ?
●背景:Vietnam Friendship Villageは在郷軍人およびベトナム戦争中、アメリカ国軍によって使用された除草剤や枯葉剤の被害を受けた子どもの治療やケアを行うため、アメリカ・ドイツ・ベトナムの3政府の協力を得て、アメリカ軍人George Mizoによって1998年設立された。現在、約120人の子どもと40人の在郷軍人が施設内にある11棟の家に暮らす。この施設の目的は、基礎教育や職業訓練のみならず、医学療法・理学療法によるリハビリテーションを提供することである。2004年からは戦争の結果に対する認識を深めること、戦争の結果によって未だ苦しめられている人々が健康的に生活することを目指し、有機農業による野菜の栽培も始めた。将来的には施設が必要とする分の果実や野菜を自分達の畑で栽培し、さらにはそれらを販売することによってファンドレイジングを行いたいと考えている。全ての子どもに対し、通常通りの生活や満ち足りた生活と幸せの機会を提供したい
●仕事:障がい児のケアと遊び、特別教育クラスでの教師のサポート、昼食時の子ども・教師のサポート、ガーデニング、チャリティや寄付の呼び掛けなど
●場所:ハノイの中心街から15km
●備考:最長12週間

VPV/LM18  Phuc Tue Center  1ヶ月↑  子・障  ?
●背景:Phuc Tue Centerは、2001年6月に設立された、精神・身体に障がいのある子ども達にデイケアを提供しているNPO/NGO。障がいを持つ子ども・若者の面倒を見ること、社会復帰をサポートすることを目的に、ハノイ周辺の2つの施設で、2-22才の子ども・若者に対してケアと教育を行っている。現在、創設者であり熱心な教師でもあるMs. Huongが代表を務め、国立ハノイ教育大学を卒業した教師が12人、生徒は約74人おり、4クラスに分けられている。ダウン症、自閉症、脳性麻痺などの発達障がいを持つ子ども達に教育の機会、地域の一員であることを認識してもらうための機会を提供することを目指す。子ども達は基礎教育に加えて、保健・セラピー・ヨガ・ペインティング・詩についての教育も行っている。ボランティア活動を通じて、子ども達にケアや愛情、幸せを届けたい
●仕事:障がい児のケアと遊び、昼食時の子ども・教師のサポート、チャリティや寄付の呼び掛け、古くなった本・服・靴を集めるチャリティキャンペーン、ガーデニングなど
●場所:ハノイ北西部Tay Ho地区、西湖近く

VPV/LM19  Morning Star Center  1ヶ月↑  子・障  ?
●背景:Morning Star Centerは1995年12月に設立された、精神障がい児の早期発見と、ケアを行うNPO/NGO。Nguyen Tai Thu教授が代表を務めているこの施設は、障がいをもつ子ども達のためのthe Vietnam Relief Associationの従属団体であり、約70名のスタッフが、1-16才の子ども約240名を19クラスに分けてケアをしている。スタッフは、教師・心理療法士・看護師・医者・理学療法士によって構成され、子ども達に教育の機会、地域の一員であることを認識してもらうための機会を提供することを目指す。特に、ダウン症、自閉症、脳性麻痺などの発達障がい児をサポートしている。施設は、10代の若者に対し、職業訓練コースや職業訓練予備コースを開始し、さらには外部の職業訓練学校にも送り出している。これらのコースによって子ども達の自立と自信を高めている。最近は施設の入り口付近にコーヒーショップを設立し、そのお店を手伝うことによって、公の場で働き交流を持つという貴重な経験ができる子どももでてきている。ボランティア活動を通じて、子ども達にケアや愛情、幸せを届けたい
●仕事:自閉症の子どものケア。おもちゃを使った遊び、歩く・立ち上がる・ジャンプするなどの動きのサポート、手洗い・洗顔のサポート、床・トイレ・おもちゃの掃除、トイレ・食事など身の回りのサポート、お絵描きやぬり絵などの教材作りのサポート、教授法に関する知識の共有、ゲームや他の活動の実施、空き時間での教師・スタッフに対する英語教育、チャリティや寄付の呼び掛け、文書の編集など
●場所:ハノイ南西部Thanh Xuan地区。中心街からバスで30分

VPV/LM20  Assisting Local NGOs  3ヶ月↑ 事  ?
●背景:地元のNGOや社会的事業での活動に関わることで、ベトナムの社会経済問題や団体がどのように組織され、機能しているのかを学ぶことができる。また、ベトナムでの開発事業に直接または間接的に貢献する機会でもある。CED(the Center for Education and Development)、CECAD(the Center for Environment and Community Assest Development)、SRD(the Center for Sustainable Rural Development)、VEO(the Volunteers for Education Organization )、Dao’s Care等、今回の活動先の団体のいくつかはVPVからしばし国際ボランティアをよく受け入れている
●仕事:翻訳、文書の校正、書類の編集。ウェブサイトの改善、ソーシャルメディアの効率化、パンフレット・リーフレットのデザイン。フィールドトリップ、研究。ファンドレイジング、提案書作成など
●資格:開発またはこの活動分野の学士単位が必要。英語上級
●場所:ハノイ


運営団体:VPVS

2005年に結成されたNGO、Volunteers for Peace Vietnamのホーチミン支部。アメリカ(1)のVFPと似た名前ですが、実際は独立した団体。2006年からNVDAにも加盟し、長期ボランティア事業も展開。追加登録費は最初の月が400US$(=約44,000円)、2ヶ月目からは300US$(=約33,000円)で現地払い。空港出迎えは35US$(=約3,900円)が別途必要

プログラム情報

VPVS/LM01  Ky Quang Pagoda  1ヶ月↑ 子・教・障  8
●背景:Ky Quang Orphanage Pagodaは1924年に建設され、不運な子どものための施設であり、病気の治療・リハビリなどを行っている。現在200人以上の子どもや人々(5-40才)が生活しているが、子ども達の中には、門前に置き去りにされたり、病院から引き取るよう電話が来るなど、親や親戚に見捨てられた不運な背景がある。90人は、脳性麻痺、失明、ダウン症候群を抱える孤児。30-40人の地元の子ども達には、地元の教師が朝にベトナム語を教えるなど、寺子屋のような役割も担っている
●仕事:英語の授業(9-13才)・孤児の世話(3-8才)・障がい児の世話から、ボランティアのモチベーションとニーズによって選択
●宿泊:ボランティアハウス。自炊
●場所:ホーチミン市GoVap地区

VPVS/LM02  Happy Organic Farm  1ヶ月↑  農  8
●背景:この有機農園は、2013年にホーチミン市郊外にあるTan Binh地区に設立。現在の野菜畑はTan Binh地区で約5000平方メートルに達し、10種類以上の葉野菜と何種類かの果物を安定的に生産できる。農園のモットーとして、農薬・除草剤の使用、農薬で汚染された土や水の使用、成長調整剤の使用、化学肥料の使用、遺伝子組み換えの種子の使用、防腐剤の使用を禁止している。ボランティアには、地元の人々との文化交流の機会を得ながら、専門的な有機農園を運営する技術を学んでもらいたい
●仕事:植物の定期点検。季節の作物の植え付け。間引き作業。害虫駆除。有益な昆虫発育の環境作りなど。子ども達に作業をみせたりコミュニケーションを取る機会あり
●宿泊:ボランティアハウス。自炊
●場所:ホーチミン市Tan Binh地区

VPVS/LM03  Social Restaurant  1ヶ月↑ 福・他  7
●背景:HCMCチャリティ財団は2012年10月、HCMCの地域で生活する貧しい学生、移民および地元の労働者に特別価格で食事を提供するため、Social Smile restaurantを開店。ホーチミンは今急成長をしており、市民の格差が広がっている
●仕事:食事準備、野菜の洗浄、食卓の準備、後片付けなど。料理経験がある場合、調理作業への参加も
●宿泊:ボランティアハウス。自炊
●場所:ホーチミン市
●資格:料理経験豊富な人、調理場で働いた経験のある人歓迎

VPVS/LM04  Free Foreign Language Center  1ヶ月↑  教  8
●背景:近年、ベトナムの経済・社会は変化しており、外国語を1つ知っておくことは就職に有利とされる。多くの学生にとって、外国語を向上させる機会、特にその言語のネイティブの先生に教えてもらう機会はほとんどない。プロジェクトの目的は、ホーチミン市に住む学生や子ども達に、外国語の会話やリスニングスキルを向上させ、その言語のコミュニケーション能力を伸ばす機会を提供すること。プロジェクトでは英・仏・独・日・中・韓の6つの言語を全コース無料で指導。プロジェクトに参加した地元の学生は、より良い仕事を見つける機会が増え、子ども達は外国語の背景知識を向上させることが可能。語学センターは、外国語を学ぶチャンスを享受できない若者や学生を支援するため、ホーチミン市GoVap地区の仏教寺院の僧侶Thich Nhuan Tamが2010年に設立。先生は、外国の先生と地元の先生。現在いるのは、50人のボランティア教師と約1000人の生徒
●仕事:初級~上級レベルの日本語の授業など
●宿泊:ボランティアハウス。自炊
●場所:ホーチミン市GoVap地区


運営団体:SJV

2005年設立のNGO、Solidarites Jeunesse Vietnam。フランスのSJと同名だが、実際は独立した団体(ベトナムでは外国の団体でないと、法人格を得るのが難しいという事情で形式的に名前を使用)。Youth Volunteer Clubや国連開発計画とも協力し、2004年からワークキャンプを開催。長期ボランティアや環境・修復の専門活動、アクリルたわしアクションも展開。開始日は平日、追加登録費は7,500,000VND(=約35,000円)/月で現地払い

プログラム情報

SJV/L02  Teaching English  1ヶ月↑  子・教  10
●背景:多くの子どもは外国人と定期的にコミュニケーションする機会がない。公立学校では、週に1-2回の英語の授業があるのみである。次世代を担う子ども達に、第2言語として英語の知識とコミュニケーション力を身につけさせることを目的としている
●仕事:英語教育。余暇やアウトドアアクティビティの企画。PC指導。イベントに向けて子どもたちとパフォーマンスの準備。日々の活動において子ども達が英語を話すことを促すことなど
●宿泊:ホームステイ。食事提供または自炊。寝袋必要
●場所:Lang Son、Hai Duong、Hai Phong、Nam Dinh、Phu Yenのいずれか
●資格:子どもに関わる職務経験歓迎
●備考:PC持参必要

SJV/L03  Assisting to Train Vietnamese Students  1ヶ月↑  教  12
●背景:大学教育の役割は、将来の生活とキャリアのために学生へ準備させることである。今日のグローバル化した世界と現代社会、特にベトナムのような発展途上国では英語が話せることが非常に重要である。しかし、学生達が英語学習に6-7年という長い期間を費やしたとしても、彼らが英語でコミュニケーションをとることができないことが問題となっている。伝統的な教育法を用いられているため、文法上の文章を書くことはできるが、口頭のスキルは非常に低い。外国人ボランティアとの交流を通じて、学生のスピーキングスキルを向上させ、また異文化を学ぶことで視野を広げることをこのプロジェクトで目指したい
●仕事:大学生の英語指導、生徒のための社会活動(チャリティーやコミュニティ内でのボランティア活動、活動のための資金調達)を実施しているNPOや地元スタッフと協働など
●宿泊:大学が準備する宿。食事提供、菜食可。寝袋必要
●場所:Lao Cai(Sapa), Quang Ninh(Ha Long), Nghe An, Phu Yen, Bac Lieu, Dong Thapいずれか
●資格:社会科学、社会政治学、社会経営学、社会成長学、開発学、その他国際関係や公共関係に関する学士号を持つ人歓迎
●備考:PC持参必要

SJV/L04  Hoa Sua School of Economics and Tourism  1ヶ月↑  教・事  2
●背景:ソーシャルスクールであるHoa Sua School of  Economics and Tourismは、障がいのある若者や少数民族の学生、貧困状態にある学生のために職業訓練を提供、開発している。学校は食事や宿泊費、学費などの経済的支援も提供している。ここでは、スキル向上の機会が望める世代である16才からの学生指導に重点を置いている。さまざまな期間設定でコースが用意されているため、多くの若者が卒業後に仕事を得るのに役立つ特定のスキルを学ぶことができている。近年、ベトナムの経済発展のため、観光業において、英語のコミュニケーション能力を持つ人の需要が急増している。そのため、学生やスタッフに外国人と英語を学ぶ機会、特にスピーキングスキルを向上させる機会を与えることを目指したい。また、このプロジェクトでは文化交流にも貢献している
●仕事:スタッフへの英語教育。英語教師のサポート。パンや手芸品、刺繍のワークショップなどで作られた商品の販売・マーケティング活動。旅行会社やホテル、レストランで働くためのマーケティングツール作成など
●宿泊:学校が準備する宿。食事提供、菜食可
●場所:Hanoi
●資格:20才以上
●備考:PC持参必要

SJV/L05  Bring Smiles to Orphans  1ヶ月↑  子・教  3
●背景:Ky Quang OrphanageはKy Quang Pagodaにより1924年創立、運営されている学校で、恵まれない子ども達や病気のケアが必要な子ども達のための慈善施設である。現在ベトナム南部で、生後5日から14才までの200人以上の子ども達を抱えており、その90%が孤児である。彼らは脳性小児まひ、盲目、ダウン症、枯葉剤による健康被害に苦しんでおり、両親や親戚から見捨てられた不幸な過去を持つ。数ヶ月おきに修道士が施設前に捨てられる赤ちゃんを発見、保護している上、病院からも電話で捨てられた赤ちゃんの引取りの問い合わせを受ける状態が続いている。現在30-40人程の子ども達が、この施設で午前中に行われる地元の先生によるベトナム語の授業を受けている。CVIは障がいを持つ子どもやホームレスの子ども、貧しい家庭に生まれた子ども達に、ベトナム語の読み書きを学ぶ機会を提供する教育施設。子ども達に基礎を教えるだけでなく、生活スキルの向上の機会も提供しており、現在約40人の子ども達を周辺から受け入れている。CVIは全ての子ども達に教育を受ける権利があると信じている。Co May Dormitoryは、貧困に負けず真面目に励む生徒へ良い環境を作り出すことを目的に設立。ここでは、寮とその他の設備をHo Chi Minh市で学ぶ大学生に向け無料で提供している。Co Mayのこういった支援により学生達が良き市民になる勉強に励むことができ、ひいては国の発展に繋がると信じている
●仕事:子ども達へゲームやアクティビティの実施。3-5才児のお守り。ベビーシッターやお絵かき、勉強、掃除の手伝いなど
●宿泊:ホームステイ
●場所:Ho Chi Minh
●資格:20才以上。英語初級
●備考:PC持参必要

SJV/L06  Website and PR Department  1ヶ月↑  事  2
●背景:Solidarités Jeunesses Vietnam (SJV)は、社会をより良くするために、若者の市民参画プロジェクトを通じて連帯、平和、寛容の価値を促進する国際青少年NGO(非政府組織)である。SJVは、短期および長期のボランティアプロジェクトや社会的統合・トレーニングに関する活動、国際連帯に関する活動を運営している。ボランティアにはこういったプログラムや活動を広く伝える手伝いをして欲しい
●仕事:広報部門での活動。ウェブサイトの管理・更新。フライヤーやウェブ広告のデザイン。現地の生活や若者を理解するために、地域のボランティアと共にそれぞれの活動に参加。イベントやワークショップ、PR活動のサポートなど
●宿泊:ホームステイ。食事提供。寝袋必要
●場所:SJVオフィス(Hanoi)やその他プロジェクト開催地
●資格:20才以上
●備考:PC持参必要

