国内国際ワークキャンプ参加費用

NICEの国際ワークキャンプの参加費用の案内ページです。

トータルでかかる費用

申込時に支払う費用 申込後にご自身が支払う費用
参加費用宿泊・食費は受入側が提供
ボランティア保険はNICEが負担
開催地までの旅費集合場所までの行き方を
自身で手配します。
個人的費用事前・事後の自由旅行
参加期間中の個人的費用

NICEのワークキャンプ参加費

初参加

初めてNICEで、国際ワークキャンプ・中長期ボランティアに申し込む場合

年会費   特別会費   参加費用(合計)
5,000 24,000 = 29,000円

再参加

NICEを通じて参加経験がある方で、国際ワークキャンプ・中長期ボランティアに申し込む場合

年会費   特別会費   参加費用(合計)
3,000 23,000 = 26,000円

年会費
NICEの一般会員権を約1年間持ち、情報満載の会報が毎月、送られます。既に会員で、会費有効期限が2015年11月以降の場合は、支払い不要。

特別会費
国際ボランティアへの参加の費用として、お支払いただきます。多くのNGO活動と同様に、企画・運営する団体と職員がいて成り立ちます。政府機関にはない、自由で多様な活動を行うには自己資金が必要です。参加費は通信印刷費・人件費・事務局費用・研修費・運営費として必要最低限の費用をお支払いただいています。

お得な割引制度

連続参加 割引  特別会費が19,000円

1つ目のプロジェクト終了日から90日以内に開始する事業へ申し込む場合、参加費用が割引になります。

同じ国際ボランティアへ再参加 割引  特別会費が5,000円

「2年前に参加したあのプロジェクト地にもう一度行きたい!あの人に会いたい!」
同じ場所を好きになって、何度も行きたいという方を積極的に応援するために、過去に参加したことがある同じ開催地への事業に参加する場合の割引となります。

振込先

三菱東京UFJ銀行 新宿通支店 普通口座 3072933 ナイス

すべての方がクレジット払いができます。銀行振り込みよりも、銀行送金手数料がかからない分が安くなります。
その場合、参加費のクレジットカード決済ページで必要事項を記入して参加費の支払いをしてください。

※国際ボランティア推進校制度導入大学について

日本・世界での国際ボランティアの更なる発展の為、
国際ボランティアNGOのNICEと、高等教育機関が連携協力していく制度です。
当制度を導入している大学(学部)の学生の方は諸条件を満たすことで、特別会費から5,000円を割引します。
条件は、各大学によって異なるため、以下大学(学部)の学生の方は、お問合せください。
●お問合せ先:gs@nice1.gr.jp (担当:上田)
●導入大学:埼玉大学・大阪大谷大学

費用の規約

必ず読んで確認ください。

※下記『参加ワークキャンプ決定前/後』は、NICEが受入通知をメールを送った時点を基準にします。
本人の都合による変更/取消は、ご本人の連絡(電話やメール)を受けた時点から有効とします。

【取消費用A:開催地の事情による場合】
(例:希望分が全て満員、参加ワークキャンプが中止・変更)手続き料(通信費等)5,000円+銀行送金手数料を差し引いて、残りを全額返金致します。
【取消費用B:本人の都合による場合】
参加ワークキャンプ決定前:10,000円を返金致します。
参加ワークキャンプ決定後:NICEに支払った参加費用の全額が戻りません。
【変更費用A:開催地の事情による場合】
(例:希望分が全て満員、参加ワークキャンプが中止・変更)
原則として、追加費用はかかりません(翌年以降に延期する場合も、参加費を全額振り替え可)。
【変更費用B:本人の都合による場合】
参加ワークキャンプ決定前:10,000円の追加費用がかかります。
参加ワークキャンプ決定後:19,000円の追加費用がかかります。