SJV/L07  Teaching Chinese or Japanese  1ヶ月↑  教  2
●背景:今日、日本とベトナムの緊密な関係と2国間協働が促進され発展している。教育、人材派遣、労働訓練、気候変動防止、地域交流など多くの分野で、ベトナムの日本人投資家の数が増加している。そのため、教育訓練分野での両国の協力体制は多くの形で発展し、日本はこの分野において最も大きな無償の資金提供国のひとつとなっている。そのため、将来の仕事のために第2言語として日本語を学ぶベトナム学生が増えている。中国語の勉強においては、ベトナム学生に伝統的な中国文化に触れる機会、新しい文化や世界を見るための方法を学ぶ機会をより多く与える。彼らは言葉の裏にある文化の起源を学ぶことで、理解をより深められる。これは、中国語を知っていて自分自身を向上させたいと思う若者にとって、素晴らしい機会となる。また、中国は文明社会の発祥の地であるとともに、今日ではアメリカに次ぎ世界的影響力の強い国となっている。SJVはこのプロジェクトが学生の学びや文化交流の場となり、彼らが近い将来に高くて魅力的な給与のキャリアチャンスを得られることを期待している
●仕事:通常クラスへの参加、発音指導。放課後のアクティビティ(発音・会話クラス、料理クラス、映画鑑賞など)企画。先生や生徒達の課題を理解するための日々のコミュニケーションなど
●宿泊:大学が準備する宿。食事提供、菜食可
●場所:Lao Cai(Sapa), Quang Ninh(Ha Long)のいずれか
●資格:20才以上
●備考:PC持参必要

SJV/L08  Time to Improve English Communication Skills  1ヶ月↑  教  2
●背景:たくさんの生徒達が英語を学びたいと願う中、ほとんどの家庭は貧しく、彼らの両親達はネイティブ講師が在籍するような英語学校へ通わせるお金が無い現状にある。しかし両親達は息子や娘達に英語に触れる環境を手に入れるサポートをしたいと思っている。毎年何万もの生徒達が進学でハノイに来ており、卒業後は外資系企業などで働くために、多くの生徒達が英会話力向上に対する高い意欲を持っている。SJVは英語でのコミュニケーション向上の重要性を理解しており、無料でいくつかの小さな英会話クラスを開講している。このクラスでは、生徒達の知性や感受性向上だけでなく、自分自身で考えて判断することや自立の面でも役立っており、海外ボランティアとの交流を通して青少年の道徳的な健全及び世界への知見を広げる手助けとなっている
●仕事:友人の立場から生徒達の英語力向上サポート。アドバイザーやSVJスタッフ、人道支援・非営利組織スタッフとともに野外活動計画(公園でのアウトドアレッスン、博物館訪問、慈善活動)など
●宿泊:ホームステイ。食事提供、菜食可。寝袋必要
●場所:SJ Vオフィス(Hanoi)
●資格:20才以上。英語初級
●備考:PC持参必要


 

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

フィリピン

運営団体:GIED

2015年設立のフィリピンのNGO、Global Initiative for Exchange & Development。セブ島を中心に、環境保護や地域おこしなど国際ボランティア活動に取り組む。中期プログラム(MTV)の追加登録費は1ヶ月で400ユーロ(=約50,000円)、それ以降は300ユーロ(=約38,000円)/月で到着日に現地払い。長期プログラム(LTV)の追加登録費は6ヶ月の場合1,800ユーロ(=約230,000円)、12ヶ月の場合3,000ユーロ(=約380,000円)で到着日に現地払い。LTVの期間は6ヶ月または12ヶ月間で、原則8月または2月に開始

プログラム情報

GIED/MTV01  BBBF  1ヶ月↑  教・福  2
●背景:Betty Bantug-BenitezはBetty Bantug Benitez Foundation(BBBF)設立のきっかけとなった人物。彼女は、常にフィリピンの子どもたちのことを考え、明るくて美しく、優しさに溢れた計画を胸に抱きながら、これらの計画が実現できるよう一生をかけて尽力した。現在そして未来のために、子ども達に愛を注ぎ続けた彼女の揺るぎない献身に刺激を受け、彼女の慈悲深い夢が現実のものとなるよう、この組織は設立されたのである。約20年前の1982年6月、Bettyの死後3ヶ月が経とうとしていた頃、彼女の功績はBBBF設立という形で栄誉を授けられた。団体名に彼女の名前を残しておくことによって彼女の意志は生き続け、人々、特に子ども達への思いやりと愛情が反映されている。芸術大会で優勝を取れるような創造的な芸術プログラムの実施、スポーツ教育プログラムと食料供給・衣料品配布・医療的補助の実施を含む健康プログラムのサポート、家族の健康ケア、生計プログラムの実施を目的として活動している
●仕事:教育アクティビティでの教職員のサポート。文化交流。奨学金制度や健康プログラムの調整サポート。能力育成プログラムやその他課外学習などコミュニティ活動でのスタッフのサポートなど
●宿泊:ホームステイ、もしくは団体スタッフ寮
●場所:GF, VIC Arcade, Osmeña Ave., Victorias City, Negros Occidental
 
GIED/MTV02  Missionary of Charity  1ヶ月↑  子・医  2
●背景:Mother Theresaを含む修道女によって設立されたMissionary of Charityは貧しい家族の病気や栄養失調の子ども達のための地域組織。子ども達への医療ケアの提供、食事提供、ケアや遊びを目的として活動している
●仕事:日常生活おける子どもや寮母・寮父のサポート。医療ケアのためのコミュニティ訪問サポート。子ども達のためのレクリエーション活動や空き時間での授業。子どもへの食事提供、清掃など
●宿泊:ドミトリー
●場所:Brgy. Suba, Cebu City

GIED/MTV03  Gasa Sa Gugma  1ヶ月↑  高  2
●背景:Gasa sa Gugmaは高齢者や死に行く人々、社会に見捨てられた人々のための地域組織。Mother Theresaを含む修道女によって設立されたMissionary of Charityが運営している。高齢者医療の提供や給食プログラム・高齢者のケアの担当スタッフのサポート、高齢者の入居受入を目的として活動している
●仕事:日常生活おける高齢者やサポート(食事や洗髪・洗身の世話)。修道女のサポート。高齢者向けレクリエーションの運営補助や空き時間でのレッスンなど
●宿泊:ドミトリー
●場所:Cabantan St., Mabolo, Cebu City

GIED/MTV04  LCA  1ヶ月↑  教・子  2
GIED/LTV01  LCA  6ヶ月↑  教・子  2

●背景:Livingstone Christian Academy(LCA)は保育園、幼稚園、小学校、中学校の生徒が在籍する非株式・非営利教育組織。リーダーシップ育成や学習活動促進、学術的成功、関係構築、近所付き合い拡張、哲学・道徳的成長、国際意識の啓発を目的に授業やクラブ活動、(国内外での)合宿、修学旅行、学校のイベント・音楽制作・地域訪問・ワークショップ・セミナーなどの企画といった活動を実施している
●仕事:外国語・音楽・スポーツ・美術などの授業。リーダーシップなどに関する研修プログラムの運営・サポートなど
●宿泊:ホームステイ
●場所:Bagacay, Tayud, Consolacion, Cebu。モールや医療施設から車で10分の平和なコミュニティ
●資格:音楽・スポーツ好き歓迎。ウェブデザインや写真・ビデオ編集の知識を持つ方歓迎
●備考:MTV04)6-3月で受入可

GIED/MTV05  Patupat Elementary School  1ヶ月↑  教  2
●背景:Patupat Elementary Schoolでは、幅広い学問および課外プログラムや活動を通して学生に質の高い学習を提供している。また、外国人と交流することや新しい文化を学ぶ機会を与えたい
●仕事:先生の授業や学校のアクティビティ運営のサポート。保健体育の授業。リーダーシップ研修の企画、実施。文化交流など
●宿泊:ホームステイ
●場所:Brgy. Patupat, Barili, Cebu。セブの中心街から67km離れた場所にあるがアクセスは良い
●備考:6-3月で受入可

GIED/MTV06  PADS  1ヶ月↑  障・教  2
GIED/LTV02  PADS  6ヶ月↑  障・教  2

●背景:Philippine Accessible Deaf Services(PADS)はNGO団体として障がい者コミュニティを発展させ、障がい者個々人が自立し、社会に受け入れられる、もしくは権利を持つ市民の一員として認められること(フィリピン共生社会)を目指している。PADSは難聴の方々の人権の促進、聴覚障がい者のコミュニティでのボランティア活動促進、彼らの選挙への参加促進、フィリピン手話のスキル向上とそれらを使う機会の促進を目的とし、様々なパートナーと活動を行う。これはフィリピンにおけるBreak the Silence(BTS)というネットワークの一部である。BTSとは子どもの性的虐待防止のためにStairway Foundationが始めたキャンペーン戦略である。PADSはBTSネットワークの中で重要な役割を担っており、難聴の大人や子どもとの活動で培ったユニークかつニーズに合ったノウハウや経験を提供している。障がい、特に聴覚障がいに関して理解のある人の育成、自己・他己受容の深化、聴覚障がい者との関係作り、システムや継続的な教育の提供を目的として、アクティビティを実施している。また、障がい者コミュニティやその家族たちへ知識や資料を提供する施設として役立っている
●仕事:スポーツやレクリエーション活動への参加。アクティビティにおけるスタッフ・トレーナー・ファシリテーターのサポート。ビラやムービーなどの広報ツール作成といったオフィスワークや学校・コミュニティ・団体・イベントでのアドボカシー活動のサポート。障がい者やボランティア、パートナー団体との交流。異文化教育(自国での経験を共有)など
●宿泊:ドミトリー
●場所:Marina Seaview, MEPZ 1, 6015 Lapu-Lapu City, Cebu
●資格:スポーツ好き、手話を学ぶ意欲のある方歓迎

GIED/MTV07  Saceda Youth Lead  1ヶ月↑  教  2
GIED/LTV03  Saceda Youth Lead  6ヶ月↑  教  2

●背景:Saceda Youth Lead(SYL)は若者のエンパワメントにおける教育省・高等教育委員会の認定NGO。これまでフィリピンやASEANの20万人以上の若者と教師をプログラムや活動の中で活気づけてきた。SYLは教育活動を通じたリーダーシップ育成やより良い市民の育成を目的としている。若者や教師の成長や良い行いは国の繁栄に通ずると信じている。教育は経済の根幹をなし、リーダーシップや地域サービス、社会活動を通して若者をより良い市民にするためのエンパワメントにはより大きなパートナーシップと協働が必要である。また、社会変革の始まりは個々人の研鑽と自覚の中で始まるとし、個人の成長がやがて国と主(God)の変革を担うことができると信じている
●仕事:様々なリーダーシップや社会市民活動のサポート。リーダーシップを発揮しつつユースキャンプ活動でのトレーナーやファシリテーターのサポート。学校で子どもや若者に英語やその他外国語の授業。芸術・音楽・スポーツプログラムのサポート。団体の資源運用努力の促進サポート。文化交流。事務局での作業。フィリピン中のSYLクライアント訪問・研修など
●宿泊:団体施設内またはホームステイ
●場所:Brgy. Candau-ay, Dumaguete City, Negros Oriental

GIED/MTV08  Municipality of Barili  1ヶ月↑  福・教  2
●背景:このプロジェクトの目的は若者のための活動の企画・促進や地方自治体の活動サポート、若者や地元の住民に語学の授業の実施、住民の生計のモニタリング、観光事業である。その実現のために、若者に対する教育やクラブ活動、若者や地元の住民に対する音楽・アート・スポーツの教育、個別指導、外国語の教育サポート、地方自治体の活動スケジュールを確認するための活動の報告を実施している
●仕事:スポーツや音楽、アートといったアクティビティの運営。学校内の先生やスタッフのサポート。奨学金の調整や健康プログラムのサポート。コミュニティ組織の調査やモニタリング、評価など
●宿泊:ホームステイ
●場所:Poblacion, Barili, Cebu。Bariliは、セブ市内から67km離れた場所に位置するが、交通機関は充実している

GIED/MTV09  GIED  1ヶ月↑  他  2
GIED/LTV06  GIED  6ヶ月↑  他  2

●背景:Global Initiative for Exchange & Development(GIED)は地域づくりの中で多様な価値がある協働を促進し、国づくりの中で人々をエンパワーすることを目的に2015年7月7日に設立。国際ボランティアの促進やコミュニティ開発とボランティア活動の養成、ボランティア団体間のネットワーク作りを目的としている。主に国際ワークキャンプや中長期ボランティアを通じた国際ボランティアの促進、ボランティア精神と異文化間学習のためのキャパシティビルディングと研修、ユースボランティアのデータベース作り、ボランティア活動と異文化理解のアドボカシー活動を促進する団体との関係構築、若者の参画とコミュニティ開発のためのアクティビティといった活動を行っている
●仕事:GIEDが行う国際ボランティアの広報活動。オフィスワークのサポート(プログラム情報やプリント、ビデオ、音声といった広報ツールの更新・開発、学校・地域・学会・イベントなどでのアドボカシー活動など)。サブコーディネーターまたはキャンプリーダーとして国際ワークキャンプ運営。研修やキャパシティビルディング、コミュニティ訪問・開発のサポートなど
●宿泊:ドミトリー
●場所:2F Causing Feria Bldg., Block 145, Osmeña Blvd., Cebu City
●資格:英語初級。写真や写真編集、グラフィックアート、情報技術、データベース・プログラミングについての経験もしくは興味のある方歓迎

GIED/MTV10  Barangay Gilutongan  1ヶ月↑  教・環・福  2
●背景:Gilutonganの島民の多くは漁業以外で生計を立てる術がない。また島の共通課題として、ごみ・健康・教育問題を抱えており、ボランティアによる支援が欠かせない。そのため、このプロジェクトでは禁漁区の維持と保護、生物多様性の促進、島民のごみ問題に関する教育と意欲向上活動、エコツーリズムの土地として島の宣伝、子ども達に基本的教育と栄養失調へのケア提供などを目指している。具体的に、適切なごみ処理と環境マネジメントに関しての提唱運動におけるBarangay公務員とスタッフの補助、海岸の掃除活動、禁漁区の保護観察、デイケアセンターの教師や小学生の勉強指導、栄養・健康問題のサポートなどを行っている
●仕事:公立学校や地域で子どもや若者に向けたスポーツ、音楽、芸術活動といったアクティビティ提供。英語や一般教養の授業。地域運営、調査、監査、評価、キャパシティビルディングとノンフォーマル教育など地域関連活動の実施におけるスタッフや地元ボランティアのサポート。環境や健康についてのプロジェクトやアクティビティの提供など
●宿泊:ホームステイ
●場所:Brgy. Gilutongan, Cordova Island, Cebu。人口約1500人、Cordovaからボートで約30分
●備考:2-11月で受入可

GIED/MTV11  Kinawahan  1ヶ月↑  教  2
●背景:Kinawahan Integrated Schoolには幼稚園生から12年生までの12クラスがあり、15名の教師と校長が指導にあたっている。学校には個人が寄贈した蔵書300冊ほどの小さな図書館が併設されている。さらに、他の学校との競争と学習の実施のため校舎設備を新しくする必要もある。国際ボランティアの活動として基本的に公立校の平均水準を目指して学校の修繕と美化に焦点を置くが、生徒との交流を通しての異文化学習も目指している。プロジェクトの目的は様々な学術的・課外的活動を通しての生徒の学習意欲保持、子どもへの外国人との交流と新しい文化の学習の機会提供であり、クラブ活動の運営、授業、遠足や修学旅行の補佐、音楽・芸術・スポーツ活動の発展、外国語教育・導入といった活動を実施している
●仕事:授業や学校行事での教師のサポート。研修やスポーツ活動、管理業務のサポート。子ども・ボランティアとパートナー団体の交流作り。異文化教育(自国での経験を共有)など
●宿泊:ホームステイ
●場所:Brgy. Kinawahan, San Remegio, Cebu
●資格:英語初級

GIED/MTV12  San Remigio RHU  1ヶ月↑  医・福  2
GIED/LTV11  San Remigio RHU  6ヶ月↑  福・医  2

●背景:Cebu市より少し離れた、Cebu島北にあるSan Remigioは穏やかで静かな暮らしを求める人々が集まる町である。2010年の国内一斉調査により、51,000人の人口と35,000人の有権者を擁するSan Remigioは、町区分において第3階級に分類された。この町で行われるSan Remigio Rural Health Unitプログラムは主に健康的な生活の推進プログラムなどを提供することにより住民の生活の質の向上を目指している。また住民が新しい文化を学ぶことや、海外の国々と交流を持つ機会を持つことにも注力している。これらの一環として、基本的な保険医療や公衆衛生看護サービス、外来医療・出産医療のサポート活動を行う。具体的には、子どもの健康・回復状況のモニタリング、医療分野での認知・普及活動、家族計画デーの設置・参加など、パップテスト、患者対応・相談、抗結核薬、歯科医療、予防接種サービス、動物咬傷治療、産科などでのサポートやサービス提供が挙げられる
●仕事:患者のバイタルサイン確認、救急サービス、けがの手当て、心電図撮影・血糖値・妊娠検査、産科施設での出産のサポート。問診票の管理。公共の医療認知・普及活動の参加。食事準備・提供ボランティアKusina sa Kahimsug ug Pag-amomaのサポート。研修運営。Barangay Nutrition Scholar(BNS)の月1ミーティングの参加や活動のサポート。Municipal Nutrition Action Coordinator(MNAC)の活動報告書作成の手伝いなど
●宿泊:ホームステイ
●場所:Poblacion, San Remigio, Cebu。Cebu島北の岬に位置するSan RemigioはCebu州議事堂より109km離れた場所に位置。Cebu 市から北上しBogo City内の交差点を左方向に進んだ先にあり
●備考:MTV12)1-11月で受入可

GIED/MTV13  BP Cebu Foundation  1ヶ月↑  教・福・技  2
GIED/LTV07  BP Cebu Foundation  6ヶ月↑  教・福・技  2

●背景:Bukas Palad Cebu Foundationはセブ市マボロ地区の恵まれない、社会から切り離された3-24才の子どもや若者、家族を支援するために設立された。この数年間、会員や家族数は増え続け、彼らの中には家を取り壊されセブの違う地域への移住を強制された者もいる。それら障害にも関わらず、団体内の家族の絆は家庭や学校訪問を中心としたコミュニケーションにより固く結ばれている。このプロジェクトは一個人が家庭や地域でより生産的な人物になれるよう能力を開発し、全世界の人々に富をもたらせるような地域づくりと住民の生活変化を促すことを目指している。また、この地区に住む家族の身体的成長や病気の治療促進を医療ボランティアの手助けを得ながら行っている。さらに財政的、道徳的、精神的サポートを施すことにより、地域を離れざるをえなかった子どもたちも含めた経済的に恵まれない子どもたちの生活安定の向上にも尽力している。6才という早い時期から質の良い教育を子どもたちに提供することもしており、後に実を結び彼らが他者に対してもサービスを施せるようになる可能性を期待している。また、学外の若者や大人向けにセミナーを開き、就職活動や勉学に役立つことを目指している
●仕事:子どもを対象に授業を行う教師のアクティビティや教材作成、授業のサポート。Support at a Distance Program (SAAD)の授業やアクティビティのサポート。ミーティングやSAAD生徒のその他の活動への参加。子ども達が支援団体へ手紙を書く際の手伝い。アクティビティの計画や評価。書類作業。Community Developmentセンターによるコミュニティサービス活動のサポート。団体のプログラム・プロジェクト促進のためウェブサイト・SNS・その他広告媒体の開発など
●宿泊:ホームステイ
●場所:48 Sindulan St. Mabolo, Cebu City
●資格:Microsoft Officeなどの基礎的なパソコンスキル必要。英語中級

GIED/MTV14  LFCI-KPPI  1ヶ月↑  教・環・医  2
GIED/LTV08  LFCI-KPPI  6ヶ月↑  教・環・医  2

●背景:LFCI-KPPI(Lawndale Finance Company, Inc.-Kasanib sa Pag-abot ng Pangarap, Inc.)のあるNueva Ecija州は、5city(市)27 municipalities(町)で構成されており、人口は2017年には215万人に達した。男性の人口は女性の人口よりも遥かに少なく、その比は約1:2となっている。住人は主に農業で生計を立てている。LFCI-KPPIはNueva Ecija州の中心部に位置し、人々の健康や教育、環境を整えることで起業家精神や仕事への取り組みを向上させるために設立された。利用者の95%は女性である。また、利用者の主な収入源は農業やバイクタクシー、サリサリと呼ばれる小さなお店の経営から得ている。コミュニティ活動においては主に健康と音楽の二つの分野で活動している(Nueva Ecija州での栄養学プログラムや8-18才対象のピアノレッスンなど)
●仕事:プロジェクト事業のサポート。奉仕活動プログラム、特に栄養学プログラム(2018年12月-2019年5月)やピアノレッスン(2019年1‐6月)の参加・提供など
●宿泊:ホームステイ
●場所:Brgy. Cabu, Cabanatuan City, Nueva Ecija 3100
●備考:マーケティングや製品作りに関するオリエンテーションあり

GIED/MTV15  Municipality of Cordova  1ヶ月↑  福・環  2
●背景:このプロジェクトの目的は、人々が人生の楽しみや幸せを見いだし、自分自身と他の住民と共に平和に暮らせるような地域改善事業の実施である。同時に、生計を立てるためのサポート、生産的・付加的な収入源を得るサポート、医療面・健康面でのサポート、環境を復興させることによる生態系の安全性の向上活動の実施を目指している。その実現のために、子どもに対するアートプログラムと教育活動の実施とサポート、家族の健康のケア・緊急救助・緩和活動の実施、女性や子どもの社会性の発展のサポートを行っている
●仕事:スポーツ、音楽、アートといったアクティビティの運営。学校内の先生やスタッフのサポート。奨学金の調整や健康プログラムのサポート。コミュニティ組織の調査、モニタリング、評価など
●宿泊:ホームステイ、ドミトリー
●場所:Cordova, Cebu

GIED/MTV16  FHSHI  1ヶ月↑  教・障  2
GIED/LTV12  FHSHI  6ヶ月↑  教・障  2

●背景:The First High School for Hearing Impaired (FHSHI)は、1982年に建てられた聴覚障がい者のための学校である。この地域では、学習障がいや身体障がい者に対して適切な教育の機会を提供する専門学校や公立学校は限られている。そういった中で、FHSHIは特別な支援を必要としている子どもたちに対して、通常の学校の生徒と同等の機会を与えるために、生涯学習スキルなどの教育を提供している。また、彼らが自身の生活に教室という学びの場を取り戻すことを目指している。FHSHIでは全ての教師が協調学習と手話を用いて積極的にアクティブラーニングを行っている。また、インターネットを利用することで学生の関心を引き、利用者が親しみやすく楽しめるような魅力的な雰囲気作りを目指す。このプログラムの目的は、生徒の残聴を最大化するようなスピーチや言語の訓練、生徒の学習能力を高めるための語彙力と理解能力の向上、文化交流プログラムと活動を通じた学習機会の促進を支援することである。また、Philippine Accessible Deaf Services(PADS)が行う障がい者への教育のサポートもしている。具体的な活動としては、スピーチや言語活動・授業の記録の蓄積・編集、スピーチや語学のセッションを継続的に実施するために教師の育成、教師と生徒のための文化交流活動の企画を行っている
●仕事:学習教材と視覚資料の改善、準備。教室内の先生のサポート。学生と障がい者のためのスポーツ活動、イベント促進。電子機器類を使ったプレゼンテーションなどのプロモーション資料の開発、スタッフ・トレーナー・ファシリテーターのサポート。日常業務、他の団体活動のサポートなど
●宿泊:MTV16)ドミトリー。LTV12)ホームステイ
●場所:Macopa St., Basak, San Nicolas, Cebu City
●資格:手話を学びたい方歓迎

GIED/MTV17  Que Alegre Alegria ODF  1ヶ月↑  農  2
GIED/LTV05  Que Alegre Alegria ODF  6ヶ月↑  農  2

●背景:Que Alegre Alegria Organic Demo Farmでは野菜や家畜、家禽の生産事業促進プロジェクトを統合することに挑戦している。この試みは田舎の起業家活動を成長、促進するためにとてもよく作用している。また同時にこの統合による相互関係は、それぞれの生産に補い合うように作用し、低価格での商品生産を実現することができている。このプロジェクトはCebu都市圏(Metro Cebu)や周辺の州に家畜や野菜を出荷する主な産地の1つであるAlegria町にて実施されている。このような基本的なスキルを持つ農場コミュニティによる農作物の生産・収穫は、その地域が持つ生物物理的状況や天候のおかげで理想的といえる。また野菜の卸売業者や人々が集まる組織・組合など、もともと繋がりのある存在やコネクションにより、この事業をより持続させることも可能である。このプロジェクトでは、主に生き生きとしたコミュニティの発展、環境保護、それらのための教育に力を入れている。コミュニティ発展においては同じ文化・価値観・習慣・伝統を共有し、同じ理想を追い求めながら同じ場で働き、生活できるコミュニティを目指している。その一環としてAlegria町にある9つ全てのbarangay(地区)の組織を運営、促進、サポートしている。また、代替的で付加価値的もしくは新たな生計手段を通じて田舎の収入が低い農民や小作人たちの生活や生活の質の向上に努めている。環境保護においては、自然保護や生活で必要な天然資源の環境・活用に対する正しい知識を活用している。例えば持続可能な農業と自然環境の発展方法の実行や生産と消費のバランスの確保、天然資源・野生生物・固有の種の保護においての農場経営者の役割、生態学的均衡について、人間へのこれらの影響について学び実行している。さらに健全な環境活動と組み合わせた正しい耕作・飼育方法と継続的な農民たちによる努力を促している。これらのために、継続的な教育を通した知識や実行力の向上、他の施設や団体と新しい情報の共有も行っている。現在の環境問題や解決策について十分に配慮をし、持続可能な農業や生態学的均衡に関して継続的な教育を提供することを目指している。これらのコミュニティ発展や環境保護、教育においての目的を達成するために、まずプロジェクトではコミュニティの組織と技術的な支援を提供している。例えば収穫高や生産性向上のために、四輪トラクターや低価格有機肥料を作るバーミカルチャー設備を提供している。野菜や苗木、有機飼育の豚・土産の養鶏・これらの飼育設備や能力形成も行っている。また、活動に関するマーケティングやモニタリング、評価、報告も行っている
●仕事:有機農業や活動に関する他の農業。農場設備の向上、リノベーションのサポート。研修やセミナーの運営。事務仕事。組織や活動の普及促進や資源の流動化のサポート。Alegria町にある9つ全てのbarangay(地区)の組織やプロジェクト、農場の運営や促進、サポート。展示圃場や農場ツアー、クロスビジットの運営・実行。持続可能な農業の実行や範例づくり。モニタリングや問題確認、解決のための定期的な農場訪問。農業技術においての新しい収穫や飼育方法、その他進歩についての紹介など
●宿泊:施設内もしくはホームステイ。寝袋必要
●場所:Upper Minag-a Legaspi, Alegria, Cebu。Cebu Cityより車で3-4時間30分の距離。Municipality(町)区分にて第4階級に分類されるAlegriaは地方自治体の構成を担う町のひとつ(47municipality(町)と5city(市)がCebu州を構成。そのうちの15 municipalityがCebu州の第2選挙区を構成)

GIED/MTV18  A2D Project  1ヶ月↑  事  2
●背景:A2Dはセブに拠点を置くNPO/NGOであり、地域社会の人々の生活改善を促進するための革新的で代替的な方法を見つけるけることに取り組んでいる。A2Dのビジョンは、包括的で民主的で公正なフィリピン社会を構築することである。彼らは人を中心とした開発を目標としている。A2Dの使命は、証拠に基づく開発実践の推進を行い人々の生活を改善することである。彼らは、フィリピンの貧困、差別、不平等に取り組むための革新的な解決策を見つけることに尽力している
●仕事:A2Dのプロジェクトの既存ファイルの棚卸し作業。ファイリングシステムの確立。Facebookの更新。ウェブサイトにニュース記事の投稿。プロジェクト先からの投稿の管理。他の市民団体の持つ最適のコミュニケーションとブランド戦略の書類審査の実施。財政管理のサポート。資金提供者の目録。プロジェクト開発チームとのミーティングの企画。企画書の実施のための書類審査とインターネット調査の実施など
●宿泊:ドミトリー
●場所:Room 405, JRDC Building, Osmeña Blvd., Capitol Site, Cebu City

GIED/LTV04  La Consolacion College  6 ヶ月↑  教  2
●背景:La Consolacion Collegeは2007年6月に設立され、小学生から大学生を対象にカトリック教育を行うための機関。カトリック系の学校として、生徒や教職員に信仰深い生活の重要性を教えている。学生に質の高い教育を与え、学習意欲を引き出し、テクノロジーや演劇の分野で才能を開花させることや、学生に他国の文化や言語を教えることを目的として活動を実施している
●仕事:学校の活動やキャパシティビルディング計画のサポート。英語もしくは外国語授業。音楽・スポーツ・芸術の授業。リーダーシップ育成・図書館運営・クラブ活動運営・社会市民活動のサポート。特定地域で学校委員会発展プログラムのサポート。広報物出版や音声・音源プレゼンテーションの作成による広報活動の発展サポート。学校管理者やスタッフと協力して活動。外国語クラスでの授業、学校クラブ・音楽・美術・劇・スポーツ活動の運営など
●宿泊:施設内
●場所:Aglipay Street, Bais City, Negros Oriental

GIED/LTV09  Cordova RHU  6ヶ月↑  医・環  2
●背景:Cordovaは競争力があり持続性のあるビサヤ諸島のエコツーリズムの玄関口と称されている。Cordvaのエコツーリズムは、社会的な力や教養を持ち、信心深くもある市民たちに運営されている。彼らの先を見越した対応の早い運営により、Cordvaのエコツーリズムは工業的かつ商業的にうまく行われている。経済的に実行可能であると同時に社会的にも支持を得られる投資や追及の姿勢をとることで、世界レベルのエコツーリズムへと成長するべく努力していきたい。しかし課題が多いのも現状だ。この町はmunicipality(町)区分にて第3階級に分類され、25%の住民が貧困層にあたる。病院設備のないこの町で彼らは治療を求めRural Health Unit(RHU)に駆け込んでくる。そこで、プロジェクトでは人々の健康を維持していくべく地域のプライマリー・ヘルス・ケア(保健医療)を提供していくことを目指す。同時に、環境修復による生態系の安定性を促進することにも従事している。具体的には未就学児の定期的な身体測定、ビタミンA剤・駆虫剤の提供、割礼(包皮切除術)の無料提供、国による定期予防接種、医療についての認知・普及活動、世界結核デー、海岸の清掃活動、献血、家族計画デー・パップテスト、栄養・食生活の啓発月、高血圧症・糖尿病の啓発月、HIVの啓発、家族づくり・成長についてのセミナーなどを行っている
●仕事:患者対応。事務仕事。研修の運営。月一ミーティングへの参加。市の保健衛生官や保健士の活動や仕事のサポート。地域団体(RHUや自治体など)との協力活動。地域団体の健康プログラムのサポートなど
●宿泊:ホームステイ
●場所:Poblacion, Cordova, Cebu。ビサヤ諸島のCebu島に属するCordova町は、Cebu都市圏に属するとともに大部分の自治体、barangay(13のうち12 barangay)が孤島のMactan島に位置している。沿岸にあるこの町は水路によってLapu-Lapu市から分断されている
●資格:病院もしくは地域の組織づくりにおいての経験者歓迎

GIED/LTV10  CTU Hablon  6ヶ月↑  文・他  2
●背景:Cebu Technological University (CTU)はCebu州の公立の教育施設。4万人超の生徒を抱えており、その多くがCebu州の低収入層の家庭出身である。大学はメインキャンパス(Cebu市)と8つのサテライトキャンパス(Argao・Barili・Carmen・Daanbantayan・Danao・Moalboal・San Francisco・Tuburan)、12のエクステンションキャンパス(Bantayan IslandSan・Remigio・Tabogon・Pinamungahan・Bitoon-barili・Bonbon Cebu City・San Fernando・Naga・Dumanhug・Malabuyoc・Samboan・Oslob)で構成される。プロジェクトを行うサテライトキャンパスのあるArgao町は自然(ビーチ・自然公園など)や遺産で有名であり、商業や文化においてもCebu南部の中心的な役割を果たしている。ArgaoキャンパスではExtension Serviceプログラムを通して織物産業に深く関わってきた。特に織物産業においてのリサーチ、商品開発、コミュニティ構築、新たな生計の立て方について従事してきた。Argo町における織物産業は歴史と深く関りがあり、人々の文化やアイデンティティーの一部を担っている。そのため、このプロジェクトでは同じ志を持つ団体との協力関係を積極的に構築することにより、地域の人の織物への興味の復活、財政的な安定を得るための市場における需要構築、地域の人々の伝統的・文化的アイデンティティーの回復を目指している。そのために、知識・考え・意識を学び再現すること、商品開発への積極的参加、更なる織物プロジェクト発展のために新しいアイディアの共有、関連コミュニティのサポートや施設外サービスのリサーチ、個々人の文化・経験・地域の生活スタイルの共有などを行っている
●仕事:地域の若者対象に地域の家内産業に関する能力の形成・向上研修の運営。商品もしくはプログラム開発・成長のための見直しやフィードバックの提供。地域団体(Argaoキャンパスの生徒やスタッフ・自治体など)との交流や協力。プロモーションやマーケティングのサポートなど
●宿泊:団体施設寮もしくはホームステイ
●場所:Argao campus Ed Kintanar St., Lamacan, Argao, Cebu。Argao町はCebu 州南東に位置


 

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

南アジアのプログラム一覧

インド

運営団体:RUCHI

インド北部ヒマラヤのふもとを中心に活動をするNGO、Rural Centre for Human Interests。1980年に設立され、「農村地帯の発展のための持続可能な行動」を目指し活動しています。農村地帯のコミュニティの活性化のために、テクノロジー、教育等の知識の提供も行っています。毎週月曜日開始。追加登録費は、400ユーロ(=約50,000円)/月で現地払い。村の公共場所での飲酒と喫煙は原則不可。宿泊はドミトリーで寝袋必要、食事は菜食が提供。原則、最長6ヶ月

プログラム情報

RC/MTV1  Environmental Education  1ヶ月↑  環  ?
●背景:工業地帯であるBaddiは、経済的に貧しい人達が仕事を求めて移住し、仮設住宅を建て続けて出来た地域。その住居には、家庭に必要な生活備品がほとんど無いため、スラムと呼ばれている。工業化と人口増加によって、天然資源は激減し、深刻な環境問題や健康・衛生問題が生じている。このプロジェクトは、創造力を高める 「クリエイティブ・エデュケーション」 を利用した環境保護が目的。地域社会と地域環境は、相互に関係しており、生き残るために互いに依存してきた。それゆえ、両者が共存するためには、環境による経済的な効果が重要となる
●仕事:アートを利用した環境意識啓発。地元の学校でエコ活動を支援。若者を集め環境保護、地球温暖化、気候変動、天然資源の枯渇など環境問題に関する教育など
●場所:Baddi周辺のSolan-Rural・Slum地域

RC/MTV2  Water Conservation  1ヶ月↑  環  ?
●背景:プロジェクトの中心地であるHimachal Pradeshでは、息をのむような景色が広がり、新鮮な天然水が豊富で昔から山の人々はこの天然水に依存。しかし、これらの資源は環境悪化、都市化など人間の過失により急速に枯渇する危機にさらされている。RUCHIは保護活動と新鮮な水源開発を10年以上に渡り続けてきたが、まだまだ取り組むべき事がたくさん残っている。もし将来第3次世界大戦が起こるならば、争いの原因は水源にあるという言葉があり、この地域もまた他人事では無い。この地域は雨季に大量の降水に恵まれるが乾季は常に水不足であり、毎秒滴り落ちる水さえも保護される必要がある。問題は入手可能な水の量にあるのでは無く、管理方法であるとし、水源の保護とそこが再び水で満たされるよう、新たな方法を開発する事が期待される
●仕事:地域にある水源のデータベース化、水質調査及び評価、貯水計画の開発と実行など
●場所:Baddi村 (Solan)

RC/MTV3  Eco Tourism  1ヶ月↑  環  ?
●背景:農村エコツーリズムは、北インドで増加。このプロジェクトにより観光客の責任ある行動を促進することで環境や景観、自然資源を保護したい。ボランティアは、自然豊かなこの環境を拠点とし、観光客がよく訪れる場所も出入りすることが出来る。予定としては、地域社会や地元の人々と慣れ親しんだ後、環境保護と信頼性のある旅行の為に必要な介入計画を立てる
●仕事:省エネや節水、廃棄物縮小やその意識向上に向けた天然資源の適切な管理教育、環境・文化的保護に対する認識向上の為の看板のデザイン制作・掲示。田舎での観光事業を促進する計画作り、エコツーリズムの促進など
●場所:Kasauli地区

RC/MTV4  Non-formal Education  1ヶ月↑  教  2
●背景:奥地にある農村部の子ども達は高額な私立学校へは通えず公立学校へ通うが、教師の意識は低く、教育の質も低い。Bogdhar村とBaddiスラムでは人々の需要を満たすより安くより良い教育にコミットした私立学校を農村部で開校。農村部の経済的に貧しい家庭の子どもが在籍。より良い授業の提供や英語の発音・文法の向上、また、「子ども達が授業に関心を持ち、良い結果を出せるようにする」だけでなく、将来のために英語力を磨きたいと思えるきっかけを作ったり、勇気づけたりすることが目的
●仕事:6-11才の子どもへのインフォーマル英語教育、特に発音と文法。衛生教育、薬物乱用や暴力・非行、メディア、表現の自由、キャリアアドバイス、社会規範、ファッション、自己啓発、コミュニケーションスキル、才能と趣味の開拓。バレーボールや卓球、バドミントン等国際的スポーツを教えることなど
●資格:21才以上

RC/MTV5  Health and Sanitation  1ヶ月↑  福・環  ?
●背景:効率的なごみ処理システムが確立されていない公衆衛生環境の問題が発生している。地方の州政府が個室トイレを建設しているにも関わらず、無関心にも排便が未だに外でなされており、健康への悪影響を認識していない。また、ごみ処理は別の深刻な問題であり、環境や健康に悪影響を及ぼす。この活動は教育と、手洗い励行を通し行われる
●仕事:水・公衆衛生・衛生学・健康基準(手洗い)に関する教育と人々の意識向上、協議で使用するツール作り。現地の学校や村で若者や住民に対しごみ分別の重要性や、プラスチック利用削減、ゴミの適正処理についてワークショップを行うことなど
●場所:10 villages in Dharampur Development Block

RC/MTV6  Women Power  1ヶ月↑  福  ?
●背景:女性は社会の中で多くの役割を果たしている。しかし、その努力はまだ財政上、国家のGDPには計上されていない。また、家庭においても娘、妻、母、主婦、さらには必要があれば稼ぐ為に労働者としても役割を果たし、様々な方法で支えているにも関わらず、女性は家庭の意思決定権をもつ事もなければ相談される事もほとんどない。RUCHIでは常に女性の努力を認識し、地域で彼女たちが社会的視点に置いて望まれたポジションを達成できる為にたくさんやらなければいけない事があり、女性達が文化的に表立ち、困難に打ち勝てるよう促進、サポートを始めている
●仕事:自助グループの集会への出席。女性の権利、ジェンダー、セクシャリティ、DV等の教育。技術開発と経済活動における教育。家事や農業の手伝い、生業支援など
●場所:Patta周辺の村

RC/MTV7  IVS Programme Management  1ヶ月↑  事  2
●背景:RUCHIオフィスは地方の農村に位置しており、国際ボランティア活動をサポートできるウェブ広報知識を擁した人材を見つけることが難しい
●仕事:団体の日常業務や国際ボランティアプログラムの事務サポート。広報やメールでの問い合わせ対応。国際ワークキャンプにリーダーとして運営することなど
●場所:Bandh 村(Solan)
●資格:21才以上。ウェブ広報、SNSの知識必要
●備考:最長5ヶ月

RC/MTV8  Organic farming  1ヶ月↑  農  ?
●背景:この山岳地帯では人々が生活の為に農業を営む。しかし、水不足やぬかるんだ土地の小さな段々畑での農業は維持できず、農業生産は1家族が1日3食の食事をするには足りない。RUCHIは面積が3ヘクタール以上に広がる良い肥沃な土壌を持ち、スタッフやボランティアによって家庭菜園を促進。やがて彼らへの見本となって機能して欲しい。住民は教育不足のため農薬が与える健康被害を認知はしているが理解まではしていない
●仕事:有機野菜やハーブの栽培。多面的な農業や農家の見本となる菜園作り、地球温暖化、気候変動、天然資源の枯渇など環境問題に関する啓発活動など
●場所:RUCHI (Solan)

RC/MTV9  City to Countryside  2ヶ月↑  福  ?
●背景:この活動は2018年新たに始動し、提供された意見を元に今年も引き続き延長する事が決まった。生活や仕事において対照的な状況にあるニューデリーで1ヶ月間活動し、その後Himachal山に位置するRUCHIキャンパスへ移動し1-2ヶ月間活動する。農村部でRUCHとそのパートナーが実施している様々なコミュニティサービスに参加できる
●仕事:Nangloiや郊外に住む子ども達の為の学習センター運営。アートや手芸、陶器作り、服の仕立て等の能力育成授業の実施。農場での活動。コミュニティサービスの提供。環境保全、淡水資源保護、有機農業に関する活動。女性エンパワーメントに対する取組みなど
●場所:New Delhi & Solan (H.P.)
●備考:最長3ヶ月


運営団体:FSL

2000年設立のNGO、Field Service & inter-cultural Learning。事務局は南部のBangaloreで、ワークキャンプと中長期ボランティアが主な活動。追加登録費15,500ルピー(=約23,000円)/月は現地払い。(FSL/LTV04Aのみ420ユーロ/月で現地払い。)Bangaloreからバスで9時間ほどのKundapur、またはBangaloreで1週間のオリエンテーションがあります。活動開始日は第一月曜日、基本的に宿泊はホームステイまたは施設住み込み。別途申込書の提出が必要

プログラム情報

FSL/LTV01A  Regular Teaching  1ヶ月↑  教  3
●背景:教育は持続可能な未来を築くための技術、知識、態度、価値観習得のためや成長するために不可欠なものである。Regular Teachingでは、英会話や基礎数学、健康と衛生の啓発、環境教育、現地の学校との共同カリキュラムを実施。この学校では、カンナダ語・タミル語教育が教育言語であり英語教師が不足。プロジェクトの主な目的は、教員のサポートを行い国際的な学習支援を行うことである。また、継続した教育ができるように、将来のボランティアのためにノウハウや内容をまとめることも大切である
●仕事:教室内の先生のサポート。課外活動への参加。子ども達との文化交流。教材開発。授業計画など
●資格:英語中級。教育経験者歓迎
●備考:3-5、10、12月は学校の休みのため学校で活動できないが、3-5月はサマープロジェクト、10月はウィンターキャンプへの参加が可能

FSL/LTV01B  Orphan Children Teaching  1ヶ月↑  福・子  3
●背景:ボランティアは、孤児の日常ケアを担当するスタッフをサポートすることで孤児院にて働く機会が得られる。仕事は様々であり、ボランティアは柔軟性がありマルチタスクに対応することが求められる
●仕事:孤児院でのスタッフのサポート。孤児の日常生活のサポート、リハビリ、教育、掃除、料理、ガーデニング、宿題の手伝い、遊び、ゲーム、図画工作、歌、スポーツなど

FSL/LTV01C  Ethnic Tribes Teaching  1ヶ月↑  教・福  3
●背景:インドにはいくつかの少数民族が存在するが、彼らは奥地で暮らしているため孤立し、適切な教育、インフラ、医療の機会を持たず、識字率も低い。教育、生活水準、医療の向上が目的
●仕事:NGOスタッフのサポート。子ども達への教育やゲーム、歌、スポーツ、図画工作など

FSL/LTV01D  Children found on Street  3ヶ月↑  福・子・教  3
●背景:インドには4万人を超えるストリートチルドレンが存在する。寮やデイケアセンターなどの住処を提供し、職業訓練を受けられる通常の教育システムに戻すことで、適切な水準で生活できる機会を提供することが目的
●仕事:主にストリートチルドレンへの教育活動(オルタナティブ教育)を実施。先生のサポート。移住労働者のコミュニティにおいて親向けに教育についての啓蒙活動やゲーム、歌、スポーツ、図画工作の企画・運営など

FSL/LTV01E  Kindergarten Anganwadi Teaching  1ヶ月↑  子・教  3
●背景:ヒンディ語で“中庭の小屋”を意味するAnganwadiは、1975年頃に政府により設立されたデイケアセンターで、主に3-5才の就学前の子どもにノンフォーマル教育を提供。また、村の保健所としての機能も備え、家族計画・家庭教育などを含む健康・衛生・栄養教育・啓発も提供
●仕事:子どもに対するゲーム、歌、図画工作、スポーツなどの教育活動など
●資格:英語中級。教育経験者歓迎
●備考:3-5、10、12月は学校の休みのため学校で活動できないが、3-5月はサマープロジェクト、10月はウィンターキャンプへの参加可

FSL/LTV01F Impaired Children Teaching  1ヶ月↑  障・子・教  3
●背景:言語・聴覚障がい児への教育プログラム。聴覚障がいはコミュニケーション能力に、言語障がいは学習に対して影響。社会的孤立や自尊心の低下を引き起こしてしまう。これらの子どもたちが社会で活躍できるよう、様々な教材や方法が用いられている
●仕事:英語の読み書き、数学、地理などの授業。スポーツ、ゲーム、絵などの課外活動。報告書の作成、写真やビデオでの記録。生活技能や健康、保健衛生のトレーニングなど
●備考:3-5、10、12月は学校の休みのため学校で活動できないが、3-5月はサマープロジェクト、10月はウィンターキャンプへの参加可

FSL/LTV02A  Sea Turtle Conservation  1ヶ月↑  環  3
●背景:インドでは過去15年、地元民による漁業や卵の略奪等によりウミガメが危機にさらされてきた。3種のウミガメがインド西海岸で卵を産むが、どれも人間の手によって危機にさらされ絶滅危惧種となっている。この事業はKundapur、Karnatakaの南北に位置する60kmにも及ぶ海岸で実施。生態系についての意識を高め、関連する環境問題に焦点を当てることにより、ウミガメ保護に対する啓発活動を行っている
●仕事:調査、データ収集・分析、地域コミュニティや学校、港、漁村での啓発活動。孵化場や臨時情報センター作り。PRツールの作成など
●資格:ウミガメ保護に関する知識歓迎
●備考:8-2月で受入可(8月、2月は主に文書作成を行う)。必ずしもウミガメに会えるというわけではない

FSL/LTV02B  Environmental Education  1ヶ月↑  環  3
●背景:地元のNGOと協働し、低所得層のグループ・地域コミュニティ・若者・子どもへ環境教育を行いたい。また、学校、大学等で環境保全、自然保護を啓発していくための環境教育ワークショップの実施
●仕事:地域コミュニティへの環境教育。エコクラブセッションの計画と実行、サポート。地元コミュニティで野外活動。固形廃棄物処理事業、コンポストの設置など

FSL/LTV02C  Rain Water Harvesting  1ヶ月↑  環  3
●背景:雨水を収集するというコンセプトのもとに、水資源の保護と促進のための活動を行っている。地元コミュニティのさまざまな分野の中の意識を変えることもこのプログラムの重要な目的
●仕事:水についての教養、書類、調査を促進するキャンペーンへの参加。農業分野の貯水構造の改修や小水路・堀といった水採集構造への取り組みなど

FSL/LTV02D  Animal Care and Conservation  3ヶ月↑  環  3
●背景:動物の保護・管理は全ての種が生き残るために重要な意味をもっており、絶滅危惧種とその住処の保護だけでなく、育成や繁殖も必要である
●仕事:動物やその住処の保護、育成と繁殖、病気の動物のケアや治療、調査、文書の作成、政策による権利擁護、適切な情報・教育・コミュニケーションツールの開発、コミュニティに対する啓発活動や教育活動など

FSL/LTV02E  Sustainable Agriculture  1ヶ月↑  農  3
●背景:食の安全や食料品の価格高騰が深刻な問題となっており、農業技術は飛躍的に向上しているものの、今もなお多くの人々が飢えに苦しみ、食料不足の危機にさらされている。また、天然資源の減少が田舎地域のコミュニティに悪影響を与え、貧困を招いている。これらの背景により、持続可能な農業は田舎地域のコミュニティが抱える課題を解決する最も効果的な方法の1つである
●仕事:持続可能な農業や有機農業を推進する農業コミュニティや関連団体のサポート。持続可能な農業の重要性に関する啓発活動。生物多様性の維持方法、水管理、有機農業、害虫管理、栄養管理、調査、文書作成など

FSL/LTV03A  Children with Special Needs  1ヶ月↑  障  3
●背景:身体・知的障がいをもった子どもや人々と関わることは大変なこともあるが、彼らの精神や情熱は絶えず、彼らとともに活動することは喜びに満ちあふれ、人生における大きな学習機会をもたらす。日常生活において障がい者は制限を受けることが多く、社会から排除され差別を受けることもあるため、ボランティアが変化をもたらし、子どもたちに喜びを与えることを期待している
●仕事:身体・知的障がい児に対する教育活動。彼らの日常生活におけるスタッフのサポート。ガーデニング、食事の準備、掃除など
●備考:新しい企画を立てる機会もあり

FSL/LTV03B  Rehabilitation Projects  1ヶ月↑  教・福  3
●背景:経済・社会競争から置き去りにされた人々のためのNGOが多くあり、彼らのオフィスや現場のサポートや新しい独創的な発想を提供することが目的
●仕事:子どもへの職業訓練提供、若者への各種訓練、マイクロファイナンス、PC教育、障がい者との活動。ガーデニング、クラフト、農業など。ボランティアの希望により写真、文書作成、ウェブページ更新、職業訓練センターの商品カタログ作成、調査、データ収集なども可能
●備考:動機書になぜこのプロジェクトでの活動を希望するか、どのように貢献できるか明記すること

FSL/LTV03C  Old Age Home, Geriatric Care  1ヶ月↑  高  3
●背景:今日、高齢者に対してのケアや関心を持つことがますます重要になってきている。FSLでは社会から置き去りになってしまった高齢者の家にボランティアを派遣している
●仕事:高齢者の生活施設で、日常生活のサポートや医療ケア、余暇活動の企画・実施、リハビリのための運動補助や話し相手など

FSL/LTV03D  Women Empowerment  1ヶ月↑  福  3
●背景:インドの広範なジェンダー格差の解決は、国の発展戦略において重要視されている。それらの戦略は、女性が自己財務能力を持つことで女性が自立し、社会の中で平等に輝く環境を作り出すことを可能にする。近年、政府は低所得者のためのマイクロファイナンスを行うSHG(Self Help Groups)という団体の設立を促進し、問題解決に取り組んでいる。主に女性からなるSHGは、メンバーが定期的に寄付した少額の固定金利を元手に、各メンバーのニーズに基づいて貸付を行う
●仕事:地域社会におけるキャパシティビルディング・イニシアチブを実現するために、SHGや他の女性グループと幅広く協力する。英語教育、PC教育、健康と衛生に関する啓発活動、所得創出のための活動、資金調達など

FSL/LTV03E  Slum Children Teaching  1ヶ月↑  福・子・教  3
●背景:都市化問題によりスラムがどんどん広がっている。都市部のスラムは家屋と違法に建てられた小屋の集まりで、水道や電気などの基礎インフラが整っておらず衛生状態が非常に悪い。また、失業率も高く、病気が蔓延し、貧困、搾取、無気力の温床となっている
●仕事:シェルターや学校でスラムの子どもへの教育。スタッフのサポート。地元NGOが実施しているプロジェクトのサポート。意識向上キャンペーン、読み書きプログラム、教育プロジェクト、少数民族の啓発活動など

FSL/LTV03F  Ethnic Tribal Development  1ヶ月↑  福  3
●背景:インド社会にはカーストや民族に応じて差別、搾取、服従、社会的排除などの問題が生じている。指定部族は地理・文化的孤立により社会から排除・軽視され、十分発展できない状態である。インドは独立以来ずっと社会的平等を目指し、指定部族の社会経済的状況を改善しようと努力しているが、依然としてインド人口の中で最も立場が弱く、貧困の中心となっている
●仕事:健康管理、教育、生計、技術訓練、民族の権利促進、能力向上、NGOのネットワーク作り、キャンペーン、調査、文書作成、プロジェクト企画案の作成など

FSL/LTV03G  Prevention of Child Labour  1ヶ月↑  子  3
●背景:子どもは国の希望であり、未来を担う存在である。幸せな子ども時代を過ごし、周りに守られながら安全かつ健やかに成長することはすべての子どもが持つ権利である。しかし、インドでは児童労働が深刻な社会問題となっており、推定430万人の子どもたちが衣服・靴・れんが焼き釜・ステンレス・ホテル・織物などを生産する産業や貿易に関する危険な仕事を強いられており、14才未満では世界で最も多い
●仕事:ストリートチルドレンへの健康に関する特別ケアプログラム、児童労働の予防・啓発活動、14才以上の子どもに対する職業訓練、意識向上キャンペーン、保護者とコミュニティ労働者に対する訓練と能力向上、カウンセリング、調査、文書の作成、子どもの権利に関する適切な情報・教育・コミュニケーションツールの開発など

FSL/LTV04A  Medical Internship  1ヶ月↑  医  3 
●背景:医療インターンとしてインドのヘルスケアシステムを学習
●仕事:医師や医療スタッフと協力して患者をサポート。病棟・診療所での診察や救命救急士との活動など、経験に応じて幅広く活動。医学生とともに授業への参加など
●備考:医療経験がない参加者は、観察的な関わりとなる。追加登録費は420ユーロ(=約55,000円)/月で現地払い

FSL/LTV05A  Special Teaching  1ヶ月↑  技  3
●背景:FSLは常に、他プロジェクト以外の職業スキルや特殊スキルを持っている人を探している。たとえば、ミュージシャン、大工、電気技師、または縫製技能、数学やIT /コンピューティング、ウェブサイトデザイン、あらゆる種類のスポーツコーチングなどの資格を持っている人にスキルを提供してもらいたい
●仕事:ボランティアの職業や得意分野に合わせた活動。インドの貧しいコミュニティでFSLと協力してプロジェクトの企画実施

FSL/LTV05B  Special Learning  1ヶ月↑  教  3
●背景:FSLは異文化理解を推進。そのため多くの地方施設、学校、地域の民俗芸術や音楽、文化、伝統を保存する個々のグループと連携している
●仕事:ダンス、音楽、木の彫刻、石の彫刻、ヨガ、マッサージ、エコ農業、パペット製作からひとつを選ぶ。文化理解のための活動への参加。ミニプロジェクトを企画し、この活動を広げる
●備考:FSL共通の追加登録費の他、追加で費用が必要(詳細は申込時にお伝えします)。少なくとも1ヶ月以上前に申込が必要

FSL/LTV05C Media PR, Research and Documentation  1ヶ月↑  事  3
●背景:インドでは多くのNGO、NPOにおいて人材不足が問題となっており、特に草の根レベルの団体では知識管理に従事するスタッフを雇うほどの資金がない。自分たちの分野での活動には長けているが、多くの団体スタッフは英語の文書を扱うことが難しい
●仕事:年報・冊子・ブログ・ウェブサイト・SNS・出版物など、オンライン・オフラインでの団体のコミュニケーション土台作り。一次資料、二次資料のデータ収集による調査、プログラムの企画・実施、文書作成など


 

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

ネパール

運営団体:FFN

1991年設立のNGO、Friendship Foundation Nepal。農村開発や衛生・健康・環境改善に力を注ぐ。仕事中(できればいつも)は禁酒・禁煙。宿泊はホームステイで食事提供、寝袋必要。最長150日間。追加登録費250ユーロ(=約31,000円)+150ユーロ(=約19,000円)/月は現地払い

プログラム情報

FFN/LMTV01  Teaching Placement  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:教育や先生の不足により、ネパールのような発展途上国に生活する貧しい人々の状況はより脆弱となっている。ネパールの若者に教育を提供するこのプロジェクトは、先生の開発・公立学校や仏教の僧院での英語教育など様々なプログラムを含む
●仕事:主に6-15才の生徒への英語教育。算数、科学、コンピューターなどその他の授業を受け持つことも
●企画:インドア/アウトドアスポーツの実施、ダンス等の文化体験など
●場所:Kathmandu、Pokhara、Tanahun、Lamjung、Chitwan、Makwanpur、Nawalparasiのいずれか

FFN/LMTV02  Japanese Language Teaching  1ヶ月↑  子・教  2
●仕事:主に小学生への日本語教育。英語、算数、科学、コンピューターなどその他の授業を受け持つことも
●宿泊:ホームステイ。食事提供
●企画:インドア/アウトドアスポーツの実施、ダンス等の文化体験など
●場所:Kathmandu、Pokhara、Tanahun、Lamjung、Chitwan、Makwanpur、Nawalparasiのいずれか

FFN/LMTV03  Computer Teaching  1ヶ月↑  子・教  2
●背景:ネパールは発展途上の国であり、長い政治的対立、貧困、不十分な教育によって子ども達は様々な機会を失ってしまっているが、彼らの状況を少しでも改善していきたいと考えている
●仕事:主に6-15才の生徒へのコンピューター教育。英語、数学、理科などその他の授業を受け持つことも
●場所:Kathmandu、Pokhara、Tanahun、Lamjung、Chitwan、Makwanpur、Nawalparasiのいずれか

FFN/LMTV04  Child Care  1ヶ月↑  子・教  5
●背景:ネパールは貧しく発展途上の国であり、長い政治的な対立が多くの子どもを不幸な状況に置き去りにしてしまっているが、彼らの状況を少しでも改善していきたいと考えている
●仕事:朝夕は児童養護施設での子どもの世話。宿題のサポート、話し相手、スポーツ、音楽、ゲームなど。学校で6-15才の子どもへの英語教育。算数、科学、PCなどその他の授業を受け持つことも
●場所:Kathmandu、Besisahar、Pokharaのいずれか

FFN/LMTV05  Internship in Office  1ヶ月↑  事  1
●仕事:書類作成、プロジェクト先の写真撮影、記事やニュース作成、世界中のパートナー団体や受入が決まっているボランティアとの連絡、ボランティア情報の共有、国際ワークキャンプの視察など
●場所:Kathmandu

FFN/LMTV06  Women Empowerment Program  1ヶ月↑  福  ?
●背景:ネパール人女性は英会話に対してとてもシャイな上、ネパールの社会で悲観的状況に置かれている。田舎の女性はアイデンティティがなく一般的に夫のアイデンティティが彼女達のものとなり、経済的生産性がなく、決定権を持たない。このプログラムは女性を男性と同等に有能で力のある存在とし、人権を確保するために立ち上がった

FFN/LMTV07  Community Hospital  1ヶ月↑  医  ?
FFN/LMTV08  Health Sanitation and Hygiene Education  1ヶ月↑  医  ?
●背景:FFN/LMTV07)ヘルスセンター、遠隔医療、クリニックなどを提供する医者や看護師(またはそれを目指す学生)対象のインターン、理論的知識を実践的な経験とする機会となる。教育意識と恵まれた設備のおかげで、インターンの恩恵は高まっている。FFN/LMTV08)ネパールのほとんどの人々は十分な健康知識を持っておらず、FFNは彼らに対して基本的な予防・衛生教育を実施したい。公衆衛生の専門家や学生がネパールの田舎で働き実戦的な経験をする機会となる

FFN/LMTV09  Waste management  1ヶ月↑  環  ?
●背景:ネパールを緑あふれ、美しく清潔な国に保つためのプログラム。FFNは既に田舎の清掃に集中したプログラムを実践している。住民のポイ捨てが多く、地域・国際ボランティアは清潔な環境を保つことに努める
●仕事:ごみ回収、ごみ管理について住民の教育、コンポスト作り、プラスチックごみと生ごみの分別によるリサイクル方法を教えるなど

FFN/LMTV10  Journalism  1ヶ月↑  学  1
●背景:Capital FM Kathmandu共催。ジャーナリズムを目指す人に最適のプログラム
●仕事:地域発展プロジェクトに関して記事、新聞、映画、写真などと共に、ドキュメンタリーや映画の作成など


運営団体:VIN

社会から疎外されたコミュニティで、特に女性や子どもの健康と社会的、経済的地位を高めるために2005年に設立されたVolunteers Initiative Nepal。追加登録費は4週間で555ユーロ(=約69,000円)。それ以降は75ユーロ(=約9,400円)/週で現地払い。英文履歴書、2人からの推薦状(家族可)提出必要。開始日は毎月1日または15日のいずれか。(開始日前日に到着必要。)宿泊はホームステイまたは修道院。食事提供。また、学校のプログラムに参加する人は1、7、10月が長期休みのため注意して開始日を決める必要あり

プログラム情報

VIN/LTV01A  English in Buddhist Monastery  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:仏教僧院プロジェクトでボランティアに修道院での生活を体験してもらう一方、地元の人々に海外の文化に触れる機会を作ること、英語を学んでもらうことが目的
●仕事:日々の授業の計画、基本的な英語と衛生教育。寺に住む子どもと交流。先生の英語力向上のためのサポートなど

VIN/LTV01B  English at Community School  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:国際ボランティアの助けを借りて、子ども達や地域コミュニティに英語を話すという重要なスキルを提供したい
●仕事:日々の授業の計画、英語や他の科目の授業、先生の英語力向上のためのサポート、教材作成など

VIN/LTV01C  English for Deaf People  1ヶ月↑  子・教・障  ?
●背景:長い間ネパールにおける学校教育は、聴覚障がい者に対する対応が不十分だったため、学校を辞めてしまった人々の特別なニーズを無視してきた。彼らに質の高い教育を提供したい
●仕事:英語教育(手話ができない場合は、その他の方法で支援可能)。ワークショップ、野外授業、衛生教育などの企画運営など

VIN/LTV01D  Teaching Computer Science  1ヶ月↑  技・教・子  ?
●背景:急速に変化する情報技術において、コンピュータスキルはコミュニケーションの効率的な手段。ネパールのITスキル不足は深刻で、IT時代に追いつくために多くのことを改善する必要がある
●仕事:学校やコミュニティスクールで、先生や若者、女性に対する基本的なIT教育。VINウェブサイトの維持・改善のサポートなど

VIN/LTV01E  Teaching/Coaching Sports  1ヶ月↑  教  ?
●背景:スポーツには人々をひとつにする力がある。ボランティアのスポーツに対する情熱やスキルを、ネパールの人々に提供してほしい。ネパールではサッカーとクリケットがとても人気だが、他のスポーツはまだ創成期。ボランティアは教師やコーチとして、熱意はあるが手段やノウハウのないネパールの人々に、楽しさとノウハウを提供してほしい
●仕事:学校やコミュニティで、子ども達や教師達にスポーツを教えることなど
●資格:ネパールで人気なスポーツはバレー・サッカー・クリケット・バスケットボールだが、その他ボランティアが知っている屋内・屋外でのスポーツコーチ歓迎

VIN/LTV01F  Teaching Yoga  1ヶ月↑  教・文  ?
●背景:ネパールは自然豊かで美しい国であるが、政治的な混乱の中で現代的な生き方や発展に迷う人々も多い。ボランティアの力で彼らがより良い生活を生きる為に自発的に挑戦し、変れるよう機会を提供したい
●仕事:日々のレッスン計画、基本的なヨガ指導、地元の人々と交流など

VIN/LTV01G  Arts and Crafts  1ヶ月↑  教・子  ?
●背景:芸術はパワフルでクリエイティブな表現方法で、地元住民とボランティア双方の人生に良い影響をもたらすことが出来る。ボランティアがそれぞれ選んだダンスを含む芸術や工芸を教えることで人々の生活に変化をもたらし、ボランティアもネパールの商業を学ぶことができる
●仕事:学校やコミュニティでアートやクラフト(絵描き、ペインティング、ギフトカード作り、音楽、ダンス)の指導など

VIN/LTV01H  Cultural Immersion & Teaching  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:村の一般家庭に入り、ネパール文化をじっくり学びたい人向けのプロジェクト。“旅行者”の枠から飛び出し現地の生活に溶け込むプロジェクトで知られている。ボランティアはお返しに、英語をコミュニティスクールで教える
●仕事:学校などで基本的な英語教育、幼児に向けたアクティビティ運営など
●企画:アクティビティを通じたネパール文化と言語学習など

VIN/LTV02A  Children Home  1ヶ月↑  子・教・福  ?
●背景:毎年多くの孤児達がカトマンズの街をさまよう。その大半は児童労働者となり、子どもとしての楽しみの時間を奪われている。VINは彼らに子どもとして楽しむ権利と教育を提供。これまでネパールの様々な孤児院と活動を共に取り組んできた
●仕事:基本的な英語教育(可能であれば、化学と数学も)、宿題サポート、歯磨きや手洗いなど基本的な衛生教育、アートやクラフトのような創造的なアクティビティ運営、掃除、学校の送迎など

VIN/LTV02B  Early Childhood Development  1ヶ月↑  教・子  ?
●背景:Early Childhood Development(ECD)センターは農村地域の3-5才の子ども達のために設立。センターは疎外された地域に属する子ども達に、親しみやすい学習環境を提供している
●仕事:ゲームや遊び歌で幼児達の心と体を育てるアクティビティ、幼児のケア、運動感覚を育てるアクティビティや教育ツール開発など

VIN/LTV02C  Child Right’s & Children’s Clubs  1ヶ月↑  教  ?
●背景:子どもクラブは6-16才の子ども達のために設置された課外プロジェクト。彼らの生来のスキルや創造性を開発し、健康や環境など地域社会の問題意識を高めるだけでなく、授業で学んだことを実生活に生かすように支援することが目的
●仕事:リーダーシップや生活力を育てるワークショップ。コンテンポラリーダンスや人権保護・促進に関するディベートなどクリエイティブなアクティビティを運営など

VIN/LTV02D  Working for Street Children  1ヶ月↑  子・教・福  ?
●背景:カトマンズには推定1000人のストリートチルドレンがいる。彼らに学校へ通う選択肢はなく、ゴミ箱から食べ物を探し、路上で寝、人身売買や虐待の餌食にされている
●仕事:教育活動、子ども達とのレクレーション活動、基本的な公衆衛生教育、子ども達に愛情をもって接し導けるようなサポートなど

VIN/LTV03A  Health and Medical Care  1ヶ月↑  医・教  ?
●背景:教育・保健サービスと公衆衛生の改善を通じて、医療の行き届かない地域の健康改善を目指す
●仕事:コミュニティへの診察と医療の提供、医療スタッフのサポート。医師や看護師とともに薬の配布。患者へ基礎的なカウンセリング。体温、脈拍、血圧測定のサポート。保健衛生に関する啓発活動など

VIN/LTV03B  Health, Sanitation & Hygiene Education  1ヶ月↑  医・教  ?
●背景:このプロジェクトは、ネパールにおける多くの不十分な医療状況を改善するために開始。農村地域全体に大きな影響を与え、数百人の地域住民の生活を変えるものである
●仕事:生徒やコミュニティでの衛生教育、地域での健康状態の調査や基本的な衛生教育の改善、啓発活動と応急処置知識提供のための子どものクラブや公立学校への訪問など
●資格:この分野での経験歓迎

VIN/LTV03C  Waste Management Project  1ヶ月↑  環・教  ?
●背景:ゴミ問題はネパールで公衆衛生と環境の両方の観点から深刻な問題となりつつある。ゴミ捨ての仕組みを改善し、清潔な環境の利点を人々に伝え、意識してもらうことが目的。それはきれいな地域社会を維持し、ネパールの美しい自然を保つ効果的で持続可能な方法である
●仕事:美しい環境の利点に関する啓発活動、ごみ処理管理に関する政策と仕組み作りのサポート、ポイ捨てゼロ運動など

VIN/LTV03D  Animal Care  1ヶ月↑  福・教  ?
●背景:人間の動物に対するケアは動物が人間にもたらすケアでもあるという信念の下、犬を中心とした脆弱な動物達を治療し保護することが目的。動物のためのシェルター以上の役割、動物に対しての優しい想いやりある行動を促進したい
●仕事:動物ケアセンターで一匹対一人の密なケア、犬の散歩、水浴び・手入れ、シェルターの掃除、動物に対する友好的姿勢の推進活動など

VIN/LTV04A  Agroforestry  1ヶ月↑  環・農  ?
●背景:労力がかかるのに利益になりづらい伝統的な段々畑での農業からアグロフォレストリーに変えることが目的。アグロフォレストリーとは、樹林の中で農作物を栽培する方法で、生物多様性を維持し、素晴らしい収穫の成果をあげる。これは伝統的な自給農家の生活の質を、大きく向上させる機会となる
●仕事:熟練した農家の指導の下、森林農業への従事、土地の開拓、農家の家屋や周辺の修繕サポート、研究、森林農業の技術指導など

VIN/LTV04B  Environment Research  1ヶ月↑  環  ?
●背景:急激な人口増加に対する意識の欠如のため、天然資源は予想以上の早さで消耗されている。環境汚染と天然資源の枯渇は、人間の身勝手な行動による悪影響である
●仕事:コミュニティの環境状態調査、レポート作成、環境や持続可能な資源に関する啓発活動など

VIN/LTV04C  Water Research  1ヶ月↑  環  ?
●背景:環境水源研究プロジェクトは、ネパール国内における水の配分を中心としたプロジェクト。そのシステムの調査・分析を行うことで、ネパールの水環境に関わる課題を顕在化させることができる
●仕事:会議、地元住民へ啓発活動、水資源や使用状況(飲料用、灌漑、家庭用、産業、水力など)・対立・衛生に関する調査、改善策のレポート作りなど

VIN/LTV04D  Climate Change  1ヶ月↑  環  ?
●背景:自然の美しさや危機状態にあるヒマラヤの生態系を調査しながら、今日ネパールが直面している環境問題の解決に取り組む
●仕事:気候変動が環境に及ぼす影響の評価、調査活動、啓発活動、地元有権機関へレポート提出など

VIN/LTV04E  Agrofarm  1ヶ月↑  農  ?
●背景:ネパールの伝統農業で働き、その中で暮らすことは自然の癒しを求める人に最適な環境である。農場の動物のケアや代々伝わるネパールの農業に携わりながら、地球を身近に感じてほしい
●仕事:地元農家と一緒に農作業や知識交換、動物の餌やりやケア、農場の修繕、化学物質不使用に関する啓発活動など

VIN/LTV05A  Construction & Manual Work  1ヶ月↑  建  ?
●背景:農村部の恵まれない人々のために基本的なインフラを構築することを目指す。大半の家にはトイレが無く、図書館や教室などの設備もない
●仕事:掘削、コンクリート作り、材料運搬。トイレ・教室・壁などの建設。公衆衛生教育など

VIN/LTV05B  Emergency Relief & Disaster Management 1ヶ月↑  他  ?
●背景:ネパールは地震、洪水、地滑り、火災、雪崩、嵐、疫病、干ばつなどの自然災害に対して非常に脆弱。現状からすると、それらに立ち向かうためには海外やNGOの支援なくして対応することはできない
●仕事:災害マネジメントの準備評価、地元コミュニティの為に災害被害縮小対策案の作成、災害に対する事前準備の必要性を説く啓発活動、一緒に活動する団体のリスト作成や関連組織とのネットワーク作りなど

VIN/LTV05C  Civil Society Initiative  1ヶ月↑  他  ?
●背景:新たに作られた脆弱な民主主義の中で市民社会の成長と発展に貢献。地元の代表者達と共に地域コミュニティを強化し、ネパールの市民社会を広げ、民主主義の基礎を築く
●仕事:コミュニティ内で市民社会組織の機能や市民参画の促進、人権問題に関する会議やネットワーク作り、マネージメントトレーニングなど

VIN/LTV05D  Research Initiative  1ヶ月↑  他  ?
●背景:VINでは社会から孤立したコミュニティへの啓蒙活動をしており、特に女性や子どもへの教育プロジェクトに力を入れている。これまで取り組んできたプロジェクトや現在取り組んでいることの有効性を調査することにより、結果とアイディアを生み出し、彼らの総合的発展の為に貢献したい
●仕事:社会課題の見極め、議題選定、調査の準備、データ収集・分析など

VIN/LTV05E  Care for the Elderly  1ヶ月↑  高  ?
●背景:高齢者の日常の活動をサポートし、市民としての尊厳を保護することが目的。加えてなによりも、社会の架け橋となるよう彼らと会話を楽しみ、彼らの豊富な経験談や思い出話に耳を傾け交流することが重要
●仕事:高齢者に寄り添い、健康・衛生状態を確認し、健全な日常生活を守るケア。その組織のサポート。既存の支援に対する調査など

VIN/LTV06A Women’s Education,Rights & Life Skills  1ヶ月↑  教  ?
●背景:Women’s Education, Rights and Life Skillsプロジェクトは識字教育、経済的幸福、健康と女性の権利の問題に取り組むことによりネパールの社会的に恵まれない女性の地位向上を目指す。彼女達への健康面やリーダーシップスキル、コミュニケーションスキル教育等が、あらゆる点において彼女達に可能性を与えるものになると信じて活動に取り組んでいる
●仕事:女性の権利、健康、英語、基本的な簿記、ライフスキル(リーダーシップ、意思決定、コミュニケーション、問題解決、ストレス対処)に関する教育活動など

VIN/LTV06B  Income Generation & Marketing  1ヶ月↑  技  ?
●背景:VINは近年における女性の所得創出への取り組みに対しサポートを行ってきた。その際、女性達は所得を生む為の暮らしのトレーニングを提供され、主に野菜農業、畜産、縫製や裁断、お香やキャンドル、乾燥食品作りで収入を得ている
●仕事:女性の所得創出へ取組みや伴走、促進、スキル提供。マーケット開拓のサポート、農作業など

VIN/LTV06C  Microcredit Cooperative  1ヶ月↑  福  ?
●背景:マイクロクレジット協同サポートプロジェクトは、女性の所得創出で近年効果を上げている。VINのサポートと訓練により、多くの女性がこのプロジェクトに参加できるようになった。女性達はヤギの飼育や野菜栽培などの、収入を得る活動を始めている
●仕事:マイクロクレジット運営のための女性の協同組合設立サポート、団体の連携、機能強化、助成金申請、資金確保のサポートなど

VIN/LTV06D  Women’s Trafficking Prevention Education  1ヶ月↑  福  ?
●背景:ネパールでは毎年、約10,000-15,000人の女の子が国境を超えインドの売春街に売られたり、国内で使用人や物乞い、工場労働者になることを強いられている。このプロジェクトではネパールの女の子の人身売買を国内外で防ぐことが目的。たくさんの女の子や女性達が教育を受けられていない事が人身売買に繋がっていると考えられ、彼女達へ教育を提供したい
●仕事:人身売買防止のためのパンフレット・リーフレット等の資料作成、人権やライフスキルに関する授業、学校・コミュニティでの啓発活動など

VIN/LTV07A  Youth Club and Life Skills  1ヶ月↑  教  ?
●背景:VINのユースクラブは16才以上の若者のために設立。若者達のチームワーク、ライフスキル、想像力、企画・運営力を育てることや、健康・環境・人権など地域社会の問題意識を高めることを目指す。また、教室で学んだことを実生活に生かすことが目的
●仕事:リーダーシップ、ライフスキルなど、若者の能力を強化するワークショップ、人権保護やコミュニティの問題解決に関するディベート運営、英語や就職スキルに関する教育など

VIN/LTV07B  Youth Entrepreneurship  1ヶ月↑  教  ?
●背景:若者が自立し、彼ら自身で地元の資源を用いた事業を行うことに繋げるためのプログラム。ビジネスに関するワークショップや配管工事・美容・工芸・有機農業など収入につながるようなスキルを身につける機会を提供している
●仕事:起業の可能性の調査・発掘、ビジネス・マーケティング・会計・企業登録などビジネスに関するワークショップなど

VIN/LTV07C  English and Career Development  1ヶ月↑  教  ?
●背景:若者がより積極性を持ち、生活水準の向上につなげるためのプロジェクト。生活を豊かにするために求められる英語スキルの向上や、若者・女性のキャリアアップに取り組む
●仕事:英語指導、職業・技術訓練、意思決定・問題解決・タイムマネジメントやコミュニケーションスキルトレーニングなど

VIN/LTV08A  Trekking and Volunteering 1ヶ月↑ 教  ?
●背景:このプロジェクトでは文化体験、トレッキング、冒険、ボランティア活動のすべてが体験できる。英語を教えに行く学校や孤児院が近くにある村にホームステイしながら、エベレストのベースキャンプを散策したり、カトマンズの街を探検したり、ネパールの魅力を総体験するプログラム
●仕事:学校または孤児院での英語教育。ボランティアの技術や経験の共有など
●企画:EverestまたはAnnapurna山のベースキャンプトレッキング。カトマンズ散策など

VIN/LTV08B  Travel Tour and Volunteering  1ヶ月↑  他  ?
●背景:このプロジェクトではジャングルサファリ体験やハイキング、観光、そしてボランティア活動など様々な活動を体験できる。4週間程度で、旅行とボランティアどちらもしたい!という方向け。ボランティア活動内容は、孤児院での活動やチャイルドケア、健康指導、若者及び女性エンパワーメントプロジェクトなどから選択可能
●仕事:地域に根差した活動
●企画:カトマンズ谷の観光、ジャングルや美しい山々の探検など

VIN/LTV08C  Hospitality Management  1ヶ月↑  他  ?
●背景:ネパールは異国情緒溢れる魅力的な旅先として、一般観光客と冒険を求める観光客、両方の要求を満たすことができる。観光産業はネパール経済の柱の一つ。その素晴らしい環境で実体験を積むことができる
●仕事:ネパールの定評あるホテルにて受付や事務所、飲食部門のお手伝いなど

VIN/LTV09A  Film and Documentary Making  1ヶ月↑  文  ?
●背景:魅力的な美しいネパールで、映画やドキュメンタリー映像の製作に携わる。撮影、指示、編集など、業界の専門家から学ぶことができる。VINの活動に関する映画/ドキュメンタリーを撮影するか、ネパールの映画/ドキュメンタリースタジオで働くかを選ぶ
●仕事:自分自身の映画製作の準備から編集、制作チームからのサポートやフィードバックを貰いながら学習など

VIN/LTV09B  Print Journalism  1ヶ月↑  学  ?
●背景:このプロジェクトではジャーナリズムや印刷媒体を学んでいる人に最初の海外ジャーナリズムの機会を与える
●仕事:メディアに関わる知識を生かして活動することができる。Kathmandu Post newspaper, Spotlight magazine, Himal Media Houseや他のメディアに向けた記事作りなど
●資格:ジャーナリズムを勉強中の学生または志す人

VIN/LTV09C  Photo Journalism  1ヶ月↑  福  ?
●背景:VINは、疎外されたコミュニティを苦しめる問題に光を当てるために、写真家を探している。彼らの現状を人々に伝え意識啓発を行うことで、ネパールの恵まれない人々の窮状を緩和することが目的
●仕事:社会問題への独自調査、現場訪問、カメラで現状をとらえ写真による啓発活動など

VIN/LTV10A  Editor/Writer  1ヶ月↑  事  ?
●背景:このプロジェクトはネパール国内のエンパワーメントプログラムに携わりたい人、それ以上に自分自身の言語スキルを組織で使いたい人向け。ネパール郊外ではなくVINの本部で働くこの機会は、恵まれないネパールのために利他の心で働く経験を得られる
●仕事:プロジェクトに関する記事作成、ウェブコンテンツ集め、ニュースレター発行、表計算を用いたボランティア管理、メール処理など

VIN/LTV10B  Coordinator  1ヶ月↑  事  ?
●背景:国際NGOであるVINの運営側の一員になりたい方向け。ネパールの様々なコミュニティや、場所を見ることができる。旅行・人との出会い・ボランティアコーディネートに興味がある人に最適
●仕事:VINオフィスで国際ボランティアの受入。ボランティアへのインタビュー、プロジェクト準備。プロジェクトサイトでのボランティアの活動コーディネート、監督、サポートなど

VIN/LTV10C  Human Resources Advisor  1ヶ月↑  事  ?
●背景:国際NGOであるVINの人材マネジメントに関わるプログラム。最新のノウハウを紹介し違いを生み出すことや、スタッフとボランティアがベストな状態で活動に関わることができるようにアドバイス、人材マネジメントの礎を築くことが求められる
●仕事:VINの人事戦略開発、スタッフとボランティアのトレーニング、コーチングやマネジメントのサポート、内部コミュニケーションプランや、必要と見なされば職務記述書の改善など

VIN/LTV10D  Marketing Advisor  1ヶ月↑  事  ?
●背景:このプロジェクトでは、新しいアイディアを生み出し、最大限に広報することで、VINへの慈善寄付を聴衆に向けて拡散、普及させる
●仕事:VINに関わるマーケティングの現状調査とレビュー、新しい戦略作り、キャンペーンの実施、団体の宣伝活動など

VIN/LTV10E  Grant Writer & Fundraiser  1ヶ月↑  事  ?
●背景:VINの募金活動や助成金プロジェクトは、主にネパールで社会から疎外されたコミュニティを支援するために、また、様々なプロジェクトが継続的に支援できるように必要な資金を確保することに重点を置いている。ライティングスキルをコミュニティのために活かせる最もいい機会となる
●仕事:VINに関わる助成金申請、寄付候補者調査、ファンドレイジングなど

VIN/LTV10F  Website & SEO Professional  1ヶ月↑  事  ?
●背景:VINは、ウェブサイトとサーチエンジンに詳しいボランティアを探している。団体のウェブページの再設計と最適化をデザインしてほしい
●仕事:VINのウェブサイト・オンラインアプリケーションシステムの開発・改善・維持。将来円滑に機能するようなウェブサイトの最適化。地元の人々へのトレーニングなど。希望があれば自国に滞在しながらワークに参加することもできる

VIN/LTV10G  Promote Volunteerism in Nepal  1ヶ月↑  事  ?
●背景:二度の破滅的な世界大戦後、西洋でボランティアが長い歴史を持ち、彼らの生活の一部に根付いているように、ネパールでも制度的に根付かせることを目指す。Paati-pauwaとDharmashalaがネパール国内においてボランティアの古い歴史を持つ
●仕事:社会福祉や社会学の大学を探して、地域住民や学生、教師にボランティアの必要性と最善例を伝えるプレゼンの実施、資料作成。中長期ボランティアや国際ワークキャンプの広報活動など

VIN/LTV11A  Reconstruction and Construction  1ヶ月↑  建  ?
●背景:壊滅的状況となった2015年4月25日の大地震の後、被害にあったコミュニティの復興が完了するまで続ける長期的な活動。WASH(水の衛生環境計画)、RERI(災害被害者のインフラ復興計画)、REECH(災害被害者の住宅建設計画)、起業家(ビジネス復帰)支援計画など様々なテーマに渡って災害支援をする
●仕事:耐震家屋の建設、幼児開発センターや学校、コミュニティセンター、飲料設備の建設など

VIN/LTV11B  Working with Earthquake Victims Children  1ヶ月↑  子・教  ?
●背景:震災の被害にあった子ども達のサポートとケアを目的としたプログラム。Thankotのコミュニティスクールに4-17才の子ども達が350人で暮らしている。このプロジェクトで彼らの成長にふさわしい環境を与え、人権を守り、子どもの成長を見守る
●仕事:様々な科目の授業計画と教師のアシスタントを受けながら子ども達への指導、健康管理と公衆衛生の授業、ゲームや課外授業の企画など
●資格:医師、看護師、教師、家政婦、調理師など歓迎


 

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

スリランカ

運営団体:GV4GF

Green Volunteers for Green Future (GV4GF)は、2013年設立のNGO(前進の団体は2011年設立)で、ボランティア活動の推進、環境保護、経済発展・教育・健康等を通じた農村の生活向上に取り組む。NVDAにも2012年加盟。開催日前日に到着必要。禁酒・禁煙

プログラム情報

NICE-LI-DE19-02  Deni 19-02  2/17-5/3  教  1
NICE-LI-DE19-07  Deni 19-07  7/10-9/2  教  1
NICE-LI-DE19-08  Deni 19-08  8/30-11/8  教  1

●背景:Low Country CBO Consortium (LCCBOC)は2000年にDeniyayaで始動した地域NPO団体で、これまでいくつかの地域開発活動を地域住民と国際ボランティアと共に行ってきた。LCCBOCは主に若者開発支援、環境保護や自国、及び国際的な平和構築活動も行っている
●仕事:若者たちへ形式ばった方法では無い英語教育(英会話やゲーム、オリジナルの教材等)、月間活動計画表作成、現地団体の英語サポート、現地団体スタッフの英語力向上サポートなど
●企画:コミュニティ活動、会議に出席、また自分がしてきた経験を村の人々へ共有など
●宿泊:ビレッジハウス。食事提供
●場所:Deniyaya、コロンボから200 km(バスで所要8時間)。茶畑が多く、Sabaragamuwa地方に接していて世界遺産のSingharaga雨林に近い。英国の植民地だったため、英語の標識が多く残っている
●備考:追加登録費はDeni 19-02が685US$(=約75,000円)、Deni 19-07が485US$(=約53,000円)、Deni 19-08が630US$(=約69,000円)で現地払い。部分参加も可能。部分参加の場合、開始日はそれぞれ2/17、7/10、8/30のいずれか。また、部分参加時の追加登録費は350US$(=約39,000円)/月で現地払い

NICE-LI-HI/Edu19-04  Higu/Edu 19-04  4/18-6/13  教  2
NICE-LI-HI/Edu19-08  Higu/Edu 19-08  8/10-10/19  教  2
NICE-LI-HI/Edu19-11  Higu/Edu 19-11  11/30-1/4  教  2

●背景:Human Recourses Development Foundation (HRDF)は人材開発団体で、技術及びリーダーシップ育成、性のあり方、エイズ予防活動等たくさんの啓発活動を行っている
●仕事:若者たちへ形式ばった方法では無い英語教育(英会話やゲーム、オリジナルの教材等)、月間活動計画表作成、現地団体の英語サポート、現地団体スタッフの英語力向上サポートなど
●企画:コミュニティ活動、会議に出席、また自分がしてきた経験を村の人々へ共有など
●宿泊:ビレッジハウス。食事提供
●場所:コロンボから231 km(バスで所要9時間)の町、Higurakgodaの郊外。田んぼと湖が広がり、様々な歴史遺産を持つ冷涼な地。設備は乏しいが、親切で人懐っこい住民が大勢いる
●備考:追加登録費はHigu/Edu 19-04が515US$(=約57,000円)、Higu/Edu 19-08が630US$(=約69,000円)、Higu/Edu 19-11が360US$(=約40,000円)で現地払い。部分参加も可能。部分参加の場合、開始日はそれぞれ4/18、8/10、11/30のいずれか。また、部分参加時の追加登録費は350US$(=約39,000円)/月で現地払い

NICE-LI-HI/Env19-04  Higu/Env 19-04  4/18-6/13  環  3
NICE-LI-HI/Env19-08  Higu/Env 19-08  8/10-10/19  環  3
NICE-LI-HI/Env19-11  Higu/Env 19-11  11/30-1/4  環  3

●背景:Human Recourses Development Foundation (HRDF)は人材開発団体で、技術及びリーダーシップ育成、性のあり方、エイズ予防活動等たくさんの啓発活動を行っている
●仕事:苗床作業、農業のお手伝い、月間活動計画表作成、現地団体の英語サポートなど
●企画:コミュニティ活動、会議に出席、また自分がしてきた経験を村の人々へ共有など
●宿泊:ビレッジハウス。食事提供
●場所:コロンボから231 km(バスで所要9時間)の町、Higurakgodaの郊外。田んぼと湖が広がり、様々な歴史遺産を持つ冷涼な地。設備は乏しいが、親切で人懐っこい住民が大勢いる
●備考:追加登録費はHigu/Env 19-04が515US$(=約57,000円)、Higu/Env 19-08が630US$(=約69,000円)、Higu/Env 19-11が360US$(=約40,000円)で現地払い。部分参加も可能。部分参加の場合、開始日はそれぞれ4/18、8/10、11/30のいずれか。また、部分参加時の追加登録費は350US$(=約39,000円)/月で現地払い

NICE-LI-DA19-06  Damb 19-06  6/21-8/28  教  1
NICE-LI-DA19-09  Damb 19-09  9/18-11/25  教  1

●背景:Livestock and Agrarian Service Development Society (LSDS)は1992年創立、農業開発と地域経済の為に地域に根差した活動を行っている。主に自己啓発活動、農業に関するトレーニングや若者開発支援を実施している
●仕事:若者たちへ形式ばった方法では無い英語教育(英会話やゲーム、オリジナルの教材等)、月間活動計画表作成、現地団体の英語サポート、現地団体スタッフの英語力向上サポートなど
●企画:コミュニティ活動、会議に出席、また自分がしてきた経験を村の人々へ共有など
●宿泊:ビレッジハウス。食事提供
●場所:Dambana、コロンボから208 km(バスで所要9時間)で先住民や森の民の居住地として知られ、先住民と他の住民が共存し、新世代が増加中
●備考:追加登録費620US$(=約68,000円)は現地払い。部分参加も可能。部分参加の場合、開始日はそれぞれ6/21、9/18のいずれか。また、部分参加時の追加登録費は350US$(=約39,000円)/月で現地払い

運営団体:SCI

1920年に設立された世界最古のワークキャンプ団体SCIのスリランカ支部。SCIは主にアジアと欧州に支部をもつ多国籍NGO。追加登録費200ユーロ(=約25,000円)/月は現地払い(空港出迎えは別途70ユーロ必要)

プログラム情報

LK/LM01  Blue Rose Special School  1ヶ月↑  障  3
●背景:The Blue Rose Special School and Training Centerは12-29才までの精神障がいを持った若者のための(通い型の)学校。現在、40人の生徒と6人の常勤講師と3人の理学療法、言語療法と音楽の非常勤講師がいる
●仕事:学校で社会活動、スポーツ活動の計画、運営。修理、ガーデニング、掃除の手仕事の補助、遠足や旅行の引率など生徒の日常的な活動のサポート。水泳や体育の補助など
●企画:シンハラ語、タミル語の講座など
●宿泊:ドミトリー。食事提供
●場所:Kandy
●資格:英語中級。禁酒・禁煙。特別教育の資格必要。PC、スポーツ、レクリエーション、音楽、劇、美術、水泳、ハンドクラフトなど得意な分野がある人歓迎

LK/LM02  Peace Center-Mutur  1ヶ月↑  平・教  3
●背景:Mutur Peaceセンターは2009年にこの地域の子どもを支援するために設立された団体。Muturはスリランカの東海岸に位置するTrincomalee地区にある。この地域は戦争、津波、洪水の影響を受けており、主にイスラム教徒が暮らしている。主要言語はタミル語。このプロジェクトは、平和と異文化・異人種間の理解を広めることを目的としている
●仕事:この地域の学校で英語の指導。 放課後に若者や大人を対象とした授業の実施。異文化理解を広げるための地域の人との交流など
●宿泊:ドミトリー。食事提供
●場所:Mutur, Trincomalee
●資格:英語初級

LK/LM03  Mother Theresa’s Home  1ヶ月↑  障・子・福  4
●背景:Daya Niwasa (House of love)とも呼ばれる、Mother Theresa’s HomeはKandy郊外にある貧しい子どものための孤児院。約90人が暮らしているこの孤児院はカトリックの修道女によって運営されている。大半の子どもは日常的に行う活動に補助を必要としており、また、何人かの子どもは重度の障がいを抱え、車いすでの生活、寝たきりの生活を余儀なくされている。ここで暮らす子どもは全員女の子。5人の修道女と10人のスタッフに加えて、海外や地元のボランティアスタッフが働いている
●仕事:孤児院の日常的な仕事の手伝い。子どもへの指導、遊び、音楽、運動など
●宿泊:個室。食事提供。WiFiあり
●場所:Kandy
●資格:障がい者との活動経験必要


 

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

東アジアのプログラム一覧

台湾

運営団体:VYA

Vision Youth Actionは2002年設立の青少年のための教育・文化NGOで、政府と緊密に協力しながら数種類の指導者訓練プログラム、国際青少年交流やインターンの海外派遣、青少年情報センターの運営等に取り組む。ワークや運営の質が、多くのボランティアから高く評価され、受入れの返事も通常は迅速です。

プログラム情報

VYA/MTV01  Xiluo Township  3ヶ月↑  事・教  2
VYA/MTV02  Xiluo Township  3ヶ月↑  事・教  2
VYA/MTV03  Xiluo Township  3ヶ月↑  事・教  2
VYA/MTV04  Xiluo Township  3ヶ月↑  事・教  2

●背景:日本の植民地時代にXiluoは近代的な街並みを目指すことを決め、道を広くし、建築様式を変更した。Yenping Street でも1930-45年には、様々な(かつ、ユニークな)スタイルの建物を見ることができるようになった。数年間のうちに840メートルにわたってXiluoの歴史・文化的に欠くことのできないアールデコデザインの家が何百も建てられた。現在、Yenping Old Streetには80年前に建てられた伝統的家屋が142棟と数多く残っているが、かつての町の中心としての賑わいはなく、ほとんどが空き家になっている。国際ボランティアを受け入れ、伝統的家屋の保存活動や社会環境の改善を続けることによりXiluoの文化と伝統を推進し、住民の生活の質と自尊心の向上を目指す
●仕事:Xiluo文化美術館の運営補佐。食料雑貨店の経営(管理、運営)。バックパッカーハウスの管理(清掃、受付、ブログやSNSの更新など)。ガーデニング、英語指導や地域の環境イベントへの参加など
●企画:地元の方との交流パーティー、エコツーリズムなど
●宿泊:Xiluo backpacker Houseのドミトリー部屋。インターネット環境あり
●場所:台湾の西側真ん中にあるYun-Lin Counrty、Xiluo。300年の歴史と48,500の人口を持つ。The great Zhuo Shu 川から近い。その川にかかるThe great Xiluo橋は60年の歴史があり、台湾の中でも有名で、そこから見える夕日も有名。Yun-Lin Counrtyへは、バスでTaichung cityから1時間、Tainan cityから2時間
●資格:25-40才。中国語歓迎。6ヶ月間推奨(3ヶ月未満の場合も参加できる可能性あり)
●備考:開始月はMTV01) 3月、MTV02) 6月、MTV013 9月、MTV04) 12月。2人からの推薦状、無犯罪証明書提出必要。スカイプ面接あり


 

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

韓国

運営団体:IWO

1999年設立のNGO、International Workcamps Organization。国際平和・連帯を広げるため、国際ワークキャンプや中長期ボランティアを主催。2-3日間のオリエンテーションあり。全てのプログラムにおいて、禁ドラッグ・禁酒・禁煙。原則、19-40才。スカイプ面接あり

プログラム情報

IWO/LM-A1  Sanan  3/19-6/5  農・文  3
IWO/LM-B1  Sanan  9/17-12/13  農・文  3

●背景:平和的、協調的、幸せな生活の真の定義を探求してきた人々が1984年に集まってできた村、エコフレンドリーで非独占的な社会を理想としている。現在約20人がこの村に在住。住民達は公共資源の共有化や環境の保全・保護に高い関心がある。村人の主収入源は養鶏であり、従来の暮らし方とは異なる生き方を実践しているコミュニティである
●仕事:鶏の世話、卵の回収、農作業の手伝いなど
●企画:週末ワークキャンプへの参加など
●宿泊:個室。昼夜食事提供
●場所:Hwaseong city, Gyeonggi-do
●資格:鶏肉・卵とナッツのアレルギー不可。動物(特に鶏)好きで恐れない方が望ましい。養鶏経験者歓迎
●備考:7-10日の連休取得可

IWO/LM-A2  Green Dream  3/19-6/5  教 2
IWO/LM-B2  Green Dream  9/17-12/13  教 2

●背景:オルタナティブスクールは非伝統的教育課程実践の基盤となる場で、政治的・学問的・哲学的オリエンテーションを伴った授業展開など一般の学校よりも柔軟な方法を取った特別な教育をしている。エコ農業、主体性、平和とコミュニティに関する教育に焦点をあてており、国際ボランティアには、創造的な教育方法による異文化理解教育を期待している
●仕事:16-18才の約40人の生徒に対する学校での英語教育。陶芸や美術の授業への参加、野外活動や校外学習(ハイキングやサイクリング)への参加。週1回、近くのセンターでの英語教育など
●宿泊:学生寮(ドミトリー)。食事提供
●場所:Muju, Jeollabuk-do
●備考:2週に1回の学外滞在あり

IWO/LM-A3  Big Tree  3/19-6/5  子・教  2
IWO/LM-B3  Big Tree  9/17-12/13  子・教  2

●背景:Big Tree Local Children Centerは、児童福祉サービスの役割を持ち、教育や文化的な機会提供の場であると共に放課後のシェルターとしての機能ももつ。都会の子どもに比べて、田舎の子どもは外国人に会う機会がなく、英語教育の質も低い。また、田舎においても国際結婚が増えてきているにも関わらず、地域住民の異文化理解度は低い。その結果、そのような子ども達は学校での差別や文化・言語的困難に直面している。国際ボランティアは異文化理解や外国人との接点を彼らに機会として提供できる
●仕事:施設の7-15才、約30人の生徒(小中学生)に対する英語教育。農作業の手伝い。子ども達との野外活動など
●企画:校外学習・週末ワークキャンプへの参加など
●宿泊:施設内(ドミトリー)。夕食提供
●場所:Yeongwol, Gangwon-do

IWO/LM-A4  Sunshine  3/19-6/5  教・文  2
IWO/LM-B4  Sunshine  9/17-12/13  教・文  2

●背景:Sunshine Local Children Centerは、児童福祉サービスの役割を持ち、教育や文化的な機会提供の場であると共に放課後のシェルターとしての機能ももつ。都会の子どもに比べて、田舎の子どもは外国人に会う機会がなく、英語教育の質も低い。また、田舎においても国際結婚が増えてきているにも関わらず、地域住民の異文化理解度は低い。その結果、そのような子ども達は学校での差別や文化・言語的困難に直面している。国際ボランティアは異文化理解や外国人との接点を彼らに機会として提供できる。特に施設には親の不在や家族問題により愛情に飢えた子どもが多数いる
●仕事:8-16才、約30人の生徒(小中学生)に対する英語教育。自国の文化体験授業など
●宿泊:家屋。食事提供
●場所:Uiryeong, Gyeongsangnam-do
●資格:英語初級

IWO/LM-B5  Namuwa  9/17-12/13  教・文  3
●背景:オルタナティブスクールは非伝統的教育課程実践の基盤となる場で、一般の教育プログラムよりも柔軟な教育方法を採用しており、特に生徒の自尊心や個性、社会的スキルを育てることに注力している。NAMUWA学校は、オルタナティブスクールの哲学を持ち、自身を決定する独創性、違いを認める関係性、自身に挑む創造性の3つを教育理念に置いており、また、学校は知識提供の場だけでなく、お互いを尊重しつつ幸せに生きる手助けをする場だと捉えている。さらに学校は自主的かつ実践的な経験を優先しているため、ガーデニングや生態系に関するゲームなどを行う授業など、多様な授業を展開している。そのためボランティアには生徒と深く交流し、自発的行動を促し、創造的教育をし、様々な国、文化や言語の知識を教えることを期待している
●仕事:6-15才、20-30人の生徒に対して、英語でいくつかの授業を担当。ガーデニング、裁縫等の授業への参加。ハイキング、サイクリング等の野外活動への参加など
●企画:校外学習への参加など
●宿泊:学生寮(ドミトリー)
●場所:Yeongcheon, Gyeongsangbuk-do
●資格:英語初級

IWO/LM-A6  Donggang  3/19-6/5  教  2
IWO/LM-B6  Donggang  9/17-12/13  教  2

●背景:Donggang middle schoolは、Lee Ha-bokが設立し、1950年と2012年に開校された。“Reward to my country Korea”という考えを基に、特に貧困層への機会と教育を提供している。この学校は、①自立して生きること②正しく理解すること③そして勤勉に行うことを原則としている。生徒数は3学年の男女合計61名で、学生寮が完備されている。授業では外国語に力を入れており、特に英語は月曜日から木曜日にかけて毎日実施されている。また、生徒は外国人と会うことを楽しみにしており、学校は英語を教えてくれる国際ボランティアに期待している
●仕事:13-15才の生徒、約60人の英語の授業のサポート。生徒と一緒に体育や音楽等の授業への参加。野外活動への参加など
●企画:自国の言語や文化体験授業など
●宿泊:学生寮(個室)、週末にホームステイ可。食事提供
●場所:Seocheon, Chungcheongnam-do

IWO/LM-B7  Campus D  9/17-12/13  教  2
●背景:1945年に設立されたDRBは韓国にて初めてのゴム製ベルトの普及に成功したことに伴い、国内のゴムの生産業を行っている。より広いグローバルコミュニティと教育分野に貢献するため、DRBはDRB Holding Co., Ltd. Campus D設立している。Campus Dは有益性や有用性を地元や世界での共有されることを目指して社会貢献活動を行っている。恵まれない人々への才能育成の持続的サポートや社会貢献のプラットホームや国際的な社会貢献の改革等を行っている
●仕事:理科もしくは創作関連の教育活動のサポート。更生施設や保育所での活動。設立したてのNGOのプログラムへの参加。学校や地域の施設の異文化交流クラスへの参加など
●場所:Busan metropolitan city
●資格:カルチャーイベント企画(特にノンフォーマルな方法で)の経験、理科に関連した学歴必要

IWO/LM-A8  Sejong  3/19-6/5  文  2
●背景:Chungcheongnam-doの中心都心部に位置するSejon Cityは南北に伸びている。そのため、遥か昔からCharyeong Mountains と Geum Riverによって町が3つ(Jeoneui・Yeongi・ Geumnam)に分断されていた。しかし、道路建設の発展により、2012年までにChungwongun と Gongju Cityの一部も加えてSejon Special Self-Governing Cityへと生まれ変わった。新たな行政上の首都、もしくは国内最大のアジェンダのひとつとして2003年に設計されて以降、Sejon Special Self-Governing Cityは短期間で発展をしてきた。より発展させるために、当施設は韓国における観光業のモデルケースとしての市の発展や市の情報を広めることに力を入れている
●仕事:Sejon Special Self-Governing Cityについて、他地域の人々への情報普及活動のサポート。観光ポスターやリーフレットデザインの向上。地域の人々のお仕事サポート。地域の人との交流活動への参加など
●場所: Sejong special self-governing city


 

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

アジア周辺地域のプログラム一覧

トルコ(中近東)

運営団体:GENCTUR

1979年設立のNGO、GENCTUR。青少年の国際交流が主目的

プログラム情報

GEN/MTV1  Dreams Academy  1ケ月↑  障  10
●背景:Alternative Life Associationは障がい者の社会統合を目指した団体。団体の研修施設において、障がい者の方々に様々な分野における教育の機会を提供している
●仕事:料理(準備から片付けまで)、掃除、ガーデニング、動物の世話、農業、造園。アートワークショップ(絵画、ダンス、リズム、楽器、DJ、演劇、写真、彫刻、陶芸、クラフト)、PC・外国語・自己成長・手話の教室、読書や図書室の管理、アウトドアやウォータースポーツ、ボート、ヨガやプラティス。レクリエーションやイベント、室内・屋外ゲーム等の企画。運転や送迎、観光案内。健康管理や応急処置、オフィスワークなど
●宿泊:ドミトリーだが、テントに泊まることもあり。食事提供 
●場所:海岸地帯であるトルコ南部Kasから11km
●資格:20才以上
●備考:受入期間は4/5-10/30(障がい者との活動は5/15以降)、最長3ヶ月


 

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる

オーストラリア(オセアニア)

運営団体:Lattitude

Lattitudeは若者たちに国際ボランティアで有益な経験をしてもらうこと、スキルアップの場を提供すること、ボランティアの活動を通じ地域の手助けをすることを目的とする団体。様々な国に支部を持ち、ボランティアによるボランティアのための活動を行っている。メルボルンにてオリエンテーションがあります。追加登録費は5ヶ月で3,000オーストラリアドル(=約240,000円)、11ヶ月で3,500オーストラリアドル(=約280,000円)を受入後払い。長期休暇中の宿泊と食事は各自で賄い、この期間のお小遣いもありません。7月または1月開始。7月開始の場合5/1申込締切で、期間は5ヶ月または11ヶ月。1月開始の場合10/1申込締切で、期間は5ヶ月。申込後に現地団体職員とのスカイプ面接があります。

プログラム情報

LT/L01  Schools Assistant  5ヶ月↑  教  ?
●仕事:日本語授業、または通常授業のアシスタント。スポーツ、寄宿舎や音楽、ダンスといった課外授業のサポートなど
●資格:25才以下で無犯罪証明書必要。日本語授業担当する場合、英語中級。通常授業を担当する場合、英語上級
●備考:100-185オーストラリアドル/週のお小遣いあり

LT/L02  Outdoor Education Instructor  5ヶ月↑  教  ?
●仕事:サーフィン、シュノーケル、カヌー、マウンテンバイク、アーチェリー、スノーボードなど時期や場所に合わせた、様々なアウトドアアクティビティの指導サポート。キャンパスや設備の維持、生徒のお世話など
●資格:25才以下で無犯罪証明書必要。英語中級
●備考:70-110オーストラリアドル/週のお小遣いあり

 

お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください。
担当者が、あなたの最適なプログラム選びや疑問解消のお手伝いをさせて頂きます。

●電話でのお問い合わせをご希望の場合は下記にご連絡ください。
<全国事務局>
電話 : 03-3358-7140 (月~金 10:00-12:30, 13:30-18:00)

また、無料で個別相談や説明会も開催しています。こちらもお気軽にご参加ください。

個別相談 説明会

▲TOPにもどる



【注意事項】  ※しっかり読んでください!

(1)世界約40ヶ国で、1ヶ月~1年程度、施設・地域に住み込みながらじっくりと活動に取り組むボランティアプロジェクトです。プログラム情報の読み方は「中長期ボランティア情報の読み方」をご覧ください。

(2) これ以上詳しい情報は、NICEに届いていないので、お問い合わせいただいても、回答できません。

(3) 渡航前、滞在中は、常に「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、安全対策に努めてください。
外務省では、安全な海外渡航・滞在のために役立つ情報を毎日更新してくれています。外務省 海外安全ホームページなどを参考にして、行き先を検討してください。外務省 海外安全ホームページへ

(4) 申込前に定員の空き情報は基本的にはわかりません。参加費を支払い現地へ申し込んで初めて参加が決まります。